ラフィーニャがバイエルンの元チームメイトたちがフラメンゴファンだと明かす「なんでも知っている」

2020.04.27 19:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フラメンゴの元ブラジル代表DFラフィーニャが、バイエルン時代のチームメイトとの絆について語った。

ブラジルのコリチーバでプロデビューを果たしたラフィーニャは、その後ヨーロッパに活躍の場を移し、シャルケ、ジェノアなどでプレー。2011年7月から2019年6月までの間はバイエルンでプレーした。

バイエルンでは公式戦266試合に出場。チャンピオンズリーグ制覇や、7度のリーグタイトル獲得に貢献するも、2019年7月からは母国ブラジルの名門フラメンゴに移籍し、ヨーロッパでの経験を活かし活躍を続けている。

ラフィーニャはクラブ公式インタビューでバイエルン時代の元チームメイトとの絆についてコメント。特にMFアルトゥーロ・ビダル(現バルセロナ)、GKマヌエル・ノイアー、FWフランク・リベリ(現フィオレンティーナ)とは今でも頻繁に連絡を取っていることを明かした。

「ビダル、ノイアー、リベリとは今でも連絡を取っているし、彼らはフラメンゴのことならなんでも知っている」

「僕らの試合の前にメールをくれることもあるよ。試合についてとか、どこでプレーするかとかそんな話をするんだ。フラメンゴについて興味を持っているみたいだね」

「良いことだよ。ドイツやイタリアで一緒にプレーしたトップレベルの選手たちと友情を築くことができたということだからね」

「今でも連絡を取るし、これからもずっと友人としていられることはとても嬉しいことだよ」

関連ニュース
thumb

マルセイユがU-24ブラジル代表MFジェルソン獲得で原則合意! フラメンゴ主力が2度目の欧州挑戦へ

マルセイユは9日、U-24ブラジル代表MFジェルソン(24)の完全移籍での獲得に関して保有元のフラメンゴと原則合意に至ったことを発表した。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は2000万ユーロ(約26億7000万円)程度となり、ジェルソンはクラブと5年契約を結ぶ予定だ。 2016年夏にフルミネンセからローマに加入したジェルソンは、当初“左利きのポグバ”として大きな期待を集めていた。しかし、ローマとレンタル先のフィオレンティーナでは大きなインパクトを残せず、2019年夏にフラメンゴへ完全移籍し、志半ばで母国に帰還した。 それでも、慣れ親しんだ母国で完全復活を果たしたレフティーは、2019シーズンの公式戦36試合に出場し2ゴール4アシストの数字を残すなど攻守両面で躍動。コパ・リベルタドーレスとカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAの2冠、FIFAクラブ・ワールドカップ準優勝に大きく貢献していた。 また、2020シーズンも中盤の絶対的な主力に君臨し、U-24ブラジル代表として東京オリンピック参戦も期待されている。 なお、マルセイユを率いるホルヘ・サンパオリ監督はサントス、アトレチコ・ミネイロを率いた際に、対戦相手としてジェルソンのプレースタイルを把握しており、2度目の欧州挑戦をよりスムーズに導いてくれるはずだ。 2021.06.10 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラジルからオファー? ブッフォンが明かすも「家の近くに」

今シーズン限りでユベントスから退団することを発表した元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(43)だが、ブラジルからオファーがあったことを明かした。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ブッフォンは11日、今シーズンを最後に長年所属したユベントスを去ることを明言。引退するのか、キャリアを続けるかを決めるとしていた。 そのブッフォンには、バルセロナの他、アタランタやローマなどイタリア国内からも興味が示されており、まだまだプレーを期待されていることがうかがえる。 そんな中、ブラジル『TNT』でブッフォンはフラメンゴからのオファーがあることを明かした。 「フラメンゴから電話がかかってきた。でも、家の近くにいると思う」 「43歳になっても活躍できる秘訣があるかどうかはわからない。自分のキャタクターや体、そして運の良し悪しで変わってくると思う。それが何より大きな違いを生むからだ」 退団発表のブッフォンは、翌日のサッスオーロ戦に先発出場し、PKストップを見せ、チームの3-1の勝利に貢献。まだまだ衰えは見せていないようだ。 2021.05.14 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

コロナ禍での違法賭博でブラジル代表FWガビゴルが逮捕 本人は「普段はそんな人間ではない」と釈明

“ガビゴル”の愛称でも知られるフラメンゴのブラジル代表FWガブリエウ・バルボサが逮捕された。ブラジル『グローボ』が伝えた。 『グローボ』によると、サンパウロの警察当局が14日早朝にサンパウロ南部の違法カジノが営業していると通報を受け、突入捜査を行ったところ、およそ300人の客の中にガビゴルも確認されたという。 ブラジルでは、ギャンブルは違法とされているほか、コロナ禍での集会も禁止されている。 ガビゴルはその他の客とともに警察に連行されたが、すでに釈放されている。 釈放後、ガビゴルは『グローボ』の取材に応じ、謝罪している。 「慎重さが欠けていた。自分の間違いを認め、フラメンゴのファン、僕を好きでいてくれるブラジルのすべての子供たち、サンパウロの人々に謝罪する」 「ギャンブルの習慣はない。僕が遊ぶのはビデオゲームだけだ。このような場所にいるような人間ではなく、外出禁止令を破るような男でもなかった。休みの間ずっと家にいた。その日は僕の休日の最後の日だった」 「友達と会い、食事をした。僕は(違法カジノが)入るのに理想的な場所ではないことを知っていたはずだ。いつもマスクを着用し、消毒用のジェルを持っていた。しかし、間違いを犯した。お詫びします。僕はまだ若く、間違いを犯すこともあると思っている。学ばなければならない」 また、警察が突入捜査を行った際には、捜査網から逃れるためにテーブルの下に隠れたとも報じられたガビゴルだが、その点については否定している。 「本来よりも客の人数が多いと分かり、そこを去ろうとした。警察が到着した時、僕はエレベーターに乗って出ようとしていた。彼らが全員に床に伏せるよう指示し、それは大きな恐怖だった」 「僕は警察が言った通りにした。彼らは僕を部屋に連れていき、話しをした。僕は彼らが必要なことはなんでも手伝うと言った」 「隠れていたのなら、頭を上げずに、僕はその場にとどまったはずだ。彼らにお願いされ、パトカーに乗り、事件の説明をするために警察署に行った」 ガビゴルはサントスでのデビューを経て、若くしてインテルに引き抜かれたものの、欧州で満足な結果を残せないまま、2019年1月にフラメンゴに移籍し母国へ復帰。同クラブのエースとして再び輝きを取り戻した。 フラメンゴは2週間前にブラジル全国選手権2連覇を達成し、ガビゴルはリーグMVPに選ばれたばかりだった。 <div id="cws_ad" >◆機動隊が突入!ガビゴルが連行される衝撃シーン</div> <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "1ECIyKqYWgc";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2021.03.16 18:31 Tue
twitterfacebook
thumb

リール、フラメンゴに貸し出したチアゴ・マイアのレンタル期間を延長

リールは2日、フラメンゴにレンタル中のU-23ブラジル代表MFチアゴ・マイア(23)のレンタル期間延長を発表した。これにより、同選手は2021-22シーズン終了まで母国クラブに残留することになった。 2014年にサントスでプロデビューを飾ったチアゴ・マイアは、卓越した戦術眼を生かした守備力と、高精度の左足から繰り出されるパスを武器とする新進気鋭のボランチ。2017年の夏に加入したリールでは、加入初年度から主力して在籍2年半で公式戦68試合に出場。 しかし、2019-20シーズンはケガの影響もあって出場機会を失い、2020年1月にフラメンゴに1年間のレンタル移籍で加入。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで優勝を果たしたチームにおいて前半戦は主力として活躍も、昨年12月に負ったヒザ前十字じん帯断裂の重傷によって、後半戦を棒に振っていた。 2021.03.03 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

フラメンゴがブラジル・セリエA連覇! 本田圭佑が所属したボタフォゴは最下位で2部降格

2020シーズンのブラジル・セリエA最終節が25日に行われ、フラメンゴの2年連続8度目の優勝が決定した。 首位で最終節に臨んだフラメンゴは4位のサンパウロと対戦。勝てば文句なしの自力優勝だったが、前半アディショナルタイムに、得点ランクでトップに立つFWルシアーノにゴールを決められ先制を許してしまう。後半立ち上がりにFWブルーノ・エンヒキのゴールで同点に追いつくものの、その7分後に再び失点し、2-1で敗れた。 しかし、2位のインテルナシオナウがコリンチャンスに0-0で引き分けたため、フラメンゴが1ポイント差で逃げ切り、優勝を果たした。 試合後、優勝会見に臨んでいたロジェリオ・セニ監督は、突然現れた選手たちから伝統的なアイスバケツを喰らわされ、「凍えそうだ! 尊敬の欠如だ!」と冗談を交えながら喜びを分かち合った。 一方、日本代表MF本田圭佑が1月まで在籍したボタフォゴは最下位でシーズンを終え、クラブ創設以来3度目の2部降格となった。 ◆ブラジル・セリエA2020シーズン最終順位 1.フラメンゴ(71Pt) 2.インテルナシオウナウ(70Pt) 3.アトレチコ・ミネイロ(68Pt) 4.サンパウロ(66Pt) --コパ・リベルタドーレス本選出場-- 5.フルミネンセ(64Pt) 6.グレミオ(59Pt) --コパ・リベルタドーレス予選出場-- 7.パルメイラス(58Pt) 8.サントス(54Pt) 9.アトレチコ・パラナエンセ(53Pt) 10.ブラガンチーノ(53Pt) 11.セアラー(52Pt) 12.コリンチャンス(51Pt) --コパ・スダメリカーナ出場-- 13.アトレチコ・ゴイアニエンセ(50Pt) 14.バイーア(44Pt) 15.スポルチ・レシフェ(42Pt) 16.フォルタレーザ(41Pt) --降格圏-- 17.ヴァスコ・ダ・ガマ(41Pt) 18.ゴイアス(37Pt) 19.コリチーバ(31Pt) 20.ボタフォゴ(27Pt) 2021.02.26 17:09 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly