こんなはずじゃなかった…/原ゆみこのマドリッド

2020.04.14 10:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
「順調に行っていれば最高に盛り上がっている時期だったのに」そんな風に私が嘆いていたのは月曜日、新型コロナウィルス流行によるEstado de Alarma/エスタードー・デ・アラルマ(警戒事態)のせいで、スペイン全土がいつの間にか、日が延びて外がまだ明るくなっていた午後8時に毎日ベランダから、医療従事者に捧げる感謝の拍手を除き、極めて静かなセマナ・サンタ(イースター週間)を過ごした後のことでした。

いやあ、マドリッドではセビージャやマラガといったアンダルシア地方ほど、大掛かりなプロセシオン(キリストやマリアの像が載った神輿を信徒が担いで街を歩く行事)は元々、ないんですけどね。それでもバケーション週間とあって、市民が浮かれているのは毎年、肌で感じられますし、本来なら、今週の火曜か水曜にはアトレティコの準決勝進出がなるかどうかが決まるCL準々決勝2ndレグが控えていたとなれば、どんなにファンもワクワクしていたことか。

もちろんCLだけでなく、3月半ばに27節で中断しているリーガだって、アスレティック、オサスナ、バジャドリー、レバンテとの4試合が終わっていれば、6位などに凍りついておらず、16強対決でリバプールを撃破した勢いに乗り、勝ち点差1の4位レアル・ソシエダ、そちらと同勝ち点で並ぶ5位の弟分ヘタフェを追い越して、来季のCL出場圏に戻れていたかもしれませんしね。

お隣さんのレアル・マドリーだって、いえ、彼らの場合、CL16強対決1stレグでは1-2の敗戦、エティハド・スタジアムでマンチェスター・シティに逆転して、準々決勝に滑り込めていたかどうかは微妙なところですが、エイバル、バレンシア、レアル・ソシエダ、マジョルカ戦の間には勝ち点差2のバルサから、相手はまた理事6人が一斉に辞任というお家騒動の最中ですし、リーガの首位を奪い返すことも不可能ではなかったかと。

え、先週末に4月末から敷かれていた、生活に最低限必要な仕事以外は休業、外出禁止を徹底という超警戒事態がこの月曜から、建築現場や工場の稼働は許されるという、普通の警戒事態に戻るという報を受け、レアル・ソシエダが火曜からスビエタでの個人練習開始を決めたのは、CL出場圏死守の決意の表れだったんじゃないのかって? うーん、彼らにはまだ、開催日程は未定ながら、コパ・デル・レイの決勝もありますしね。今の期間、スポーツ施設は政令で閉鎖されているんですが、それが世間一般へのオープンは禁止という文言になっていることから、従業員である選手の利用は構わないだろうと、クラブは判断したよう。

でもダメでした。翌日にはCSD(スポーツ上級諮問委員会)のイレーネ・ロサーノ委員長からアペリバイ会長に連絡が入り、練習再開計画は呆気なく頓挫。何せ、エスパニョールのアベラルド監督によると、「Después de todo este tiempo, se va a necesitar un mes y pico de pretemporada/デスプエス・デ・トードー・エステ・ティエンポー、セ・バ・ア・ネセシタル・ウン・メス・イ・ピコ・デ・プレテンポラーダ(これだけ時間が経った後では1カ月ちょっとのプレシーズン練習が必要)」だそうですからね。さもないと、「esto va a parecer un solteros contra casados/エストー・バ・ア・パレセル・ウン・ソルテーロス・コントラ・カサードス(独身対既婚者のような、お遊び試合を見ることになる)」(ラージョのパコ・ヘメス監督)となれば、最初は1人ずつでもなるたけ早く、選手たちに芝の上を走ってボールを蹴る感覚を取り戻させたいという気持ちもわからなくはないかと。

だってえ、大体がして毎年、オフシーズンにとるバケーションは1カ月とか、1カ月半ぐらいで、もうすでに自宅待機状態が同じぐらいになっているんですよ。もちろん、この日曜にAS(スポーツ紙)の表紙を飾り、インタビューが掲載されていた久保建英選手のように、「午前10時から準備運動を始めて、11時からは4、5人の選手でコーチにビデオ通話で指示を受けてトレーニング。それが12時15分に終わった後、もう少し1人で何かやって、午後4時から6時までは主にボールを使った練習をする」という、1日5時間以上も頑張っている人も中にはいるとはいえ、マルカ(ASのライバル紙)に連載されている、日替わり選手ミニインタビューでの平均練習時間は大体、1時間半から2時間ですからね。

おまけに以前、バケーション中には体重が80kgにもなると告白していたマドリーのアザールなど、このparon(パロン/リーガの中断期間)中にダラスで手術した足首の亀裂骨折は完治するはずですが、母国のメディアに「なるたけ菓子パンをとりに台所に行かないようにしているけど、すぐ側にあるから難しいね」なんて冗談を言っていたせいでしょうか。「Hay que mandarle el peso a Bordalás todas las mañanas/アイ・ケ・マンダールレ・エル・ペソ・ア・ボルダラス・トーダス・ラス・マニャーナス(毎朝、ボルダラス監督に体重を報告しないといけない)」(ダビド・ソリア)というヘタフェ以上の手段を取ったのが、2部のマドリッドの弟分フエンラブラダでした。

まあ、あそこはパロン直前に昨季2部昇格を達成したメレ監督を解任し、招聘したサンドバル監督のプレゼンどころか、セッションすら1度もできていないという状況で、まだ顔も合わせていない部下たちの体調が気になるのは当然ですけどね。この月曜には1人1人、時間をずらしてホームスタジアムのフェルナンド・トーレスで選手の体脂肪率測定を実施したんですが、これもお昼にはCSDからの書簡が届き、全員が終わる前に中止。どうやら当局はレアル・ソシエダが練習を再開したと聞けば、絶対焦るだろうコパ決勝の相手、アスレティックなどを始め、こういう抜け駆け活動開始が他のクラブにも伝染していくのを恐れているようでしたっけ。

え、リーガ再開に向けては新たにサッカー協会とAFE(選手の労働組合)からも指針案が出ていなかったかって? そうなんですが、実は先週水曜にリーガ協会も加えての三者ビデオ会議のオーディオがサッカー協会からラジオに流されたため、私的会話を暴露したとルビアレス会長が訴えられてしまうことに。というか、もうこの3団体は会合を開けば開くほど、仲が悪くなるばかりで、何せ、5月には再開のメドが立ち、シャルケやバイエルンなど、複数のチームが練習を再開したブンデスリーガとは異なり、1日の死者最高950人を数えた後、ようやく減ってきたとはいえ、ここ数日も500人以上と、とにかくスペインではコロナ終息時期がまったく読めないですからね。

従って、プロサッカー運営機関同士の会議も机上の話ばかりで、それどころか、いがみ合いを増やす機会になっているとなれば、もう呆れるしかありませんって。おまけにサッカー協会とAFEの再開指針案にも大きな差があって、前者はもし警戒事態が6週以上続くようなら、チーム練習を始めてから、プレシーズンを30日間としているのに対して、後者は15~20日間。更にAFEは試合間隔を最低72時間としたのに対し、サッカー協会は中5日を推奨って、いや、それじゃ今の警戒事態が予定通り、4月26日に解除されたって、8月半ばまで今季が終わりませんよ。

実際、そこまで長引くと、その後、さらに選手たちが3週間のバケーションをとって、また1カ月のプレシーズン。来季の始まりが10月となっては、いくらFIFAがこの夏の移籍市場を7月からにすると言っていたとて、他国のリーグに行く選手もスペインに来る選手も旧チームと新チームとの数カ月単位のギャップに悩むことにもなりかねませんしねえ。そんな弊害も考えられるため、もしやサッカー協会はすでに今季終了を宣言したベルギーリーグに続いて、リーガも打ち切りにしたいんじゃないかという疑惑まで上がってきましたが、さて。

うーん、今は19位で残留ゾーンの17位セルタと勝ち点差3あるレガネスですら、「今季をきっちりやってリーガを終わらせたい。Estábamos en la guerra y veníamos hacia arriba/エスタバモス・エン・ラ・ゲラ・イ・ベニアオス・アシア・アリーバ(ウチは戦っていて、上昇気流に乗っていた)」(アギーレ監督)と再開を切望しているんですけどね。どちらにしろ、この中断期間を境に今季はまったく別物になるんじゃないかと、私なんかは予想しているんですが、その頃にはスタジアムは無観客でも、せめてバル(スペインの喫茶店兼バー)では試合が見られるようになっていてほしいものです。
【マドリッド通信員】 ゆみこ
南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。
コメント