ナポリ、ゼニトで活躍中のイラン代表FWに注目か

2020.04.08 16:21 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリが、ゼニト所属のイラン代表FWサルダール・アズムン(25)に関心を示しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

2013年に母国のセパハンFCの下部組織からルビン・カザンへ移籍したアズムンは、ロストフへのレンタル移籍を繰り返しながら2019年2月にゼニトに加入した。


主戦場はセンターFWだが、機敏性や足元の技術力を生かしたドリブルが得意で、一部では“イランのメッシ”と言われるほど。今シーズンはリーグ戦21試合で10ゴール6アシストの成績を残しており、ナポリは1月にも獲得を試みたようだ。

ナポリでは、FWアルカディウシュ・ミリクが契約延長を拒否したと伝えられており、その代役を探しているところ。候補にはレアル・マドリーのFWルカ・ヨビッチの名前も挙がっているが、アズムンに比べ高額な移籍金が必要となる。

一方で、アズムンは『transfermarkt』によれば現在の市場価値は1800万ユーロ(約21億2500万円)程だが、ゼニトとの契約が2021年まで残っていることや、放出が望まれていないことから高騰すると見込まれている。

関連ニュース
thumb

2ndレグ勝利もEL敗退のナポリ、ガットゥーゾ監督は不満 「彼ら以上のクオリティがあった」

ナポリのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督がヨーロッパリーグ(EL)敗退からの立ち直りを誓った。クラブ公式サイトが伝えている。 25日に行われたELラウンド32・2ndレグでグラナダとホームで対戦したナポリ。1stレグを0-2で落としたなかでの一戦は開始3分で先制したが、グラナダにアウェイゴールを許してしまう。その後、後半に勝ち越して、2-1で勝利したが、2戦合計2-3で敗退が決まった。 ガットゥーゾ監督は失点の仕方を悔やみつつ、負傷者が続出している現在の状況では開き直りも必要だと強調した。 「残念ながら、今夜もまた、我々は不条理かつ回避可能だった失点を喫した。しかし、この失点以外でグラナダがチャンスを作った記憶は私にはない。一方で、我々は彼らを敗退の危機に追い込むようなチャンスを何度も作れていたんだ」 「多くの選手がいなくても、我々は彼らよりクオリティがあると示せていた。それが今日のチームのパフォーマンスを誇りに思う理由だ。今、我々に落ち込んでいる暇はない。前を向き、重要な選手たちが回復するのを待つ必要がある」 「完全に体調を整え、リーグ戦でベストを尽くせるようしなければならない。まだリーグは16試合あり、道のりは長いんだ。フルメンバーさえ揃っていれば、このチームに競争力はある」 また、ガットゥーゾ監督はこの試合での審判の判断を批判。時間稼ぎをするグラナダに対して、然るべき処置がなかったと憤っている。 「今夜の(審判の)試合運びには腹を立てている。スペイン人たちが時間を無駄にしていたため、プレー時間が少なかった。審判は我々を守るべきだったんだ。このレベルでは敬意が必要になる」 2021.02.26 11:58 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリ勝利もグラナダがベスト16進出《EL》

ナポリは25日、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32・2ndレグでグラナダをホームに迎え、2-1で勝利したものの2戦合計スコアを2-3としたグラナダがベスト16進出を決めている。 1週間前に敵地で行われた1stレグを0-2と完敗していたナポリは、オシムヘンやロサーノ、ペターニャらアタッカーを負傷で欠いた中、インシーニェとポリターノの2トップで臨み、マクシモビッチを中央に据える3バックを採用した。 そのナポリは開始3分、中央でルーズボールを拾ったジエリンスキが持ち上がり、左足のミドルでゴール左を射抜いた。 幸先よく1点を返したナポリが押し込む展開が続いていたが、25分にグラナダが大きなアウェイゴールを獲得する。右サイドからのフルキエのクロスにモントロがヘッドで押し込んだ。 これで3点が必要となったナポリは35分にインシーニェが直接FKでゴールに迫るも、GKルイ・シウバの好守に阻まれる。 1-1で迎えた後半、ナポリはマクシモビッチに代えてグラムを投入。4バックに変更すると、52分にエルマスが決定的なシュートに持ち込むも、ここもGKルイ・シウバの好守に阻止された。 それでも59分、ナポリが1点を返す。インシーニェのスルーパスをボックス右で受けたファビアン・ルイスが冷静にシュートを決めきった。 逆転突破のためにはあと2点が必要なナポリはエルマスに代えてメルテンスを投入。リスクを負って前がかっていくも、徐々に膠着状態に陥っていく。 終盤にかけてはグラナダが集中した守備でナポリに付け入る隙を与えずに1-2で試合を終わらせ、2戦合計スコアで上回ってベスト16進出を決めている。 2021.02.26 04:57 Fri
twitterfacebook
thumb

4vs1でも止められず!ナポリMFが見せた圧巻の単独中央突破【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はナポリの北マケドニア代表エリフ・エルマスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆4vs1でも止められず!エルマスのソロゴール<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJMYXpobWNOViIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 母国マケドニアのラボトニツキで弱冠15歳の若さでプロデビューしたエルマスは、その後フェネルバフチェに渡るとすぐに頭角を現し、2019年夏にナポリに加入した。 抜群のボールスキルとビジョンで攻守に存在感を発揮するエルマスだが、2021年1月31日に行われたセリエA第20節のパルマ戦では、圧巻のソロゴールを決めている。 0-0のまま迎えた32分、カウンターから相手陣内中央でボールを持ったエルマスは、自らドリブルで仕掛けていくことを選択。ボックス付近で守りを固める相手DF4人に囲まれながらも、細かいボールタッチと軽快なステップでマークを寄せ付けず、ボックス内に侵入するとすかさず左足でシュート。低く抑えられた鋭いシュートは、ゴール右下に決まった。 このゴールで先制したナポリは、リードを守りながら終盤にも1点を加え、2-0で勝利している。 <span data-sg-movie-id="841" data-sg-movie-title="【4vs1でも止められず!】ナポリMFが見せた圧巻の単独中央突破"></span> 2021.02.25 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

“インシーニェ・ゾーン”からまさかのアシスト!得意の左斜め45度から決めた意表を突く絶妙スルーパス【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆インシーニェが意表を突くパスを選択<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJZYTVvY1RocCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ナポリ生まれで同クラブの下部組織出身という生粋の「ナポリっ子」であるインシーニェは、2010年にプロデビューを飾ると、今では名実ともにエースへと成長している。 ゴール左斜め45度からのシュートを得意としており、同角度からは驚異的な決定力を見せるインシーニェだが、2021年1月17日に行われたセリエA第18節のフィオレンティーナ戦では、得意の位置からの絶妙なアシストを記録している。 2-0とナポリリードの38分、左サイドでDF3枚を見事なドリブルで翻弄したインシーニェは、得意の斜め45度の位置に入る。得意のミドルシュートを打つと誰もが思ったタイミングで、意表を突く斜めのスルーパス。このボールに右サイドから走り込んだMFイルビング・ロサーノが滑り込んで合わせ、追加点を挙げた。 リードを広げたナポリは、その後も攻勢一方となり、6-0の大勝を収めている。 <span data-sg-movie-id="827" data-sg-movie-title="【“インシーニェ・ゾーン”】得意の左斜め45度から決めた意表を突く絶妙スルーパス"></span> 2021.02.22 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

“闘犬”ガットゥーゾ流の愛情表現!?選手の顔を鷲掴み

現役時代、闘争心溢れるディフェンスやその激しいディフェンスから“闘犬”の異名を取った元イタリア代表MFのジェンナーロ・ガットゥーゾ氏。2019年12月からは、カルロ・アンチェロッティ監督からバトンを受け継ぐ形でナポリの指揮官を務めている。 指揮官としてもそのアツい内面は変わらず、2020年のリーグ戦中断時には自身の給与の受け取りを延期しスタッフに充てる漢気をみせたり、時には汚い言葉を使ってでもチームを鼓舞する姿などが報じられてきた。 ナポリは21日、セリエA第23節で勝ち点で並ぶアタランタとアウェイで対戦。一部選手が新型コロナウイルスに感染したため欠場を余儀なくされる中、コソボ代表DFアミル・ラフマニが今シーズンのリーグ2試合目の出場を果たす。 試合は、前半をゴールレスで終えて迎えた後半に打ち合いとなる。52分に先制を許すも、58分にMFピオトル・ジエリンスキのゴールで同点に。選手らがゴールを祝う中、ガットゥーゾ監督はベンチに近づいてきたラフマニを見るや否や右手でその顔を鷲掴み。突然の攻撃にラフマニは不意を突かれるものの、ガットゥーゾ監督とハグでゴールを祝っていた。 しかし、ギリシャ代表DFコスタス・マノラスらを欠く守備陣はアタランタの猛攻を止められず、試合は4-2で敗れている。 <div id="cws_ad">◆これがガットゥーゾ流の愛情表現なのか!?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This is how Gattuso shows love <a href="https://t.co/Uei0M2aE76">pic.twitter.com/Uei0M2aE76</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1363569034667716615?ref_src=twsrc%5Etfw">February 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.22 19:04 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly