カラム・ウィルソン、ビッグクラブへの移籍話を回想「光栄だったけど…」

2020.04.03 21:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボーンマスに所属するイングランド代表FWカラム・ウィルソン(28)が、以前取り沙汰されていたビッグクラブへの移籍の噂について言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

昨シーズンのリーグ戦で14ゴール10アシストの成績を残したカラム・ウィルソンだが、今季の活躍は乏しく、チームも降格圏の18位に沈んでいる。2014年夏の加入以降、昨年にイングランド代表デビューも果たすなど国内トップレベルのストライカーに成長し、昨夏にはチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドが関心。

しかし、今季8ゴールに留まっている現状も含めて自分はそのレベルにないとコメント。ビッグクラブからの関心は光栄だとしながらも、ボーンマスや自分自身に集中していることを強調した。

「とても光栄だよ。彼らは偉大で巨大なクラブだからね」

「様々なうわさがあったみたいだけど、僕は新聞を読んだりニュースを聞いたりすることがないんだ。友達や家族から耳にすることはあるけどね。とはいえそれは僕のプレーに対する励ましにしかならないよ」

「昨シーズン、僕のパフォーマンスはかなり安定していたね。移籍の噂があったけど、一定のレベルで上手くプレーすることを心掛けていた」

「誰もがチャンピオンズリーグでプレーして成長したいと思っている。それは僕のキャリアの土台ともなっていることだ」

「でも、今はボーンマスの残留が第一だ。それに今シーズンの活躍ではビッグクラブへの移籍なんて話せないしね。心の奥底にとどめて自分自身に集中しようと思っているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

シティが残留争い中のボーンマスを下し3連勝!《プレミアリーグ》

マンチェスター・シティは15日、プレミアリーグ第36節でボーンマスと対戦し、2-1で勝利した。 リバプールの優勝を許した後も、モチベーションを落とすことなく勝ち点を重ねるシティ。ここ2試合も共に5ゴールの大勝を収めており、タイトル獲得の可能性を残すFAカップに向けて余念はない。 そんな中先日にチャンピオンズリーグの出場停止処分が覆り、来季も出場が可能となるこの上ない吉報も届き、クラブ全体で調子は上向きだ。 今節の相手は残留に向けて捨て身の覚悟で挑むボーンマスだが、あっさりと先制点を奪う。6分、ボックス手前右の位置でシルバが倒されて得たFKを自らの左足で沈めた。 相手の出鼻をくじいたシティがしばらくボールを保持しながら試合を進めるものの、ボーンマスも徐々に抵抗の色を強めていく。22分にキングのシュートでゴールに迫ると、34分のFKの場面ではスタニスラスが壁の上を狙ったシュートが枠を捉えるものの、GKエデルソンのビッグセーブに阻まれてしまう。37分にはソランケのバックヘッドがクロスバーを掠めるなど、再三シティに襲い掛かる。 しかし、そんな流れとは無関係にシティはゴールを重ねる。39分、左のハーフスペースでボールを持ったシルバから縦パスが送られると、ジェズスが巧みなドリブルで包囲網を掻い潜りゴールをゲット。リードを2点に広げた。 より厳しい展開となったボーンマス。果敢に攻撃に出るも59分のスタニスラスのゴールはオフサイドで取り消しに。一方、シティもジェズスがクックに倒されPK獲得かと思われたが、VARでノーファウルの判定となった。 互いに交代カードを切りながら試合を進めていく後半戦。ボーンマスはソランケを下げてウィルソンを投入すると、81分に右からの折り返しをダイレクトで合わせたが、惜しくも枠を捉えることが出来なかった。 それでも88分に味方のパスで最終ラインを突破したウィルソンのプレゼントパスを、こちらも途中出場のブルックスが押し込んで一矢報いることに成功。 アディショナルタイムにもゴールに迫ったボーンマスだが、1点及ばず敗戦。残留はより厳しいものとなった。 2020.07.16 04:12 Thu
twitterfacebook
thumb

10人のレスターが後半まさかの4失点で3位浮上のチャンスを逃す…《プレミアリーグ》

レスター・シティは12日、プレミアリーグ第35節でボーンマスとアウェイで対戦し、1-4で敗戦した。 ミッドウィークに行われた第34節のアーセナル戦を1-1のドローに終わり、昨年10月以来となる4位に後退したレスターは、前日での試合でチェルシーが敗れたことにより、3位へ再浮上することが可能となった状況で試合を迎えた。メンバーでは、アーセナル戦からR・ベネットに代えてフックスをリーグ8試合ぶりのスタメンで起用した。 ヴァーディとイヘアナチョをトップに据えた[3-4-1-2]で試合に臨んだレスターは、立ち上がりからボールを支配するが、ボーンマス守備陣の堅い守りを崩せず、ノーチャンスのまま時間が経過。 すると、レスターは13分にアクシデント。スリッピーなピッチに足を取られたオルブライトンが足を痛め、早々にR・ベネットとの交代を余儀なくされてしまう。 膠着状態が続く中、24分にレスターが最初の決定機で先制する。アジョセ・ペレスのパス交換でボックス左深くまで侵入したイヘアナチョの折り返しがケリーのクリアミスを誘うと、こぼれ球をに素早く反応したヴァーディが押し込んだ。 その後も攻勢を続けるレスターだったが、前半終了間際にピンチを迎える。ボーンマスは中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けるとドリブルで持ち上がったソランケのヒールパスを受けたブルックスがペナルティアーク手前からミドルシュート。しかし、これはGKシュマイケルの好セーブで難を逃れた。 迎えた後半、レスターはイヘアナチョを下げてプラートを投入。[3-4-1-2]から[4-4-2]に布陣を変更した。 後半も一進一退の展開が続く中、レスターは64分に不用意なミスから失点を喫する。GKシュマイケルのゴールキックがボックス手前のエンディディに当たると、こぼれ球を拾ったウィルソンをエンディディがボックス内で倒してしまいPKを献上。このPKをスタニスラスにゴール中央に決められた。 痛恨のミスから追いつかれたレスターは、67分にもロングカウンターからボックス左に侵入したアレハンドロ・ゴメスにシュートを許すと、GKシュマイケルが弾ききれずボールはゴール右隅に吸い込まれた。さらにゴール後の小競り合いでウィルソンを後ろから蹴り上げたソユンクがレッドカードで退場処分に。 数的不利となり防戦一方のレスターは83分、ボックス右から切り込んだスタニスラスにシュートを打たれると、エバンズに当たってオウンゴールとなり3失点目。さらに87分にも、フックスのバックパスをボックス右でソランケにカットされると、そのままゴールエリアまで切り込まれ、4点目を奪われた。 結局、試合はそのまま1-4で終了。ミスからの自滅で4失点を喫したレスターが、3位浮上のチャンスを逃した。 2020.07.13 05:13 Mon
twitterfacebook
thumb

古巣戦で相手DFと激突し意識が飛んだアダム・スミス、「大事に至っていない」とハウ監督が報告

ボーンマスのエディ・ハウ監督が、試合中に意識を失っていたDFアダム・スミスの容態について語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ボーンマスは9日、プレミアリーグ第34節でトッテナムと対戦。試合は0-0のゴールレスドローに終わっていた。 試合の55分、クリアボールが高く上がると、競り合いに行ったアダム・スミスがベン・デイビスと激突。アダム・スミスの顔面とB・デイビスの肩が勢いよくぶつかり、アダム・スミスはそのまま倒れ込み動けない状態となった。 すぐさまチームドクターがピッチに入り、意識を失っているのか全く動かないアダム・スミスを治療。約7分間にわたる治療の末、頭部を固定されて担架で運び出されていた。 試合後、ハウ監督はアダム・スミスの状態について「彼は少し脳震とうのような状態になった。頬に大きなダメージを受けたが、起き上がっており大丈夫だ」と意識は回復したことを報告した。 また、66分にハリー・ウィルソンと交代したデイビッド・ブルックスについては「ふくらはぎがつったのか、痙攣なのかはわからない。確信が持てなかったので、我々は彼を交代させた」とコメントしている。 アダム・スミスは、トッテナム出身の選手で、今シーズンのプレミアリーグでは23試合に出場。ブルックスは足首のケガに悩まされていたものの、リーグ戦再開後は5試合連続で先発出場していた。 なお、ボーンマスは現在勝ち点28で自動降格圏の18位に位置。残り4試合はレスター・シティ、マンチェスター・シティ、サウサンプトン、エバートンと厳しい相手が続くが、逆転での残留を目指す。 2020.07.10 12:50 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム、降格圏ボーンマスとゴールレスドロー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第34節、ボーンマスvsトッテナムが9日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 5連敗中で降格圏の19位に沈むボーンマスと、前節のエバートン戦の勝利でコロナ明け4試合で2勝目をあげたトッテナムの一戦。トッテナムではこの前日に、FAカップ5回戦でノリッジ戦でホームサポーターと衝突したダイアーが4試合の出場停止処分を受けたため、代わりにヴェルトンゲンが5試合ぶりの先発入りを果たした。 まずはそのトッテナムの攻撃シーン。CKからのクロスに合わせようとしたケインが相手に倒されるが、ノーファウルの判定に。だがこれ以降は攻めあぐね、28分のラメラのそれが初シュートとなった。 一方、残留を目指すボーンマスは序盤からギア全開で押し気味に試合を進めていく。だが、前半はトッテナムを上回る4本のシュートを放ったものの、唯一枠に飛んだ45分のスタニスラスのボックス手前からのシュートはGKロリスに弾かれた。 トッテナムは後半に向けてベルフワインとロ・チェルソを下げて、ソン・フンミンとエンドンベレを投入。50分にケインがFKからシュートを狙うが壁に激突する。 その直後、ボーンマスはアダム・スミスが相手との衝突でしばらく倒れ込んでしまう。医療班が応急処置を施した後、ストレッチャーに乗せられてピッチを後へ。代わりにステイシーが起用された。 やや間隔を空けてリスタートされ、シソコを下げてルーカス・モウラを入れたトッテナムは、78分にオーリエのクロスにラメラが飛び込んだが、上手く合わせることが出来ずボールは左に逸れていった。 ゴールレスのまま迎えた90分、ボーンマスのFKシーンでウィルソンのオーバーヘッドシュートがネットを揺らす。しかし、VARでリプレイするとボールがキングの手に当たっており、ゴールは取り消しとなった。 アダム・スミスの治療があったため、後半アディショナルタイムは12分に。その中でボーンマスは途中出場のハリー・ウィルソンがシュートを狙うが、GKロリスがストップ。 試合はこのまま終了し、ゴールレスドローに終わった。 2020.07.10 04:08 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、次節NLダービーもボーンマス戦に集中! ダイアーへの処分に対しては明言避ける

トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、9日に行われるボーンマス戦の前日会見に臨んだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が会見コメントを伝えている。 前節、エバートンを相手に1-0の勝利を収めた8位のトッテナム。前日に6位のウォルバーハンプトンがシェフィールド・ユナイテッドに敗れており、9日に敵地で行われるプレミアリーグ第34節、ボーンマス戦に勝利した場合、勝ち点差を1ポイントに縮められる状況だ。 12日にはアーセナルとの重要なノースロンドン・ダービーを控えることもあり、会見ではライバルよりも準備期間が2日少ないという日程面に関する質問が出たが、モウリーニョ監督は現時点では降格圏の18位に低迷するホームチームとの一戦だけに集中していると語った。 「(ダービーに向けた日程面の問題は?)そんなことは知っている。だが、私にできることは何もない。したがって、この瞬間はボーンマスのことだけに集中し、その後のことは考えないというのが、私の考えだ」 「ボーンマスは、なぜその順位(下位)にいるかを考えさせる類のチームだ。私は彼らのポテンシャルに目を向けている。したがって、彼らが降格圏にいるという状況は私にとって重要なことではない」 「また、彼らが残留のために戦っているという事実も考慮すべき事柄ではない。私が見ているのはそういった上辺の事柄ではなく、チームのポテンシャル、エディ・ハウのクオリティ、彼のチームが毎シーズン示している組織力に関してだ」 「さらに、私は彼らが上位チーム相手に良い結果を残しているという部分に焦点を当てている。したがって、彼らとの対戦を前に次のことを考えるなんてことはできない」 また、この一戦を前にトッテナムは今年3月のFAカップのノリッジ戦でホームサポーターと衝突したイングランド代表MFエリック・ダイアーに、イングランドサッカー協会(FA)から4試合の出場停止処分および罰金処分が科された。 そのため、リーグ再開後にセンターバックのファーストチョイスとして重宝してきたダイアーを、今節を含め最終節まで起用することができなくなった。 そして、今回の会見ではモウリーニョ監督にダイアーの処分に対する意見が求められた。しかし、“口は禍の元”という言葉を良く知るポルトガル人指揮官は「リアクションを好まない」と、自身の見解を示すことを拒否している。 「(処分は厳しいと思うか?)答えないよ。仮に、私が何らかの返答をした場合、困るのは私自身だ。だから、そのことに関しては話すつもりはない」 「(異議申し立ての可能性は?)正直なところ、考えていない。異議申し立てを行った場合、異なるリスクを抱えることになるからだ。少なくとも次のシーズンはスタートからプレーできるし、こういったFAの決定がどのように機能しているかは誰もが知るところだろう」 2020.07.09 17:53 Thu
twitterfacebook