カラム・ウィルソン、ビッグクラブへの移籍話を回想「光栄だったけど…」

2020.04.03 21:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボーンマスに所属するイングランド代表FWカラム・ウィルソン(28)が、以前取り沙汰されていたビッグクラブへの移籍の噂について言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

昨シーズンのリーグ戦で14ゴール10アシストの成績を残したカラム・ウィルソンだが、今季の活躍は乏しく、チームも降格圏の18位に沈んでいる。2014年夏の加入以降、昨年にイングランド代表デビューも果たすなど国内トップレベルのストライカーに成長し、昨夏にはチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドが関心。

しかし、今季8ゴールに留まっている現状も含めて自分はそのレベルにないとコメント。ビッグクラブからの関心は光栄だとしながらも、ボーンマスや自分自身に集中していることを強調した。

「とても光栄だよ。彼らは偉大で巨大なクラブだからね」

「様々なうわさがあったみたいだけど、僕は新聞を読んだりニュースを聞いたりすることがないんだ。友達や家族から耳にすることはあるけどね。とはいえそれは僕のプレーに対する励ましにしかならないよ」

「昨シーズン、僕のパフォーマンスはかなり安定していたね。移籍の噂があったけど、一定のレベルで上手くプレーすることを心掛けていた」

「誰もがチャンピオンズリーグでプレーして成長したいと思っている。それは僕のキャリアの土台ともなっていることだ」

「でも、今はボーンマスの残留が第一だ。それに今シーズンの活躍ではビッグクラブへの移籍なんて話せないしね。心の奥底にとどめて自分自身に集中しようと思っているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

降格のボーンマス、リバプール下部組織出身のオーストラリア代表DFスミスが退団

ボーンマスは5日、オーストラリア代表DFブラッド・スミス(26)の契約満了を発表した。 スミスは、リバプールのアカデミー出身で2016年1月にファーストチームに昇格。左サイドバックを主戦場としていたが、公式戦11試合の出場にとどまり、2016年7月にはボーンマスに完全移籍で加入していた。 ボーンマスでは公式戦で11試合の出場にとどまり、近年はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシアトル・サウンダーズやカーディフへレンタル移籍を経験。なお、シアトル・サウンダーズでは2019シーズンのMLSカップで優勝を果たしていた。 2020.08.06 11:47 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、フェラン・トーレスに続きオランダ代表DFアケを獲得! 2025年までの5年契約を締結

マンチェスター・シティは5日、ボーンマスに所属するオランダ代表DFナタン・アケ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 また、詳細な移籍金は明かしていないがボーンマスはクラブ史上最高額の移籍金とだけ発表。イギリス『BBC』は、移籍金は4000万ポンド(約55億円)と報じている。 フェイエノールトやチェルシーの下部組織出身者として知られるアケは、チェルシー時代にレンタルで加入していたボーンマスに2017年夏に完全移籍。加入初年度から定位置を確保すると、元々のポテンシャルに経験値が追加され、プレミアリーグ屈指のセンターバックに成長。今シーズンは公式戦30試合に出場して2得点2アシストの数字を残した。 マンチェスター・シティへの移籍が決まったアケは、クラブの公式サイトで以下のコメントを残している。 「シティに加入することは僕にとって夢だった。このチームはどこを見ても、国際的なビッグネームがいるんだ。ペップ(ジョゼップ・グアルディオラ監督)は世界中で称賛されている監督だ。彼がこれまで成し遂げてきた成功は信じられないほどのもので、彼の求めるスタイルは僕にとって本当に魅力的なんだ」 「ここで試合に出るためには、たくさんの努力しなければならないことは分かっているが、僕はそのためにここに来たんだ。僕はチームがタイトルを獲得するためできる限りのことをするつもりだ」 2020.08.06 04:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、エディ・ハウ後任にジョン・テリー指名か

ボーンマスが来季の新監督にジョン・テリー氏(39)を検討しているようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 先日、エディ・ハウ監督との契約解消を発表したボーンマス。ハウ監督は2012年10月に就任し、当時3部に属していたクラブをプレミアリーグに昇格させると、5シーズン連続で残留に導く手腕を発揮。8年に及ぶ長期政権を築いたが、今季の降格決定を受けて袂を分かっていた。 8月17日に予定しているプレシーズン突入前に新指揮官を決めたいボーンマスは、アストン・ビラでアシスタント・コーチを務めるテリー氏をリストアップ。2018年夏に同クラブで現役を引退し、そのままディーン・スミス監督の右腕として指導者キャリアを歩み始めた。 シーズンオフの現在はポルトガルで休暇を過ごしているテリー氏。イギリスの規制上、帰国後は14日間の隔離が強制されるが、去就に影響はあるだろうか。 なお、先月にブリストル・シティの監督を解任されたリー・ジョンソン氏や、元ブライトン指揮官のクリス・ヒュートン氏も候補に挙がっているようだ。 2020.08.03 21:21 Mon
twitterfacebook
thumb

元ポーランド代表GKボルツ、古巣レギア・ワルシャワに凱旋 今季限りでボーンマスと契約満了

レギア・ワルシャワは1日、元ポーランド代表GKアルトゥール・ボルツ(40)の獲得を発表した。契約期間は2021年6月30日までの1年間となる。 ボルツは母国クラブでプロデビュー後、セルティックやフィオレンティーナ、サウサンプトンを渡り歩き、2014年からボーンマスでプレー。2014–15シーズンのプレミアリーグ昇格に貢献するなど、長らく守護神を務めた。 しかし、2017–18シーズンから序列を下げ、チームのチャンピオンシップ(イングランド2部相当)降格が決定した今季は出番なしで終了。契約満了に伴い、今季限りでボーンマスを去り、フリーの状況だった。 古巣レギア・ワルシャワに15年ぶりの凱旋となるボルツはクラブ公式サイトで「僕の心はここにある。これまでも何度か戻るチャンスがあったが、実現しなかった。迅速に話がまとまり、すごく満足しているよ」と話した。 2020.08.02 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

英2部降格のボーンマス、ハウ監督と契約解除 「いつも心の中にある」

ボーンマスが1日、エディ・ハウ監督(42)との契約解除を発表した。 2012年10月にボーンマスの監督に再任したハウ監督は、当時リーグ1(イングランド3部相当)に属したクラブを2度昇格に導き、2015-16シーズンからプレミアリーグに初挑戦。しかし、今シーズンは9勝7分け22敗の18位フィニッシュで、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)降格が決定した。 ハウ監督は双方合意での退任を受けて、現役時代から長きにわたり在籍したボーンマスに感謝を述べている。 「選手と監督としてこのクラブで25年間過ごした。クラブと一緒にこの決断を下した。今まで経験してきた中で最も難しい判断の1つだった」 「しかし、このクラブへの愛情と思いはいつまでも持っている。だが、全体的に見てクラブが新しい方向へ進むには今が適切な時期だと感じた」 「ボーンマスはいつも私の心の中にあるが、クラブが今こそ変化を起こすには適切なタイミングだと確信している」 「私は監督としてこれまで下した全ての判断がクラブとサポーターにベストだと常に保証してきた。これも例外ではないよ」 2020.08.02 10:30 Sun
twitterfacebook