インモービレが可愛い息子に非情なフェイント? 自宅待機の中で微笑ましい光景

2020.04.01 19:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオに所属するイタリア代表FWチーロ・インモービレは自身の愛息を非情なフェイントで翻弄した。

今シーズン、セリエA得点ランキングトップとなる26試合27ゴールと圧巻のスタッツを叩き出しているインモービレ。“守備の国”において多くの実力派DFを手玉に取っている名ストライカーは、可愛い息子に対してもその冷酷さ? を発揮している。

インモービレの妻であるジェシカ・メレナさんは3月29日に自身の公式『インスタグラム』を更新。新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大によって自宅待機を強いられている中、インモービレと愛息の微笑ましいやり取りを映した短い動画を投稿した。

ダイニングテーブルに1歳ぐらいの赤ちゃんを抱えて座っているインモービレは、お菓子を摘まむと、口を開けて完全にスタンバイしている赤ちゃんの口元に運ぶも、その寸前でフェイントをかまして自身の口に放り込む。

父親からのこの非情なフェイントを受け、赤ちゃんは驚きと疑問に満ちた眼差しを注ぐ。すると、さすがに可哀想なことをしたと反省したインモービレは再びお菓子に手を伸ばし、再び赤ちゃんの口元に運ぶ。

だが、冷酷なゴールスコアラーは再びフェイントをかましてお菓子を自身の口に放り込むと、赤ちゃんはプク顔と共に味のある目線の運びで改めて抗議の意思を示した。

この愛息のチャーミングな反応に撮影者のジェシカさんとインモービレは笑いを堪えることができなかった。

ヨーロッパにおいて新型コロナウイルスの被害が最も深刻なイタリアにいるインモービレ一家だが、自宅待機という厳しい状況下においても可愛い天使を中心に笑顔に溢れた生活を送っているようだ。

◆可愛い息子に非情なフェイント?
この投稿をInstagramで見る

Dal titolo MAI UNA GIOIA @ciroimmobile17

jessica Melena(@jessicamelena)がシェアした投稿 -

コメント
関連ニュース
thumb

【セリエA第30節プレビュー】トリノ・ダービーやラツィオvsミランの好カード開催!

ミッドウィークに行われた前節、首位ユベントスと2位ラツィオが揃って勝利し、両チームの4ポイント差が維持された。迎える第30節は土曜にトリノ・ダービーとラツィオvsミラン、月曜にナポリvsローマの太陽ダービーが組まれ、好カード満載となっている。 3試合連続のC・ロナウド&ディバラのアベック弾でジェノアに快勝した首位ユベントス(勝ち点72)は、2連敗中の14位トリノ(勝ち点31)とのダービーに挑む。再開後のリーグ戦3連勝と、9連覇へ向けて勝負強さを見せつけているユベントスは、絶好調のディバラと試合毎に調子を上げているC・ロナウドのコンビで地元のライバル撃破といきたい。 続いてトリノ・ダービー後に行われるラツィオvsミラン。トリノに逆転勝利し、2戦連続での逆転劇となってユベントスを追走する2位ラツィオ(勝ち点68)。難しい展開を強いられながらも勝ち切っているここ2試合を見れば、地力が付いていることを証明している。ミランを下し、更なる勢いに乗れるか。 一方、最下位SPALに何とかドローに持ち込む形となった7位ミラン(勝ち点43)は、イブラヒモビッチが途中出場で復帰。カスティジェホの負傷は痛いが、戻ってきた大黒柱がチームに勝利をもたせるかに注目だ。 サンチェスの躍動などで6発圧勝とした3位インテル(勝ち点64)は、冨安ボローニャとのホーム戦に臨む。前節ブレシア戦ではルカクやエリクセンをベンチスタートとした中、余裕の圧勝劇を飾った。首位ユベントスとは8ポイント差とまだまだ逆転スクデットへの望みがある中、圧勝の勢いを持続できるか。 対する11位ボローニャ(勝ち点38)は前節カリアリとの中位対決を1-1で引き分けた。ヨーロッパリーグ出場圏内の7位ミランとの5ポイント差は維持したが、何とか勝ち点を持ち帰り、欧州カップ戦出場の望みをつなぎたい。冨安としてはインテルの強力2トップをいかに抑え込むかがポイントとなる。 レッチェとの残留争いをフル出場で勝利に貢献したサンプドリアの吉田。そのサンプドリアは今節も19位SPALとの残留争いに臨む。降格圏の18位レッチェと4ポイント差を付けた中、今節も残留を争う相手を下して一気に安全圏に浮上したいところ。吉田の守備の統率に期待だ。 最後に月曜に行われる5位ナポリvs6位ローマ。4位アタランタが好調で、共にCL出場権獲得が難しい状況となっているが、打ち合いの好ゲームを期待したい。 ◆セリエA第30節 ▽7/4(土) 《24:15》 ユベントスvsトリノ 《26:30》 サッスオーロvsレッチェ 《28:45》 ラツィオvsミラン ▽7/5(日) 《24:15》 インテルvsボローニャ 《28:45》 サンプドリアvsSPAL ブレシアvsヴェローナ カリアリvsアタランタ パルマvsフィオレンティーナ ウディネーゼvsジェノア ▽7/6(月) 《28:45》 ナポリvsローマ 2020.07.04 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ラツィオが2戦連続逆転勝利で首位ユーベにプレッシャー《セリエA》

ラツィオは6月30日、セリエA第29節でトリノとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 3日前に行われた前節フィオレンティーナ戦を逆転勝利して首位ユベントスとの4ポイント差を維持した2位ラツィオ(勝ち点65)は、フィオレンティーナ戦のスタメンからバストスに代えてラドゥのみを変更した。 14位トリノ(勝ち点31)に対し、インモービレとカイセドの2トップで臨んだラツィオは、開始4分にPKを献上する。FKの流れからシュートブロックに入ったボックス内のインモービレがハンドを取られた。このPKをベロッティに決められ、ラツィオは先制を許した。 失点を受け、前がかるラツィオは23分に同点のチャンス。ミリンコビッチ=サビッチのスルーパスに抜け出したインモービレがボックス内から決定的なシュートを放ったが、枠を捉えきれなかった。 ハーフタイムにかけてもミリンコビッチ=サビッチやパローロがゴールに迫ったラツィオだったが、1点ビハインドで前半を終えた。 それでも迎えた後半開始3分、ラツィオが試合を振り出しに戻す。決めたのはPKを献上していたインモービレ。ルイス・アルベルトのスルーパスを受けたインモービレがボックス左から左足でシュートをねじ込んだ。 その後、60分にコレアとJ・ルカクを投入したラツィオは、73分に逆転する。J・ルカクが左サイドを突破した流れから、ミリンコビッチ=サビッチがボレー。これはGKに防がれるも、二次攻撃でボックス手前右のパローロがシュートを蹴り込んだ。 逆転したラツィオは終盤にかけて守りに入ると、トリノの反撃を許さずに2-1で勝利。2戦連続の逆転勝利でこのあと試合を行う首位ユベントスにプレッシャーをかけている。 2020.07.01 04:31 Wed
twitterfacebook
thumb

インモービレ&アルベルト弾で逆転勝利のラツィオがユベントスを追走!《セリエA》

ラツィオは27日、セリエA第28節でフィオレンティーナと対戦し、2-1で勝利した。 ミッドウィークに行われたセリエA再開初戦のアタランタ戦でリーグ3敗目を喫した2位ラツィオ(勝ち点62)が、ホームに13位フィオレンティーナ(勝ち点31)を迎えた一戦。 首位ユベントス追走へ負けられない戦いの続くラツィオは、中2日での一戦に向けてアタランタ戦から先発を3人変更。コレアやカタルディ、ラドゥに代えてカイセド、パローロ、バストスを先発で起用した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ラツィオは25分に先制を許す。左サイドボックス横でボールを受けたリベリが中に切り込むと、ダブルタッチで相手DF2人をかわしてシュート。これがゴール左隅に突き刺さった。 先手を取られたラツィオもすぐにチャンスを迎える。27分、L・アルベルトの右CKをニアサイドのパローロが頭で合わせたが、このシュートはGKドラゴウスキが好反応のセーブで弾き出した。 その後、フィオレンティーナ陣内に攻め込む時間が増えたラツィオは43分、L・アルベルトのスルーパスでゴール前に抜け出したインモービレがシュート。相手GKの弾いたボールにバストスが反応したが、先にインモービレの抜け出しがオフサイドと判定された。 迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはフィオレンティーナ。49分、ボックス右手前でボールを受けたゲザルが左足でコントロールショットを放ったが、これはクロスバーを直撃。 ピンチを凌いだラツィオは65分、左サイドでパスを受けたジョニーの高速クロスをボックス中央のカイセドが胸に当てると、こぼれ球を追ったカイセドが飛び出したGKに倒されPKを獲得。このPKをインモービレがゴール右隅に沈めた。 同点に追いついたラツィオは、コレア、マルシッチ、J・ルカクを投入し勝ち越しを狙う。すると83分、ドリブルで持ち上がったL・アルベルトのパスが相手DFに当たりこぼれると、再び反応したL・アルベルトがダイレクトシュート。このシュートがゴール右隅に吸い込まれた。 勝ち越しを許したフィオレンティーナは、試合終了間際にヴラホビッチがレッドカードを受け退場し万事休す。インモービレとL・アルベルトのゴールで逃げ切ったラツィオが、逆転勝利でユベントスの追走に成功している。 2020.06.28 06:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ガスペリーニ、自身不在の中でラツィオ撃破のチームを絶賛! 「もはや私を必要としない」

アタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が、ラツィオ相手に劇的な逆転勝利を飾ったチームを絶賛している。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内維持を目指す4位のアタランタは24日、ホームで行われたセリエA第27節で2位のラツィオとの上位対決に臨んだ。 開始早々にオウンゴールで先制を許すと、直後の11分にもMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチに見事なミドルシュートを決められ、キックオフからわずか10分で2点を追いかける苦しい展開に。 それでも、リーグ最高の攻撃力を誇るチームは前半のMFロビン・ゴセンズのゴールで前半のうちに1点を返すと、より攻勢に転じた後半半ばにはMFルスラン・マリノフスキーの見事な左足のミドルシュートが決まり、同点に追いつく。さらに、80分には右CKからDFホセ・ルイス・パロミーノに値千金のヘディングゴールが生まれ、ついに試合をひっくり返した。 その後、FWルイス・ムリエルらの決定機逸で試合を決める4点目こそ奪えなかったものの、セリエAで21試合無敗を継続していた難敵ラツィオ相手に3-2の鮮やかな逆転勝利を飾った。 前節のサッスオーロ戦での退席処分により、今回の一戦をスタンドから見守ることになったガスペリーニ監督は、試合後にイタリア『スカイ』のインタビューに応じると、「もう監督は必要ないのではないかという気持ちだ」と、自身の不在を感じさせない見事な戦いぶりを見せた選手たちを称賛している。 「選手たちに、ちょっとしたアドバイスをすることもできないし、スタンドから眺めるのは面白くなかった」 「私にとっては苦痛だったが、このチームはもはや監督を必要としないように感じさせられた。そのことに満足している。彼らは何をすべきか正確に理解しており、必要なのは彼らを動かすためのジェスチャーや言葉だけだ」 「アタランタにはチームとしての成熟度、フットボールに対する自信がある。したがって、今夜のように最も困難な状況にあっても、それが揺らぐことはない」 「ラツィオのようなチームに対しても0-2から反撃し、常に戦況を好転させられるという自信を持っている。そのように感じられるスカッドは決して多くないはずだ」 リーグ戦27試合で77ゴールと、昨シーズンに記録したクラブのシーズン得点記録に早くも並んだアタランタは、今季のセリエAで最も逆転勝利が多いチームでもある。 ガスペリーニ監督はスロースタートの傾向を改善点に挙げながらも、逆転勝利に導いた個々のパフォーマンスを称賛している。 「我々は以前からスロースタートの傾向がある。それは何度も起こっており、修正に苦労している。今夜はより慎重に入るつもりだったが、2失点を喫した」 「2点を追いかけるのは難しい。カウンターを許す可能性があり、(ラファエウ・)トロイと(ホセ・ルイス・)パロミーノを動かし、パプ(アレハンドロ・ゴメス)を前に出してバランスをとった。ある時点でバランスを見つけることができ、背後にスルーパスや相手選手の抜け出しを防げるようになった」 「ゴメスは万能な選手であり、フィールドのどこでもプレーすることができる。そして、インパクトを与えることができる。また、ヨシプ・イリチッチはベンチからのスタートとなったが、3点目のゴールをアシストしてくれた。それだけに彼が万全の状態を取り戻すことを望んでいる」 なお、今回の劇的勝利により、5位ローマとの勝ち点差6をキープしたアタランタは、今節引き分けた3位のインテルとの勝ち点差を「4」に縮めており、3位浮上のチャンスも出てきている。 2020.06.25 20:29 Thu
twitterfacebook
thumb

白熱の上位対決はアタランタが2点のビハインドをひっくり返してラツィオ撃破!《セリエA》

セリエA第27節、アタランタvsラツィオが24日に行われ、3-2でアタランタが逆転勝利した。 4位アタランタ(勝ち点51)と2位ラツィオ(勝ち点62)の上位対決。 3日前に行われたサッスオーロ戦を快勝してチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位ローマに6ポイント差を付けたアタランタは、サッスオーロ戦のスタメンから2選手を変更。カルダーラと出場停止のパシャリッチに代えてマリノフスキーとトロイを起用した。 一方、首位ユベントスを暫定4ポイント差で追う再開初戦となる2位ラツィオは、2トップにインモービレとコレア、インサイドMFにルイス・アルベルトとミリンコビッチ=サビッチを据えた。 そのラツィオは開始5分、オウンゴールで先制する。コレアのスルーパスで右サイドを抜け出したラッツァーリがクロスボールを送り、デ・ルーンのオウンゴールを誘った。 さらに11分、ゴール正面やや右、約25mの位置からミリンコビッチ=サビッチの放ったミドルシュートがゴール左に突き刺さり、ラツィオに追加点が生まれる。 2点をリードしたラツィオは自陣に引いてカウンターを狙い、流れを渡さない。そして26、28分とインモービレが立て続けに決定的なシュートを浴びせていった。 劣勢が続いていたアタランタだったが、38分に1点差に詰め寄る。ハテボエルの右クロスからゴセンズのヘディングシュートが決まった。勢い付くアタランタは45分にもゴセンズがボックス左から強烈なシュートでGKストラコシャを強襲し、盛り返して前半を終えた。 迎えた後半もアタランタが前がかる中、66分に追いつく。右CKの流れからボックス手前右のマリノフスキーが左足を一閃。強烈な弾丸シュートがゴールに突き刺さった。 そして勢いそのままアタランタが80分に逆転する。右CKからファーサイドのパロミーノがヘッドで押し込んだ。 90分にはロングカウンターからアレハンドロ・ゴメスが決定的なシュートを浴びせたアタランタは、3-2で逆転勝利。4位の座をがっちりと守っている。 一方、痛恨の逆転負けを喫したラツィオは首位ユベントスとのポイント差を4に広げられた。 2020.06.25 06:43 Thu
twitterfacebook