ジルーがベンゼマに痛烈な返し! 「ゴーカートかもしれない。だけど、世界王者だ」

2020.04.01 18:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーがレアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマの「F1とゴーカートを混同するな」との発言に対して、粋な返しを行った。フランス『BeFoot』が伝えている。先日、ベンゼマは自身の公式『インスタグラム』のライブ配信でレ・ブルーの新旧センターフォワードに関する質問を受けた際、「フォーミュラ1とゴーカートを混同してほしくない。僕の方が優れているし、自分がフォーミュラ1だと思っている」と、ジルーを比較対象に出されたことに対する不満を示した。

そのコメントについてはジルーに失礼かつ、傲慢過ぎるのではと各方面から批判の声が上がっていた。

この一見に関してジルーはここまで沈黙を貫いてきたが、今回初めてリアクション。自身がゴーカートで構わないとしながらも、“世界王者”というパワーワードを使った皮肉な返しを行った。

「F1とゴーカートは比較対象にならないという話になっているね。その中で僕が言わなければならないのはこういうことだよ」

「僕はゴーカートかもしれない。だけど、世界王者だ」

世界屈指のクラブであるマドリーのエースストライカーに君臨するベンゼマは、フランス代表においても通算81試合27ゴールの数字を残している。

だが、2015年11月に発覚した同僚MFマテュー・ヴァルブエナへの恐喝事件によって代表キャリアが暗転。以降は幾度か待望論が上がりながらも一度もレ・ブルーに招集されていない。

一方、モンペリエ時代の2010年に代表デビューを飾ったジルーは前所属先アーセナルの終盤以降、クラブチームで思うように出場機会を得られず、現所属先のチェルシーでも控えに甘んじている。

それでも、ディディエ・デシャン監督からの信頼が厚いフランス代表では前述のベンゼマの記録をいずれも上回る代表通算97試合39ゴールの数字を残している。

さらに、2018年ロシア・ワールドカップでは自身は無得点もレ・ブルーの優勝に貢献している。

プレースタイルが大きく異なるため、1人のプレーヤーとしての優劣をつけるのは困難だが、今回のレース(舌戦)に関してはゴーカートがF1に勝利したようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ゲンドゥージが新型コロナウイルス陽性反応、アーセナルからレンタル中もヘルタ・ベルリンは被害なし

ヘルタ・ベルリンは15日、U-21フランス代表MFマテオ・ゲンドゥージが新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したと発表した。 クラブの発表によると、ゲンドゥージはU-21フランス代表の活動に参加。13日にチームへと戻り、予定通り検査を実施。14日の午後は個別トレーニングを実施していたが、その後に陽性反応が出たとのこと。2度目の検査を14日の夕方に行ったところ、再び陽性反応を示したとのことだ。 ゲンドゥージは無症状であり、元気に過ごしているというが、2度の陽性反応により10日間の隔離措置をとることが決定した。 移籍最終日にアーセナルからのレンタル移籍が発表されていたゲンドゥージだが、そのまま代表の活動に入ったため、チームメイトやスタッフとは一度も接触がなく、チームとしては問題は起こっていないようだ。 前述の通り、ゲンドゥージは昨シーズンの終盤からミケル・アルテタ監督の信頼を失い出場機会を失い、今シーズンもメンバーに入ることなくレンタル移籍することが決定していた。 2020.10.15 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

難敵・クロアチア撃破のフランス代表指揮官が勝利を振り返る「ほんの僅かな差」

フランス代表のディディエ・デシャン監督が、クロアチア代表戦を振り返った。フランス『レキップ』が伝えた。 フランスは、14日にUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3第4節でクロアチアと対戦。グループ2位のフランスと3位のクロアチアの一戦は、互いに多くの選手を入れ替えての戦いとなった。 フランスはアントワーヌ・グリーズマンのゴールで開始8分に先制。しかし、その後は得点を積み重ねることができずにいると、64分にMFニコラ・ヴラシッチのゴールで同点とされる。しかし、79分にキリアン・ムバッペが決勝ゴール。1-2で競り勝ち、首位のポルトガル代表に勝ち点で並んだ。 試合後、デシャン監督がクロアチア戦を振り返り、難しい試合であったとコメント。前半のチャンスを生かすべきだったと振り返った。 「全てにおいてほんの僅かな差だ。他の会見で何を見たのかは知らない。ただ、簡単な試合ではなかった」 「クロアチアはクオリティがある。我々は、スタートしてすぐによりリードを広げるべきだった」 「キリアン(・ムバッペ)には15分にチャンスがあり、19分にはアントニー(・マルシャル)にPKがあったと思う。それは明らかだった。後半はミスで失点をした。ただ、選手たちは戦っていた」 また、ポルトガル戦からスタメンを6名変更して臨んだフランス代表。しっかりと戦えたことが勝利に繋がったとした。 「スターティングメンバーには多くの変更があった。我々はチームのレベルを下げないという贅沢さを持っている。選手たちが成し遂げたことを誇りに思う」 「クロアチアは圧力をかけてきたが、我々はマネージメントし、良い形で彼らをもう一度打ち負かすことができた」 「全体として、我々はよかったと思うし、ディフェンスは全員がしっかりと行った。チームには常に個性がある」 2020.10.15 09:30 Thu
twitterfacebook
thumb

グリーズマン&ムバッペ弾のフランスがクロアチアに競り勝ちポルトガルを追走《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3第4節のクロアチア代表vsフランス代表が14日に行われ、1-2でフランスが競り勝った。 3日前に行われた前節スウェーデン代表戦を2-1と競り勝って初勝利とした3位クロアチアは、スウェーデン戦のスタメンから5選手を変更。コバチッチがベンチスタートとなってパシャリッチやバデリ、ヴィダらがスタメンとなった。 一方、ポルトガル代表戦をゴールレスドローで終え、2勝1分けとした2位フランスは、ポルトガル戦のスタメンから6選手を変更。ポグバやカマヴィンガ、ジルーらがベンチスタートとなってマルシャルやトリソ、ラングレらがスタメンとなった。 [4-1-4-1]で臨んだクロアチアに対し、グリーズマンがトップ下に入り、2トップにムバッペとマルシャルが構える中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]で臨んだフランスが圧力をかける入りとなると、8分に先制する。右サイドバックに入ったF・メンディがクロスを上げた流れから、ルーズボールをボックス右で拾ったグリーズマンがゴール左上に蹴り込んだ。 さらに15分、マルシャルとムバッペのパス交換からボックス左のムバッペが決定的なシュートに持ち込むも、わずかに枠の右に外れた。 プレスがハマらないクロアチアは30分にようやくチャンス。ペリシッチの突破からパシャリッチがシュートに持ち込んだが、相手DFのブロックに阻まれた。 前半はフランスが主導権を握って迎えた後半、クロアチアはパシャリッチとバデリに代えてコバチッチとブレカロを投入する。 そのクロアチアが前がかる展開で立ち上がっていくと、65分に追いつく。ブレカロのラストパスを受けたボックス中央のヴラシッチがゴール左へ蹴り込んだ。 1-1となって以降は膠着状態が続いたものの、79分にフランスが勝ち越す。途中出場のポグバのロングフィードを、左サイド高い位置に走り込んだディーニュがダイレクトで折り返し、最後はムバッペが押し込んだ。 これが決勝点となってフランスが勝利。首位ポルトガルを同勝ち点で追走している。 2020.10.15 05:56 Thu
twitterfacebook
thumb

ムバッペがジルーにイラッ! 代表ロッカールームでのやり取りが話題に

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペと、チェルシーの同胞FWオリヴィエ・ジルーのやり取りが話題を集めている。フランス『RMC Sport』が伝えている。 フランスサッカー連盟(FFF)は、11日に行われたUEFAネーションズリーグのポルトガル代表戦(0-0)の舞台裏を映した『YouTube』の公式動画を公開。その中でムバッペと、ジルーのやり取りを切り取ったSNSユーザー(Baba O'Rhum)の投稿が大きな話題を集めている。 同ユーザーが注目したのは、ロッカールームで同世代のMFフセム・アワールと談笑するムバッペに対するジルーの行動だ。 試合前に短く刈り込まれた自身の頭髪に櫛を通して身だしなみを整えていたムバッペに対して、チームメイトと握手しに来ていたジルーは親愛の印か、ペットを可愛がるような形で頭をワシワシと撫でまわした。 すると、ムバッペは先輩が相手ということもあり、直接不満を示すことはなかったが、以前からファンとの記念撮影時のオンとオフの切り替えの凄まじさからフットボール界屈指の“フェイクスマイル”の使い手として知られる21歳は、ジルーが去った直後に氷のような冷酷な表情で、隣のアワールに先輩への不満を伝えた。 そして、直後にはジルーに大いに乱された頭髪に再び櫛を入れて、イラッとした気持ちも含め、再び身だしなみを整えてポルトガル戦に臨むことになった。 映像の流れを見る限り、ジルーに悪気がなかったことは明白だが、ムバッペにあんな表情をさせてしまうのであれば、今後試合前に頭をワシワシとすることは避けた方がよさそうだ。 <div id="cws_ad">◆ムバッペの表情の切り替えはリバプール以上?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">ça me fume Giroud il sait pas ça se fait pas ça <a href="https://t.co/9CcUul01r2">pic.twitter.com/9CcUul01r2</a></p>&mdash; Baba O&#39;Rhum (@BabafromParis) <a href="https://twitter.com/BabafromParis/status/1315593166964305921?ref_src=twsrc%5Etfw">October 12, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.14 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

フランスの17歳新星カマヴィンガ、試合後に交換したスーパースターのユニフォームは「洗わない」

スタッド・レンヌに所属するフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ(17)が喜びを露わにしている。イギリス『SPORT bible』が伝えている。 弱冠17歳にして、すでにフランス代表デビューを飾り、7日に行われたウクライナ代表戦では代表初ゴールも決めたカマヴィンガ。11日に行われたUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ3第3節のポルトガル代表戦では出場機会がなかったものの、試合後には嬉しい出来事があったようだ。 ポルトガルのエースであり、サッカー界を代表するスーパースターであるFWクリスティアーノ・ロナウドとユニフォーム交換をしたという。 カマヴィンガは試合後に自身のスナップチャットを更新。「このシャツは洗わない」というキャプションとともに、C・ロナウドのユニフォームの画像を投稿している。自身の幼少期からのスターのユニフォームはカマヴィンガにとって大切な宝物になるはずだ。 なお、カマヴィンガに対しては、C・ロナウドが所属するユベントスも獲得に興味を示している。 <div id="cws_ad">◆カマヴィンガがゲットしたクリスティアーノ・ロナウドのユニフォーム<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/ecama10?ref_src=twsrc%5Etfw">@ecama10</a> after swapping shirts with <a href="https://twitter.com/Cristiano?ref_src=twsrc%5Etfw">@Cristiano</a>: &quot;I won&#39;t wash it&quot; <a href="https://t.co/JHG4QYNHis">pic.twitter.com/JHG4QYNHis</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1315625613441609729?ref_src=twsrc%5Etfw">October 12, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.13 16:20 Tue
twitterfacebook