ラツィオDFリーダーにチェルシー&インテルが関心! 代理人の見解は?

2020.03.20 17:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーとインテルがラツィオのイタリア代表DFフランチェスコ・アチェルビ(32)に関心を示しているようだ。イタリア『FCInterNews』が報じている。

2013年に加入したサッスオーロで2度の精巣ガンを乗り越えた後、左利きの大型センターバックとして台頭したアチェルビ。2018年にステップアップを果たしたラツィオでは3バックの中央のポジションで、持ち味の対人守備、適切なラインコントロール、危機察知能力を遺憾なく発揮。頼れるディフェンスリーダーとして好調なチームの屋台骨を支えている。

『FCInterNews』が伝えるところによれば、そのアチェルビに関してはインテルとチェルシーの2クラブが今夏の獲得に興味を示しているという。

現在、アチェルビとラツィオの現行契約は2023年までとなっているが、同選手は先日にインテルのベルギー代表FWロメル・ルカクらを顧客に持つフェデリコ・パストレッロ氏に代理人を変更しており、この動きが今夏の移籍に向けた布石と見られているようだ。

なお、パストレッロ氏は『FCInterNews』の取材に際して、アチェルビの今後の去就を以下のように語っている。

「チェルシーとインテルからの関心を報じたニュースは読んだよ。だが、私はそれについて良くわからないよ」

「ただ、現時点でハッキリと言えることはフランチェスコがヨーロッパのどのクラブでも活躍できるディフェンダーだということだ」

パストレッロ氏の発言通りであれば、現時点でアチェルビ周囲に具体的な動きはなさそうだが、32歳という年齢は別としてラツィオでの好パフォーマンスを考えれば、今夏の更なるステップアップの可能性はあるかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

勝てば2位浮上も見えるコンテ監督、トリノを警戒「クオリティは順位よりも高い」

インテルのアントニオ・コンテ監督が、13日に行われるセリエA第32節トリノ戦の前日会見に臨んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 首位ユベントスを勝ち点差「11」で追うインテルは、前節のヴェローナ戦で引き分けており、アタランタに抜かれ4位に転落した。 しかし、今節はアタランタがユベントスと勝ち点1を分け合う結果に終わったため、インテルが勝利を収めれば再び3位に返り咲くことができる。さらに、2点差以上で勝利を収めればラツィオを抜き、一気に2位へと浮上する重要な試合となる。 重要な一戦を前にコンテ監督が会見に臨み、順位とは裏腹にクオリティの高いプレーを見せるトリノへのリスペクトを忘れていなかった。 「トリノのクオリティは確かに今の順位よりも高い。きっと今年の彼らは、他の目標をもってスタートしていた。スカッドは質が高く、優れた選手たちもいる。とても良いチームだ」 「彼らは一丸となり素晴らしいパフォーマンスを披露して勝ち点をとるためにサン・シーロへ来るだろう。我々もこのゲームで勝利を望んでいる」 またコンテ監督は、リーグ戦の直近9ゴールが7人(オウンゴールが1つ)の異なる選手から生まれていることにも言及。インテルはいつもそうであるとコメントした。 「いつもそうだが、今年のインテルでは攻撃をより予測不可能にするため、我々は相手エリアでより多くの人数で攻撃を増やしており、その結果さらに頻繁に起こっている」 「私の考えでは正しい道を歩んでいると思う。我々が良い取り組みをしていれば試合に勝つことは必然だ。積極的なプレーから少しだけ積極的なプレーへと判断を変えることもできるだろう」 2020.07.13 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

飲酒運転、赤信号無視、ナンバー違反でインテルMFブロゾビッチが免許取り消し

インテルのクロアチ代表MFマルセロ・ブロゾビッチが、免許を剥奪されていたようだ。イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』が報じた。 報道によると、ロールス・ロイス・カリナンに乗るブロゾビッチは、土曜の未明にミラノのナイトスポット近くのカントーレ広場でパトロール中の警察官に止められたとのこと。赤信号を無視し、追跡した警察官に数百メートル経って止められたという。 <div id="cws_ad">◆ブロゾビッチ、2019-20シーズンのプレー集<div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhcHM4MDNJZyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 夜間のパトロールのためアルコール検査も実施した所、ブロゾビッチ本人は酔っ払っていなかったものの基準値を超えるアルコールが検出。赤信号無視と合わせて処分された。 さらに、ブロゾビッチが運転していた車は、ドイツのナンバープレートがついていたが、外国車の使用での違反となり、免許が取り消されることになったようだ。 ブロゾビッチは2015年1月にディナモ・ザグレブからレンタル移籍で加入。2016年7月に完全移籍していた。 今シーズンはセリエAで25試合に出場し3ゴール4アシストを記録していてる。 なお、インテルは13日にセリエA第32節のトリノ戦を控えている。 2020.07.12 17:25 Sun
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ラウタロと個人合意? コウチーニョ売却がカギか…

バルセロナがインテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(22)と個人合意に至ったようだ。『ESPN』が報じている。 ウルグアイ代表FWルイス・スアレス(33)の後釜探しに熱を入れるバルセロナ。以前よりラウタロへの関心が各メディアで取り沙汰されていたが、この度個人合意にこぎつけたようだ。 しかし、今夏の獲得にはまだ障壁が多い。新型コロナウイルスの影響で財政的ダメージを受けたバルセロナは、来シーズン分の予算から2億ユーロ(約240億円)を今シーズンへ補填。ラウタロには1億1100万ユーロ(約134億円)の解除金が契約に付随しているが、有効期限が不明であるうえ、バルセロナに満額支払うつもりはないという。 コストを抑えるためにトレードを望むものの、インテル側は現金による取引しか受け付けていない模様。ここで鍵となるのがブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(28)の売却だと『ESPN』は主張している。 すでに、ブラジル代表MFアルトゥール(23)とユベントスのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(30)のトレードに近い契約内容で移籍をまとめているバルセロナ。先日、クラブの会長を務めるジョゼップ・マリア・バルトメウ氏はスペイン『RAC1』のインタビューで「今後のサインは売却に依存するか、トレードのどちらかになるだろう」とコメントしたようだ。 2020.07.11 22:29 Sat
twitterfacebook
thumb

そんなのあり!?スタンコビッチがGKのフィードをダイレクトで決めた驚愕の長距離ゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元セルビア代表MFデヤン・スタンコビッチ氏がインテルで決めた驚愕のスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆敵味方全員の虚を突いたまさかのダイレクトボレー!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJPWXd6VkZMUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2004年から2013年までインテルでプレーしたスタンコビッチ氏。ジョゼ・モウリーニョ監督の下でトレブル(3冠)を達成することになるシーズンの2009年10月17日、セリエA第8節のジェノア戦では、驚愕のロングシュートを決めている。 MFエステバン・カンビアッソとFWマリオ・バロテッリのゴールで2-0とリードして迎えた前半アディショナルタイム、味方のバックパスを受けたジェノアのGKマルコ・アメーリアが、自ボックス付近でボールを持つと、前線へフィードを送る。 ボールはやや左へ逸れていくと、コースに先回りしていたスタンコビッチの正面に。するとスタンコビッチはこのフィードをまさかのダイレクトボレー。敵味方含めピッチ上全員の虚を突いたシュートは、気付けばゴールネットに吸い込まれていた。 2011年のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグ、シャルケ戦で見せた超ロングシュートは有名だが、それ以前にも超ロングシュートを決めていたスタンコビッチ。やはりあのゴールはまぐれではなかったようだ。その後インテルは2点を加え、5-0と大勝を飾っている。 2020.07.11 22:15 Sat
twitterfacebook
thumb

シーズン45試合23ゴール!パッツィーニの全盛期を象徴するハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。 この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ヴェローナの元イタリア代表FWジャンパオロ・パッツィーニがサンプドリア時代に決めたハットトリックだ。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad">◆絶好調パッツィーニがサンプを勝利へ導く<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJGRFRlU3FweiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 2010年11月21日に行われたセリエA第13節のレッチェ戦。1トップで先発出場したパッツィーニはまず8分、左サイドを抜け出したDFレト・ツィークラーのクロスに反応すると、相手GKとDFの間で何とかボールを拾い、体を倒しながらゴールへと流し込んだ。 さらに41分にはPKをしっかりと決め、2点目を挙げる。 サンプドリアはその後2-2と追いつかれるが最後に決めたのはやはりパッツィーニだった。試合終了間際の88分、MFダニエレ・マンニーニの絶妙なヒールパスに、オフサイドラインぎりぎりで抜け出すと、ゴール左上に豪快に叩き込んだ。 絶好調のパッツィーニはこのシーズン公式戦45試合23ゴールを記録。シーズン終了後にインテルへとステップアップを果たしている。 2020.07.10 20:00 Fri
twitterfacebook