広州恒大MFパウリーニョ、新型コロナウイルスの影響で退団を考慮したと告白

2020.01.31 12:53 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
広州恒大に所属する元ブラジル代表MFパウリーニョが、クラブを去ろうと考えていたようだ。中国の武漢で感染者が見つかり、日を追うごとに感染者のみならず死者も増えている新型コロナウイルス。世界保健機関(WHO)が全世界に向けて緊急事態宣言を行うなどし、中国では170名の死者、7711名の感染者がいるという

スペイン『ムンド・デポルティボ』は、かつてバルセロナにも在籍したパウリーニョにコンタクト。今回の事態について「コロナウイルスに関して、特に家族のことを考えて中国を離れることを考えた。でも、彼らは僕が安らかに眠れることを保証してくれたんだ」と、中国から離れることを考えていたことを明かした。

パウリーニョが住む広州は、新型コロナウイルスの発生源と言われている武漢からはおよそ1000km離れている。しかし、「できるだけ家から出ないように」という勧告を受けていたようだ。

中国サッカー協会(CFA)は、中国スーパーリーグを含む全てのサッカー大会を延期させることを発表。開幕も遅れる他、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の中国開催も当面はなくなった。

広州恒大は、ヴィッセル神戸、水原三星ブルーウィングス(韓国)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)とグループGで同居。パウリーニョは「中国スーパーリーグは始まらないが、ACLに参加するため毎日トレーニングを行なっている」と、しっかりとコンディション調整も行なっているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

快足で鳴らした元ナイジェリア代表FWマルティンスが中国の武漢卓爾に加入

かつてインテルやニューカッスルなどでプレーした元ナイジェリア代表FWオバフェミ・マルティンス(35)が中国スーパーリーグの武漢卓爾に加入した。クラブが公式に発表した。 レッジーナやインテルの下部組織に所属したマルティンスは2002年7月にインテルのファーストチームに昇格。インテルでは4シーズンで136試合出場し49ゴール13アシストを記録。2006年8月にニューカッスルへ移籍すると、プレミアリーグで92試合に出場し28ゴールを決めるなど活躍を見せた。 その後はヴォルフスブルクやルビン・カザン、バーミンガム・シティ、レバンテとヨーロッパで活躍し、2013年3月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシアトル・サウンダーズへ加入。アメリカでは84試合で43ゴール22アシストと得点力が爆発。2016年2月に中国スーパーリーグの上海申花へと加入していた。 上海申花では63試合で32ゴール9アシストを記録したマルティンス。リザーブチームへの降格や契約解除などあった中、フリートランスファーで武漢卓爾に加入することとなった。 武漢卓爾には、元浦和レッズのFWラファエル・シルバが所属。今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でリーグを2つに分けて開催しており、中国スーパーリーグでは11試合を終えて4位に位置している。 2020.09.22 10:25 Tue
twitterfacebook
thumb

中国スーパーリーグの深圳がジョルディ・クライフ監督を招聘!

中国の深圳市足球倶楽部は14日、ジョルディ・クライフ氏(46)を新指揮官に招へいしたことを発表した。 伝説的選手のヨハン・クライフの息子で知られるジョルディ・クライフ氏は、現役時代は父の活躍したバルセロナでキャリアをスタートさせ、1996年に加入したマンチェスター・ユナイテッドではプレミアリーグ優勝を経験。その後はアラベスやエスパニョールでプレーしスペインに戻ったあと、ウクライナのメタルルフ・ドネツクやマルタのバレッタに移籍し、2010年に引退した。 監督業は2017年にマッカビ・テルアビブでスタート。2018年夏からは中国の重慶斯威を指揮し、最近では今年1月にエクアドル代表指揮官に就任していたが、エクアドルサッカー連盟で人事異動があったことで、方針変換により7月23日に辞任。新型コロナウイルスの影響もあり、監督としての仕事は全く果たせなかった。 新天地となった深圳は、かつてはフィリップ・トルシエ氏やクラレンス・セードルフ氏が監督を務めた中国スーパーリーグ所属のクラブ。7月に開幕した今シーズン、開幕戦では広州富力に3-0で快勝するも、その後は上海申花、広州恒大、河南建業に3連敗を喫し、今月11日にロベルト・ドナドーニ監督を解任していた。 2020.08.14 17:16 Fri
twitterfacebook
thumb

中国スーパーリーグの深圳市足球倶楽部がドナドーニ監督が解任、就任後14試合でわずか2勝

中国スーパーリーグの深圳市足球倶楽部は11日、イタリア人指揮官のロベルト・ドナドーニ監督(56)の解任を発表した。 現役時代はアタランタやミランなどでプレーし、イタリア代表としても活躍したドナドーニ監督。指導者としてはイタリア代表を指揮したこともあり、クラブレベルではリボルノやジェノア、ナポリ、カリアリ、パルマ、ボローニャを指揮、2019年7月に深圳市足球倶楽部の監督に就任していた。 チームの改革を行うべく就任したドナドーニ監督だったが、2019シーズンは10試合を指揮しわずか1勝。それでも、継続して指揮を執ると、7月に開幕した今シーズンは開幕戦で広州富力に3-0で快勝するも、その後は上海申花、広州恒大、河南建業に3連敗を喫し、解任となってしまった。 クラブは「ドナドーニ氏は、監督の経験が豊富で、真剣で親しみやすく、勝利を望む姿勢に満ちていた。チームの構築と発展に尽力し、若手の成長に力を注いでいた」とし、感謝のメッセージを送っていた。 2020.08.11 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

【足球日記】まさかの新型コロナウイルス蔓延、自ら切り拓いた新たなステージ

難しい環境下での中国でのサクセスストーリーを現地から届けてもらう連載企画『足球日記』。中国の地で奮闘する、日本と中国の地を引く男・夏達龍(なつたつりゅう)が現地の情報をお届けする。 第2回は、この厳しいコロナ禍で、現在所属する四川九牛に入団するまでの経緯をお届け。四川九牛は、あのシティ・フットボール・グループ(CFG)が保有するクラブの1つ。今シーズンは紆余曲折あり、中国甲級リーグ(中国2部)で戦うこととなった。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 皆さん、こんにちは。 ついに7月25日に中国スーパーリーグが開幕しました。僕の所属する2部リーグの開幕も遠くはないのでチームの士気も徐々に上がって来ています。 前回の連載1回目の記事がYahoo!ニュースにも掲載され、反響も頂き、少しでも多くの方に中国サッカーについて知ってもらえるようより一層頑張りたいと思います! 今回は現所属チーム四川九牛足球俱乐部加入までの経緯について書いていきます。 昨シーズン(2019)は保定容大に所属していました。2019年度のリーグが終わり日本へ一時帰国したのが昨年の11月頃で、12月にまた保定チームに 戻って冬のキャンプが始まる予定でしたが全体連絡で延期が告げられました。 この時点で、資金面の問題でチームの存続危機が起きているのは知っていて、すぐに代理人に連絡をして来季に向けてチーム探しを始めました。しかし、当時所属していた保定容大の解散発表がない限り、チームとの契約は有効なので慎重に動き、出来るだけトラブルのないように進めました。 トライアウトを受けるチームを見つける事すら難航する中、代理人の紹介で蘇州東呉(そしゅうとうご)のチーム練習に参加をすることが決まり、1月上旬に日本から蘇州に向かい10日間ほどトレーニングさせてもらいました。 もちろん移動費もトライアウトの費用(宿泊費・食費込み)も全て自費で、できるだけ早めに結果が欲しかったので2週間経たないうちに直接監督を訪ねてチームに残れるかを聞きました。 当時この蘇州のチームは、2部に昇格できるかできないかまだ確定していない状況で、監督からは「今答えを出すことはできない」と言われ、僕は早速次のトライアウト先である深圳壆岗(ボウガン)という今シーズンから3部に昇格するチームに合流することにしました。この深圳のチームからは、代理人を通さず僕個人に直接連絡がきていました。 春節の休みまで5日間ほどしかなく、とにかく短い間にできる限りアピールしました。そして、2月20日頃にチームは春節休みに入り、監督から休み明けまたチームに合流するよう言ってもらい、強い手応えを持ちながら日本へ一時帰国しました。 <span class="paragraph-title">◆まさかの新型コロナウイルス蔓延</span> しかし、この春節休み期間中に新型コロナウイルスが中国国内で爆発的に流行し、チームの予定していた集合日時が無期限の延長になりました。当時の心境は、とにかく不安でした。 いつになったらチームは活動できるのか、そしていつまでこの状況が続くのか、中国に戻ってから14日間の隔離生活がどういうものなのか、中国国内での移動規制はどれほど厳しく無事に戻れるのか、など考えれば考えるほど答えのわからない不安に襲われていました。 もちろんチームが活動再開しても、参加できなければ契約もできません。なので、チーム活動の再開の目処が立ってない状況でしたが中国に戻る決意をし、2月28日に深圳へ戻りました。 チームが用意してくれた隔離環境が整っているホテルで14日間過ごすことになり、ホテルの外はもちろん部屋からも出てはいけないと言われ、毎日3回防護服を着た人が体温を測りに来るという徹底された環境でした。そういった状況の中、チームの活動が再開するのを祈りながら狭いスペースでできるトレーニングをして過ごしていました。 そして、この隔離期間中に保定容大との契約解除の手続きを済ませました。そして3月13日に念願の隔離生活からの解放。しかし、チームは未だ活動できておらず僕はチームの宿泊施設に泊まらせてもらうことになりました。14日ぶりの外出は本当に嬉しかったです!笑 チームの施設内のグランドやジムで毎日1人でトレーニングしながら活動再開するのを待っていると、ついに4月3日にチーム活動開始との連絡が来ました。 しかし、ここで活動再開までの間に知り合いのコーチから連絡がきました。それは、四川九牛の練習参加をしないか? という内容で、しかもそのチームは僕のいる深圳の隣町ですぐにでもいける距離でトレーニングをしていました。 <span class="paragraph-title">◆思わぬ連絡に葛藤の日々</span> 四川九牛は今シーズンから2部に昇格する可能性もあり、シティフットボールが所有するクラブの一つでまさかこんなチャンスが来るとは思ってもいませんでした。 深圳のチームの活動再開までまだ時間もあり、翌日早速チームに合流し、いきなり紅白戦に参加するというかなりハードな展開で訛った身体を無理やり動かしました。笑 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/natsu_002_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 紅白戦を終え、監督からこのままチームのトライアウトに残って欲しいと言われましたが深圳のチームのこともあるので一旦戻り、色々考えた結果、荷物をまとめて四川九牛に合流する決断をしました。 深圳に残る方が契約の可能性は高く、もしこれで四川九牛に残れなかった場合にもう深圳には戻れないと考えるとかなり大きなリスクがありました。この時はまだどっちを優先して考えて行動すべきか迷っていました。 <span class="paragraph-title">◆考え抜いて選んだ道、その結果は…</span> 去年の12月から実質未所属の状況が続いていて、今すぐにでもしたい契約。目の前にある深圳の契約書に手を伸ばすのか、ここでもう一つチャレンジするのか。そのあと3日間の四川九牛での練習を終えるとチームは休みに入り、その後チームは四川に戻る予定でした。しかし、僕は四川に行くのか深圳に留まるのかまだ決心できていませんでした。 もちろん四川九牛とは契約の話まではできてなかったです。休みの間考えた結果、深圳のチームにはもう戻らないと連絡をして休み明けに四川に向かいました。恐怖もリスクもありましたが、それを抱えても四川九牛でチャレンジしたいという気持ちが勝ったので決心することができました。 4月13日にトレーニングが再開し、契約するために必死でアピールしました。しかし四川に来て4日後の紅白戦で左足首を蹴られ、パンパンに腫れ上がり途中交代しました。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/natsu_002_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 次の日も腫れは一向に引かず、針で血を抜いたり(激痛)してなんとか3日後にはチームトレーニングに復帰することができました。それでも足首はパンパンのままで、痛みを我慢しながら休むわけにはいかないとなんとか食らいつきました。 5月に入っても契約はできておらず気持ちは焦るばかりで、他のトライアウト生が契約したという話を聞くとますます不安になります。この時まだ四川九牛が今シーズン3部なのか2部に昇格するのか確定していませんでした。 そんな時、深圳のチームのスタッフが僕を気にかけて連絡をくれました。 まだ契約できていないと報告すると、深圳に残っていたらもうサインしてたよと言われ、苦笑いしかできませんでした笑 それでも自分で決めてここまで来たので後悔はありません。 後日行われた2部チームとの練習試合で後半途中からFWとして出場してゴールを決めることができました! そして5月20日 チームの事務所に呼ばれて、なんとか四川九牛と契約することができました! さらに、その3日後に中国サッカー協会が四川九牛の2部昇格を公式発表し、最高の形で今シーズンのスタートラインに立つことができました。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2020/natsu_002_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><hr> ◆プロフィール 名前:夏達龍(なつ・たつりゅう) 生年月日:1993年6月27日 出身地:愛知県名古屋市 職業:プロサッカー選手 所属チーム:四川九牛足球俱乐部(中国プロサッカー2部) 2020.07.31 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

元ドイツ代表FWワグナーが個人的な理由で天津泰達を退団、昨季はバイエルンでプレー

中国スーパーリーグの天津泰達は24日、元ドイツ代表FWサンドロ・ワグナー(32)との契約解除を発表した。 ワグナーは、バイエルンの下部組織出身で2007年7月にファーストチームへ昇格。しかし、結果を残せずに1年で退団しデュイスブルクへと完全移籍した。 <div id="cws_ad">◆ワグナー、バイエルンでのゴール集!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2c3FUMUJoTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> その後は、ブレーメンやカイザースラウテルン、ヘルタ・ベルリン、ダルムシュタット、ホッフェンハイムと多くのクラブを渡り歩いた。 2016-17シーズンにはホッフェンハイムでブンデスリーガ31試合で11ゴール4アシストを記録。翌シーズンもホッフェンハイムでプレーしていると、2018年1月に突如古巣のバイエルンへと復帰。しかし、2019年1月に天津泰達へと完全移籍していた。 中国スーパーリーグでは26試合に出場し12ゴール2アシストを記録するなど結果を残していたが、今シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けシーズン開幕ができず。先週末にようやく開幕を迎えていた。 天津泰達によると、ワグナーは個人的な理由でチームを退団したとのこと。両者合意の下で契約を解除したとのことだ。 そのワグナーには、ブンデスリーガ復帰を目指すハンブルガーSVが興味を持っているとされている。再びドイツの地でプレーすることになるのだろうか。 2020.07.27 22:10 Mon
twitterfacebook