広州恒大MFパウリーニョ、新型コロナウイルスの影響で退団を考慮したと告白

2020.01.31 12:53 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
広州恒大に所属する元ブラジル代表MFパウリーニョが、クラブを去ろうと考えていたようだ。

中国の武漢で感染者が見つかり、日を追うごとに感染者のみならず死者も増えている新型コロナウイルス。世界保健機関(WHO)が全世界に向けて緊急事態宣言を行うなどし、中国では170名の死者、7711名の感染者がいるという

スペイン『ムンド・デポルティボ』は、かつてバルセロナにも在籍したパウリーニョにコンタクト。今回の事態について「コロナウイルスに関して、特に家族のことを考えて中国を離れることを考えた。でも、彼らは僕が安らかに眠れることを保証してくれたんだ」と、中国から離れることを考えていたことを明かした。

パウリーニョが住む広州は、新型コロナウイルスの発生源と言われている武漢からはおよそ1000km離れている。しかし、「できるだけ家から出ないように」という勧告を受けていたようだ。

中国サッカー協会(CFA)は、中国スーパーリーグを含む全てのサッカー大会を延期させることを発表。開幕も遅れる他、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の中国開催も当面はなくなった。

広州恒大は、ヴィッセル神戸、水原三星ブルーウィングス(韓国)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)とグループGで同居。パウリーニョは「中国スーパーリーグは始まらないが、ACLに参加するため毎日トレーニングを行なっている」と、しっかりとコンディション調整も行なっているようだ。
コメント