アストン・ビラ、劇的勝利の立役者が試合後インタビューで落胆の反応?

2020.01.22 14:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラは21日に行われたワトフォード戦で後半ラストプレーの劇的ゴールによって2-1の逆転勝利を収めた。その劇的勝利の立役者となったイングランド人DFエズリ・コンサが試合後インタビューでまさかの反応を見せた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

プレミアリーグ第23節終了時点で降格圏の18位に位置するビラは、21日にホームで行われた第24節で勝ち点1差で17位のワトフォードと対戦した。

同試合では前半終盤にFWトロイ・ディーニーに先制点を奪われる厳しい展開となったが、後半半ばにMFドウグラス・ルイスのゴールで同点に追いつく。さらに、引き分け濃厚と思われた試合終了間際の95分には自陣中央で得たFKからGKホセ・マヌエル・レイナのロングボールを相手ボックス内で繋ぎ、攻撃参加していたコンサが右足の強烈なシュートをゴール左隅に突き刺し、降格圏脱出となる劇的な逆転勝利を手にした。
そして、今季ブレントフォードから加入し、待望のプレミアリーグ初ゴールを記録したコンサは、試合後に『スカイ・スポーツ』のインタビューに意気揚々と現れたが、その場で衝撃の事実を知らされることになった。

レポーターからインタビューを受ける直前、クラブの広報と思われる男性がやや動揺した様子で近くに設置されていた内線電話を取り、何やら話し合いを行っていると、少し困った表情でコンサに、「あのゴールだけど、公式記録がミングスに訂正されたよ」と、衝撃の事実を伝えた。

すると、コンサはすぐさま顔を両手で覆い、部屋の壁際にもたれかかる形で座り込んでしまい、茫然自失の様子だった。そして、「少なくとも僕たちは勝ったんだ」とのコメントを絞り出すのが精いっぱいだった。

それでも、正真正銘の決勝点を決めたDFタイロン・ミングスが改めてインタビューに呼ばれると、何とか笑顔を取り戻したコンサは、「僕は心を痛めている。もちろん、冗談だけどね。重要なのはあくまで勝利という結果さ」と、自虐的な冗談をかましてみせた。

さらに、試合後にコンサは公式SNSに自身のゴールセレブレーションの様子を写した画像と共に、「ビラでの初ゴールを決めたと思ったよ」と、またしても自虐ネタをかまして多くのビラファンを楽しませた。

なお、前述のゴールシーンに関してはミングスの丁寧な落としをコンサが抑えの利いた素晴らしいミドルシュートを放った際、倒れ込んだミングスの足にディフレクトしてコースが変わっており、判断は難しかった。

◆気の毒だが可愛い!




関連ニュース
thumb

エメリ監督、古巣から引き抜き開始? 23歳チュクウェゼらに関心

アストン・ビラがビジャレアルのナイジェリア代表FWサムエル・チュクウェゼ(23)に関心を寄せているようだ。イギリス『Football Insider』が報じている。 チュクウェゼは18歳でビジャレアルの下部組織に入団し、2018年9月にヨーロッパリーグ(EL)でファーストチームデビュー。右サイドが本職の左利き快足アタッカーで、公式戦通算178試合で29得点26アシストを記録している。 アストン・ビラは来年1月の移籍市場で即戦力となるサイドアタッカーの獲得を模索。つい先日までビジャレアルを率いていたウナイ・エメリ監督からの要望もあり、チュクウェゼの引き抜きに動き出しているという。 また、スペイン『Fichajes』によると、リバプールとアーセナルもチュクウェゼに関心を寄せ、ビジャレアルの要求額は4000万ユーロ(約58億1000万円)。契約を2024年6月まで残すなか、首脳陣らは売却に前向きとされている。 なお、アストン・ビラの来冬の本命はあくまでチュクウェゼのようだが、同じくビジャレアル所属でビッグクラブ行きも噂されるスペイン代表DFパウ・トーレス(25)にも関心を寄せているとのことだ。 2022.11.22 16:36 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーで活躍した元イングランド代表DFギャリー・ケイヒルが引退…「全てを出し尽くしたと素直に言える」

元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(36)が、16日に自身のSNSを通じて現役引退を発表した。 「フットボールは僕に多くの喜びと成功を与えてくれた。ここでスパイクを脱ぐ決断ができたのは、全てを出し尽くしたと素直に言えるからだ」 「かつて夢見たことを実現し、信じられないような思い出を作ることができた。で優勝したような最高の瞬間から、母国とチェルシーのFAカップ優勝チームのキャプテンを務めた特権まで、永遠に私の中に残り続けるだろう」 「また、チームメイトや監督、裏方のヒーローたちなど、サッカー界全体で素晴らしい友情を育んできたことに、ただただ感謝の気持ちでいっぱいだ」 「プレーをやめるという決断は簡単なことではない。20年間、毎日トレーニングに励み、試合当日に最高のコンディションでプレーできるように努力し、所属していたチームの成功に貢献してきた」 「自分の選択肢を考える時間があり、熟考した結果、今が自分のキャリアの次のステージに進む時だと感じたんだ」 「これまで私を支えてくれた素晴らしい家族に、特別な感謝の気持ちを伝えなければならない。これからは家族と充実した時間を過ごすことができるから、それが楽しみだよ」 「この先も、サッカーは常に僕の一部であり、僕が愛しているものだ。僕にとって、人生の新しい章が始まるときに、後ろ向きになるのではなく、前向きになることが重要なんだ」 アストン・ビラの下部組織出身だったケイヒルは、バーンリーやシェフィールド・ユナイテッドへのレンタル移籍を経て2008年1月に加入したボルトンで頭角を現し、2012年1月にチェルシーに完全移籍した。 チェルシーでは在籍7年半で公式戦290試合に出場し、プレミアリーグを2回、チャンピオンズリーグ1回、ヨーロッパリーグ2回、FAカップ2回、EFLカップ1回と、数々の優勝をに貢献。また、この間にイングランド代表での地位も確立し、2014年と2018年のワールドカップや2016年のユーロに出場した。 2019年夏のチェルシー退団後は、クリスタル・パレスとボーンマスに在籍。概ね主力としてプレーしたが、今夏にフリーになると、およそ半年後のこのタイミングで引退を決断した格好だ。 2022.11.16 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

代表から4年遠ざかるも… 37歳A・ヤング、W杯ラージリスト入りに「冗談かな?」

アストン・ビラの元イングランド代表DFアシュリー・ヤング(37)が代表復帰に意欲を見せている。 かつてマンチェスター・ユナイテッドで主将を務め、インテルではセリエA優勝も経験しているヤング。37歳の大ベテランとなったが、今季もプレミアリーグ11試合出場で1得点を記録するなど、第一線でプレーを続けている。 そんなヤングがイングランド代表として最後にプレーしたのは4年前のロシアW杯。にもかかわらず、先月にはカタールW杯へ向けた予備メンバー55人に選出されており、これには驚かされたとイギリス『サン』で語っている。 「(55人の)ラージリストは代表チームのスタッフが僕に送ってきたんだ。自分の名前は冗談かな?と思ったよ。きっと誰かが書き加えたんだろうとね(笑)」 最終的には本大会に臨む26人に残れなかったものの、招集されれば迷いなく応じるとも口にしている。 「現役引退したわけじゃないし、今はするつもりもない。僕が必要だと思ってくれるならいつだって行くよ。イングランド代表から引退するときは、キャリア全体に終止符を打つときさ」 「自分は今でも最高のレベルでプレーできる!と自信を持つのは本当に大切なことだよ。普段から若い選手たちに『決して夢を諦めてはいけないよ』と言ってるんだ」 2022.11.16 14:01 Wed
twitterfacebook
thumb

体調不良で三笘欠場のブライトンが新生アストン・ビラに逆転負け…《プレミアリーグ》

三笘薫の所属するブライトン&ホーヴ・アルビオンは13日、プレミアリーグ第16節でアストン・ビラと対戦し、1-2で敗戦した。三笘は体調不良のため欠場している。 4日前に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でアーセナルに逆転勝利し公式戦3連勝中の7位ブライトンが、15位のアストン・ビラをホームに迎えた一戦。 三笘が体調不良のためベンチ外となったブライトンは、試合開始50秒で先制する。バックパスを受けた相手GKにハイプレスをかけてパスコースを限定すると、ドウグラス・ルイスへのパスをインターセプトしたマク・アリスターがボックス内まで持ち上がりシュートを流し込んだ。 幸先良く先制したブライトンだったが、4分にアクシデントに見舞われる。右モモ裏を痛めたアダム・ララナがピッチに座り込むと、プレー続行不可能となりエンシソとの交代を余儀なくされた。 その後は一進一退の展開が続いたが、ブライトンは19分にピンチ。ブエンディアのスルーパスに反応したマッギンをダンクがボックス内で倒してしまいPKを献上。このPKをイングスにゴール中央に決められた。 追いつかれたブライトンは32分、左CKからグロスが直接ゴールを狙ったが、これはGKマルティネスのセーブに阻まれた。 同点で迎えた後半、ブライトンは54分に立て続けにピンチを作られる。味方のループパスで右サイドを突破したキャッシュがボックス右深くからクロスを供給すると、ブエンディアが合わせたダイビングヘッドが左ポストを直撃。 さらにこぼれ球繋ごうとしたところ、ドウグラス・ルイスのハイプレスを受けたマク・アリスターがボックス手前でボールをロスト。ボックス内でこれを拾ったイングスのシュートはダンクにディフレクトしゴール左隅に吸い込まれた。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ブライトンは80分にトロサールがミドルシュートでゴールに迫ったが、これは相手GKがセーブ。さらに88分には、ショートコーナーの流れからマク・アリスターの右クロスをコルウィルが頭で合わせたが、枠の上に外れた。 結局、試合はそのまま1-2でタイムアップ。ブライトンは中断前を勝利で飾れず、公式戦4試合ぶりの黒星を喫した。 2022.11.14 01:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「寄せすぎ」「コピーだ」アストン・ビラの新エンブレムがチェルシーに酷似?実は過去のデザインを踏襲したもの

アストン・ビラは10日、クラブの新しいエンブレムを発表した。 ビラは6月からクラブのエンブレムデザインを変更することを検討。現在のエンブレムを含めた3つのパターンでファン投票を行った結果、1982年のヨーロッパカップ優勝に敬意を表した円形のエンブレムになることが決まった。 当時のビラも円形のエンブレムを採用しており、ファン投票では実に77%がこのデザインに票を入れたという。 ただ、円形のシルエットに中央に描かれたライオンといくつかの要素がチェルシーと被ることもおり、「寄せすぎ」、「コピーだ」、「ほぼチェルシー」、「チェルシーの色違いみたいじゃん」と指摘する声も多い。 なお、今シーズン限りは現在のエンブレムが継続され、2023-24シーズンから新エンブレムが採用される。来シーズンの新ユニフォーム等も新しいエンブレムを用いたデザインになるとのことだ。 プレミアリーグで得点力不足に喘いでいたビラは10月末にスティーブン・ジェラード監督を解任。11月からウナイ・エメリ監督のもとでは得点力が改善されると同時に早速白星もあげており、ここからの巻き返しに期待がかかっている。 ※記事写真は現在のエンブレム <span class="paragraph-title">【写真】アストン・ビラの新エンブレム!一応チェルシーとも比較…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">&quot;Can I copy your homework?&quot;<br><br>&quot;Yeah just change it up a bit so it doesn&#39;t look obvious&quot;<br><br>&quot;Okay&quot; <a href="https://t.co/R9w7OHEzeE">pic.twitter.com/R9w7OHEzeE</a></p>&mdash; ODDSbible (@ODDSbible) <a href="https://twitter.com/ODDSbible/status/1590767899039469573?ref_src=twsrc%5Etfw">November 10, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.11 17:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly