「何をしたいかがわかる」チェルシーの軸、コバチッチ&ジョルジーニョが互いを語る

2019.12.22 17:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーを支えるクロアチア代表MFマテオ・コバチッチとイタリア代表MFジョルジーニョの二人が互いについて語った。クラブ公式サイトが伝えている。

2018年夏にチェルシーへ加入したコバチッチとジョルジーニョ。2年目を迎えた今シーズンは息の合ったコンビプレーでランパード新体制を迎えたチームを中盤で支えている。

そんな2人がその連携について言及。コミュニケーションを繰り返しとっていることを明かし、互いにやりやすさを感じているようだ。

◆コバチッチ
「僕らはコミュニケーションをとって、お互いがどこにいるのかが分かるようにしているんだ」

「僕が低い位置をとれば、ジョルジが上がる。僕らはここで多くのポジションチェンジをして、ワンツーを繰り返しているんだ」

「低めのポジションを取る方が好きなんだけど、時々、彼と同じラインにいるようにもしていて、一つのパスで彼の前に走ることも試している。そうすれば、2人でもフォワードに当てて、相手のラインを破ることができるからね」

「ジョルジーニョは自分が周囲を見えていない時でも、声をかけてくれる。こういうところもジョルジの素晴らしいところだよ。組織的なプレーが本当に優れている」

◆ジョルジーニョ
「お互いを見れば、彼が何をしたいのかがわかるよ」

「私が彼を見た時、彼は僕が何をしたいかを分かってくれる。仕事がしやすくなるよ。時々、僕が低めの位置を取ったり、その逆をやったりね」

「今シーズン、僕らは互いに違ったプレーをしている。僕は昨シーズン、1タッチや2タッチでボールを早く動かし、あまりボールを持たないようにしていた。僕はボールをキープするのが好きなんだ。今シーズンは僕らに自由があり、彼とは良い関係を築けていると感じているよ」

「(副キャプテンについて)常に話す必要があるね。コミュニケーションは重要だ。なぜなら、『ターン』や『ワンタッチだ』という声でチームメイトを助けることができるからね」
コメント