モドリッチとコバチッチがキュートな家族たちと子供服のモデルに!しかし用意されたのはアメフトボール

2021.12.22 22:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが子供服ブランドのモデルを務めた。

モドリッチはクロアチア・ザグレブに拠点を構える『lunilou』という子供服ブランドのモデルとして登場した。同じくクロアチア代表で活躍するチェルシーのMFマテオ・コバチッチもモデルを務めた。

このブランドは、コバチッチの妻であるイザベルさんが立ち上げたもので、そのつながりもあり2人はアンバサダーに就任していた。

肌ざわりの良さそうな、ゆったりとしたスウェット風のルームウェアを着たモドリッチとコバチッチ。このルームウェアは子供用、男性用、ユニセックス用と展開され、女性向けのコレクションで成功を収めた『lunilou』として、新たなターゲットにむけたものとなっている。

モドリッチはベージュの、コバチッチはモスグリーンの服を着こなし、子供たちとくつろいだ雰囲気の中で撮影。子供たちが愛くるしいのは疑いようもないのだが、気になるのはインテリアとして用意されたボールだろう。何故かサッカーボールではなく、アメフトボールが用意されている。

サッカーボールでは撮影の際に転がってしまい、安定しないからなのだろうか。もしくは、モドリッチが過去にアメフトならぬラグビーボールによるクロスバーチャレンジを成功させていることを踏まえてのことなのだろうか。何にせよ、子供たちはアメフトボールに興味津々だ。

1 2

関連ニュース
thumb

“世界で最もセクシーなサッカー選手”と称された女子選手が反論「嫌だった」

スイスのグラスホッパーに所属する女子クロアチア代表FWアナ・マリア・マルコビッチ(22)が、自身に関する報道に苦言を呈した。イギリス『SPORT BIBLE』がスイス『20 Minuten』の情報をもとに伝えている。 クロアチア生まれのマルコビッチは幼少期にスイスに移住。現在は日本人MF川辺駿とDF瀬古歩夢もプレーするグラスホッパーの女子チームでプレーしている。 インスタグラムでは58万人ものフォロワーを抱える人気選手のマルコビッチだが、最近セルビアで彼女のことを「ブロンドのセクシーな女性」と表現した記事があったようだ。 そのことについて尋ねられたマルコビッチは「セクシー」は行き過ぎた表現だとし、記事を知った時に嫌な気持ちになったことを明かした。 「最も美しいサッカー選手や最も美しい選手の一人と呼ばれる記事は好きです。でも、その後に世界で最もセクシーなサッカー選手と書かれた新聞記事が出ました。それが嫌でした。家族のこともありました」 「人のことを書くときは気を付けないと...。でも全体的にひどいわけではなかったです」 また、多くの人が彼女に近づこうとしていたとも明かしている。 「多くの人がマネージャーのふりをして手紙をくれたけど、彼らが私に何を求めているかはよく分かっています」 「彼らは私のサッカーを見たことがなく、外見しか見ていない。それはとても残念なことです。そういう人はもっと事前に調べて、私がサッカーで何ができるかを知るべきだと思う」 「また、多くの人がソーシャルメディア上で私のことを何か利用し、それでお金を稼ぎたいというために、私が可愛いと思わせてしまっています」 <span class="paragraph-title">【写真】アナ・マリア・マルコビッチのインスタグラム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cdv7F8GNiu_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cdv7F8GNiu_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cdv7F8GNiu_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@anamxrkovic)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.06.17 05:35 Fri
twitterfacebook
thumb

UNL4戦未勝利でGL敗退のフランス…チュアメニは改善強調 「パニックになる必要ない」

フランス代表MFオレリアン・チュアメニがチームの敗戦にも前向きな姿勢を示した。『UEFA.com』が伝えている。 13日に行われたUEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ1第4節でクロアチア代表をホームに迎え撃ったフランス。ここまでの3試合で勝利がない前回王者は開始早々にPKを献上して早々と失点すると、FWカリム・ベンゼマ、FWキリアン・ムバッペら強力な攻撃陣も沈黙し、0-1で敗れた。 これで首位のデンマーク代表と残り2試合で7ポイント差になり、グループ敗退が決定。後半から出場したチュアメニは敗退という結果にも気をとめず、次のインターナショナルマッチウィークで異なった姿を見せられるだろうと語った。 「相手とキックオフで対峙した際、僕たちに別の野望があったのは確かさ。でも、心配する必要はないよ。僕たちはこの試合でうまくプレーできず、フランスのシャツを着ているのであれば、もっとうまくやる義務がある。今回はそれができなかった。だから、僕たちはもっと働く必要がある」 「僕たちは少しの準備期間で試合に臨んだ。監督はきっと試合でいくつかを試したかったんだと思う。言い訳をするつもりはないけど、事情を理解してほしい。パニックになる必要はないよ。次のインターナショナルマッチウィークでは、もっと良くなっているはずだからね」 2022.06.14 11:34 Tue
twitterfacebook
thumb

UNL前回王者が早くもGL敗退…デシャン「世界王者だからって勝てるわけじゃない」

フランス代表のディディエ・デシャン監督が敗戦の弁を述べている。 UEFAネーションズリーグ(UNL)の前回王者ながら、今回の代表ウィークから始まった2022-23リーグA・グループ1の戦いではここまで2分け1敗と苦戦するフランス。13日の第4節ではサンドニにクロアチア代表を迎え撃った。 クロアチアも1勝1分け1敗とスッキリしない戦いが続くが、フランスは開始5分にCKの流れからPKのチャンスを許すと、これをMFルカ・モドリッチに決められ、失点。攻撃陣も最後の精度を欠いて、0-1の完封負けを喫した。 4戦未勝利のフランスは引き続きグループ最下位。あと2試合を残しているが、首位のみが次のラウンドに進めるレギュレーション上、首位のデンマークが勝ち点を「9」に伸ばしたため、グループ敗退が決まってしまった。 欧州サッカー連盟の公式サイト『UEFA.com』によると、試合後のデシャン監督は「我々よりもダイナミズムで、非常に優れたクロアチアとの試合だった。我々が世界王者だからって、勝てるわけじゃない」と振り返った。 また、「6月は非常に難しい時期だった」とこの代表ウィークでの活動を総括。「エネルギーやパワーが足りなかったんだ。ツキもなかったが、何よりもフレッシュさに欠けた」と選手たちに溜まる疲労を理由に挙げている。 2022.06.14 10:55 Tue
twitterfacebook
thumb

強豪フランスを破ってUNL連勝のクロアチア、ダリッチ監督「最高の勝利の一つ」

クロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督が、強豪相手の勝利を喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。 クロアチアは13日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ1の第4節でフランス代表と対戦した。前節、デンマーク代表に勝利したチームはこの試合も開始早々にFWアンテ・ブディミルがボックス内で倒されてPKを獲得。これをMFルカ・モドリッチが冷静に決めて先制点を記録すると、その後は守りを固めて相手の攻撃をはね返す展開になる。後半は立ち上がりのチャンスを決めきれず、その後は完全に押し込まれる形となったが、GKイヴィツァ・イブシッチの好セーブもあり、1-0で勝利した。 強豪相手に白星を掴み、UNL連勝を飾ったダリッチ監督は試合後、喜びを露わに。UNL初戦でオーストリア代表に0-3の完敗を喫してから、チームがうまく立ち直ったことを誇った。 「クロアチアがフランスに勝ったのは、10試合ぶりになる。だから、とても嬉しいね。チームは本当に良いプレーをしており、相手の攻撃を何とか抑えることができた。間違いなく、我々にとって最高の勝利の一つだ」 「オーストリアに0-3で敗れてから、立ち直れるだけの力を持ったチームなどほとんどいないだろう。それは、プライドと品格のあるチームだけができることだ。(決勝で敗れた)ワールドカップの後、我々がフランスに対してコンプレックスを抱いていたのは間違いない。だからこそ、世界王者相手に敵地で勝利するのは、並大抵のことではないのだ」 2022.06.14 10:35 Tue
twitterfacebook
thumb

フランスがクロアチアにシャットアウト負けで4戦未勝利、最下位から抜け出せず《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ1の第4節、フランス代表vsクロアチア代表が13日に行われ、0-1でクロアチアが勝利した。 3日前に行われたオーストリア代表戦を1-1の引き分けに持ち込んだものの、ここまで2分け1敗と未勝利の最下位フランス(勝ち点2)は、ベンゼマ、ムバッペ、エンクンクの3トップで臨んだ。 一方、前節デンマーク代表戦を制して初勝利とした3位クロアチア(勝ち点4)は、モドリッチ、ブロゾビッチ、コバチッチが先発。フランス同様に[4-3-3]で臨んだ。 試合は開始3分、CKの流れからブディミルがコナテに倒されてクロアチアがPKを獲得。これをモドリッチが決めてクロアチアが先制すると、その後は自陣に引いたクロアチアをフランスが崩せない状況が続いた。 そのまま1点ビハインドで迎えた後半、フランスはチュアメニとパヴァールを投入。 しかし開始4分、クロアチアに追加点のチャンス。だが、コバチッチのスルーパスに抜け出したブディミルのシュートはGKメニャンにセーブされた。 チュアメニとパヴァールの投入によって攻撃が活性化されたフランスが攻勢に出ると、55分にはムバッペがミドルシュートで牽制。そして61分には同点の絶好機。しかし、ボックス右に抜け出したムバッペのシュートはGKイブシッチのセーブに阻まれてしまう。 終盤にかけてもフランスが攻勢をかけ続けたが、ゴールが遠くそのままシャットアウト負け。4戦勝ちなしで最下位のままとなっている。 また、グループ1もう一試合のデンマーク代表vsオーストリア代表は、ウィンドとスコフ・オルセンのゴールで2-0としたデンマークが勝利。3勝目を挙げ、首位をキープしている。 2022.06.14 05:57 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly