チチャリートがアメリカに興味?「全てのリーグにチャンスがある」

2019.12.03 17:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(31)がクラブを退団するかもしれない。アメリカ『ロサンゼルス・タイムズ』が伝えた。

チチャリート”の愛称で知られるエルナンデス。マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、レバークーゼン、ウェストハムでプレーし、今シーズンからセビージャに加入した。

しかし、ここまで公式戦は10試合に出場し3ゴール。ラ・リーガでは7試合の出場に留まっている状況。セビージャとの契約は3年間となっており、2022年までの契約があるものの、簡単な状況ではない。

メキシコ代表としても51ゴールを記録しており、歴代最多得点者であるが、2018年のロシア・ワールドカップ終了後はメキシコ代表に招集されないことも多く、1年半で3試合しか出場していない状況だ。

『LAタイムズ』はチチャリートに対し、アメリカのメジャーリーグ・サッカー(MLS)でプレーする気はあるかと質問。すると「はい。間違いなく。僕はいつも自分の将来について考えている。どんなチャンスでも、できる限りオープンでいたい」とコメント。将来的なMLS挑戦があることを語った。

また、「MLSは成長しているリーグだ。チャンスだね。全てのリーグにチャンスがある」と語り、どのリーグにでも移籍する可能性があることを示唆した。

セビージャはルーク・デ・ヨング、ノリートがファーストチョイスとなっており、チチャリートとしては出場機会が限られている状況。早ければ、冬にでもセビージャを去るかもしれない。
コメント