ベイル、ユーロ期間中は大好きなゴルフができない? ギグスがケガを懸念か

2019.12.03 10:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーに所属するMFガレス・ベイルが、来年6月にイタリアで開催されるユーロ2020の期間中、大好きなゴルフをできない可能性があるという。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。サッカー界屈指のゴルフ好きとして知られているベイル。だが、メンバー外となった試合の裏でゴルフをしていたことが複数回発覚しており、その都度、マドリディスタからの反感を買っている。


今回伝えられるところによると、ユーロ2020の期間中、ウェールズ代表を率いるライアン・ギグス監督は、代表活動に専念させるため、ゴルフを禁止にするようだ。その理由として、ゴルフクラブを振った際にベイルが筋肉を損傷する可能性を危惧しているという。

また、ウェールズ代表はユーロ本選に先駆け、強化キャンプをアゼルバイジャンで実施する模様。そのキャンプ地付近にはゴルフ場がないようで、ウェールズサッカー協会(FAW)最高責任者を務めるジョナサン・フォード氏は、「ライアンはキャンプ中、フットボールだけに集中させることを明確にしている。ゴルフをして健康やコンディションを危険に晒すような選手が出ることにはならないだろう」と話している。

なお、ユーロ本選出場を決めているウェールズ代表はグループAに所属。開幕戦でスイス代表と激突した後、トルコ代表、イタリア代表の順で対戦する。
関連ニュース
thumb

「ベイルを左にDJを右に」予選初白星のウェールズ、暫定指揮のページコーチの策が的中

ウェールズ代表のロブ・ページ コーチがチェコ代表戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。 カタール・ワールドカップ欧州予選 グループEに入っているウェールズ。ライアン・ギグス監督がパートナーへの暴行容疑のため指揮を執れないというイレギュラーな中で、予選3試合を戦った。 初戦のベルギー代表戦は3-1で黒星発進となったが、2試合目となったチェコ戦は0-0で試合が推移する中で82分にガレス・ベイルのクロスをダニエル・ジェームズがヘディングで決めて値千金のゴール。これが決勝点となり、1-0で予選初勝利を挙げていた。 ギグス監督の代役として指揮を執ったページコーチは試合を振り返り「ベルギー、そしてチェコと厳しいスタートを切ったことはわかっていたが、これ以上の難しさはない」とコメント。「この試合に臨むにあたり、少しプレッシャーがかかることはわかっていた。今夜の勝ち点3が大きな助けになることもわかっていた」と、この先の予選に向けて重要な一戦になると考えて臨んだと明かした。 また、この試合の決勝点を決めたダニエル・ジェームズのパフォーマンスを評価。選手の配置を変えたことが功を奏したと語った。 「ダニエル・ジェームズがクロスをヘディングで押し込んでくれたのは嬉しかった」 「前の試合でも、キーファー・ムーアがピッチに入るとボックス内にクロスが必要なるのでベイルを左に、DJ(ダニエル・ジェームズ)を右に配置したことがあったが、それが功を奏した」 2021.03.31 12:55 Wed
twitterfacebook
thumb

主力温存のベルギーが圧巻8発で快勝! ウェールズはチェコに競り勝ち初勝利!《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループE第3節、ベルギー代表vsベラルーシ代表が30日に行われ、ホームのベルギーが8-0で圧勝した。 前節、チェコ代表との白熱のアウェイゲームを1-1のドローで終えたベルギーは、ベラルーシを相手に予選2勝目を狙った。マルティネス監督は対戦相手との実力差を考慮し、GKクルトワ、デ・ブライネ、ルカク、ティーレマンスら一部主力をベンチスタート。前線はバチュアイ、ドク、トロサールとフレッシュなメンバー構成となった。 大幅なターンオーバーによって思わぬ苦戦も予想されたベルギーだったが、結果的にその不安は杞憂に終わる。 開始5分にプラートのクロスに反応したバチュアイが早速決定機に絡むと、その勢いのまま先制点が生まれる。14分、左サイドでの細かいパス交換からドクのショートスルーパスに抜け出したバチュアイがボックス左から豪快な左足のシュートを突き刺した。 さらに、畳みかけるホームチームは17分、右サイドに張ったムニエから正確なクロスがゴール前に供給されると、バチュアイがニアへのランニングでDFを引っ張って空けたゴール前のスペースに飛び込んだヴァナケンが右足ワンタッチで合わせ、待望の代表初ゴールを奪取した。 この連続ゴールによって完全に試合の主導権を掌握したベルギーは以降ややペースを落としながらも果敢に追加点を目指す。すると、38分にはボックス手前右で一瞬フリーになったトロサールが右足を豪快に振り抜くと、鋭い弾道のシュートがゴール左隅の完璧なコースに決まり、ヴァナケンに続き待望の代表初ゴールを奪取。続く42分には自陣でのボール奪取からカウンターに転じ、プラートのスルーパスに抜け出したドクが冷静にGKとの一対一を制した。 4点リードで試合を折り返したホームチームは後半も早い時間帯にスコアを動かす。49分、ボックス手前左でバチュアイからマイナスのパスを受けたプラートが地を這う右足のグラウンダーシュートをニア下に突き刺し、こちらも代表初ゴールとなった。 この5点目で勝利を確実なモノとしたベルギーは64分に殊勲のバチュアイとヴェルトンゲンを下げてベンテケ、デンドンケルを同時投入。ここから試合を締めにかかる。 しかし、後半に入っても攻撃の手を緩めないホームチームは70分にアルデルヴァイレルトからの鋭い右クロスをゴール前のベンテケが見事な右足のダイレクトボレーで合わせて6点目を奪取。さらに、76分にはトロサール、89分にはヴァナケンと前半に代表初ゴールを挙げた2選手が共に代表2点目まで奪い、この日のゴールショーを締めくくった。 そして、主力温存も格下相手に世界屈指のスカッドの厚さを証明したベルギーが8-0の圧勝で今予選2勝目を挙げた。 また、同日行われたウェールズ代表vsチェコ代表は、ホームのウェールズが1-0で勝利した。 予選2試合目で初勝利を目指すウェールズと、前節ベルギー相手に堂々とした戦いぶりを見せた好調チェコの一戦は拮抗した展開に。0-0のスコアで試合を折り返した中、チェコは49分にセットプレーの競り合いの流れで相手選手を殴打したシックにレッドカードが掲示され、数的不利を背負う。 これで流れを引き寄せたいウェールズは攻勢を仕掛けていくが、なかなかゴールをこじ開けることができない。すると、77分にはC・ロバーツが2枚目のカードをもらってしまい、こちらも退場者を出してしまう。 それでも、ホームチームは81分、相手陣内左サイドでのスローインの流れからベイルが鋭い縦への仕掛けから上げた正確なクロスをゴール前のダニエル・ジェームズが頭で合わせ、待望の先制点を挙げた。その後、チェコの決死のパワープレーを集中した守備で撥ね返し続けたウェールズが待望の今予選初白星を手にした。 ◆欧州予選グループE第3節結果 ▽3/30(火) ベルギー 8-0 ベラルーシ 【ベルギー】 バチュアイ(前14) ヴァナケン(前17) トロサール(前38) ドク(前42) プラート(後4) ベンテケ(後25) トロサール(後31) ヴァナケン(後44) ウェールズ 1-0 チェコ 【ウェールズ】 ダニエル・ジェームズ(後37) 2021.03.31 05:58 Wed
twitterfacebook
thumb

ベイル、カタールW杯欧州予選後に代表引退の可能性も? 「これが最後になるかも」

トッテナムのウェールズ代表MFガレス・ベイルが代表引退をちらつかせた。イギリス『BT Sport』が報じている。 2006年の代表デビューから89キャップを数え、歴代最多の33ゴールを誇るベイル。31歳の今はチームのキャプテンを務め、2022年にカタールで行われるワールドカップ(W杯)出場権の獲得に導こうと、今月の代表ウィークから欧州予選を戦っている。 しかし、仮にウェールズ代表がカタールW杯の出場権を獲得したとなれば、その大会時のベイルは33歳。今夏には新型コロナウイルスの影響で開催が1年持ち越されたユーロ2020の戦いを控えるが、代表キャリアの終わりを感じる自分もいるようだ。 ベイルは先日に自身が発した今季終了後のレアル・マドリー復帰を匂わす発言を釈明するなか、カタールW杯欧州予選終了後に代表から退く可能性があると認めた。 「この予選が終わってからのことはあまり深く考えていない」 「もちろん、僕らが年を取ってきているのは隠しようがないし、これ(欧州予選)が最後になるかもしれない」 「たとえそうだとしても、僕のマインドセットは変わらない。これまで通り、100%の力を注ぐつもりだ」 「僕らはまだ今夏にビッグトーナメント(ユーロ2020)があって、それからもこの予選が続くわけだからね」 「今は純粋に現在とその出来事にフォーカスしている。未来というのは何だって起こり得るものさ」 なお、ウェールズ代表は24日に敵地ルーヴェンで行われたグループE第1節でベルギー代表に1-3の逆転負け。30日には本拠地カーディフでチェコ代表戦との次節に臨む。 2021.03.30 12:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ウェールズ代表、3選手がプロトコル違反で代表追放…

ウェールズサッカー協会(FAW)は29日、同協会が定めるプロトコルに違反した3選手の代表追放を発表した。 今回、違反の詳細は明かされていないものの、違反を犯したのはFWハル・ロブソン=カヌ(写真左)と、FWラビ・マトンド(写真右)、FWタイラー・ロバーツ(写真中央)の3選手。そして、3選手全員が代表を追放されて所属クラブに戻ることになった。 3選手はいずれも27日に開催されたメキシコ代表との国際親善試合(1-0で勝利)に出場していたが、その後に何らかの違反行為が発覚した模様だ。 その中でロバーツは自身の公式『インスタグラム』を通じて、「チーム、スタッフ、ウェールズのファンに謝罪したい。僕はユーロのチームでの地位を獲得するために、今後できる限りの努力を続けていきたいと思います」と、謝罪のコメントを残している。 なお、カタール・ワールドカップ欧州予選グループEに所属するウェールズは、30日にホームで行われるチェコ代表戦で今予選初勝利を目指す。 2021.03.30 00:41 Tue
twitterfacebook
thumb

レアル復帰を匂わせたベイル、代理人が釈明に走る

代理人のジョナサン・バーネット氏がトッテナム所属の顧客であるウェールズ代表MFガレス・ベイル(31)の波紋を呼ぶ発言にリアクションした。 昨夏にレアル・マドリーからのシーズンローンという契約内容で古巣トッテナムに舞い戻ったベイル。前半戦こそコンディション不良などでインパクトを残せずにいたが、後半戦に入ると、徐々に存在感を高めていき、公式戦25試合の出場で10ゴールと復活をアピールしている。 そんなベイルだが、代表チームとしての活動先で来季の去就について「当初の予定はスパーズで1年間を過ごしたら、ユーロ終了後にレアル・マドリーで残る1年を過ごす予定だった。正直なところ、僕の計画はレアル・マドリーに戻ること」と述べ、これが大きな話題をさらった。 だが、バーネット氏は『ESPN』でベイルの発言に関して「完全に文脈が無視されている」とトッテナムとの契約内容を鑑みてのものであり、今季終了後にレアル・マドリーに戻る意思を示したものではないと説明。来季の去就について結論を出すも「時期尚早」だと話した。 また、『BBC Sport Wales』のインタビューでも同じスタンスを貫いており、「(ベイルの将来について)時間を設定しているわけじゃない。彼はとにかく今に集中しているのだ」と述べている。 2021.03.27 08:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly