【J1ピックアッププレビュー】ACL出場へのラストチャンス《札幌vsC大阪》

2019.10.18 11:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
18日、明治安田生命J1リーグ第29節の北海道コンサドーレ札幌vsセレッソ大阪が札幌ドームで行われる。

現在勝ち点40で7位につける札幌と、勝ち点46で6位につけるC大阪の対戦。両チームにとって、残り試合の目標に影響を与える一戦となるだろう。

◆ルヴァン杯決勝への勢いを〜北海道コンサドーレ札幌〜
クラブ史上初となるリーグカップ決勝へ駒を進めた札幌。カップ戦とリーグ戦と、戦い方は異なるが、どちらも一戦必勝であることには変わりはない。

昨シーズンは目前でAFCチャンピオンズリーグ出場を逃した札幌にとっては、ここでの戦いが大きく影響を与える。3位の横浜F・マリノスとの勝ち点差は「12」。逆転に向けては現実的な数字ではないが、鹿島が天皇杯を優勝した場合は4位での出場が可能となるため、4位になりたいところだ。

現在4位の川崎フロンターレとは勝ち点差「7」。この数字は不可能ではないだけに、C大阪戦ではしっかりと勝利を収めたいところだ。

直近のリーグ戦3試合は1分け2敗。さらに、前節はガンバ大阪に0-5と大敗を喫してしまった。しかし、ルヴァンカップ準決勝ではそのG大阪に2戦合計2-2とし、アウェイゴール差で勝利を収め、大敗を払拭している。

札幌にとっての正念場。C大阪、横浜FM、川崎Fと上位との対決が3試合あることを考えれば、この戦いに勝つ事で上位進出への光が見えるだろう。

◆ACLか中位か〜セレッソ大阪〜
対するC大阪は、札幌との勝ち点差が「6」。順位は1つしか違わないが、勝ち点差は離れていると言っていい。札幌以上に、来シーズンの戦いに大きく影響を与える一戦となるだろう。

前節は首位を目指す鹿島アントラーズと対戦し、0-1で敗戦。結果、鹿島がFC東京を逆転し首位に立った。この敗戦により、勝ち点差は「9」に広がってしまったが、諦めるにはまだ早い。

3位の横浜FMとの勝ち点差は「6」。来シーズンのACL参戦に向けてのチャンスはまだ残されている。チームの連勝は鹿島戦の敗戦により「5」でストップしてしまったが、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が作り上げたチームの調子は落ちていない。

最も、鹿島戦もセットプレーでいきなり出鼻を挫かれ、その後は攻め切れずに0-1での敗戦となっただけに、反省すべきは早い時間の失点。特にセットプレーでの守備は焦点となるだろう。また、日程面でもルヴァンカップを戦った札幌よりは有利であり、選手たちのコンディションも問題ないはず。鹿島戦でDF丸橋祐介が負傷離脱してしまった事だけが懸念材料といえる。

何れにしても、C大阪が上位を争うに値するか、それとも中位に甘んじるかの分かれ目となる一戦。アウェイゲームで再び勝利し、残留争いを繰り広げるチームたちとの残りの対戦に向けて勢いをつけたい。

【予想スタメン&フォーメーション】
◆北海道コンサドーレ札幌[3-4-2-1]
©️CWS Brains, LTD.

GK:ク・ソンユン
DF:進藤亮佑、キム・ミンテ、福森晃斗
MF:ルーカス・フェルナンデス、深井一希、宮澤裕樹、菅大輝
MF:鈴木武蔵、チャナティップ
FW:ジェイ
監督:ミハイロ・ペトロビッチ
出場停止:なし

ケガでタイ代表の活動とルヴァンカップを回避したチャナティップの起用は直前で決めることになるが、この戦いに向けて万全の準備をしていると予想。復帰が難しい場合は、白井康介が右ワイドに入り、ルーカス・フェルナンデスがシャドーに入る可能性もあるだろう。

◆セレッソ大阪[4-4-2]
©️CWS Brains, LTD.

GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、舩木翔
MF:水沼宏太、藤田直之、ソウザ、柿谷曜一朗
FW:奥埜博亮、ブルーノ・メンデス
監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ
出場停止:なし

予想スタメンは前節の鹿島戦とほぼ変更なし。負傷離脱した丸橋に代わって舩木翔が左サイドバックに入ることになるだろう。好調を維持し続けてきたメンバーをそのまま起用することで、前節の敗戦を払拭し、残り試合の全勝に向けて再スタートする。

【注目選手】
◆FW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)
©︎J.LEAGUE

札幌の注目選手はFW鈴木武蔵をピックアップしたい。9月に招集されていた日本代表だったが、10月は招集外に。悔しい思いをした一方で、ルヴァンカップではチームを史上初の決勝に導くゴールを奪い新たな扉を切り開いた。カウンターの精度は抜群で、シュート技術も向上中。しっかりとチームで結果を残すことで、11月、12月の日本代表活動での復帰を目指したい。1週間後に控えるルヴァンカップ決勝に弾みをつけるためにも、ホームで連続ゴールを記録し、勝利へ導きたい。

◆FW柿谷曜一朗(セレッソ大阪)
©︎J.LEAGUE

C大阪の注目選手は、MF柿谷曜一朗を挙げる。シーズン途中は出場機会が訪れない期間もあったが、ここ4試合は連続で先発出場。左サイドに入り、攻撃の起点としての活躍が目立つ。今節からは同サイドの丸橋が不在。若手の舩木が起用されることが予想されるが、縦の関係をしっかりと構築し、チームを攻守で機能させられるかは柿谷の出来にもかかっているだろう。今季はリーグ戦でわずかに1ゴール。チャンスメイクだけでなく、ゴールでもチームに貢献できるか。

◆ACLを目指して先手を奪うのは
この試合、カギを握るのは先制点の行方だろう。

アウェイゲームに臨むC大阪だが、ここまでの失点は「22」。J1で最少の数字となっている。堅い守備を誇る一方で、得点は「32」とリーグ下から6番目。前節の鹿島戦のような展開も想定できるだけに、先制点を奪いたいところだ。

対するホームの札幌は得失点差が「+5」。得点「45」、失点「40」だが、前節のように0-5で大敗することもあれば、第23節の清水エスパルス戦のように8-0で大勝することもあるなど、出入りの激しい試合もある。

前節も前半はゴールレスで終えたものの、後半に5失点。1つ綻びが出ると、連続して失点する可能性もはらんでおり、こちらも先手を奪って試合を優位に進めたいところだ。

何れにしても、上位争いに残るためには勝たなければいけない両チームの対戦。札幌にとって初のフライデーナイトJリーグとなる、札幌vsC大阪は18日の19時00分にキックオフを迎える。
関連ニュース
thumb

【J1注目プレビュー|第5節:仙台vsG大阪】今季初の3連勝目指すG大阪、先に主導権を握るのは!?

【明治安田生命J1リーグ第5節】 2021年8月3日(火) 19:00キックオフ ベガルタ仙台(18位/17pt) vs ガンバ大阪(13位/23pt) [ユアテックスタジアム仙台] ◆久々の試合、改善はみられるか【ベガルタ仙台】 前節は7月10日に行われた北海道コンサドーレ札幌戦。ホームで行われた試合は1-1の引き分けに終わった。 ホームで2試合連続ドローに終わった仙台。時間は開きながらも、ホームでの4連戦の4試合目を迎える。 降格圏に沈むチームにとってはこの中断期間でしっかりと立て直し、残りの試合で巻き返しを図りたいところだろう。 そんな中チームの和を乱したMFマルティノスは契約解除。予想外の変化も加わることとなったが、中断前に一定の手応えを持っていた守備を強化したいところ。あとはいかにしてゴールを奪うかだ。 過密日程によるコンディションは回復できたはず。一方で、およそ1カ月も試合がなかったことは試合感覚の点で非常に問題となりそうだ。 再開となるこの試合でしっかりと勝ち点3を獲れるのか。残留のために落とせるポイントはなく、つい最近まで同じポジションにいたG大阪を倒せるかは重要な試合となるだろう。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:ヤクブ・スウォビィク DF:真瀬拓海、吉野恭平、平岡康裕、石原崇兆 MF:関口訓充、フォギーニョ、松下佳貴、氣田亮真 FW:赤崎秀平、西村拓真 監督:手倉森誠 ◆今季初の3連勝で波に乗れるか【ガンバ大阪】 前節はアウェイでの北海道コンサドーレ札幌戦。連戦の中、チームは2-0と勝利し、見事に連勝を収めた。 立ち上がりこそ不安を感じさせる内容だった札幌戦。それでもしっかりと前からプレスに行くこともでき、クリーンシートでの勝利と、好材料が揃っている。 中2日、中3日での連戦が続いていく中、良い波に乗れれば一気にチームは改善する。今節の相手は降格圏の仙台だけに、勝ち点3以外は考えられないだろう。 攻撃のタレントも充実し、それぞれがゴールを決めて調子を上げてきている。守備を固めてくるであろう仙台をいかにして崩すのか。手をこまねくようではカウンターでやられる可能性もあり、しっかりと主導権を握って戦えるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:三浦弦太、菅沼駿、キム・ヨングォン MF:小野瀬康介、奥野耕平、倉田秋、黒川圭介 MF:一美和成、宇佐美貴史 FW:パトリック 監督:松波正信 2021.08.03 16:20 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第4節:札幌vsG大阪】20日ぶりのリーグ戦の札幌、降格圏脱出のG大阪を迎え撃つ

【明治安田生命J1リーグ第4節】 2021年7月30日(金) 18:00キックオフ 北海道コンサドーレ札幌(10位/29pt) vs ガンバ大阪(14位/20pt) [札幌厚別公園競技場] ◆久々の実戦でテンションを保てるか【北海道コンサドーレ札幌】 前回のリーグ戦は20日前の7月10日、アウェイでのベガルタ仙台戦。試合は1-1の引き分けに終わった。 そこから20日、1カ月の中断期間中に突然現れる公式戦ということもあり、札幌の選手たちには難しい側面が大いにありそうだ。 ここまで12得点を記録していたFWアンデルソン・ロペスが退団。その代役はリストアップしながらも獲得はできていない状況。この先どうなるかというところだ。 とはいえ、チームはしっかりとゴールも奪えている状況。これまでやってきたことを突き詰める方が、チームとしては結果を残せる可能性は高い。 あとは持ち味のオールコートマンツーマン。しっかりとG大阪の攻撃陣をハメ込み、圧倒できるかに注目だ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:菅野孝憲 DF:田中駿汰、宮澤裕樹、福森晃斗 MF:ルーカス・フェルナンデス、高嶺朋樹、駒井善成、青木亮太 MF:金子拓郎、チャナティップ FW:小柏剛 監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ ◆降格圏脱出の勢いを繋げられるか【ガンバ大阪】 前節は大分トリニータをホームに迎えた一戦。敗色濃厚の状態から、レアンドロ・ペレイラ、宇佐美貴史のゴールで逆転勝利。勝ち点3を奪い、降格圏を脱した。 過密日程で驚異的な15連戦を戦う選手たちだが、AFCチャンピオンズリーグからの帰国後のバブルから解放。選手たちのメンタル面もしっかりと回復しているだろう。 ただ、ここで気を抜いてはいけない。降格圏を脱したからこそ、しっかりと勝ち点を重ねて上を目指していきたい。 課題はやはり攻撃面。大分戦では決定機を逸しすぎた結果、苦しい戦いとなった。前線の駒は揃っているだけに、しっかりとチャンスをものにする力をつけたいところだ。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:三浦弦太、菅沼駿、キム・ヨングォン MF:髙尾瑠、奥野耕平、倉田秋、黒川圭介 MF:矢島慎也、宇佐美貴史 FW:パトリック 監督:松波正信 2021.07.30 15:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第3節:G大阪vs大分】降格圏の“シックスポインター”、大きな1勝を手にするのは

【明治安田生命J1リーグ第3節】 2021年7月27日(火) 19:00キックオフ ガンバ大阪(17位/17pt) vs 大分トリニータ(19位/16pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆絶対に勝たなければいけない試合【ガンバ大阪】 前節はホームに鹿島アントラーズを迎え、0-1で敗戦。ホームでの連敗を喫し、なかなか降格圏を脱出できない状況が続いている。 相手の順位を考えれば、ヴィッセル神戸の3位、鹿島の8位と上位にいる相手。そこを叩ければという状況ではあったが、及ばずに敗れてしまった。 手痛い連敗となったG大阪だが、15連戦という超過密日程をこなす上では、敗戦に下を向いている暇などない。そして、今回の試合は絶対に負けてはいけない状況だ。 ケガ人も抱える中での連戦だが、相手は同じ降格圏の大分。同じ境遇にいる相手のとりこぼしは許されず。3度目の正直と言わんばかり、ホーム3連戦での3連敗は避けたいところだ。 相手にはかつてG大阪でプレーしたFW長沢駿、そして今節から起用が可能となるFW呉屋大翔が所属。恩返し弾は避けたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:三浦弦太、昌子源、キム・ヨングォン MF:小野瀬康介、奥野耕平、チュ・セジョン、塚元大 MF:矢島慎也、ウェリントン・シウバ FW:パトリック 監督:松波正信 ◆今季初連勝へ【大分トリニータ】 前節はホームに浦和レッズを迎え、1-0の勝利。5月30日以来の白星を勝ち取った。 多彩な攻撃を仕掛ける浦和に対ししっかりと戦えた結果が、1-0の勝利を呼び込んだ。 昨シーズンから大量に戦力を入れ替えた今季。これまで以上に重要な選手がチームをさったこと、さらにケガ人が出たことで、全くと言っていいほどチームを作る時間がなかった。 その結果、らしさを全く出せず、迷いの見える試合を続けて降格圏に低迷。辛い時期が続いたが、ここにきて復調している。 さらに、チームは補強を行い、FW呉屋大翔(←柏レイソル)、MF梅崎司(←湘南ベルマーレ)と力のある選手を加えた。攻撃陣の層が厚くなるだけに、しっかりと結果を出したいところだ。 気になるのはコンディション。連戦のG大阪の疲労感もある一方で、突然行われる公式戦にどう合わせていくのか。この試合以降は再び中断するだけに、良いコンディションの選手を揃え、G大阪を上回りたい。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:ポープ・ウィリアム DF:上夷克典、エンリケ・トレヴィザン、三竿雄斗 MF:井上健太、長谷川雄志、下田北斗、香川勇気 MF:町田也真人、小林成豪 FW:長沢駿 監督:片野坂知宏 2021.07.27 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第22節:鳥栖vsC大阪】アグレッシブな鳥栖を見せられるか? C大阪は飲まれないことがカギ

【明治安田生命J1リーグ第22節】 2021年7月24日(土) 19:00キックオフ サガン鳥栖(4位/37pt) vs セレッソ大阪(12位/24pt) [駅前不動産スタジアム] ◆今節もアグレッシブに戦えるか【サガン鳥栖】 1週間前の前節はホームに名古屋グランパスを迎え、3-1で快勝。上位対決を制し4位に浮上した。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)から戻ってきた名古屋を相手に勝利。相手は天皇杯をこなすなど過密日程が続いている中、万全の体制でしっかりと打ち破った。 特に好材料はアグレッシブなプレスをかけ、攻守共に連動して結果を残したことだ。試合の主導権を握り、攻守の切り替えも早く、鳥栖らしさをしっかりと出せた試合となった。 厳しい暑さの中での試合になることが予想されるが、鳥栖の真骨頂を忘れてはいけない。しっかりと選手たちが体現することが重要だ。 金明輝監督はトレーニング中の不適切な指導により指揮権剥奪中。片渕浩一郎ヘッドコーチの下、連勝をしっかりと収めたい。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:島川俊郎、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、中野嘉大 FW:小屋松知哉、酒井宣福 ヘッドコーチ:片渕浩一郎 東京五輪出場選手:林大地 ◆8戦未勝利も得点に光?【セレッソ大阪】 前節はホームにFC東京を迎えての一戦。好調の相手に前半は成す術なく、敗色濃厚とみられるなか、一時は逆転するなど粘りを見せ、ドローに終わった。 リニューアルしたヨドコウ桜スタジアムでは連続ドローに終わったC大阪。チームとしてリーグ戦8試合未勝利と苦しい状況が続いている。 前節は中盤の守備強度が高くなく、FC東京のブラジル人トリデンテに圧倒されていたが、後半サイドからのアーリークロスを武器に2点。さらにCKから1点とクロスを上手く使って3点を奪った。 過酷な日程をこなしている中で、トップに入る選手の役割は非常に大きなウェイトを占める。大久保嘉人がトップに入ったが、なかなかスイッチを入れる守備ができず、良くない攻撃から悪い時間のスパイラルに入っていた。 今節が終われば長かった連戦も一旦終了。改めて前節3得点を奪えた形をしっかりと振り返りながら、よりアグレッシブに来る鳥栖にどう立ち向かうか。良い形で中断期間に入れるか注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、チアゴ、西尾隆矢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、奥埜博亮、原川力、清武弘嗣 FW:大久保嘉人、加藤陸次樹 監督:レヴィー・クルピ 東京五輪出場選手:瀬古歩夢 7月24日 16:44 2021.07.24 16:48 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第2節:G大阪vs鹿島】今度こそ降格圏脱出なるか、鹿島は2週間で“堅守”対策をどう講じたか

【明治安田生命J1リーグ第2節】 2021年7月24日(土) 19:00キックオフ ガンバ大阪(17位/17pt) vs 鹿島アントラーズ(8位/32pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆降格圏脱出へ再トライ【ガンバ大阪】 前節はホームにヴィッセル神戸を迎えての一戦。上位チーム相手にパトリックのゴールで先制するが、ドウグラス、田中順也と前半で連続失点。そのまま1-2で敗れた。 逆転の敗戦となったが、チームとしては落ち込む暇はない。他クラブがしばしの休暇をもらいコンディションやチームを立て直す中、G大阪は開幕直後の休みのツケが回ってくる。 新型コロナウイルスがチーム内でクラスターとなり、1カ月活動停止。その間中止になった試合が、この中断期間に一気にやってくる。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)から続く移動と過密日程の連戦を乗り越えなければ、残留へ厳しさを増すこととなる。 神戸戦でもターンオーバーを見せたように、選手をやりくりしながらコンディションを整ええて連戦に挑む必要がある。攻撃の形はできつつある中で、手薄なポジションに誰を起用するのか。松波正信監督の采配にも注目が集まる。 ★予想スタメン[3-4-2-1] GK:東口順昭 DF:三浦弦太、昌子源、キム・ヨングォン MF:小野瀬康介、奥野耕平、倉田秋、黒川圭介 MF:矢島慎也、宇佐美貴史 FW:レアンドロ・ペレイラ 監督:松波正信 ◆堅守に脆い攻撃をどう対策する【鹿島アントラーズ】 2週間ぶりの試合をとなる鹿島。前節はアウェイで柏レイソルと対戦し、2-1で敗戦を喫した。 苦しむ下位チーム相手に敗戦を喫した鹿島。止められたバスを動かす力は今の鹿島に備わっておらず、当面の課題となりそうだ。 柏戦も中央を固められた結果、エヴェラウドを生かせずに逆襲を食らう展開に。北海道コンサドーレ札幌戦は、相手が前からくる形のために4-0と結果を残したが、その前の大分トリニータ、ベガルタ仙台と下位チーム相手でも守備を固められると何もできない状況は変わっていない。 2週間の準備期間で明確なウィークポイントをどう改善したのか。改善されたものを少しでも見せてもらいたいものだ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK沖悠哉 DF:常本佳吾、林尚輝、犬飼智也、杉岡大暉 MF:レオ・シルバ、ディエゴ・ピトゥカ MF:ファン・アラーノ、荒木遼太郎、土居聖真 FW:エヴェラウド 監督:相馬直樹 東京五輪出場選手:町田浩樹、上田綺世 2021.07.24 16:20 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly