吉田にライバル! セインツが滑り込み移籍でオーストリア代表CBを獲得!

2019.08.09 18:14 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サウサンプトンは9日、アウグスブルクからオーストリア代表DFケビン・ダンソ(20)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

なお、イングランドの移籍市場は現地時間8日17時に締め切られていたが、すべての手続きは締め切り前に終了しており、登録は可能とのことだ。

ガーナ人両親の下、オーストリアで生まれたダンソは190cmのセンターバック。6歳の頃にイギリスに移住した同選手は2014年にアウグスブルクの下部組織に加入するまでイングランドのMKドンズの下部組織に在籍していた。
アウグスブルクでは2017年3月にブンデスリーガデビューを飾り、ここまで公式戦45試合に出場。また、2017年9月にデビューを飾ったオーストリア代表では6キャップを刻んでいる。

その恵まれた体躯と高い身体能力に加え、守備的MFでもプレー可能な足下の技術を持つ若武者は、まだまだ粗削りながら日本代表DF吉田麻也の新たなライバルになりそうだ。

関連ニュース
thumb

試行錯誤のW杯前を勝利締め! 新生セインツを下したクロップ「アリのおかげ」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がコメントした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 12日のプレミアリーグ第16節でサウサンプトンをホームに迎え撃ったリバプール。6分にFWロベルト・フィルミノのゴールで先制してから追いつかれてしまったが、徐々に力を発揮するFWダルウィン・ヌニェスの2発で3-1と勝利した。 相手が新体制での初戦とあって出方の読みずらさもあったが、2連勝を達成。マンチェスター・シティ戦での退席処分でベンチ入り禁止だったが、公式戦4連勝のクロップ監督はGKアリソン・ベッカーも勝因に挙げ、試合を振り返った。 「前半はほとんどの部分が良かった。インクレディブルなゴールが生まれ、改善の余地もあるが、本当に良いプレーがやれたと思っている。3つのゴールはそれぞれ素晴らしいものだった」 「後半はフットボールで勝てていなかったね。だが、アリで勝てたのかもしれない。前半のおかげで、アリのおかげだ。局面でスペースがありすぎたし、我々の意図したものではなかった」 そんなリバプールはこれでカタール・ワールドカップ(W杯)の中断期間に。ケガ人も多く、試行錯誤が続いたシーズンの前半戦を「本当に激しく、長丁場で、難しいものだった」と語った。 「前半戦が終わって、22ポイント。今はそれに満足だし、次は6週間後だ。もっとうまくやれるはずだし、もっと上手くやるつもり。もっと良くできるはずだし、もっと良くするつもりだ」 「かなりのケガ人がいる。幸運にもいるこのメンバーで戦い抜かないといけなかったし、終わってホッとしている。同じ選手をプレーさせることが多かったし、休ませられなかった」 「チャンピオンズリーグも難しい入りだったが、それからは非常に説得力があるものだったし、カラバオカップにも勝ち残っている。いずれも良いことだが、シフトしないといけない」 2022.11.13 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ヌニェス2発のリバプールが新生セインツに快勝! 2連勝でW杯中断へ《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第16節、リバプールvsサウサンプトンが12日にアンフィールドで行われ、ホームのリバプールが3-1で勝利した。 8位のリバプールは前節、トッテナムとの接戦をサラーの2ゴールで勝ち切ってリーグ連敗をストップ。直近のEFLカップでは3部のダービー・カウンティ相手に先発全員を入れ替え、多くのユースプレーヤーを起用した結果、0-0で90分の戦いを終了。それでも、GKケレハーの圧巻の活躍によってPK戦を3-2で制し、4回戦進出を決めた。 カタール・ワールドカップ中断前のラストゲームではネイサン・ジョーンズ新監督を招へいした18位のサウサンプトン相手に連勝を狙った。EFLカップで温存した主力を復帰させ、トッテナム戦からの変更は1点。打撲の影響でベンチ外のコナテに代わってジョー・ゴメスが起用された。なお、クロップ監督はマンチェスター・シティ戦での退席処分の追加処分でベンチ入り禁止となり、アシスタントマネージャーのリンダースが代理で指揮を執った。 立ち上がりの主導権争いが繰り広げられた中、開始6分にサラーの縦への仕掛けから相手陣内右サイドでFKを獲得したリバプール。キッカーのロバートソンがゴール前ではなく、その手前のスペースへ入れたクロスを完全に浮いていたフィルミノが頭で合わせると、ゴール左下隅の完璧なコースに決まった。 幸先よく先制に成功したリバプールだが、新生セインツもすぐさま反撃。9分、相手陣内左サイドで得たFKの場面で名手ウォード=プラウズがGKとディフェンスラインの間に絶妙なボールを入れると、タイミング良く中央にフリーで抜け出したアダムスが頭で合わせた。 共にFKからのヘディングゴールで10分経たずに1ゴールずつが生まれた試合は、以降もオープンな攻防が繰り広げられる。16分には左サイドのスペースに飛び出したヌニェスからのグラウンダーのクロスにゴール前で反応したサラーに決定機が訪れるが、これはGKバズヌの至近距離でのビッグセーブに阻まれる。 それでも、このチャンスをキッカケに攻勢を強めるホームチームは22分、サラーのボックス内への抜け出しを起点に仕掛けた波状攻撃から勝ち越しゴールを奪う。ボックス手前右でエリオットが浮き球で入れたクロスに対して、冷静に動き直してオフサイドをかいくぐったヌニェスが左足ダイレクトで流し込んだ。 勝ち越して以降は主導権をがっちりと握るリバプールが優位に試合を進めていく。カウンターだけでなく遅攻の局面でも多くのチャンスを生み出し、前線の選手がきっちりシュートで攻撃を終わらせていく。 そして、42分にはチアゴ、フィルミノと左サイドで繋いでボックス左に走り込むロバートソンへ完璧なスルーパスが通ると、ロバートソンの正確な高速グラウンダークロスに反応したヌニェスがニアで右足のスライディングシュートを流し込み、貴重な3点目をもたらした。 ヌニェスのリーグ戦では初となる2ゴールによって余裕を持って後半に臨んだホームチーム。後半も守りに入ることなくサラーやフィルミノが積極的に4点目を狙っていく。 一方、流れを変えたいサウサンプトンは60分手前で3枚替えを敢行。ウォルコットとエドジーというドリブラータイプの選手をピッチに送り出す。すると、この交代直後にはエル・ユヌシ、エドジーがゴール前に抜け出して決定機を迎えるが、いずれもGKアリソンのビッグセーブに阻まれる。 やや試合が膠着し始めた中、68分にホームチームはエリオットを下げてプレミアリーグ600試合出場達成となるミルナーを投入。レジェンドの偉業達成にスタジアム全体から惜しみない拍手が捧げられた。 その後はファン・ダイクやサラーが4点目のチャンスを決め切れないものの、危なげなく時計を進めるリバプール。試合終盤には殊勲のゴールスコアラー2人に両サイドバックを下げてカルヴァーリョやフィリップスの投入で試合をクローズにかかる。 そして、後半は相手の反撃をきっちりゼロで抑え切り、新生セインツ相手に3-1の快勝を収めてリーグ2連勝で中断期間を迎えることになった。 2022.11.13 02:01 Sun
twitterfacebook
thumb

セインツ、ルートン・タウンからネイサン・ジョーンズ監督を引き抜き! 「家族はセインツファン」

サウサンプトンは10日、ルートン・タウンを指揮していたネイサン・ジョーンズ監督(49)を招聘したことを発表した。契約は2026年までとなる。 今シーズンここまで3勝3分け8敗で降格圏の18位に低迷するサウサンプトンは、就任5年目のラルフ・ハーゼンヒュットル監督(55)を7日に解任。9日に行われたEFLカップ3回戦のシェフィールド・ウェンズデイ戦はアシスタントコーチのルベン・セジェス氏が暫定的指揮官を務め、PK戦の末に辛勝を収めた。 そして、正式に後任に任命されたネイサン・ジョーンズ監督は、現役時代にルートン、ヌマンシア、サウス・エンド、ブライトン、ヨービル・タウンといった国内外のクラブでプレー。 現役引退後は古巣ブライトンでサミ・ヒーピア監督の副官を務め、一時暫定指揮官としてトップチームも指揮。 その後はルートン、ストーク・シティの指揮官を歴任し、2020年からはルートンで2度目の指揮を執っていた。昨季はチームを6位フィニッシュに導いたが、昇格プレーオフの準決勝でハダースフィールドに敗れ、昇格に導くことはできなかった。また、今季はチャンピオンシップで7勝8分け5敗で9位という成績だった。 プレミアリーグのクラブを指揮するのは初めてというネイサン・ジョーンズ監督。家族がセインツファンということもあり、喜びもひとしおのようだ。 「この機会を与えてもらい、本当に誇らしい。このクラブについては多くのことを知っている。素晴らしいクラブであることをね」 「家族の多くがサウサンプトンファンで、それが半分助けにもなった。この機会を頂けて本当に本当に誇らしいよ。そして、新たな始まりを楽しみにしている」 「もちろん、プレミアリーグで監督することはこの道を歩み始めた時から夢見たことだが、特にこのクラブは運営方法や構造など、結果だけでなく深いところまで見てくれるところに魅力を感じているよ」 2022.11.10 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

新指揮官探すセインツ、ルートン・タウンの指揮官引き抜きへ

サウサンプトンの新指揮官はルートン・タウンを率いるネイサン・ジョーンズ監督(49)となりそうだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 今シーズンここまで3勝3分け8敗で降格圏の18位に低迷するサウサンプトンは、就任5年目のラルフ・ハーゼンヒュットル監督(55)を7日に解任。 9日に行われるEFLカップ3回戦のシェフィールド・ウェンズデイ戦はアシスタントコーチのルベン・セジェス氏が暫定的指揮官を務めるが、12日に予定されるリーグ次節のリバプール戦までに後任指揮官を決定する見込みだ。 『The Athletic』によると、その有力な後任候補が、今シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)で8位に位置するルートンを率いるジョーンズ監督だという。 ルートンは7日、「プレミアリーグのクラブが正しい方法で理事会にアプローチしたことを記録に残しておきたいと思います」と、同監督に対して、サウサンプトンと思われるクラブから引き抜きに向けた接触があったことを公式声明で明かしている。 ウェールズ出身のジョーンズ監督は、現役時代にルートン、ヌマンシア。サウス・エンド、ブライトン、ヨービル・タウンといった国内外のクラブでプレー。 現役引退後は古巣ブライトンでサミ・ヒーピア監督の副官を務め、一時暫定指揮官としてトップチームも指揮。その後はルートン、ストーク・シティの指揮官を歴任し、2020年からはルートンで2度目の指揮を執っている。昨季はチームを6位フィニッシュに導いたが、昇格プレーオフの準決勝でハダースフィールドに敗れ、昇格に導くことはできなかった。 2022.11.09 00:23 Wed
twitterfacebook
thumb

降格圏セインツ、ハーゼンヒュットル監督解任! 後任は追って発表へ

サウサンプトンは7日、ラルフ・ハーゼンヒュットル監督(55)の解任を発表した。 オーストリア出身で、かつてRBライプツィヒなどのドイツクラブを率いたハーゼンヒュットル監督。ラルフ・ラングニック現オーストリア代表監督の薫陶を受けた指導者の1人としても知られ、2018年12月にマーク・ヒューズ氏のバトンを受けてサウサンプトンの指揮官に就任した。 プレミアリーグでは過去に2度の0-9という歴史的大敗劇を演じ、進退が揺らぐ時期もあったが、そのたびにチームを残留にまで持っていき、今季で指揮5年目に。しかし、今季はチェルシーやアーセナルとの好勝負もありながら、14試合消化の現時点で降格圏の18位に沈む状況だった。 6日の第15節ではニューカッスル・ユナイテッドに1-4で黒星を喫して、2連敗の3試合未勝利となり、ついに袂を分つことに。クラブは「変化を起こすのに適切なタイミング」と説明した上で、「ラルフの努力と在任中の揺るぎない忠誠心に心から感謝の意を表したい」と記した。 なお、9日に行われるカラバオカップ3回戦のシェフィールド・ウェンズデイ戦はアシスタントコーチのルベン・セジェス氏(39)が暫定的に指揮。後任に関しては追って知らせるという。 2022.11.07 19:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly