中国に完勝のイタリアが7大会ぶりのベスト8進出! 準々決勝ではオランダvs日本の勝者と対戦《女子W杯》

2019.06.26 02:56 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
女子ワールドカップ(W杯)2019決勝トーナメント1回戦のイタリア女子代表vs中国女子代表が25日に行われ、2-0がイタリアで勝利した。ブラジル女子代表らと同居したグループCを首位で通過したイタリアと、ドイツ女子代表らと同居したグループBを3位で通過した中国の一戦。試合は10分にイタリアがチャンスを迎える。ジレッリのロングパスに抜け出したジャチンティが


さらにイタリアは、13分にも相手DFのバックパスをカットしたジャチンティがボックス左手前からミドルシュートでゴールを脅かしたが、これはゴール右に逸れた。立て続けにチャンスを迎えたイタリアは直後にスコアを動かす。

15分、ボックス手前のボナンセアがラストパスを供給すると、ゴール前に抜け出したバルトリが飛び出したGKと接触。このこぼれ球を素早く反応したジャチンティがゴール右隅に流し込んだ。

先制を許した中国は、28分にワン・イエン、36分にリュウ・シャンシャンがゴールに迫ったが、GKベルガマスキの牙城を崩せず。前半はイタリアの1リードで終了した。

迎えた後半も先にスコア動かしたのはイタリア。49分、右サイドから持ち上がったグアンニの横パスをペナルティアーク手前で受けたガリがミドルシュートを放つと、コントロールシュートがゴール左隅に吸い込まれた。

その後、一矢報いたい中国は19本のシュートを放つなど猛攻を見せたが、最後までイタリアのカテナチオをこじ開けられず。試合は2-0でイタリアが勝利した。

なお勝利したイタリアは、準々決勝進出で同日に行われるオランダ女子代表vs日本女子代表の勝者と対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

オランダ代表戦で1ゴールのイタリア代表MFペッレグリーニ「勝利できなかったのは残念」

ローマのイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニがオランダ代表戦を振り返った。『フットボール・イタリア』が伝えた。 イタリア代表は14日にUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1第4節でオランダ代表と対戦。16分にMFニコロ・バレッラのアシストからMFロレンツォ・ペッレグリーニのゴールで先制に成功したが、25分にMFドニー・ファン・デ・ベークに同点ゴールを許し、1-1の引き分けに終わった。 1ゴールの活躍を披露したペッレグリーニはイタリア『RAI Sport』でイタリア代表の最大の強みを語り、パフォーマンスとゴールには満足したものの、引き分けに終わったことを悔やんだ。 「このチームでは誰が出ても安心できると思う。それが僕たちの大きな強みの1つだ。スタッフや選手は、家族のような気持ちを作り出して上手くやっている。ゴールとパフォーマンスに満足しているよ。でも、勝利できなかったのは残念だ」 また、ゴールシーンを振り返るとアシストを記録したバレッラに感謝。そして、グループ首位のポーランド代表と対戦する次節に向けて意気込んでいる。 「僕はDFと被っていて少し隠れていたけど、ニコロ(・バレッラ)が見つけてくれて本当に上手くいったよ。特に前にゴールを決めてからかなり時間が経っていたから、なんとか得点できて良かった」 「僕のゴールの後、リードを広げるためにさらに多くのチャンスがあったけど、少しアンラッキーだった。ポーランド代表との次戦には勝つ必要があるので、すぐに切り替えたい」 「それが順位表の根本であり、その試合に勝ったならば、首位の座を確保することになる」 2020.10.15 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

イタリア代表指揮官、システム変更のオランダ代表に大苦戦も「良い試合だった」

イタリア代表を率いるロベルト・マンチーニ監督が1-1の引き分けに終わったオランダ代表戦を振り返っている。『フットボール・イタリア』が伝えている。 イタリア代表は14日にUEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1第4節でオランダ代表と対戦。16分にMFロレンツォ・ペッレグリーニのゴールで先制したが、25分にMFドニー・ファン・デ・ベークに同点ゴールを許し、1-1の引き分けに終わった。 試合後、マンチーニ監督はイタリア『RAI Sport』で主導権を握りながらも、システムを [3-5-2]に変更したオランダ代表に苦戦したと述べた一方で、パフォーマンスに満足していると語った。 「彼らがシステム変更をしたのが初めてだったから驚いたが、そもそも厳しい試合になるのはわかっていた」 「対戦相手もそうだが、彼らは問題を引き起こす可能性があり、それが今夜起きてしまった。我々は攻撃的だったし、全体的にも明確なチャンスを作り出していたと思う」 「パフォーマンスはタフで、良い試合だった。本当の戦いだった。今、我々はポーランド代表との直接対決で首位の座を目指している。次の2試合に勝利し、資格を得たい」 また、この試合は14年ぶりにベルガモで行われたイタリア代表の試合であり、新型コロナウイルス(COVID-19)の被害が最も多く出た地域での重要な試合となった。 マンチーニ監督は「ここに来られて嬉しかった。勝てなかったのは残念だが、今日ここに招いてくれた地域の市長に感謝しています」とコメントした。 2020.10.15 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

イタリアとオランダは譲らずドロー、ポーランドが首位浮上《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ2020-21リーグA・グループ1第4節のイタリア代表vsオランダ代表が14日に行われ、1-1で引き分けた。 3日前に行われた前節ポーランド代表戦を優勢ながらも0-0で引き分け1勝2分けとなった首位イタリアは、ポーランド戦のスタメンから4選手を変更。ベロッティ、フロレンツィ、アチェルビ、エメルソンに代えてインモービレ、キエッリーニ、ダンブロージオ、スピナッツォーラを起用した。 一方、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦を低調なゴールレスドローで終え、1勝1分け1敗となった2位オランダは、ボスニア・H戦のスタメンから4選手を変更。プロメス、マレン、デ・ルーン、ダンフリースに代えてデパイ、ファン・デ・ベーク、ハテブール、アケを起用した。 [3-4-3]で臨んだイタリアは3トップに右からキエーザ、インモービレ、ペッレグリーニと並べ、対するオランダは[3-5-2]で臨み、2トップにデパイとL・デ・ヨングが入った。 立ち上がりはイタリアが前からプレスをかけ、3トップが相手3バックに圧力を与えていく。すると16分、イタリアが押し切った。右サイドからのバレッラのアーリークロスを受けたペッレグリーニがGKと一対一となり、確実に決めきった。 しかし25分、オランダが追いつく。分厚い攻めを見せた流れからボックス中央のファン・デ・ベークがルーズボールを蹴り込んで試合を振り出しに戻した。 1-1となって以降は一進一退の攻防が続き、膠着状態となった中、前半を終えた。 迎えた後半、オランダが圧力をかける展開となった中、55分にビッグチャンス。ボックス左で仕掛けたデパイがドリブルシュートに持ち込んだが、GKドンナルンマのビッグセーブに阻まれた。 流れの悪いイタリアはキエーザに代えてケアンを投入すると、56分にはイタリアにもビッグチャンス。だが、インモービレはGKシレッセンとの一対一を決めきれない。 ここから前半同様、一進一退の攻防となると、終盤にかけては膠着状態が続いた。結局、互いに譲らずドローに終わっている。グループ1もうひと試合のポーランドvsボスニア・ヘルツェゴビナは3-0でポーランドが勝利し、2勝1分け1敗として首位に浮上している。 2020.10.15 05:51 Thu
twitterfacebook
thumb

キエッリーニが再流行の兆しを見せるコロナに持論、感染のC・ロナウドにも言及

ユベントスのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニが、コロナ禍でのフットボール活動について理解を求めている。イタリア『スカイ』が伝えた。 現在、イタリア代表としてUEFAネーションズリーグを戦うキエッリーニだが、新型コロナウイルスの影響で世界中のリーグ戦やカップ戦が中断を強いられる中で、代表戦もまた長い間再開することが出来なかった。 それでも夏にようやくフットボール界が動き出し、代表戦も9月からリスタート。イタリア代表は先月7日のオランダ代表戦で白星を挙げるなど健闘を見せている。 そうした中、最近は再び感染者が増えだしており、同選手の周りではクラブでチームメイトのFWクリスティアーノ・ロナウドや、今回の代表に招集されていたFWステファン・エル・シャーラウィが立て続けに感染。 14日に行われるネーションズリーグ第4節のオランダ戦を前に、コロナ禍のフットボール活動に対する持論を述べた。 「我々フットボーラーは、リスクと隣り合わせであることを理解している。そのリスクを最小限に抑えるため、必要な対策を全て講じるよう努めているよ」 「感染者が増えていることに驚いてはいない。サッカーとは経済活動であり、社会的価値の為に前進し続けなければならないのだ」 「今後数週間で制限は厳しくなるかもしれないが、それでも人々にとってサッカーは重要なものだと思う」 「心配? それはない。確かにそれ(コロナ)は気が散るトピックだが、我々は進み続けなければならないというのが、個人的な意見だ」 なお、C・ロナウドに関しては「彼のことは聞いたよ。元気そうだった。日光浴をしていたね」とコメントしている。 2020.10.14 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

イタリア代表に合流中のエル・シャーラウィが新型コロナ陽性反応、本人は無症状で偽陽性の可能性も

上海緑地申花のイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したようだ。イタリア代表のドクターを務めるアンドレア・フェレッティ氏が明かしている。 イタリア代表に合流しているエル・シャーラウィは、7日に行われたモルドバ代表との国際親善試合で先発し、2ゴールを挙げていた。ただ、11日に行われたポーランド代表とのUEFAネーションズリーグではベンチ入りしていなかった。 フェレッティ氏によればエル・シャーラウィは無症状で、ウイルス量も少ないとのことだ。偽陽性の可能性があり、その後受けた血清学的検査では陰性だったとのことだ。 イタリアは14日にUNLでオランダ代表と対戦する。 2020.10.14 06:00 Wed
twitterfacebook