大会ベストイレブンが発表! 準優勝の日本からは田中、相馬、椎橋の3名が選出!!《トゥーロン国際大会》

2019.06.18 00:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
フランスで行われた第47回トゥーロン国際大会2019の大会ベストイレブンが、17日に公式サイトで発表された。自己最高の準優勝で大会を終えたU-22日本代表からは、大会優秀選手3位に選ばれたMF田中碧(川崎フロンターレ)やMF相馬勇紀(名古屋グランパス)、MF椎橋慧也(ベガルタ仙台)の3名が選出。

また、5大会ぶりの優勝を飾ったU-22ブラジル代表からは、最優秀選手賞のMFドウグラス・ルイス(マンチェスター・シティ)や得点王のマテウス・クーニャ(ライプツィヒ)ら最多の6名が選ばれた。その他では、ブレイクスループレーヤーに選出されたU-19ポルトガル代表MFビトール・フェレイラと、最優秀GKに選出されたU-23中国代表GKチェン・ウェイが選ばれている。

◆第47回トゥーロン国際大会2019ベストイレブン
GK
チェン・ウェイ(中国)

DF
エメルソン(ブラジル)
リャンコ(ブラジル)
椎橋慧也(日本)
相馬勇紀(日本)

MF
アントニー(ブラジル)
田中碧(日本)
ビトール・フェレイラ(ポルトガル)
ドウグラス・ルイス(ブラジル)
パウリーニョ(ブラジル)

FW
マテウス・クーニャ(ブラジル)
コメント
関連ニュース
thumb

過去最高成績に主将MF神谷優太は満足せず「日本の歴史を塗り替えたが…」《トゥーロン国際大会》

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。 U-20イングランド代表、U-23チリ代表、U-19ポルトガル代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。 チームキャプテンを務めたMF神谷優太(愛媛FC)が成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。「日本の歴史を塗り替えた」と喜びつつも「まだまだ未熟」と満足はしていないようだ。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/zwHRnb3PcEw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆MF神谷優太(愛媛FC) ──大会を振り返って 「今大会はチームキャプテンをやらせてもらって、準優勝できたことで日本の歴史を塗り替えたという所はみんな嬉しいと思います。ですが、改めて世界との差を痛感しましたし、僕自身もまだまだ未熟だったと感じました」 ──肌で感じた世界との差とは 「ブラジル戦では間違いなく全ての差を見せ付けられました」 2019.06.17 22:42 Mon
twitterfacebook
thumb

「チーム力をすごい感じた」MF岩崎悠人が思う日本が世界に通用する武器とは?《トゥーロン国際大会》

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。 U-20イングランド代表、U-23チリ代表、U-19ポルトガル代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。 MF岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌)が成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。日本が世界に通じる部分を明かした。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/zwHRnb3PcEw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆MF岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌) ──大会を振り返って 「今回初めての選手だったり、久しぶりの代表に参加選手がいる中で決勝まで行けで、日本のチーム力をすごい感じました」 ──肌で感じた世界との差とは 「個々の部分では一対一であったり、フィジカルの所ではメキシコやブラジル相手に対して凄い感じました。しかし、チームとして全然やれなかったことは無かったです。やれている部分もあったのでそういった意味ではよかったと思います」 ──コパ・アメリカで同世代が出場することについて 「チームでも試合に出れていなかったので選ばれなかったことは当たり前かなと思います。普段やっているメンバーなので、どれくらいできるのかということは僕自身興味があります」 2019.06.17 22:38 Mon
twitterfacebook
thumb

大会優秀選手3位のMF田中碧が確かな手応え「普段チームでやっていることは間違いなく通用した」《トゥーロン国際大会》

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。 U-20イングランド代表、U-19ポルトガル代表、U-23チリ代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。 5試合中4試合フル出場し、大会では優秀選手3位に選出されたMF田中碧(川崎フロンターレ)は成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。「普段チームでやっていることは間違いなく通用した」と確かな手応えを掴んだ様子。そして、さらなる成長を誓った。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/zwHRnb3PcEw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆MF田中碧(川崎フロンターレ) ──大会を振り返って 「自分個人としては初めてのオリンピック世代での活動でした。そういう意味ではどれだけ自分の特長を出せるかであったり、味方の選手に(自分を)知ってもらうことが大事になった上で、良い手応えも掴めるぐらいやれた自信があります。個人としては良かったなと思いますけど、ただ最後に優勝できなかったことは、力のなさを痛感しました」 ──5試合中4試合でフル出場。大会では優秀選手賞3位 「ボールを動かすところや普段チームでやっていることは間違いなく通用したと思います。ただ、個人で違いを作る部分や個人でボールを運んだり、奪うという部分は、最後の決勝戦でやったブラジルの選手と比べれば、一回りも二回りも差があるなと感じました。そこはもう一度、練習して頑張りたいです」 ──ブラジルと対戦して肌で感じた部分は 「やはり強さや巧さはJリーグでは体感できないモノがありました。1人で3人、4人を相手にできるくらいの高い能力を持っていたので、そういう意味では彼らと対等に戦うためには、そういう選手たちと一対一で戦えるくらいの力がないときついと思います。そういうところをしっかりとやっていきたいです」 ──この5試合で得た収穫を今後どのようにつなげていきたいか 「個人の力のなさを痛感したので、この決勝で敗れた悔しさを忘れずに彼らとの差を埋めるために毎日毎日、一生懸命やることが近道かなと思います」 ──明日からはコパ・アメリカ。来年には東京五輪があるが、自身の状況をどう考えているか 「僕自身としては、あまりコパ・アメリカがあろうが、周りの選手には興味ありません。毎日毎日、成長するためにサッカーやることが個人としての成長につながると思います。そういう意味では日頃の練習を全力でこだわってやれたらと思います」 2019.06.17 22:37 Mon
twitterfacebook
thumb

3ゴールも決勝でPK失敗…FW旗手怜央「良い大会でもあり、力のなさを痛感した大会」《トゥーロン国際大会》

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。 U-20イングランド代表、U-19ポルトガル代表、U-23チリ代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。 決勝でPK失敗も大会を通じて3ゴールを記録するなど躍動したFW旗手怜央(順天堂大学)は成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。大会を振り返ると、個人的にはアピールできたと「良い大会」と評すも、優勝を逃したことで「力のなさを痛感した大会」でもあったと複雑な気持ちを明かした。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/zwHRnb3PcEw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆FW旗手怜央(順天堂大学) ──大会を振り返って 「個人的にはすごくアピールが出来て、良い大会だったと思います。ただ、結果としては準優勝に終わって、決勝まで行ったことはすごく評価されるかもしれないですけど、最後はそこの決勝の舞台で勝てなかったというのは、力のなさを痛感した大会でした」 ──決勝戦のブラジル戦で通用した部分、通用しなかった部分は 「通用した部分よりも通用しなかった部分のほうが多いですし、何が通用したか、通用しなかったかはまだ自分の中で整理できていません。ただ、映像であったり、今後サッカーをやっていく中で、分かってくることなので、そういった部分が分かってきたときに整理して、もっともっと自分の特長を出していけるようにしたいです」 ──今大会中のチームの雰囲気は 「試合をやっていくごとに優勝を目指すようなチームになっていきました。切り替えをしっかりしていましたし、何が一番かといえば、出ていない選手が次に出るために準備をして、練習からギラギラした目でやっていたことがチームが一つになった要因なのではないかなと思います」 ──決勝戦ではPK失敗。涙を流したが 「一年後にオリンピックがある中で、一年前に本気で同世代と試合ができたことは、オリンピックに出て活躍することを考えれば、やはり大事なことだと思います。あのPKも自分の中では技術のなさを痛感しています。PK以外でも、90分で決着をつけれれば良かったと思います。そういう部分でも力のなさを感じました」 ──それでもチリ戦ではハットトリックを決めるなど活躍したが 「ドリブルであったり、パスであったり、シュートの部分は通用したと実感しています」 ──明日からはコパ・アメリカが開催。来年には東京五輪が迫っているが、自身の状況をどう考えているか 「コパのメンバーはオリンピックの中心になると思いますし、今回のトゥーロンに行ったメンバーはギリギリの選手だと思います。日頃の練習をしっかりとやって、また代表に呼ばれるように練習していきたいなと思います」 2019.06.17 22:36 Mon
twitterfacebook
thumb

コパ落選をバネに…準決勝&決勝で同点弾のFW小川航基、東京五輪は「諦めたつもりもない」《トゥーロン国際大会》

第47回トゥーロン国際大会を終えたU-22日本代表は17日、フランスから帰国した。 U-20イングランド代表、U-19ポルトガル代表、U-23チリ代表が同居したグループAを首位で通過し、準決勝ではU-22メキシコ代表にPK戦の末に勝利して初の決勝進出を果たした日本。初優勝を目指したU-22ブラジル代表との決勝戦では、1-1と激闘を繰り広げ、PK戦の結果4-5で敗れたが、自己最高の準優勝という結果で大会を終えた。 準決勝のメキシコ戦、決勝戦のブラジル戦で貴重な同点ゴールを奪ったFW小川航基(ジュビロ磐田)は成田空港に到着直後、メディア陣の取材に応対。コパ・アメリカへのメンバー落選をバネにしていたことを明かし、自身は来年の東京オリンピックに向けて「全然諦めたつもりもない」と滑り込みに強い意欲を示した。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/zwHRnb3PcEw" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆FW小川航基(ジュビロ磐田) ──1番印象に残っていることは 「間違いなくブラジル戦だと思います。懐の深さであったり、球際の強さであったり、感じるものは多かったです」 ──通用するなと感じたことは? 「身体の強さであったり、通用しなかったことの方が多かったです。通用した部分を聞かれても難しいというか…。ここが通用したというのは言えません」 ──それでもブラジル代表戦では同点ゴール 「なかなか隙がなく、崩せなかったので、ああいう隙やチャンスをモノにするということは自分としては心掛けていたことです。その形が出てよかったかなと思います」 ──左足のケガの状態 「まだ詳しいことは分からないですけど、そこまで大きなケガではないかなと自分では思っています」 ──5試合を通じて得た収穫と、その収穫を今後どのようにつなげていきたいか 「自分自身、2点取りましたけど、すごく良かったと言えるような大会ではありませんでした。もっともっとやらないといけないと思いますし、コパ(・アメリカ)に呼ばれなかったということで、みんながギラギラ感を出してやっていたと思います。そこに対して、強い気持ちを持ってこれからもやっていけたらと思います」 ──明日からコパ・アメリカ、来年には東京オリンピックがあるが、現在の自身の立ち位置について 「コパに選ばれている選手たちは、一段階抜けていると思います。自分自身、難しい立ち位置にあると思いますけど、まだ全然諦めたつもりもないですし、ここからどんどんどんどん挽回して、必ずメンバーに食い込めるようにチーム(ジュビロ磐田)でしっかりと結果を残していきたいと思います」 2019.06.17 22:35 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly