ナポリ、攻撃的SBのグリマルドをリストアップ…マリオ・ルイを提供へ2019.06.08 15:38 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ナポリが、ベンフィカに所属するスペイン人DFアレハンドロ・グリマルド(23)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』の情報をもとに『フットボール・イタリア』が報じた。バルセロナ下部組織出身のグリマルドは、2015年12月にベンフィカへ完全移籍で加入。バルセロナ仕込みのテクニックとスピードが武器の攻撃的サイドバックで、今シーズンリーグ戦全34試合にフル出場し4ゴール12アシストの見事な数字を残している。

ナポリは、退団が濃厚となっている左サイドバックのポルトガル代表DFマリオ・ルイ(28)の後釜としてグリマルドをリストアップ。一方で、ベンフィカはマリオ・ルイの10年越しの復帰を考えている様で、今回の移籍はマリオ・ルイがカギになると『フットボール・イタリア』は踏んでいる。

なお、伝えられるところによると、グリマルドの市場価格は4000万ユーロ(約49億円)と見積もられているため、ナポリはマリオ・ルイの譲渡と2500万ユーロ(約30億円)の現金を合わせた条件で獲得を試みる模様だ。
コメント
関連ニュース
thumb

コレア、アトレティコ退団を希望? ナポリやスパーズが関心

アトレティコ・マドリーに所属するアルゼンチン代表FWアンヘル・コレア(24)が退団を望んでいるようだ。スペイン『アス』が報じた。 2014年12月に母国サン・ロレンソからアトレティコへ加入したコレア。昨シーズンも右サイドハーフのファーストチョイスとして公式戦49試合で5ゴール4アシストを記録した。 しかし、クラブは今夏にポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(19)やU-21セルビア代表FWイヴァン・シャポニッチ(21)などのアタッカーを獲得。さらには、レアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(28)の獲得に動いているとの噂もあり、スタメン争いが激化することが予想されている。 アトレティコと2024年まで契約を残すコレアだが、今夏の補強状況を受けて出場機会の減少を危惧し、退団を希望しているという。なお、同選手に対してはミランやナポリ、トッテナム、ウォルバーハンプトンなどが目を光らせているようだ。 2019.07.17 21:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリが逸材MFエルマスを獲得! ナポリ会長が認める

ナポリがフェネルバフチェの北マケドニア代表MFエリフ・エルマス(19)の獲得に成功したようだ。同クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長がイタリア『Kiss Kiss Napoli』で認めた。 今夏の移籍市場で中盤の補強を目指すナポリ。先日にイタリア『メディアセット』は、以前から関心が伝えられたエルマスに関して移籍金1500万ユーロ(約18億3000万円)+ボーナスでクラブ間合意し、今月10日までにメディカルチェックを受診すると報じていた。 その後、エルマスに関して公式なアナウンスは行われていなかったが、地元ラジオ『Kiss Kiss Napoli』の取材を受けたデ・ラウレンティス会長は、クロアチア代表MFマルコ・ログの売却と、エルマスの獲得に関して質問を受けると、「どちらも本当の話だ」と、あっさりと移籍を認めた。 インテル、アトレティコ・マドリー、ドルトムントらビッグクラブが注目していたエルマスは、足元の技術が高く、縦への推進力も兼ね備えているセントラルMF。2016年夏に母国のラボトニツキからフェネルバフチェに移籍すると、在籍3年間で公式戦47試合に出場して4ゴール1アシストを記録。2018-19シーズンはトルコリーグで29試合に出場して4ゴールを挙げ、主力として活躍していた。 2019.07.17 18:26 Wed
twitterfacebook
thumb

インシーニェが主張! サッリのユーベ就任は「裏切りだ」

ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(28)が、かつての恩師であるマウリツィオ・サッリ監督のユベントス就任について口を開いた。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2015-16シーズンから2017-18シーズンまでナポリを指揮したサッリ監督は、チェルシーでの1年間の指揮を経て、イタリア復帰。しかし、そのクラブはナポリが覇権を争い、現在、8シーズン連続で頂点に立つ“絶対王者”ユベントスだった。 以前、サッリ監督のライバルクラブへの就任について、ナポリのブラジル代表MFアランは「特に何も思わないよ。彼の決断だ。僕らはそれを尊重しなければならない。僕らはナポリであり、今や彼は敵だ。僕らは彼を倒そうとするだけだよ」とコメントしていたが、インシーニェは「裏切り」だと見なしているようだ。 「何度も言うけど、僕らナポリの人間にとって、それは裏切りだ。今、僕らは自分自身に集中しなくてはならない。そして、彼(ユベントス)を倒さなくてはいけないね」 「スクデットは僕ら全員の夢なんだ。もう一度、チャレンジするよ」 2019.07.17 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

パルマ、ナポリからFWイングレーゼを買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得! 昨季もレンタルで加入し9ゴールをマーク

パルマは16日、ナポリからイタリア人FWロベルト・イングレーゼ(27)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得した。 『フットボール・イタリア』によれば、契約内容はレンタル料で200万ユーロ(約2億4300万円)、シーズン終了後に移籍金1800万ユーロ(約22億円)を支払い、ボーナスとして最大200万ユーロ増加する可能性があるようだ。 ペスカーラの下部組織出身のイングレーゼは、2009年にトップチームに昇格。その後、キエーボやルメッツァーネ、カルピでのプレーを経て2017年夏にナポリへ加入。 しかし、ナポリでのプレーはなく加入直後にキエーボへレンタルに出されると、2018-19シーズンはパルマへレンタル移籍。昨シーズンはセリエAで25試合の出場し9ゴール2アシストを記録していた。 なお、パルマはすでにイングレーゼと2024年6月30日までの5年契約を結んでいる。 2019.07.17 03:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ハメス獲得難航のナポリ、昨季リーグ・アン22発のペペを代替候補に?

ナポリが、リールに所属するコートジボワール代表FWニコラ・ペペ(24)の獲得を考慮しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 今夏にレアル・マドリーに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(28)の獲得を目指しているナポリ。買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得を目指しているものの、完全売却を望むレアル・マドリーとの思惑不一致により、交渉が停滞している。 そのハメスを巡っては先日、アトレティコ・マドリーが横槍を入れたとも報じられているが、ナポリは獲得に自信を見せている様子。しかし、コロンビア代表MFの獲得失敗に備えた代替案として、シーズンのリーグ・アンでブレイクしたペペに注目しているという。 一方で、リールは卓越した左足の精度とテクニックを併せ持つアルジェリア代表FWアダム・ウナス(22)に目を光らせている模様。そこで、ナポリは同選手の譲渡を盛り込んだオファーを検討しているようだが、それでも移籍金6000万~6500万ユーロ(約72億9000万円~約79億円)程度がかかる様相のようだ。 昨シーズンに本職の右ウイングに固定されたペペは、圧倒的なスプリント能力とドリブルテクニックを武器に躍動。リーグ・アン38試合22ゴール11アシストと圧巻の数字を残した。 2019.07.16 17:00 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース