ベスト16進出のU-20日本代表、3戦連続先発の田川亨介、斉藤光毅が負傷離脱《U-20W杯》

2019.05.31 10:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本サッカー協会(JFA)は31日、U-20ワールドカップに参加しているU-20日本代表から田川亨介(FC東京)、斉藤光毅(横浜FC)が離脱することを発表した。

2大会連続でU-20ワールドカップに出場している日本は、イタリア、メキシコ、エクアドルとグループステージで同居したものの、1勝2分けの2位でグループステージを突破。ラウンド16へと駒を進めていた。

しかし、グループステージ最終節のイタリア戦で田川と斉藤が負傷交代。そのままチームを離脱することとなってしまった。

田川、斉藤ともに3試合連続で先発出場とチームの主軸を担っており、田川は第2戦のメキシコ戦でゴールを記録。ラウンド16入りの日本にとっては大きな痛手となった。両選手はコメントを残している。

◆田川亨介(FC東京)
「今回離脱ということで悔しい思いしかありません。この大会は特別な思いで臨んだ大会でもあったので非常に残念ですが、一緒にこれまで戦ってきた仲間を信じて日本から応援します」

「みんな仲良くていい関係性でしたし、すごく楽しい遠征だっただけにそこで最後まで一緒に戦えないのは辛いですけどチームは前を向いて進んでいるので僕自身も前向きに頑張りたいと思います」

◆斉藤光毅(横浜FC)
「本当に悔しいし、情けない気持ちでいっぱいです。3 試合共に戦って、次からの決勝トーナメントで一緒にいられないのは残念です」

「自分はこのチームは優勝できるほどの力を持っていると思います。自分は日本に帰ってからテレビの前で一緒に戦うことしかできませんが、この悔しさとか、情けなさを今後のサッカー人生の糧にして個人としても成長を続けたいです」

日本は、2017年の前回大会でもFW小川航基(ジュビロ磐田)が試合中に負傷。左ヒザの前十字じん帯断裂および半月板損傷と診断され途中離脱していた。

関連ニュース
thumb

大会MVPはイ・ガンイン、最優秀GKはルニン!《U-20W杯》

15日にU-20ワールドカップ(W杯)2019の全日程が終了し、U-20ウクライナ代表の初優勝で幕を閉じた。 FIFA(国際サッカー連盟)は大会MVPに準優勝したU-20韓国代表からMFイ・ガンイン(バレンシア)を選出した。イ・ガンインは今大会全7試合に先発。1ゴール4アシストを記録し、初の決勝進出となった韓国を牽引する働きを見せた。 そして大会最優秀GK(ゴールデングローブ賞)にはウクライナのアンドリー・ルニン(レアル・マドリー)が選出されている。ルニンはユーロ2020予選のためにA代表招集を受けていたことで準々決勝を欠場したが、それ以外の6試合に先発。堅守のチームを象徴する存在で、決勝ではビッグセーブを見せ、ウクライナの初優勝に貢献していた。 2019.06.16 03:00 Sun
twitterfacebook
thumb

韓国に逆転勝利のウクライナが初優勝!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯)2019決勝、U-20ウクライナ代表vsU-20韓国代表が15日に行われ、3-1でウクライナが勝利し初優勝を飾っている。 準決勝でU-20イタリア代表を1-0と振り切ったウクライナと、U-20エクアドル代表をこちらも1-0と制した韓国による初優勝を懸けたファイナル。 試合は開始2分、キム・セユンが右サイドを突破にかかったところでベスコロヴァイニーにボックス内ぎりぎりでファウルを受け、VARの末に韓国にPKが与えられた。そして、このPKをイ・ガンインが決めて韓国が先制した。 失点を受けて前がかるウクライナは12分、ブレツァが直接FKでGKを強襲。その後も自陣に引く韓国相手に押し込む時間を増やすと、34分に追いついた。FKの流れからルーズボールをボックス中央で拾ったスプリアハがゴール左にシュートを押し込んだ。ハーフタイムにかけてもウクライナがボールを持ったが、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、一進一退の攻防で立ち上がった中、52分にウクライナが逆転する。コノプリアのスルーパスでボックス右に抜け出したスプリアハがゴール左にシュートを蹴り込んだ。 スプリアハのこの試合2ゴール目でリードしたウクライナが自陣に引く中、65分にコルニエンコのミドルシュートで牽制。 追う韓国は70分、左CKからイ・ジャエクのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKルニンのビッグセーブに阻まれた。 そして終盤の韓国の攻勢を凌いだウクライナは89分に勝負を決定付けた。カウンターに転じ、ツィタイシュヴィーリがドリブルでボックス左に侵入。ゴール右隅にシュートを蹴り込んだ。 このまま3-1で韓国を撃破したウクライナが勝利。同国史上初のU-20W杯制覇を果たした。 2019.06.16 02:57 Sun
twitterfacebook
thumb

PKストップのエクアドルがイタリアとの延長戦を制して3位フィニッシュ!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯)2019・3位決定戦、U-20イタリア代表vsU-20エクアドル代表が14日に行われ、0-1でエクアドルが勝利した。 準決勝でU-20ウクライナ代表に0-1で惜敗したイタリアと、U-20韓国代表にこちらも0-1で惜敗したエクアドルによる3位決定戦。 グループステージで対戦した際にはイタリアが1-0と勝利していたこのカード。準決勝からスタメン7選手を変更してきた控え組主体のイタリアに対し、準決勝からスタメン1人のみを変更したエクアドルがボールを握る展開で推移していった。 すると10分、エクアドルはプラタのミドルシュートでGKを強襲。一方、自陣に引くイタリアは19分にアルベリコのミドルシュートで応戦すると、前半終盤の39分にはデル・プラートのミドルシュートでGKを強襲するも、互いに決定機のなかった前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半もエクアドルがボールを保持すると、56分にカンパーナのミドルシュートが右ポストを直撃。さらに59分にはパラシオスの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKカルネセッキに止められた。その後もエクアドルが押し込む展開が続くと、77分にはレサバラが際どいミドルシュートを浴びせた。 劣勢のイタリアは79分にチャンス。ボックス左からコルバーニの放ったシュートがわずかに枠の右に外れた。 結局、90分でゴールは生まれず迎えた延長戦、前半開始3分にイタリアがPKを獲得する。ボックス左でオリヴィエリがボールをキープすると、キンテーロに倒された。しかし、キッカーのオリヴィエリのシュートはGKラミレスにセーブされてしまう。 すると延長前半14分、エクアドルがゴールをこじ開ける。FKの流れからボックス右のミナがボレーでネットを揺らした。これが決勝点となってエクアドルが勝利。同国史上最高位の3位で大会を終えている。 2019.06.15 06:06 Sat
twitterfacebook
thumb

エクアドルに競り勝った韓国が初の決勝進出! ウクライナと激突へ!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯)2019、U-20エクアドル代表vsU-20韓国代表が11日に行われ、0-1で韓国が勝利し、決勝へ進出した。 3日前に行われたU-20アメリカ代表戦を2-1と競り勝って初のベスト4進出を決めたエクアドルと、U-20セネガル代表戦を死闘の末にPK戦で勝ち上がり2度目のベスト4進出を果たした韓国による決勝進出を懸けた一戦。 序盤は意外にも韓国が積極的な入りを見せ、イ・ガンインのセットプレーを軸に圧力をかけていった。 しかし、時間の経過とともにエクアドルがポゼッションを高めていくと、24分にフエンテスがミドルシュートで牽制。そして38分には決定機が訪れた。見事な持ち出しからカンパーニャがボールを運ぶと、ボックス手前左から放ったシュートがバーに直撃した。 ひやりとした韓国だったが、39分に先制する。イ・ガンインのクイックリスタートでボックス左のスペースを突いたチェ・ジュンがゴール右に蹴り込んだ。 韓国が1点をリードして迎えた後半、自陣に引いてエクアドルの攻勢を受け止めると、62分にコ・ジェフンのミドルシュートで牽制した。 ここからオープンな攻防が続くと、エクアドルは71分にパラシオスのミドルシュートがGKを強襲。対する韓国は73分にチョ・ヨンウクがGK強襲のシュートを浴びせた。 終盤にかけてはエクアドルの攻勢が続き、追加タイム3分にはポロソがシュートのルーズボールを押し込んだが、その前にオフサイドがあってノーゴールに。さらに同5分、カンパーニャのヘディングシュートが枠を捉えるもGKイ・ガンヨンのビッグセーブに阻まれ、韓国が逃げ切り。初の決勝進出を果たした韓国はウクライナと初優勝を懸けて15日に激突する。 2019.06.12 05:44 Wed
twitterfacebook
thumb

10人のウクライナがVARにも救われイタリア撃破で決勝進出!《U-20W杯》

U-20ワールドカップ(W杯)2019、U-20ウクライナ代表vsU-20イタリア代表が11日に行われ、1-0でウクライナが勝利した。 4日前に行われたU-20コロンビア代表戦を1-0と制したウクライナと、10人となったU-20マリ代表相手に4-2と勝利して2大会連続ベスト4に進出したイタリアによる決勝進出を懸けた一戦。 立ち上がりはイタリアがボールを保持する展開となった中、ウクライナが手数をかけない攻撃でシュートに持ち込む構図となった。 その後もカウンターを狙うウクライナがシュートに持ち込むシーンをより生み出していくも、決定的なシーンを演出するには至らない。37分にブレツァの直接FKでGKプリツァーリを強襲したウクライナだったが、慎重な姿勢を互いに崩さなかった前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半も膠着状態が続いていたが、52分にイタリアにこの試合最初の決定機。スルーパスでボックス右に抜け出したピナモンティがシュート。だが、コースが甘くGKルニンのセーブに阻まれた。 すると65分、ウクライナが後半最初のチャンスをモノにして試合を動かした。右サイドからのコノプリアのグラウンダークロスをブレツァがダイレクトでゴールへ蹴り込んだ。さらに72分、ウクライナに追加点のチャンス。ロングボールに抜け出したスプリアガがGKと一対一に。しかし、シュートはわずかに枠の左に外れてしまった。 追加点を奪いきれなかったウクライナは79分、ピナモンティに対するファウルでポポフに2枚目のイエローカードが出てしまい、10人での戦いを強いられてしまう。そんな中83分、カシュチュクのシュートがバーを直撃し、ウクライナはやはり追加点を奪いきれない。 終盤にかけて攻勢に出たイタリアは89分に同点のチャンス。ディフェンスライン裏に抜け出したカポーネのボレーシュートがわずかに枠を外れた。千載一遇のチャンスを逸したイタリアだったが、追加タイム2分にも同点のチャンス。スカマッカが相手DFを背負っての見事なボレーシュートでネットを揺らした。だが、VARの末にスカマッカのヒジが対応したDFに入っていたとしてファウルと判定され、ノーゴールに。 結局、1点を守り抜いたウクライナが逃げ切り、決勝へ進出。この後試合を行う-20エクアドル代表vsU-20韓国代表の勝者と初優勝を懸けてファイナルを戦うことになった。 2019.06.12 02:29 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly