リーズ指揮官ビエルサ、井手口陽介の完全売却にゴーサイン…投資額以上を要求

2019.05.27 10:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドが日本代表MF井手口陽介(22)の売却に動くという。イギリス『Football Insider』が報じた。

井手口は昨夏、リーズからシーズンローンでグロイター・フュルトに加入。昨年9月に行われたブンデスリーガ2部第5節のホルシュタイン・キール戦で新天地デビューを果たしたが、右ヒザ後十字じん帯断裂や半月板損傷の影響もあり、わずか7試合(1得点)の出場にとどまった。

事前の報道によれば、グロイター・フュルトが買取りに意欲的だが、リーズの要求額が高過ぎることで、交渉が暗礁に。そして、今回の続報によると、リーズもマルセロ・ビエルサ監督が首脳陣との協議の末、今夏の完全放出にゴーサインを出しているが、「相当な額」での売却を視野に入れている模様だ。

井手口は2018年1月にガンバ大阪から移籍金50万ポンド(現レートで約6900万円)でリーズに加入。あと3年間の契約を残している点や、代表歴を交渉材料として、獲得時に投じた額以上の移籍金で売却を目指しているとみられる。

来シーズンも引き続きヨーロッパでのプレーを希望しているとされる井手口。果たして、どこのユニフォームを来てプレーすることになるのだろうか。

関連ニュース
thumb

リーズ、ウェールズ代表FWロバーツと新契約締結! 今季待望のPL初ゴール

リーズ・ユナイテッドは9日、ウェールズ代表FWタイラー・ロバーツ(22)と2024年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 WBAのアカデミー出身のロバーツは、2018年1月に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたリーズに完全移籍。そして、2018-19シーズンに就任したマルセロ・ビエルサ監督の下ではセカンドトップ、攻撃的MFを主戦場に多くのタスクを科された中、主力としてプレミアリーグ昇格に貢献した。 そして、自身にとってWBA時代の2015–16シーズン以来の挑戦となったプレミアリーグでは、準主力として27試合に出場。ホーム最終戦となった第37節のサウサンプトン戦では待望のプレミアリーグ初ゴールを挙げていた。 また、リーズでの活躍をキッカケに招集されたウェールズ代表ではここまで通算14試合に出場。今週末に開幕するユーロ2020の登録メンバーにも入っている。 2021.06.10 01:07 Thu
twitterfacebook
thumb

リーズ、パブロ・エルナンデス&ベラルディの両功労者が退団へ

リーズ・ユナイテッドは21日、元スペイン代表MFパブロ・エルナンデス(36)と元スイス代表DFガエタノ・ベラルディ(32)の今季退団を発表した。 過去にバレンシアやスウォンジー・シティなどを渡り歩き、通算4キャップ1得点のスペイン代表歴も持つパブロ・エルナンデス。リーズでは当時チャンピオンシップ(イングランド2部)の2016-17シーズンからプレーする。 今季こそ公式戦19試合出場で1得点2アシストの数字をとどまるが、そのリーズでは通算174試合の出場で36得点41アシストを記録して、クラブ年間最優秀選手賞も獲得。今季からのプレミアリーグ昇格に大きく貢献した。 1キャップのスイス代表代表歴を持つベラルディはブレシア、サンプドリアを経て、2014年夏からリーズ一筋でプレーするサイドバック。公式戦通算156試合2得点7アシストの数字を残すクラブ最古参の1人だ。 今季は自身初となるプレミアリーグでのシーズンながら昨夏の大ケガで出遅れたが、18日に行われた第37節のサウサンプトン戦で後半からプレー。出番はその1試合にとどまるが、プレミアリーグ初出場という念願を成就させた。 そんな二人の重鎮はリーズとの契約が今季限り。リーズは23日に行われるプレミアリーグ最終節でWBAを本拠地エランド・ロードに迎え撃つ。 2021.05.21 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

3連勝で8位にジャンプアップのビエルサ監督「勝利したこと、そしてリーグテーブルでの結果も嬉しい」

リーズのマルセロ・ビエルサ監督がサウサンプトン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 リーズは18日、日本代表FW南野拓実の所属するサウサンプトンと対戦。ホーム最終戦となった相手のプレッシャーに押されつつも、73分にFWパトリック・バンフォードが先制点を奪うと、後半のアディショナルタイムにはFWタイラー・ロバーツがダメ押しのゴールを挙げて2-0で勝利した。 3連勝を飾り、順位も8位まで押し上げたチームに指揮官もご満悦の様子で「勝利したこと、そしてリーグテーブルでの結果も嬉しい」と述べつつ、前半はサウサンプトンに分があったことを認めながらも、個々の力が後半の巻き返しに繋がったと分析している。 「得点できたことで、ゲームは少し楽になった。この試合では、先に得点した方が、自分の力を発揮できるという状況だった」 「(後半の戦い方が改善されたことは)私の影響ではない。ゲームを変えたのは後半の個人の力によるものだ。後半は多くの面が良くなってゲームを動かすことができたが、前半にサウサンプトンが同じようなことができたかもしれない」 ビエルサはまた、タイラー・ロバーツのプレミアリーグでの初ゴールとDFガエタノ・ベラルディのプレミアリーグデビューについて次のように語っている。 「タイラーが多くのゲームをプレーしている中で、ゴールという結果を残してくれて嬉しいよ。ベラルディはとてもいい状態で、彼の復帰はとても有意義だ。彼はエラーを犯さず、多くのことをもたらしてくれる」 2021.05.19 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

南野不出場のセインツ、バンフォード被弾などでリーズに敗戦《プレミアリーグ》

サウサンプトンは18日、プレミアリーグ第37節でリーズをホームに迎え、0-2で敗れた。サウサンプトンのMF南野拓実はベンチ入りも出場しなかった。 14位サウサンプトン(勝ち点43)と10位リーズ(勝ち点53)の一戦。 前節フルアム戦を快勝として2連勝としたサウサンプトンは前節先発した南野がベンチスタートとなった。 スタンドに観客が戻った中、立ち上がりからホームチームのサウサンプトンが攻勢に出ると、開始2分にアダムスのゴール至近距離からのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKカシージャの好守に阻まれた。 その後もサウサンプトンがペースを握る中、37分にもボックス内のアダムスのダイクレトシュートが枠を捉えるも、ここもGKカシージャの好守に阻止され、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、開始2分にウォード=プラウズの直接FKが枠の左角に直撃したサウサンプトンだったが、リーズの反撃を受けていく。 50分、ダラスの強烈なボレーシュートはGKマッカーシーが好守で凌ぐも、直後にもゴールエリア右に抜け出したバンフォードに決定的なシュートを許したが、GKマッカーシーが防いだ。 しかし73分、ついに失点する。ロドリゴの浮き球パスでゴールエリア右に抜け出したバンフォードにネットを揺らされた。 バンフォードの今季16ゴール目でリードを許したサウサンプトンは追加タイムにロバーツにもゴールを許して敗戦。連勝は2で止まった。 2021.05.19 03:58 Wed
twitterfacebook
thumb

難所エランド・ロードで散ったスパーズがトップ4絶望のメイソン体制リーグ初黒星…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第35節、リーズvsトッテナムが8日にエランド・ロードで行われ、ホームのリーズが3-1で勝利した。   前節、最下位のシェフィールド・ユナイテッドを相手にベイルの見事なハットトリックの活躍で4-0の快勝を収めた6位のトッテナム(勝ち点56)。逆転でのトップ4フィニッシュに向けて3連勝を狙う今節は11位のリーズ(勝ち点47)のホームに乗り込んだ。   今季ビッグ6が勝利できていない難所での勝利に向けてメイソン暫定監督はブレイズ戦と全く同じスタメンを採用した。   立ち上がりから人にしっかりと付くリーズの強度の高い守備に手を焼くトッテナムは、開始7分にボックス左に抜け出したバンフォードに際どいシュートを打たれるが、これはGKロリスの好守で凌ぐ。   だが、以降も押し込まれる展開が続くと、13分には左サイド深くに侵攻したハリソンの高速クロスに対してファーで対応にあたったDFレギロンが自軍ゴールに向かう。これはGKロリスが何とかき出すも、こぼれ球をダラスに豪快に蹴り込まれた。   先に失点を喫したトッテナムはここから攻勢を強めていく。すると、25分にはロ・チェルソ、ソン・フンミン、デレ・アリの3選手で中央を突破し、DF2枚を引き付けたデレ・アリからボックス右に走り込むソン・フンミンへ絶妙なスルーパスが通る。これを韓国代表が冷静にゴールへ流し込み、リーグ戦3試合連続ゴールとした。   前半半ば過ぎに1-1のイーブンに戻った試合はここからオープンな展開に。28分にはボックス左で仕掛けたハリソンがファーポストを狙ったコントロールシュートを放つが、これはGKロリスのビッグセーブに遭う。直後の30分にはデレ・アリのスルーパスに抜け出したケインが冷静にゴールネットを揺らすが、逆転ゴールかに思われたこの場面はVARのレビューの結果、微妙なオフサイド判定で認められず。   その後はボールを保持して押し込むリーズ、ロングカウンターでうまく相手を引っくり返すトッテナムと互いの狙う形から惜しい場面を作り合ったが、42分にはより優勢に試合を運んでいたホームチームが一歩前に出た。ハリソンを追い越してボックス左に抜け出したアリオスキの正確なグラウンダークロスを中央からニアに飛び込んだバンフォードが左足ワンタッチで流し込んだ。   1点ビハインドで試合を折り返したトッテナムは、早い時間帯の同点ゴールを目指して攻勢を仕掛けていく。後半開始直後にデレ・アリのラストパスに反応したケインがゴールネットを揺らすが、ここは完全にオフサイド。さらに、カウンターの形からケイン、ソン・フンミンと積極的に足を振っていくが、枠を捉えることができない。   流れを変えたいトッテナムベンチは67分、デレ・アリとベイルを下げてラメラとルーカス・モウラを同時投入。この交代で徐々に動きを見せ始めると、71分にはクロスを匂わせたオーリエの意表を突くミドルシュートが枠を捉えるが、これはGKメリエのビッグセーブに遭う。続く72分にはボックス手前左の好位置で得たFKをキッカーのケインが直接狙うが、今度はクロスバーに阻まれた。   その後、ロ・チェルソに代えてエンドンベレを最後のカードとして切ったトッテナムだが、なかなか相手の守備を脅かす攻撃を見せることができずにいると、84分には相手のカウンターを受けてボックス左に抜け出したハフィーニャからのプレゼントパスをゴール前のロドリゴに難なく決められて痛恨の3失点目を喫した。   そして、試合はこのままタイムアップを迎え、難所エランド・ロードで完敗のトッテナムはメイソン体制のリーグ戦初黒星を喫すると共に、来季CL出場権獲得が絶望的となった。 2021.05.08 22:26 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly