PSG会長に黒い疑惑…世界陸上招致に不正関与か2019.05.24 19:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)の会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏に黒い疑惑だ。イギリス『BBC』が報じた。カタールのテレビ局『BeIn Sports』のトップであるアル・ケライフィ氏は2017年と2019年の世界陸上開催地招致で不正関与の疑いがあり、今年3月からフランス検察の調査対象に。なかでも、招致に動いた2011年にアル・ケライフィ氏が兄弟で共同運営しているカタール・スポーツ・インベストメント(QSI)から当時の国際陸上競技連盟(IAAF)だったラミーヌ・ディアック氏の息子が運営する会社に2度にわたり、計350万ドル(約3億8000万円)が支払われた経緯を捜査しているという。

この件を受け、アル・ケライフィ氏の顧問弁護士は「いかなる類の支払いも一切認識していない」との声明で申し立てに遺憾の意。だが、ラミーヌ・ディアック氏はすでに3月に起訴されており、その息子にも逮捕状が出ている模様だ。

なお、カタールは2017年こそ招致に失敗したものの、今年2019年の開催権利を勝ち取り、9月から10月にかけてドーハで行われる予定だ。
コメント
関連ニュース
thumb

ムバッペが再び東京で見られるか? 五輪出場希望をサッカー連盟会長は歓迎

2020年の東京オリンピック世代であるパリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペだが、フランスサッカー連盟(FFF)はその意欲を歓迎しているようだ。フランス『ル・パリジャン』が報じた。 ムバッペは18日に自身がアンバサダーを務めるメンズスキンケアブランド『BULK HOMME』のイベントに参加するために初来日。そのイベントの際に、東京オリンピックへの出場へ意欲を語っていた。 東京オリンピック出場権を懸けたU-21欧州選手権に臨んでいたU-21フランス代表は、見事にベスト4へ勝ち上がり出場権を獲得。スペイン、ドイツ、ルーマニアとともに東京オリンピックに出場する。 一方で、2020年はユーロも開催。ロシア・ワールドカップ王者として臨む大事なユーロににも参加が濃厚なムバッペだが、FFFのノエル・ル・グラエ会長は、ムバッペの東京オリンピック参加意欲を歓迎した。 「キリアンがそれ(出場したいという思い)を宣言できるというのは素晴らしいことだ。彼がフランスの全てのチーム、そして特にオリンピックに興味を持っているということを示している。改めて素晴らしい」 「最初に、U-21フランス代表のシルヴァン・リポル監督に会って話をする。決定は彼によるだろう」 「多くの厳しい試合を勝ち抜き、準決勝まで勝ち上がったチームにフォーカスを当てよう。今は、そのことについて話したい」 また、グラエ会長はオーバーエイジ枠に関してもコメント。ポール・ポグバやアントワーヌ・グリーズマンなどのワールドカップメンバーに関しては「現実的ではない」と語り、「出場権を獲得した選手たちはそこにいるに値する。異なるチームを送り出すことも可能だが、東京では驚きを与えるだろう」とコメントし、オーバーエイジにA代表選手を招集しない意向を示した。 2019.06.26 13:35 Wed
twitterfacebook
thumb

カバーニ、改めて残留希望を公言「PSGで過ごす今年を楽しみにしているんだ」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(32)が、改めて契約を全うする意思を示している。スペイン『マルカ』が伝えた。 2013年にナポリからPSGに加入したカバーニ。ストライカーとして不動の地位を確立しているが、2020年に契約が失効するため、今夏移籍の様々な憶測が飛び交っている状況だ。 そんなカバーニはこれまでにもPSG残留の希望を公言。今回、改めてその思いが変わっていないことを示した。日本時間25日のコパ・アメリカ2019 グループC最終節のチリ代表戦終了後に明かしている。 「パリとの契約がもう一年ある。だから残留を考えているよ」 「PSGで過ごす今年を楽しみにしているんだ。何が起こるかはまだ分からないけどね」 「シーズン終了前にクラブとは話をした。そして、今年もいたいということは伝えたよ」 「僕は幸せさ。ただ、フットボールでは多くのことが紆余曲折するからね…」 2019.06.26 10:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ブッフォン、ユベントス帰還へ

今シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)のユベントス復帰が近づいているようだ。イタリア『スカイ』が報じた。 今シーズン、17年間過ごしたユベントスに別れを告げ、PSGに加入したブッフォン。同シーズンは公式戦25試合に出場し、健在ぶりを示したが、PSGとの契約延長を拒否し退団している。 そのブッフォンはバルセロナ、ブレシア、ポルト、リーズ、パルマなど複数クラブが獲得に興味を示すなど、引く手あまたの状態。そんな中、ユベントスへの復帰の可能性が出てきた。 同メディアによれば、ブッフォンはすでにイタリア王者への復帰に合意。現在、同クラブで正GKを務めるポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーのバックアップとして加入することとなり、退団が噂される第2GKのイタリア代表GKマッティア・ペリン(26)の去就が決定後、交渉を済ませる見込みのようだ。 また、ブッフォンとの契約は1年になる模様。引退後は同クラブにスタッフ入りすることになるだろうとも伝えられている。 2019.06.26 09:25 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、ダニエウ・アウベス復帰に興味ゼロか

今夏のパリ・サンジェルマン(PSG)退団を表明したブラジル代表DFダニエウ・アウベス(36)のバルセロナ復帰は実現しなさそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。 今シーズン限りでPSGとの2年契約が満了となるダニエウ・アウベスは23日、自身のインスタグラム(danialves)を通じて退団を表明。これを受けた行き先として、インテルや、マンチェスター・シティ、ドルトムントのほか、バルセロナ復帰の可能性が飛び出すなど、去就が早くも加熱している。 だが、バルセロナにダニエウ・アウベスを連れ戻す動きはないという。ダニエウ・アウベス自身は今夏のカウンプ・ノウ凱旋を夢見ているようだが、バルセロナは他クラブの関心が取り沙汰されるポルトガル代表DFネウソン・セメド(25)が移籍したとしても、呼び戻すプランを描いていない模様だ。 その理由の1つとして、ダニエウ・アウベスがユベントス移籍時、バルセロナに批判的なコメントを残したことが尾を引いていると考えられるとのこと。ブラジル代表キャプテンの去就はいかに。 2019.06.25 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、ミリンコビッチ=サビッチに約90億円オファーか

パリ・サンジェルマン(PSG)がラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)に対し、移籍金7500万ユーロ(約91億7000万円)のオファーを準備しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 同メディアによればPSGのスポーツ・ディレクター(SD)に就任したレオナルド氏と、ミリンコビッチ=サビッチの代理人を務めるマテヤ・ケジュマン氏が良好な関係を築いていることが、この移籍が実現する要因だと主張している。 2015年夏にラツィオに加入したミリンコビッチ=サビッチは2016-17シーズンから主力に定着。2017-18シーズンにはリーグ戦35試合で12ゴール4アシストの成績でブレイクを果たしていた。今季はリーグ戦31試合の出場で5ゴール3アシストとパフォーマンスを落としていたが、昨夏ミランのSDを務めていた際にもミリンコビッチ=サビッチの獲得に乗り出していたレオナルド氏が再アタックをかけるようだ。 2019.06.24 23:07 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース