首位浮上の立役者FC東京のFWディエゴ・オリヴェイラが受賞! J2は岡山FWイ・ヨンジェ、J3は藤枝FW森島康仁《KONAMI月間MVP》

2019.05.10 18:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは10日、4月度の「2019明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」として、J1ではFC東京のFWディエゴ・オリヴェイラ、J2ではファジアーノ岡山のFWイ・ヨンジェ、J3リーグでは藤枝MYFCのFW森島康仁を選出した。

同賞はYBCルヴァンカップを除く、各月のリーグ戦を対象に選考委員会による選考の上、最も活躍した選手に与えられる。受賞選手には、クリスタルトロフィーの他、J1選手には30万円、J2選手には20万円、J3選手には10万円が授与される。

ディエゴ・オリヴェイラは、4月の4試合で5ゴール。チーム首位、4連勝に貢献した。ディエゴ・オリヴェイラのコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆FWディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)
ⒸJ.LEAGUE PHOTOS

「今回、このような賞をいただくことができ、非常に嬉しく思います。神様、家族、ファン・サポーターのみなさん、チームメイトに感謝します。何より、チームメイトの力がなければ、この賞をもらうことはできませんでした。この賞を励みに、これから先も今以上に練習を積んで、いいプレーをして活躍できればと思います」

【Jリーグ選考委員会による選考理由】
◆原博実委員
「首位FC東京を引っ張る存在。決定力があり、コンディションも頼りになるチームのエース」

◆福西崇史委員
「4月の4ゲームで5ゴール。抜群の決定力でチームの勝利に貢献した」

◆柱谷幸一委員
「ゴール数とシュートのうまさ」

◆北條聡委員
「首位東京4連勝の先導者。4戦連発の5得点1アシスト。これ以上なにを望む?」

◆寺嶋朋也委員
「4試合で5得点の活躍。3試合で決勝点を奪った勝負強さが特に印象的だった」

イ・ヨンジェは、4月の5試合でリーグ唯一、4ゴールを記録。勝利がついてこない一戦でも、負け試合を引き分けに持ち込むなど、チームに勝ち点をもたらした。イ・ヨンジェのコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆FWイ・ヨンジェ(ファジアーノ岡山)
ⒸJ.LEAGUE

「個人的に受賞したというよりもチームメイトが自分にチャンスを作ってくれた中で、自分がゴールを決めてこのような表彰をしていただいていると思っているし、チームなくしては今回の受賞もなかったと思っているので、チームメイトに本当に感謝しています」

「初めてこのような個人賞をいただきましたが、これからもチームが勝利するために、自分の良さを出して、またこういった賞をチームとしてもらえるように頑張りたいと思います」

【Jリーグ選考委員会による選考理由】
◆福西崇史委員
「4月の5試合で4ゴール」

◆北條聡委員
「今月ただひとりの4ゴール。少ない好機生かす嗅覚、決定力の高さが光った」

◆寺嶋朋也委員
「ゴール前で相手DFと競り合いながらゴールを決められるところが魅力で、5試合で4ゴールと見事な結果を残した」

森島は4月の3試合で3ゴール。得点パターンも多く、藤枝を首位に押し上げた。森島のコメントと選考委員会による選出理由は次の通り。

◆FW森島康仁(藤枝MYFC)
ⒸJ.LEAGUE PHOTOS

「このような賞をいただけたのはチームメイトがしっかり繋いでくれたパスを決めることができたからで、チームメイトには本当に感謝したいと思います。また、日頃からスタッフの皆さんが素晴らしいトレーニングと準備をしてくださっているおかげでもあります。これにおごらず来月も受賞目指して頑張ります」

【Jリーグ選考委員会による選考理由】
◆原博実委員
「経験豊富な点取り屋。いろんな形からの得点でチームを勝利に導く」

◆福西崇史委員
「4月の3試合で3ゴール。チームの勝利に貢献した」

◆柱谷幸一委員
「ゴールと攻撃のボールの落ち着きどころになっている」

◆北條聡委員
「主砲の仕事をまっとう。計3得点で藤枝を首位へ押し上げた」

◆寺嶋朋也委員
「3試合で3ゴール。チームのシュート総数は決して多くないが、少ないチャンスを決め切れるストライカーがいるのは頼もしい限り」



関連ニュース
thumb

J1得点王の川崎Fダミアンが今季2度目の11月・12月MVPに! 月間優秀監督賞は鹿島の相馬直樹監督

Jリーグが5日、11月・12月度のJ1リーグにおける「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」の発表。川崎フロンターレの元ブラジル代表FWレアンドロ・ダミアンが今季2度目の受賞を果たしている。 レアンドロ・ダミアンは全5試合に出場して、6ゴールを記録。ラスト4試合は4戦連発の6ゴールと荒稼ぎして、23ゴールで並ぶ横浜F・マリノスの日本代表FW前田大然と分け合う形で得点王に輝いた。 選考に携わるひとりの原博実委員は「こぼれ球あり、コンビネーションからの得点あり、いろんな形から得点が取れる」と総評。「契約延長は川崎FにとってもJリーグにとっても嬉しいニュース」と続けた。 なお、月間優秀監督賞の受賞者も発表され、鹿島アントラーズの相馬直樹監督が今季2度目の栄冠に。11月からの5試合を4勝1分けで切り抜け、天皇杯の結果次第でACLのプレーオフ出場権を手にし得る4位でフィニッシュを果たした。 2021.12.05 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

神戸MFイニエスタが10月3戦3G1Aで月間MVPに輝く! 「この流れで最後まで」

Jリーグは12日、10月度の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。各カテゴリーからヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ、ファジアーノ岡山のFW上門知樹、藤枝MYFCのFW岩渕良太がそれぞれ初の栄誉に輝いている。 J1リーグで佳境の3位争いで一歩リードする神戸。10月の3試合を2勝1分け無敗で切り抜けたチームのなかで、イニエスタはその全試合に先発して、3得点1アシストと活躍した。受賞に際して、喜びの思いとともに、決意を新たにしている。 「このMVPはチームに貢献することができた証なので喜んでいます。でも、何よりも10月はチームが一つになって素晴らしい戦いができたと思います。この流れで最後まで戦い抜きたいです」 また、J2リーグからの選出となる上門は10月の5試合で2勝3分け無敗と好調なチームとともに、個人としても4得点と躍動。J3リーグからノミネートされた岩渕は5試合で4得点1アシストのインパクトを残した。 2021.11.12 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

川崎Fの鬼木達監督が今季2度目の月間優秀監督賞! 9月は4戦全勝、しかも3試合連続逆転勝ち

Jリーグは8日、9月度の「明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞」を発表した。各カテゴリーから川崎フロンターレの鬼木達監督、V・ファーレン長崎の松田浩監督、ロアッソ熊本の大木武監督が輝いている。 9月の川崎FはAFCチャンピオンズリーグ、ルヴァンカップのタイトルを逸した悔しさ残る月だったが、首位を走るJ1リーグに目を移すと、4戦全勝。しかも、9月22日に行われた第32節の鹿島アントラーズ戦から3試合連続で逆転勝ちしてみせるなど、勝負強さを発揮した。 J1リーグ連覇に前進する鬼木監督は今季2度目の受賞を受けて、Jリーグ公式サイトを通じて、「明治安田生命J1リーグ9月の月間優秀監督賞に選んでいただきありがとうございます」と喜びの思いとともに、佳境に入る今後の戦いに向けて意気込みを語っている。 「この9月はチームとして目標にしていたルヴァンカップ、ACLと連続でタイトルを逃してしまい非常に厳しい時期でした。ただそれでも、Jリーグのタイトルだけは何がなんでも獲るという強い意志で選手、スタッフみんなで一体感を持って戦うことが出来たことで、結果もついてきたと思います」 「我慢の時期に我慢し続けた選手、スタッフを誇りに思います。また苦しい我慢の時期に等々力で力を与えてくれたサポーターの皆さんに心から感謝します。残り6試合もクラブとサポーター一体となって戦い抜きましょう! 宜しくお願い致します」 なお、J2リーグからの選出で、初受賞となる長崎の松田監督は9月の5試合を3勝2分け無敗で切り抜け、チームを3位に押し上げる手腕を発揮。J3リーグから初受賞となる熊本の大木監督は9月、3戦全勝で首位に導いている。 2021.10.08 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

9月MVPにJ1新記録樹立の名古屋守護神ランゲラック! 「チームメイトのおかげ」

Jリーグは8日、9月度の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。各カテゴリーから名古屋グランパスのGKランゲラック、V・ファーレン長崎のFWエジガル・ジュニオ、テゲバジャーロ宮崎のFW梅田魁人がそれぞれ初の栄誉に輝いている。 名古屋加入4年目の今季も最後の砦として傑出した活躍を続けるランゲラックは9月、J1リーグ4試合の出場で全体でも最多タイとなる16回のセーブを記録して、2失点。2度のクリーンシートをやってのけるなかで、ボックス内から許したシュートのセーブ数でも最多の11本をマークして、その間のチームも3勝1分けと無敗で乗り切った。 9月26日に行われたJ1リーグ第30節の大分トリニータ戦でJ1新記録の今季19試合目の無失点も成し遂げ、2020シーズンの12月以来2度目の受賞となるランゲラックはJリーグの公式サイトを通じて、喜びの思いとともに、佳境に入る今後に決意を新たにした。 「KONAMI月間MVPに選出いただき光栄です。まずJ1リーグにおける無失点試合の新記録を樹立できたのはチームメイトのおかげですし、この賞も自分ひとりでいただけたものではありません。いつも自分を支えてくれる家族、そして共に闘う、監督・コーチ・チームメイト・クラブスタッフ・グランパスファミリーに感謝します。シーズンも終盤になりますが、いつも通り全ての試合にベストを尽くして頑張ります!」 J2リーグから選出のエジガル・ジュニオは初受賞となり、9月の5試合で7ゴールの活躍を披露。J3リーグから今季2度目の受賞となる梅田は9月、4試合に出場して2ゴールをマークした。 2021.10.08 16:45 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMのケヴィン・マスカット監督が8月の優秀監督賞に輝く 「とても光栄」

Jリーグは10日、8月度の「明治安田生命Jリーグ 月間優秀監督賞」を発表した。各カテゴリーから横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督、京都サンガF.C.の曺貴裁監督、福島ユナイテッドFCの時崎悠監督が輝いている。 8月の横浜FMは7試合を消化。そのなかで、マスカット監督は8月6日の延期分となる第6節のガンバ大阪戦が初陣だったが、見事に3-2の白星スタートを切ると、最終的に大きく勝ち越しの5勝1分け1敗で切り抜けた。 就任から間もなくして、首位追撃の勢いを加速させるマスカット監督はJリーグ公式サイトを通じて喜びの思いとともに、決意を新たにした。 「Jリーグから、このような賞をいただきとても光栄です。私が来日してから、たゆまず仕事を続けているすべてのチームスタッフを代表してこの賞を受け取りたいと思います。また、選手たちの努力なしでは、この賞をいただくことはなかったでしょう。最後に、私を温かく迎え入れてくれたファン・サポーター、そしてマリノスファミリーの皆さんと受賞の喜びを分かち合いたいです」 また、J2リーグからの選出となる京都の曺貴裁監督は8月の3試合を全勝。J3リーグ部門で今年5月以来、2度目の受賞となる福島の時崎悠監督はわずか1試合だけだったが、FC岐阜との上位対決を4-0の快勝で飾った。 2021.09.10 17:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly