目前で決勝進出を逃したアヤックスMFデ・ヨング、ホームでの勝負弱さを嘆く

2019.05.09 10:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのトッテナム戦を振り返った。『UEFA.com』が伝えた。

予選から勝ち上がり、レアル・マドリー、ユベントスと強豪クラブを次々と退けてきたアヤックス。1stレグではアウェイゲームながら0-1で先勝し、ホームでの2ndレグに臨んだ。

ホームでもその勢いは継続し、開始5分にマタイス・デ・リフトが先制。36分にはハキム・ジイェフのゴールが決まり、2戦合計3-0とリードを広げた。このままアヤックスの決勝進出が濃厚と思われたものの、トッテナムは後半に反撃。2戦合計3-2で迎えた96分にルーカス・モウラがハットトリックとなるゴールを決め、2戦合計3-3。アウェイゴール差でトッテナムが初の決勝進出を決めていた。

決勝を目前に敗退となってしまったアヤックス。チームを支えてきたF・デ・ヨングは試合を振り返り、トッテナムの勝利に賛辞を送るとともに、準決勝での敗退に悔しさをにじませた。

「僕たちは大会を通じて、そしてこの試合の前半でプレーしたやり方を考えれば、決勝に進むに値すると思う。スパーズは、後半のパフォーマンスでその権利を獲得した」

「僕たちが今シーズンのチャンピオンズリーグでやったことで、みんなが楽しんでくれたと思う。それはおとぎ話のようだった。残念ながら、それは不幸な結末を伴うものだった。最後の数秒でそれを諦めるというのは、とても残念だよ」

「自分たちにできることを随所に示した。しかし、後半に彼らは僕たちに大きな問題を引き起こしたんだ。」

「アウェイでは勝ってきたけど、ホームで勝てなかったのは3回連続だ。その理由はよく分からない。僕たちはいつも同じ、ホームでもアウェイでも同じようなことをしようとしている。前半のパフォーマンスを続けていれば、この試合では間違いなく勝っていたと思う」
コメント