コロンビア代表、元イラン代表指揮官カルロス・ケイロス氏を招へい! 3月に日本と早くも再戦

2019.02.07 15:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
コロンビアサッカー協会(FCF)は6日、コロンビア代表監督にポルトガル人のカルロス・ケイロス氏(65)が就任することを発表した。7日に就任記者会見が行われる。

これまでポルトガル、UAE、南アフリカ、イランといった代表チームやスポルティング・リスボン、名古屋グランパス、レアル・マドリーといったクラブチームの指揮官を歴任してきたケイロス氏。2011年からはイラン代表で長期政権を築き、2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会と2大会連続でワールドカップ(W杯)本大会出場に導いてきた。

先日に行われたアジアカップでは、グループステージを全勝で突破するなど、5試合で12得点無失点と圧倒的な強さでベスト4進出。しかし、準決勝で日本代表に0-3で敗れ、カルロス・ケイロス監督(65)は試合後、退任を明言していた。

一方、コロンビア代表監督は、2012年1月から指揮してきたアルゼンチン人のホセ・ペケルマン監督がロシアW杯終了後の9月に退任して以降、空位に。これまではU-20コロンビア代表で監督を務めるアルトゥロ・レジェス氏が臨時監督を務めていた。
コロンビア代表は、3月22日(金)に日産スタジアムで日本代表と対戦。早くもケイロス監督と日本代表の再戦が実現する。


関連ニュース
thumb

主審のミスを選手がフォロー、落としたカードを拾って代わりに対象選手へ警告を提示

コロンビアのサッカー選手が審判さながらのカード捌きをみせた。 9日に行われたコロンビア・プリメーラAの決勝リーグ第4戦、アメリカ・デ・カリはホームにアリアンサ・ペトロレラを迎えた。 1-1の同点で迎えた後半のアディショナルタイムに勝ち越しに成功したホームチーム。すると、VARチェックが行われている最中にアリアンサのFWハイロ・ガブリエル・モリーナが抗議。主審はイエローカードを提示しようとした。 だが、時間や状況のために焦ってしまったのだろうか。胸ポケットからカードを出して掲げた瞬間、手からカードがすっぽ抜け。放物線を描いてグラウンドへと転がっていった。 ピッチに落ちたカードを拾ったのはアメリカ・デ・カリのDFマルロン・トーレス。すると、主審にそのまま返すのではなく、自らアウェイチームの選手に警告を提示した。 その後主審はカードを受け取り、改めてモリーナに警告を提示。閲覧者の多くは腹を抱えたようで「カードは生きているね」、「主審とマーロンの、合わせてレッドだ」などのコメントが寄せられることとなった。 なお、ゴールは認められ、そのまま2-1でアメリカ・デ・カリが勝利。マルロン・トーレスの審判デビューを白星で飾っている。 <span class="paragraph-title">【動画】カードが主審の手からすっぽ抜け…代わりに選手が警告を提示</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Marlon torres debutando como árbitro <a href="https://twitter.com/AmericadeCali?ref_src=twsrc%5Etfw">@AmericadeCali</a> <a href="https://twitter.com/SCHA_1927?ref_src=twsrc%5Etfw">@SCHA_1927</a> <a href="https://twitter.com/ElCompaDrovich?ref_src=twsrc%5Etfw">@ElCompaDrovich</a> <a href="https://twitter.com/tulioagomez?ref_src=twsrc%5Etfw">@tulioagomez</a> <a href="https://t.co/mmytXrU4jo">pic.twitter.com/mmytXrU4jo</a></p>&mdash; DAVID® (@aguado_david) <a href="https://twitter.com/aguado_david/status/1469121224278224898?ref_src=twsrc%5Etfw">December 10, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.12 22:16 Sun
twitterfacebook
thumb

「お父さん似!」ハメス・ロドリゲスと娘の再会ツーショットに反響「かわいらしい」

カタールのアル・ラーヤンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが娘のサロメちゃんと再会したことを自身のインスタグラムで報告。お父さんの顔に似てきたと話題を呼んでいる。 9月にアル・ラーヤンへ加入したハメスは、ここまで公式戦4試合に出場して1ゴール1アシスト。新天地で出場機会を得ると、11月のカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選に臨む代表メンバーにおよそ1年ぶりに招集され、ブラジル代表戦とパラグアイ代表戦の2試合に出場した。 コロンビアに帰国したハメスは、この期間を利用して娘のサロメちゃんとも会っていたようで、「会えて嬉しい」というコメントとともに2人で笑顔で並ぶ写真をインスタグラムに投稿している。 2人の表情はさすが親子と言わんばかりに似ており、笑った時の目元や口元がそっくりで、まるで兄弟のようだ。ファンからも「そっくりじゃん」「お父さん似!」「かわいらしい!」「娘ちゃん大きくなった」という声が集まっている。 ハメスは、コロンビア代表GKダビド・オスピナの妹であるダニエラさんと2010年に結婚。サロメちゃんが2013年に生まれたものの、2017年に離婚しており、今は単身カタールで過ごしている。 <span class="paragraph-title">【写真】笑った時の表情がそっくり!ハメス・ロドリゲスと娘のサロメちゃん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWbpqLwLbQV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWbpqLwLbQV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWbpqLwLbQV/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">James Rodríguez(@jamesrodriguez10)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.19 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

アルゼンチンがブラジルとドローも18度目のW杯出場! ウルグアイはボリビアに敗戦で厳しい戦いに《カタールW杯南米予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第14節の5試合が現地時間16日に行われた。 今節は既にW杯出場を決めている首位のブラジル代表と、2位のアルゼンチン代表の一戦。アルゼンチンは今節でW杯への切符を獲得できる状況だった。 この試合でアルゼンチンは、リオネル・メッシ、ラウタロ・マルティネス、アンヘル・ディ・マリアの3トップを採用。対するブラジルはマテウス・クーニャをトップに置き、ヴィニシウス・ジュニオール、ルーカス・パケタ、ハフィーニャが2列目に並んだ。 試合はブラジルが積極的に攻勢に出る。スルーパスからヴィニシウスがゴールに迫るシーンや、マテウス・クーニャがハーフウェイラインからロングシュートを狙うなど、アルゼンチンゴールを脅かす。 積極的にシュートを打つブラジルだが、精度を欠きゴールを奪えない。 対するアルゼンチンもポゼッションから徐々に押し込んでいくと、ラウタロ・マルティネス、ロドリゴ・デ・パウルがブラジルゴールを脅かすが、GKアリソン・ベッカーが立ちはだかる。 ゴールレスで前半を終えると、後半も互いにゴールに迫るが、フィニッシュの精度を欠いてしまう。 結局最後まで互いに攻め合うがゴールは生まれず。0-0のゴールレスドローに終わったが、アルゼンチンはチリが敗れたため13大会連続18回目のW杯出場を決めた。 また、チリ代表vsエクアドル代表は、0-2でエクアドルが勝利。9分にペルビス・エストゥピニャンが先制ゴールを奪うと、後半アディショナルタイムはモイゼス・カイセドが追加点。勝利を収め、3位をキープした。 W杯出場圏内に入れていないウルグアイ代表はアウェイでボリビア代表と対戦。しかし、3-0で惨敗となった。 試合は0-0で迎えた30分、左サイドからフアン・アルセが右足でクロス。ボールはゴール方向に飛ぶと、GKフェルナンド・ムスレラがファンブル。これが右ポストを叩いてラインを越え、ボリビアが先制する。 さらに45分には左CKからマルセロ・モレーノがヘディングで合わせ、追加点を奪う。 前半で2点ビハインドを負ってしまったウルグアイ。後半はなりふり構わずゴールへと迫るが、ゴールが遠い。 しかし60分にカウンターを仕掛けられるとジョバンニ・ゴンサレスがファウル。ボリビアにPKを与えてしまい絶体絶命のピンチとなるが、モレーノがこのPKを失敗する。 ウルグアイはピンチを凌いだが、79分にボリビアがスコアを動かす。ボックス手前右からフェルナンド・サウセドがクロス。これをアルセがヘディングで合わせ3点目を奪う。 結局ウルグアイは最後までゴールを奪えず、ボリビアは強いホームでウルグアイを撃破した。なお、ウルグアイは7位に転落。シビアな出場権争いが続いている状況となっている。 ◆第14節 ▽11/16 アルゼンチン代表 0-0 ブラジル代表 コロンビア代表 0-0 パラグアイ代表 チリ代表 0-2 エクアドル代表 ベネズエラ代表 1-2 ペルー代表 ボリビア代表 3-0 ウルグアイ代表 ◆順位表 勝点(試合数/勝/分/負/得点/失点) 1位:ブラジル 35(13/11/2/0/27/4)★ 2位:アルゼンチン 29(13/7/5/0/20/6)★ 3位:エクアドル 23(14/7/2/5/23/13) 4位:コロンビア 17(14/3/8/3/16/17) ーーーーW杯出場 5位:ペルー 17(14/5/2/7/15/20) ーーーー大陸間PO 6位:チリ 16(14/4/4/6/15/16) 7位:ウルグアイ 16(14/4/4/6/14/21) 8位:ボリビア 15(14/4/3/7/20/28) 9位:パラグアイ 13(14/2/7/5/9/18) 10位:ベネズエラ 7(14/2/1/11/9/25) ★カタールW杯出場権獲得 2021.11.17 14:12 Wed
twitterfacebook
thumb

ブラジルが22大会連続の本大会行き決める! チリは暫定4位に浮上《カタールW杯南米予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第13節の4試合が現地時間11日に行われた。 10勝1分け無敗で首位のブラジル代表は勝ち点16で4位につけるコロンビア代表とホームで激突した。勝てばW杯出場のギリギリラインである4位のコロンビアと18ポイント差となり、5試合を残して出場権獲得となるブラジルはネイマール、ガブリエウ・ジェズス、ハフィーニャの3トップを選択。一方、コロンビアは合流直前に負傷したファルカオを欠いたが、1年ぶりに代表入りのハメスがベンチからスタートした。 互いに攻めの姿勢を打ち出す展開で進むが、なかなか決定機を生まれない。そのなかで、押し気味に試合を進めるブラジルだが、36分にダニーロが追い越したハフィーニャからボックス右にボールを引き出して右足シュートを放つが、右ポストに嫌われる。前半アディショナルタイム2分にも右CKのキックからマルキーニョスがヘディングシュートでゴールに迫ったが、枠に飛ばせず、ゴールレスで試合を折り返す。 そんな両雄の一戦は後半も長らくこう着した展開が続いたが、レアル・マドリーでインパクトを残すヴィニシウス・ジュニオールやアントニー、マテウス・クーニャを立て続けに送り込みながら、攻め続けたブラジルが残り時間が20分を切ったなか、ついに先制する。72分、後方からの縦パスをバイタルエリア中央のネイマールが左足ワンタッチで叩くと、駆け上がったパケタが右足ダイレクト。これがネットを揺らす。 結局、このゴールが決勝点となり、ブラジルが勝利。勝ち点を「34」に伸ばし、6試合を残して南米勢一番乗りとなる22大会連続のW杯出場権を獲得した。 そのほか、6位のチリ代表は7位のパラグアイ代表とのアウェイ戦を56分のオウンゴールで勝ち切り、暫定ながら4位に浮上。3位のエクアドル代表も最下位のベネズエラ代表とのホーム戦をインカピエの決勝弾で制して、暫定ながら2位のアルゼンチン代表との勝ち点差を「5」に縮めた。9位のペルー代表は8位のボリビア代表をホームに迎え撃ち、3-0と快勝。7位に順位を上げている。 ◆第13節 ▽11/11 ブラジル代表 1-0 コロンビア代表 パラグアイ代表 0-1 チリ代表 エクアドル代表 1-0 ベネズエラ代表 ペルー代表 3-0 ボリビア代表 ▽11/12 ウルグアイ代表 vs アルゼンチン代表 ◆順位表 勝点(試合数/勝/分/負/得点/失点) 1位:ブラジル 34(12/11/1/0/27/4) 2位:アルゼンチン 25(11/7/4/0/19/6) 3位:エクアドル 20(13/6/2/5/21/13) 4位:チリ 16(13/4/4/5/15/14) ーーーーW杯出場 5位:コロンビア 16(13/3/7/3/16/17) ーーーー大陸間PO 6位:ウルグアイ 16(12/4/4/4/14/17) 7位:ペルー 14(13/4/2/7/13/19) 8位:パラグアイ 12(13/2/6/5/9/17) 9位:ボリビア 12(13/3/3/7/17/28) 10位:ベネズエラ 7(13/2/1/10/7/23) 2021.11.12 13:10 Fri
twitterfacebook
thumb

コロンビアの伝説バルデラマ氏が衝撃のイメチェン!? トレードマークの金髪アフロヘアが…

コロンビアのレジェンドであるカルロス・バルデラマ氏(60)。現役時代には柔らかいタッチと華麗なボール捌きで中盤に君臨したが、最大の特徴は金髪のアフロという唯一無二のヘアスタイル。ピッチを見渡すと真っ先に目につくような存在感があった。 2003年に現役を引退したバルデラマ氏だが、その後もトレードマークである金髪アフロは継続。今は自身のYouTubeチャンネルで動画配信なども行っている。 バルデラマ氏は4日にも新しい動画を公開したが、1つの異変が。自慢の金髪アフロがなくなっていたのだ。 派手なサングラスやカラフルなネックレスなどはそのままだったものの、普段とは違う姿にコメント欄では驚きを隠せない反応が多く集まった。 ただ、動画では正面からの映像しかないため断言はできないものの、全てをばっさりカットしたわけでなく、後ろで束ねているだけという可能性もありそうだ。 それでも、バルデラマ氏が普段髪を束ねることはほとんどなく、もしもアフロを止めたらというイメージをすることができる貴重な動画と言えそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】バルデラマ氏が金髪アフロをやめたらこうなる</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/bc8X_4yN6kE?start=20" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.11.05 12:03 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly