アメリカ代表、元アメリカ代表DFのバーホルター氏が新監督に就任!2018.12.03 16:13 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アメリカサッカー連盟(USSF)は2日、今季までメジャーリーグサッカー(MLS)のコロンバス・クルーを率いていた元アメリカ代表DFのグレッグ・バーホルター氏(45)を新監督に招へいしたことを発表した。なお、契約に関する詳細は現地時間4日に行われる就任会見で明かされる見込みだが、任期は2022年カタール・ワールドカップ(W杯)までとなるようだ。

▽今年のロシアW杯で1968年以来初めて出場を逃したアメリカ代表は、昨年10月にブルース・アリーナ前監督が辞任。ここまでデイヴ・サラチャン氏が暫定指揮官を務めてきた。ここ最近では前レアル・マドリー指揮官のフレン・ロペテギ氏らが新指揮官候補に挙がっていたものの、USSFは代表のOBであり、MLSで実績を残しているバーホルター氏の招へいを決断した。

▽1994年にオランダのズウォレでプロキャリアをスタートしたバーホルター氏は、スパルタ・ロッテルダム、カンブールを経て2001年にイングランドのクリスタル・パレスに加入。その後はコットブス、1860ミュンヘンとドイツのクラブを渡り歩き、2011年にロサンゼルス・ギャラクシーで現役を終えた。

▽また、1994年にデビューを飾ったアメリカ代表では屈強なセンターバックとして通算44試合に出場。2002年の日韓W杯ではラウンド16のメキシコ代表戦、準々決勝のドイツ代表戦でプレーしていた。

▽現役引退後は古巣LAギャラクシーでアシスタントコーチを務めた後、スウェーデンのハンマルビーで監督初挑戦。そして、2013年から直近までアメリカ国内のコロンバス・クルーを率いていた。
コメント
関連ニュース
thumb

アメリカ代表FWアルティドールが2017年テニス全米オープン王者のスティーブンスと婚約

アメリカスポーツ界でビッグカップルが誕生した。メジャーリーグ・サッカー(MLS)のトロントFCに所属するアメリカ代表FWジョジー・アルティドール(29)と、2017年の全米オープン王者で女子テニスの世界ランク8位に位置するスローン・スティーブンス(26)が29日に婚約を発表した。 なお、共に幼少期にフロリダ州で育った2人は幼馴染で2016年から交際をスタートしていた。 ニューヨーク・レッドブルズでプロキャリアをスタートしたアルティドールは、屈強なフイジカルと決定力を武器とするアメリカ屈指のストライカー。ヨーロッパではビジャレアル、ハル・シティ、サンダーランドで思うような結果を残せなかったものの、AZ時代の2011-12シーズンには16ゴール、翌2012-13シーズンには23ゴールを挙げる活躍を見せていた。 また、2015年に加入した現所属先のトロントでは2017年のMLSカップでMVPを獲得する活躍でMLSカップ制覇に大きく貢献している。 2007年にデビューを飾ったアメリカ代表ではここまで通算110試合に出場し、歴代3位の41ゴールを記録。29歳という年齢を考えれば、クリント・デンプシー、ランドン・ドノバンの持つ歴代1位の57ゴールという数字を更新する可能性も十分にある。 一方、アメリカ人テニスプレーヤーのスティーブンスは、2017年の全米オープンで自身初のグランドスラム制覇を経験。また、昨年の全仏オープンでは準優勝を果たすなど、過去には世界ランク3位まで上り詰めた実力者だ。 なお、サッカー選手とテニスプレーヤーのカップルといえば、シカゴ・ファイアーに所属する元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーと、セルビア人テニスプレーヤーのアナ・イバノビッチ(すでに引退)が有名だ。 2019.04.30 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

シャルケ、MFマッキーニーの外側側副じん帯及び関節胞の損傷を発表…全治は不明

シャルケは25日、アメリカ代表MFウェストン・マッキーニー(20)が負傷したことを発表した。 マッキーニーは、22日に行われた国際親善試合のアメリカ代表戦に先発出場したが、68分に負傷交代。その後の検査で、外側側副じん帯及び関節胞の損傷と診断された。なお、シャルケは離脱期間について明かしていない。 U-19年代からシャルケの下部組織に入団したマッキーニーは、2017年にトップチームへ昇格。守備的な中盤として昨シーズンのブンデスリーガ22試合に出場した同選手は、センターバックでも起用されることのある守備のユーティリティプレーヤーだ。今シーズンは、ここまでブンデス19試合1ゴール4アシスト、チャンピオンズリーグ(CL)6試合1ゴール1アシストを記録している。 2019.03.26 04:35 Tue
twitterfacebook
thumb

女子W杯優勝メンバーであるアメリカ女子代表選手2名が婚約を発表

アメリカ女子代表として2015年の女子ワールドカップを制したメンバーでもあるDFアリ・クリーガーとGKアシュリン・ハリスが婚約を発表した。イギリス『BBC』が報じた。 クリーガーとハリスは、アメリカの女子プロリーグNWSLのオーランド・プライドに所属する選手。アメリカ女子代表としてもプレーし、クリーガーは98試合に出場、ハリスも正守護神であるGKホープ・ソロがいながら20試合に出場していた。 2人は、10年前ごろに代表チームで一緒になった際、デートをしている場面が目撃されていた。これまではカップルであることを公にはしてこなかったが、「チームメイトやチームの邪魔にならないように静かに保ってきた」とハリスがコメントしている。 交際から9年が経過し、2人は結婚することに決めたと発表。また、オーランド・プライドのファンたちは2人のカップルをクリーガートアシュリンからとり、“Krashlyn(クラシュリン)”の愛称で呼んでいる。 なお、正式な結婚に関しては、今夏の女子ワールドカップを待つとのことだ。 2019.03.16 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ルーニー「僕はまだプレミアリーグでもプレー可能」

DCユナイテッド(MLS)の元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(33)が、自身が未だ高いレベルにあると自負している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 昨年夏にエバートンからアメリカに活躍の場を移したルーニー。2004年夏から13年間在籍したマンチェスター・ユナイテッドでは公式戦559試合253得点を誇り、5度のプレミアリーグ優勝や1度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇など数々の栄光を手にした。イングランド代表としても歴代最多53得点を誇っており、まさに英国フットボールを象徴する人物だ。 DCユナイテッドに移ってからのルーニーは、シーズン途中での加入ながらリーグ20試合12ゴール1アシストを記録。MLS年間ベストイレブンに選出され、新人賞でもロサンゼルス・ギャラクシーFWズラタン・イブラヒモビッチに肉薄するなど、新たなスターとしての役割を果たしている。 新シーズン開幕前にインタビューに応じたルーニーは、自身へ抱いている期待の大きさを語った。 「正直なところ、僕は自分のクオリティを分かっている。まだプレミアリーグでもプレー可能だ」 「僕は分かっているんだ。いつも自信を持っているし、自分自身に大きな期待を寄せている」 「もちろん、ここで上手くやっていければいい。それぞれ見解を持つ人々には(MLS移籍は)驚きだったとは思う。それ(人々が意見を持つこと)は十分にフェアだと思うけど、僕は決して自分を疑わない」 2019.02.06 10:20 Wed
twitterfacebook
thumb

引退表明のGKティム・ハワードがスールシャールを絶賛! 「サー・アレックスを彷彿」

今シーズン限りでの現役引退を表明したコロラド・ラピッズ(MLS)に所属する元アメリカ代表GKティム・ハワード(39)が、古巣の新指揮官を称賛している。イギリス『メトロ』が報じた。 母国のインペリアルズでキャリアをスタートし、国内複数クラブを経て、2003年にマンチェスター・ユナイテッドに加入したハワード。2005年に元オランダ代表GKエドウィン・ファン・デル・サール氏が加入したことで出場機会を失って2006年7月に退団したものの、引退が間近に迫った今でも古巣への愛は持ち続けているようだ。 ハワードは、ユナイテッド新指揮官のオレ・グンナー・スールシャール監督を以下のように称賛している。 「オレ・グンナー(・スールシャール)がやって来て明らかにプレースタイルがとても親しみのあるものになった。どこかサー・アレックス・ファーガソンの考えを彷彿させるものだ。前に向かってプレーし、前にパスをする。チームを地に足の着いたものにして、アグレッシブにした」 「それを実行できるプレーヤーが居て、彼らには足枷を外す必要があったんだ」 「オレ・グンナーは、彼らの蘇らせた」 ユナイテッドは、昨年末にジョゼ・モウリーニョ前監督を解任し、スールシャール監督を今シーズン限りの暫定指揮官として招へい。すると、スールシャール監督は初陣からの公式戦7試合で全勝を飾り、見事にクラブを復活させている。 2019.01.23 21:15 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース