長谷部誠をメンバー外としたフランクフルト監督に疑問符…地元メディア「不思議」

2018.09.07 18:04 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
今夏フランクフルト指揮官に就任したアディ・ヒュッター監督は、元日本代表MF長谷部誠を評価していないのだろうか。地元メディア『ヘッセンシャウ』が前節で同選手をメンバーから外す判断に首を傾げている。

新シーズンの長谷部はバイエルン・ミュンヘンとのスーパーカップ決勝(0-5)、DFBポカール1回戦のウルム戦(1-2)にフル出場を果たすと、ブンデスリーガ開幕節のフライブルク戦(2-0)は体調不良のため欠場。1日に行われた第2節ブレーメン戦(1-2)ではスタメン復帰が予想されるも、招集メンバーにすら含まれなかった。

『ヘッセンシャウ』の記者はこの判断の理解に苦しんでいる模様。長谷部について「ここ数年間、非常に重要なプレーヤーで、ニコ・コバチ(前監督)の下では常にリベロやボランチを行き来していた。フィットネス状態が良ければ、常にプレーしていた」と指摘した上で、次のように続けた。

「だが、ヒュッター監督の下では状況が違うようだ。病気でフライブルク戦を欠場したハセベは、ブレーメン戦でパフォーマンスを理由にメンバーに入らなかった。DFにてマルコ・ルス、エヴァン・エヌディッカ、MFにてルーカス・トッロ、ジェルソン・フェルナンデス、ジョナサン・デ・グズマンらが優先されている。サッカーをプレーするにあたって34歳の彼はまだフランクフルトのベストに入るだけに、不思議にさえ思える決断である」

フランクフルトは今夏、GKルーカス・フラデツキ(→レヴァークーゼン)やFWマリウス・ヴォルフ(→ボルシア・ドルトムント)、MFオマール・マスカレル(→シャルケ)やケヴィン=プリンス・ボアテング(→サッスオーロ)といった主力選手を複数失っている。そんな中、長年同クラブで中心選手の1人を務めてきた長谷部の起用を見送る判断に周りは違和感を覚えているようだ。


提供:goal.com
関連ニュース
thumb

鎌田途中出場のフランクフルト、ケルンにドローで未勝利続く《ブンデスリーガ》

フランクフルトは25日、ブンデスリーガ第6節でケルンをホームに迎え、1-1で引き分けた。 フランクフルトのMF鎌田大地は61分から出場し、MF長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 フランクフルトは前節、開幕4連勝のヴォルフスブルクを相手に1-1で引き分けた。4分け1敗と未勝利が続く中、鎌田と長谷部は共にベンチスタートとなった。 2勝2分け1敗のケルンに対し、フランクフルトは14分に先制される。ディフェンスライン裏をヘクターに取られ、ボックス左からの折り返しをスクヒリにダイレクトで蹴り込まれた。 失点後、好機を生み出せずにいたフランクフルトだったが、前半追加タイム6分に追いつく。左サイドからのコスティッチのクロスをファーサイドのボレがダイレクトで合わせた。 1-1で迎えた後半、フランクフルトは54分にピンチ。ミドルシュートをGKトラップが弾いたプレーからネットを揺らされるも、VARの末オフサイドがあったとしてノーゴールに。 61分に鎌田が投入された中、フランクフルトは69分にCKの流れからヒンテレッガーのボレーが枠を捉えるも、GKホルンの守備範囲。 結局、両チーム勝ち越しゴールを奪うには至らず勝ち点1を分け合い、フランクフルトの未勝利が続いている。 2021.09.26 00:55 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルト指揮官が長谷部を称賛! 「素晴らしい人格の持ち主」

フランクフルトのオリバー・グラスナー監督が、元日本代表MF長谷部誠を称賛した。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。 2014年夏の加入以降、ここまで公式戦240試合に出場している長谷部。2017-18シーズンにはクラブにとって5度目となるDFBポカール優勝に貢献するなど、チームの顔として活躍している。 しかし、グラスナー監督が就任した今季は出場機会に恵まれず。現段階で公式戦7試合のうち3試合の出場に留まり、スタメン出場したのはブンデスリーガ開幕節のドルトムント戦のみとなっている。 それでもグラスナー監督は、副キャプテンを務めるチーム最年長の長谷部の役割について聞かれた際に、プロ意識や練習での言動を称賛。指揮官からの信頼は揺らいでいないようだ。 「マコトの言葉は筋が通っている。彼のプロ意識の高さ、状況への対処法、トレーニングでの声のかけ方などを非常に尊敬している。素晴らしい人格の持ち主だ」 2021.09.24 17:07 Fri
twitterfacebook
thumb

鎌田先発のフランクフルトが好調ヴォルフスブルク相手にドロー《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第5節のヴォルフスブルクvsフランクフルトが19日に行われ、1-1の引き分けに終わった。フランクフルトの鎌田大地は83分までプレー、長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 リーグ戦4連勝と絶好調のヴォルフスブルクが、ホームに公式戦未勝利と苦しい状況のフランクフルトを迎えた一戦。フランクフルトの鎌田は[4-2-3-1]のトップ下で先発、長谷部はベンチスタートとなった。 立ち上がりからヴォルフスブルクに押し込まれる展開を強いられたフランクフルトは12分にピンチ。ワルドシュミットとのワンツーでボックス右から侵入したK・ムバブがゴール左隅を狙ったシュートを放ったが、これはわずかにゴール左に逸れた。 さらに16分には、ショートコーナーからアルノルトが左クロスを供給すると、ファーサイドに走り込んだヴェグホルストにヘディングシュートを許したが、これはクロスバーに救われた。 立て続けのピンチを凌いだフランクフルトは24分、ボックス左横で獲得したFKからコスティッチがクロスを上げると、ゴール右手前のラマースがドンピシャのヘッドで合わせたが、これはGKカスティールスに弾かれた。 先制のチャンスを逃したフランクフルトだったが、2度目のチャンスを確実にモノにする。38分、左サイドを抜け出したドゥルムの折り返しをボックス左手前で受けたコスティッチがクロスを供給。これをボックス中央のラマースが見事なハーフボレーシュートでゴール左に突き刺した。 迎えた後半、1点を追うヴォルフスブルクはシュテフェンを下げてルーカス・エンメチャを投入。すると54分、右サイドをドリブルで持ち上がったルケバキオのクロスをファーサイドのヴェグホルストが右足ボレーで合わせたが、これは枠の上に外れた。 後半もやや押し込まれる展開となったフランクフルトは、70分に同点を許す。ドリブルでボックス右から侵入したK・ムバブのラストパスを中央のワルドシュミットがダイレクトシュートで狙うと、GKトラップが弾いたボールを最後はヴェグホルストがゴールに押し込んだ。 同点を許したフランクフルトは、72分にラマースとコスティッチを下げてハウゲとリンドストームを、83分には鎌田とソウを下げてイルザンカーとフルスティッチを投入。 しかし、最後まで両チームに勝ち越し弾は生まれず、1-1のドロー決着。フランクフルトの今季初勝利はお預けに、ヴォルフスブルクは開幕からの連勝が「4」でストップとなった。 2021.09.20 04:37 Mon
twitterfacebook
thumb

新体制で未勝利のフランクフルト、3試合ベンチの長谷部誠についてSD「彼はとても重要」

フランクフルトのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるマルクス・クレシェ氏が、MF長谷部誠の存在について語った。ドイツ『ビルト』が伝えた。 37歳になった長谷部は、フランクフルトで8シーズン目を迎え、今シーズンは副キャプテンを務める。 一時期はヒザの負傷で引退も叫ばれた中、安定したパフォーマンスを見せ続け、レギュラーとしてプレー。今シーズンもここまで3試合に出場している。 16日のヨーロッパリーグ(EL)第1節のフェネルバフチェ戦を含め、直近の公式戦3試合はベンチに座ったままと出場機会を得ていない長谷部だが、クレシェ氏はその存在感はプレーをせずとも大きいと語った。 「長谷部誠は、プレーしていなくとも、依然としてトッププレーヤーだ。特に若い選手にとって、彼のサポートやカリスマ性、そして豊富な経験があり、彼はとても重要だ」 フランクフルトでは公式戦240試合に出場し2ゴール5アシスト。ブンデスリーガでは通算342試合で7ゴール21アシストを記録。2008年1月にヴォルフスブルクに加入してからブンデスリーガで15シーズン目となり、今シーズンも最もブンデスリーガでプレーしている選手として君臨している。 アディ・ヒュッター監督、フレディ・ボビッチSDが去り、オリヴァー・グラスナー監督、クレシェSD体制となった今季はここまで未勝利。長谷部の力もそろそろ必要かもしれない。 2021.09.17 21:30 Fri
twitterfacebook
thumb

終盤のピンチを凌いだフランクフルトが強豪フェネルバフチェとドロー…古橋を欠くセルティックは逆転負け《EL》

2021-22シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第1節が16日にヨーロッパ各地で行われた。 日本人選手の所属するフランクフルト、セルティック、PSV、ヘンク、アントワープ、ラピド・ウィーンでは、ヘンクのみが白星発進となった。 グループD第1節でフェネルバフチェをホームに迎えたフランクフルトは、1-1の引き分けに終わった。フランクフルトの鎌田大地はフル出場、長谷部誠はベンチ入りも出場機会はなかった。 フランクフルトは立ち上がりの10分に失点する。ロッシのミドルシュートをGKトラップが弾くと、素早く反応したエジルにこぼれ球を押し込まれ、フェネルバフチェに先制を許した。 それでもフランクフルトは41分、ヤキッチのロングパスで左サイドを抜け出したコスティッチがボックス左深くまで侵入しクロスを供給。これをラマースが流し込み、試合を振り出しに戻した。 フランクフルトは60分にも、ドゥルムのロングスルーパスに反応した鎌田の折り返しからラマースがゴールネットを揺らしたが、これはパス抜け出した鎌田のオフサイドを取られ、ゴールは取り消された。 1-1のまま試合は最終盤に突入。するとフランクフルトは90分、ロッシのスルーパスでゴール前に抜け出したペルカスを飛び出したGKが倒してしまい痛恨のPKを献上。ペルカスのPKはGKトラップがファインセーブで弾くも、いち早く反応したメルギム・ベリシャにこぼれ球を押し込まれた。 土壇場で勝ち越しを許したかに思われたフランクフルトだったが、PKを蹴る前に先にエリア内にベリシャが侵入したとのVARによる判定でゴールは取り消された。結局、試合はこのまま1-1のスコアでタイムアップを迎え、互いに勝ち点1ずつを分け合う結果となった。 一方、加入後7ゴールと絶好調のFW古橋亨梧をケガで欠くグループGのセルティックは、アウェイでベティスと対戦し3-4で敗戦した。15分にアイエティのゴールで先制したセルティックは、26分に獲得したPKをユラノビッチが決め、リードを広げた。 しかし、直後の32分にミランダのゴールで1点を返されると、その3分後にもフアンミにゴールネットを揺らされ、試合を振り出しに戻された。 嫌な雰囲気で後半を迎えたセルティックは、51分にボルハ・イグレシアスのゴールで勝ち越しを許すと、53分にはフアンミにこの試合2点目を決められた。 その後、87分にラルストンのゴールで1点を返したが、セルティックはそのまま3-4で逆転負けを喫した。 その他、三好康児の所属するアントワープはアウェイでオリンピアコスと対戦し1-2で敗戦。堂安律の所属するPSVはレアル・ソシエダを相手に2-2のドロー。また、日本人対決となった北川航也の所属するラピド・ウィーンと伊東純也の所属するヘンクの一戦は、0-1でヘンクが勝利している。 2021.09.17 07:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly