原口元気が練習復帰…開幕戦ブレーメンvsハノーファーでは日本人3人スタメンか

2018.08.24 08:37 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
25日にブンデスリーガ第1節ブレーメンvsハノーファーが行われる。この試合で日本人選手3人が全員スタメン起用される可能性が高そうだ。

ハノーファーのアンドレ・ブライテンライター監督はブレーメン戦を前にした会見で「(原口)元気はチーム練習に参加した。プレーできる状態にあるよ」と発言。原口は太ももの負傷で通常メニューをこなせない状態が続いていたが、どうやら問題ないレベルまで回復したようだ。

先日、ブンデスリーガ公式サイトは両チームのスタメン予想を発表し、ブレーメンFW大迫勇也、ハノーファーFW浅野拓磨、MF原口元気がいずれも先発すると予想していたが、地元メディア『キッカー』も、大迫、浅野、原口の3人がスタメンで起用される可能性が高いと見ているようだ。ブレーメン対ハノーファーは、日本時間25日22:30にキックオフを迎える。

以下『キッカー』が予想する両チームのスターティングメンバー。

【ブレーメン】
GK:パブレンカ
DF:ゲブレ・セラシエ、ベリコビッチ、モイサンデル、アウグスティンソン
MF:バルグフレーデ、エッゲシュタイン、クラーセン
FW:大迫、クルーゼ、カインツ

【ハノーファー】
GK:エッサー
DF:ソルク、アントン、ヴィマー、オストルツォルク
MF:ベブ、シュヴェグラー、ワラシ、原口
FW:浅野、フュルクルク


提供:goal.com
関連ニュース
thumb

田中碧がドイツデビューもチームは引き分け3試合勝利なし…《ブンデスリーガ2部》

田中碧とアペルカンプ真大の所属するデュッセルドルフは20日、ブンデスリーガ2部第4節でホルシュタイン・キールと対戦し2-2の引き分けに終わった。田中は58分からプレー、アペルカンプ真大は58分までプレーしている。 リーグ戦連敗中の14位デュッセルドルフが、ホームに開幕3連敗中の最下位ホルシュタイン・キールを迎えた一戦。今夏に川崎フロンターレからデュッセルドルフへ加入した田中は初のベンチ入り、アペルカンプ真大は[4-1-4-1]のインサイドハーフで先発出場している。 開始早々の5分に失点を喫したデュッセルドルフは、16分にチャンス。クラウスのパスでボックス右深くに侵入したツィマーマンがクロスを上げると、相手DFに当たったボールが直接ゴールを襲ったが、これは相手GKが好反応で弾き出した。 その後は膠着状態が続いたが、40分にデュッセルドルフが同点に追いつく。味方のロングフィードに反応したクラウスが左サイドを駆け上がると、ゴールライン際からダイレクトクロスを供給。これをボックス中央で受けたナライが胸トラップから左足ボレーシュートでゴール右隅に流し込んだ。 同点で迎えた後半、デュッセルドルフは58分にアペルカンプ真大を下げて田中を投入。すると62分、右サイドをドリブルで持ち上がったツィマーマンのアーリークロスをファーサイドのナライが左足ボレーで合わせたが、これは枠の左に外れた。 良い流れで主導権を握りかけたデュッセルドルフだったが、一瞬の隙から勝ち越しを許す。65分、左サイドのリーズにドリブル突破を許すとクロスをニアに走り込んだスクルツィブスキが上手く右アウトで合わせ、ゴールネットを揺らした。 1点を追うデュッセルドルフは、73分に右CKからボドツェクがヘディングシュート、76分にもナライの左クロスからボドツェクがバックヘッドでゴールに迫ったが、共に枠を外れた。 このまま試合終了かと思われたが、87分に田中の右CKをクラーラーが合わせると、相手DFにディフレクトしたこぼれ球をピーターソンがダイレクトで流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。田中のデビュー戦はドロー決着となった。 また、同日に行われたブンデスリーガ2部第4節のハノーファーvsハイデンハイムは1-0でハノーファーが勝利した。ハノーファーの室屋成はフル出場している。 2021.08.21 03:40 Sat
twitterfacebook
thumb

室屋が絶妙アシストも大迫との日本人対決はドロー決着…《ブンデスリーガ2部》

ブンデスリーガ2部第1節のブレーメンvsハノーファーが24日に行われ、1-1の引き分けに終わった。ブレーメンの大迫勇也は82分までプレー、ハノーファーのDF室屋成はフル出場した。 41年ぶりに2部降格となったブレーメンと、昨季のブンデス2部で13位に終わったハノーファーによる開幕節。ブレーメンの大迫はインサイドハーフ で、ハノーファーの室屋は右サイドバックで共に先発出場した。 日本人対決は立ち上がりから一進一退が続いたが、ハノーファーが先に決定機を迎える。25分、左サイドから中央にドリブルで切り込んだムスリジャが狙いすましたミドルシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃した。 対するブレーメンは28分、敵陣でのこぼれ球に反応した大迫がボックス外からゴールを狙ったが、これは相手GKのセーブに阻まれた。さらに34分にも大迫がミドルシュートでゴールを狙ったが、これは枠の上に外れた。 ゴールレスで迎えた後半は早い時間にスコアが動く。ブレーメンは49分、ニコラス・シュミットの左CKをニアサイドのトプラクが頭で流し込み、先制に成功した。 先制されたハノーファーだったが56分に反撃。GKツィーラーからのロングスローを受けた室屋がセンターライン手前から狙いすましたスルーパスを送ると、相手DFの裏に抜け出したドゥクシュが飛び出したGKを越すチップキックでゴールネットを揺らした。 その後は互いに選手を入れ替えながら勝ち越しゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ハノーファーは80分にチャンス。ボックス左でボールを受けたオクスがコントロールショットを放つと、相手GKの弾いたボールを拾ったマイナが決定機を迎えたが、シュートは相手DFのブロックに阻まれた。 さらにハノーファーは、85分にもオクスの左クロスからヴァイダントがボレーシュートを合わせたが、これは惜しくも右サイドネット。結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。日本人対決となった開幕節は、痛み分けのドローに終わった。 ブレーメン 1-1 ハノーファー 【ブレーメン】 トプラク(後4) 【ハノーファー】 ドゥクシュ(後11) 2021.07.25 05:35 Sun
twitterfacebook
thumb

アシスト、そして攻撃の起点として機能したDF室屋成、MF伊東純也との関係は「特徴は知っている」

日本代表は30日、6月の国際親善試合とカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選に向けたトレーニングキャンプを行った。 28日のミャンマー代表戦で最終予選の切符を手にした日本代表。明日からはU-24日本代表の活動に半数以上のメンバーが移り、週末のJリーグを終えた国内組が合流することとなる。 トレーニングを前にDF室屋成(ハノーファー)がオンラインのメディア取材に応じ、ミャンマー戦や右サイドのコンビについて語った。 室屋は28日のミャンマー戦で後半頭からDF酒井宏樹(マルセイユ)に代わって出場。右サイドバックとしてプレー。2つのアシストを記録した。 ミャンマー戦を振り返って「前半から試合はほとんど決まっていたので、評価しづらい試合ですが、その中で数字を残せたのは良かったと思います」とコメント。大勝した中でもアシストを記録できたことは良かったとした。 6月は酒井がU-24日本代表に合流するため、出場機会が増えることが予想。ポジション争いはDF山根視来(川崎フロンターレ)とになるが「自分のプレースタイルというか、そういったものを出し続けることで、監督が必要とするかどうかだと思います。何かを変える必要はないと思いますし、自分の特徴やプレースタイルをチームと同じパフォーマンスを代表で出すことが大事だと思います」と語り、自分が変わるのではなく、自分の特徴を出し続けることが重要だとした。 ブンデスリーガに行って自身の特徴の変化については「基本的には変わっていないですし、自分はヨーロッパでもそこで勝負したいと思っていたので、何かが変わったとかは特にないです」とコメント。FC東京時代に見せていた一対一の突破や攻撃に絡む縦への推進力は失われていないと語った。 ドイツに渡り1年。自身の進歩した点については「進歩はわからないですが、自分がやっているリーグのサッカーに適応する1年だったので、ドイツ2部のサッカーにうまく適応できたことが成長かなと思います」とコメント。適応する工夫については「違う戦術だったりとか、サッカーの中で自分の特徴を出しつつ、味方とコミュニケーションをとりながら、うまくチームに馴染めたと思います」と、コミュニケーションをとって馴染めたと語った。 また、ドイツで自分のプレーの幅が広がった点については「Jリーグにいた時はもっと組織的なサッカーをしていましたが、戦っているリーグは自分から個人でボールを奪いにいったりということが求められますし、前からプレスかけることを求められるので、そこが変わったところかなと思います」と語り、より個のところのレベルは上がったと感じているようだ。 ミャンマー戦では、同じ右サイドのMF伊東純也(ヘンク)とのコンビネーションもよく、伊東のアシストをお膳立てするパスや、オーバーラップからのアシスト、アンダーラップでの深さを取るプレーなど、高い連携を見せた。 伊東との関係については「話し合ってはいないですが、特徴は知っているので、一対一だったらサポートに行く必要はないので、中に受けにいったり。タイミングよくアシストしたシーンも純也くんから良いボールが来たり、常に相手が嫌がるポジションを取りたいと思います」とコメント。イメージが共有できていることが大きいと語った。 また、攻撃の起点になっていたことについても「変わったとかは意識していないですが、縦に早くつけるとか、森保さん自身が練習から落とし込んでいたので、チャンスがあればどんどん前に当てたりということは意識していました」とし、チームの指示として実行したと語った。 ワールドカップに向けては来シーズンもハノーファーでプレーするとなるとブンデスリーガ2(ドイツ2部)でのプレーとなる。1年間戦っての難しさについては「Jリーグほどの細かさがないというのは、サイドバックとしては最初は特に難しかったです」とコメント。「1人でどうにかしなきゃいけないシーンがあったので、勉強というか自分のためになると思っていました」と語り、やはり個の部分での要求が高いリーグになっているようだ。 また「この1年間で結構選手とのコミュニケーションは取れるようになったし、仲の良い選手もたくさんできたので、普段の生活は元気くんなしでも大丈夫です」とチームメイトだったMF原口元気の退団も影響はないとコメント。「サッカーの部分では良い成績を残せなかったので、来シーズンはもっと良いチームになっていきたいと思います」と語り、自身でもっと成績を残したいと意気込みを語った。 2021.05.30 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「もう一度リベンジしたい」来季は新天地で戦うMF原口元気、代表でのシステム変更は「バリエーションが増えれば」

日本代表は30日、6月の国際親善試合とカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選に向けたトレーニングキャンプを行った。 28日のミャンマー代表戦で最終予選の切符を手にした日本代表。明日からはU-24日本代表の活動に半数以上のメンバーが移り、週末のJリーグを終えた国内組が合流することとなる。 トレーニングを前にMF原口元気(ハノーファー)がオンラインのメディア取材に応じ、システム変更やポジション争いについて語った。 原口は28日のミャンマー戦で62分からMF守田英正(サンタ・クララ)に代わって途中出場。同時にシステムも[4-2-3-1]から[4-1-4-1]に変更となり、2列目の左サイドに入った。 原口は試合について「大量得点で勝っていたので、最後まで緩めないことと、僕自身も結果を出しに行くことを考えてプレーしていました」とコメント。自身は短い時間でシュートを3本はなったが、「点を取れなかったので、取ったところでというのもありますけど、取れなかった悔しさもあります。評価しにくい試合なので難しいです。2次予選は」とコメント。力の差があり過ぎて評価が難しいと語った。 原口が入ってからのシステムは初めての試みだったが「点を取りに行くという場面ではすごく良いのかなと思います。サイドからも圧力かけられますし、真ん中でもコンビネーションができるので、攻撃のバリエーションが増えると思います」と一定の手応えを感じているようだ。また「3バックを含めて何個かオプションがあると相手に合わせられると思いますし、自分たちの強い相手に変化を加えられるかは、きわどい試合になった時に大事だと思います」と語り、オプションとして幅が持てること評価。「細かい部分で勝負が決まる試合はこれから増えるので、いろいろな形を使い分けて、いろいろな選手が出ることでバリエーションが増えればと思います」と、相手の出方や試合の状況に応じて使い分けていければと語った。 原口は今シーズンはブンデスリーガ2(ドイツ2部)で34試合に出場し9ゴール7アシストと結果を残した。調子が良い中での代表活動となり、残り4試合あるが「非常に個人的には結果が出たシーズンだったので、ゴール前でも感覚を取り戻せましたし、代表チームでも出せると思います。その感覚を持って次のチームにも行きたいので、感覚を代表でも維持したいと思います」と、来シーズンに向けて維持できるように活躍したいと語った。 ロシア・ワールドカップ(W杯)を経験している原口。現在のチームについては「個人的には凄く良い雰囲気というか、良い右肩上がりに成長できているなと。強い相手とあまりできていないので、本来の力試しはできていないですが、アジアでもしっかりと戦えています」とコメント。「最終予選を見据えても僕たちが主導権を握る試合が増えると思うので、バリエーションは増えていると思います。韓国戦、モンゴル戦を含めて、良いところが出ていると思います」とし、相手との力の差がありながらも、しっかりとやるべきことをやれていると感じているようだ。 新たなバリエーションという意味では、この4試合で試せる部分も多い。原口は「システムを変えるのであればある程度練習しなければいけないと思いますし、確立されているわけではないので、選手の課題もあると思いますし、監督がどう考えているかもあります」とコメント。「バリエーションは増やさなければいけないですが、4-2-3-1が基本ですけど、どこかで試せるのかなと思います」と語り、残りの4試合でいくつか試せるのではないかとの見解を示した。 システムが変われば立ち位置が変わり、求められることも変わってくる。一方で、現代サッカーではシステムを固定していないトップクラスのチームも多い。原口は「対応力は持ってやらないといけないですし、トップトップでもシステムを変えて変えるチームもありますし、シティも変えることはあります」とコメント。「自分はある程度いろいろなポジションでプレーできるので、強みだと思いますし、代表でも生かせると思います」と、どんなシステムでも対応できるプレーエリアを持つ原口は、そこが武器になるだろうと語った。 3月シリーズは不在だった原口。その間、2列目は伊東純也(ヘンク)、鎌田大地(フランクフルト)、南野拓実(サウサンプトン)が出場し、良い攻撃の形を3試合で作り続けている。 同じポジションである原口から見ての印象は「非常に良いと思います。正直」と高評価。「拓実がうまく中と外を使い分けて、非常に賢くプレーしていると見ています」と語り、ポジションを争うライバルながら、良いプレーだと語った。 原口はハノーファーではトップ下で出場しているが、代表では左サイドでの起用がメインだ。「僕もチームでは真ん中が多かったので、正直サイドでほぼ2シーズンプレーしていないですが、代表ではサイド。若干求められるものが変わってきているので、上手く適応してやらなければいけないと思います」と語り、南野と同じポジションでも中に入ってプレーは可能だとした。一方で、「元々典型的なサイドハーフだったので、サイドもできますし、中でもプレーできますが、サイドでの良さを出せると思います」と、サイドでのプレーでは分があると強みを口にした。 原口は新シーズンからウニオン・ベルリンに移籍することが決定。久々のドイツ1部でのプレーとなる。新シーズンに向けては「やはり結果ですね。W杯に向けてというよりも、ブンデスで4年半プレーして120試合ぐらい出ていますが、一度も満足できたシーズンがなかったので、そこに対してもう一度リベンジしたい。ポテンシャルを全て発揮したいです」とコメント。1部リーグで自分のプレーを見せていきたいと意気込みを語った。 また「28、29歳で2部でプレーしなくてはいけなくなった。このタイミングで、1部でどれだけポテンシャルを発揮できるかリベンジしたいと思います」とコメント。30歳を迎え自分の力をもう一度示したいとした。 2021.05.30 13:58 Sun
twitterfacebook
thumb

ハノーファー退団の日本代表MF原口元気がウニオン・ベルリンへ完全移籍、遠藤渓太の同僚に

ウニオン・ベルリンは27日、ハノーファーから日本代表MF原口元気(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。日本代表MF遠藤渓太と同僚になる。 2014年7月に浦和レッズからヘルタ・ベルリンへと完全移籍し、ドイツに活躍の場を移した原口。デュッセルドルフへのレンタル移籍を経て、2018年7月にハノーファーへと完全移籍した。 ハノーファーでは従来のウイングやサイド以外にボランチやトップ下など様々なポジションでプレーした原口は、公式戦98試合に出場し15ゴール16アシストを記録していた。 今シーズンもブンデスリーガ2で34試合に出場し9ゴール7アシストを記録。チームを支えていたが、契約満了に伴い退団となった。 原口はウニオン・ベルリンを通じてコメントしている。 「僕はハノーファーで素晴らしい時間を過ごしてきました。でも今は、来シーズンもブンデスリーガでプレーできることを嬉しく思います」 「ウニオンは、禁煙チームとしてハードワークし、チームとしてプレーすることが多くの可能性を持つことを示してきました」 「街とアルテ・フェルステライ・スタジアムを楽しみにしていますし、チームが来シーズンも残留できることを手伝えると確信しています」 原口は同じベルリンを本拠地とするヘルタ・ベルリンでもプレー経験があり、ライバルチームでプレーすることとなった。 2021.05.27 18:16 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly