ガットゥーゾ打ち明ける…ボヌッチ移籍希望は“事実”

2018.07.24 18:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ミランを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督がイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(31)の移籍志願を認めた。『フットボール・イタリア』が報じた。

▽昨夏にユベントスからミラン入りしたボヌッチ。センターバックとしてだけでなく、精神的支柱としてチームの根幹を担い、新シーズンのヨーロッパリーグ出場に導いた。だが、現在、パリ・サンジェルマン行きだけでなく、アルゼンチン代表FWゴンザロ・イグアインとのトレードでユベントス電撃復帰の可能性も取り沙汰されるなど、去就が慌ただしい状況にある。

▽プレシーズン期間を利用してアメリカツアー中のガットゥーゾ監督は、26日に行われるインターナショナル・チャンピオンズカップ2018のマンチェスター・ユナイテッド戦に向けた会見に出席。渦中のボヌッチについて次のように語り、今夏退団の可能性を明かしたという。

「レオとは話をした。物事の事実を真摯に伝えなければ。だが、レオは私ではなく、クラブと会い、話し合わなければならない」

「この数週間、ボヌッチの姿はプロフェッショナルそのもの。キャプテンとして素晴らしい振る舞いでチームをまとめてくれている」

「あとは、ボヌッチとクラブが決めること。ただ、私はボヌッチの残留を願うばかりだ。メンタリティと才能を兼備した選手なのだから」
コメント