英雄マラドーナが超人ボルトにシュート・レッスン!

2018.03.23 19:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アルゼンチンの英雄ディエゴ・マラドーナ氏が、陸上界の超人ウサイン・ボルト氏にシュートの打ち方を教授した。スペイン『マルカ』が伝えている。

▽マラドーナ氏と、サッカー選手を目指すことを公言しているボルト氏は、スイスで行われたフットボール・イベントで競演。他にも、ボルト氏が愛して病まないマンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督や、オランダ代表OBパトリック・クライファート氏、フランス代表OBダビド・トレゼゲ氏、アルゼンチン代表OBエルナン・クレスポ氏、ブラジル代表OBロベルト・カルロス氏、イタリア代表OBアンジェロ・ペルッツィ氏らレジェンドがずらりと顔を並べ、ミニゲームが行われた。

▽そのイベントの中で、マラドーナ氏は「良いプレーをする」とボルト氏の動きを評価しつつも、「でもいつもストレートなシュートを打つね」と欠点を指摘。ボルト氏の現役時代の100m走でのラストスパートさながら、真っ直ぐな軌道をとるシュートに改善を求めた。

▽また、その試合で采配を奮ったモウリーニョ監督は、マラドーナ氏のマークにボルト氏を配したという。マラドーナ氏の間近でプレーすることができ、アドバイスも貰ったボルト氏。プロサッカー選手を目指すという夢に、さらなる火が付いたことは間違いない。

関連ニュース
thumb

中島翔哉がポルティモネンセ復帰か? 52億の解除金はネックも、選手譲渡で減額なるか

ポルトに所属するMF中島翔哉(26)だが、古巣であるポルティモネンセに復帰する可能性があるようだ。ポルトガル『A Bola』が報じた。 2019年7月にアル・ドゥハイルからポルトへと加入した中島。加入当初は出場機会を得ていたものの、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大による中断後は出場機会をもらえず。また、セルジオ・コンセイソン監督の信頼を失い、リーグ優勝のセレモニーにも出席しないなど、立場が危うくなっていた。 それでも、今シーズンの開幕前にチームメイトからの熱望もあり、監督と和解。出場機会を少し取り戻した中、2021年1月にアル・アインへとレンタル移籍していた。 新天地での躍動が期待された中、2試合に出場したところでトレーニング中に負傷。脛骨骨折とじん帯損傷の重傷を負い、アル・アインでのキャリアを終えていた。 移籍時の新型コロナウイルスの検査結果に改ざんが疑われるなど、ピッチ外での話題が多い中島だが、新シーズンからはポルトへ復帰することとなる。しかし、ポルティモネンセが獲得に動いていると報じられている。 中島はポルトと2023年6月末までの契約を結んでおり、4000万ユーロ(約52億3000万円)という高額な契約解除条項が設定されているが、ポルトはポルティモネンセのFWベト(23)の獲得に1000万ユーロ(約13億円)を提示しているようだ。 ポルティモネンセとしては、ベトを譲渡することに加えて金銭を支払い、中島を獲得する可能性があるという。 ポルティモネンセには日本代表GK中村航輔やDF安西幸輝が所属。MF本田圭佑も冬に獲得したが、登録が間に合わずに退団していた。中島にとっても再びプレー機会を得る上では良い移籍となるが、果たしてどのような結末を迎えるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】中島翔哉がポルトで決めた唯一のゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI4RTBqYmVacyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.06.19 18:52 Sat
twitterfacebook
thumb

シャフタール、アヤックスからFWトラオレを獲得! 今季リーグ戦では1試合5G3Aの大暴れで話題に

シャフタール・ドネツクは18日、アヤックスからブルキナファソ代表FWラシナ・トラオレ(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。 元アヤックスの選手であり、現在はアストン・ビラで活躍するブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレを従兄弟に持つトラオレは、アヤックス・ケープタウンのユースチームでの活躍が評価され、2019年1月にアヤックスへ加入。 同年5月のユトレヒト戦でトップチームデビューを飾ると、今シーズンは公式戦18試合に出場し8ゴール8アシストを記録。昨年10月に行われたエールディビジのVVVフェンロ戦では5ゴール3アシストの圧巻のパフォーマンスを披露し、13-0という驚愕の大勝の立役者となっていた。 なお、イタリア『Tuttomercatoweb』によると、U-23ブラジル代表FWペドリーニョに続くロベルト・デ・ゼルビ新体制における2人目の補強選手となったトラオレの移籍金は800万ユーロ(約10億5000万円)程度になったという。 2021.06.19 01:03 Sat
twitterfacebook
thumb

ポステコグルー率いるセルティックに18歳逸材FW加入! 叔父は元イングランド代表DF

セルティックは18日、フットボール・リーグ2(イングランド4部)のスカンソープ・ユナイテッドからイングランド人FWジョーイ・ドーソン(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となる。 ドーソンは、かつてスカンソープ、ハル・シティで活躍したDFアンディ・ドーソン(42)を父に、トッテナムやハル・シティ、ノッティンガム・フォレストを渡り歩く元イングランド代表DFマイケル・ドーソン(37)を叔父に持つフットボール界のサラブレッド。 2019年8月にはスカンソープで最年少デビュー(16歳と75日)を飾り、過去にはアーセナルからの関心も伝えられた逸材FWだ。 ゴールだけでなくチャンスメークにも優れる万能型のストライカーは、「何よりも僕はストライカーなんだ。ゴールを決めるのも、ゴールを演出するのも好きだよ。また、チームがもう少しダイレクトに攻めたいときは、僕のフィジカルとプレゼンスで対応できるはずさ。とにかく、できるだけ早くトップチームでプレーしたいと思っている」と、新天地での意気込みを語っている。 ドーソンはアンジェ・ポステコグルー新監督の下で新シーズンの覇権奪還を目指す新生セルティックでブレイクを果たせるか。 <span class="paragraph-title">【画像】18歳のサラブレッドが加入</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/CelticFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#CelticFC</a> have highly-rated youngster Joey Dawson from <a href="https://twitter.com/SUFCOfficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@SUFCOfficial</a> on a year deal.<br><br>The 18-year-old striker agreed terms with Celtic this week and will join the Reserves ahead of the Colts’ debut in the <a href="https://twitter.com/OfficialSLFL?ref_src=twsrc%5Etfw">@OfficialSLFL</a> for the 2021/22 season.</p>&mdash; Celtic Football Club (@CelticFC) <a href="https://twitter.com/CelticFC/status/1405817426441289729?ref_src=twsrc%5Etfw">June 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.06.18 22:32 Fri
twitterfacebook
thumb

札幌からレンタル中のMF檀崎竜孔がブリスベン・ロアーを退団、今季は25試合9ゴール

Aリーグのブリスベン・ロアーは17日、MF檀崎竜孔(21)を含む5選手の退団を発表した。 檀崎は2020年11月に北海道コンサドーレ札幌からレンタル移籍でブリスベン・ロアーへと加入。Aリーグでは25試合に出場し9ゴール1アシストを記録し、チームの攻撃を牽引していた。 チーム内得点王にも輝いた檀崎だが、一度はレンタル契約が終了。ただ、ブリスベンは「2021-22シーズンに向けてブリスベンに戻すためのあらゆる機会を検討します」と、残留を望んでいることを表明している。 檀崎はクラブを通じてコメント。「応援ありがとうございます。僕はブリスベンで、ブリスベン・ロアーのためにプレーすることを本当に楽しみました。ブリスベンを愛しています。また会いましょう」と英語で語った。 檀崎は青森山田高校から2019年2月に札幌に入団。札幌では公式戦で14試合の出場にとどまり、1ゴール1アシストの成績。復帰となれば、ブリスベンでの活躍をJリーグで見せてもらいたいものだ。 その他、FWジョー・チャンプネス、DFジョーダン・コートニー=パーキンズ、DFアントニー・バーク=ギルロイ、DFマコーレー・ギレスフィも退団することが発表された。 <span class="paragraph-title">【動画】檀崎竜孔が英語でブリスベンのファンへメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Before he headed to the airport, <a href="https://twitter.com/riku_dan1121?ref_src=twsrc%5Etfw">@riku_dan1121</a> recorded the following message for Brisbane Roar fans <a href="https://twitter.com/hashtag/ForTheCrest?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ForTheCrest</a> <a href="https://t.co/cwerabLnMi">pic.twitter.com/cwerabLnMi</a></p>&mdash; Brisbane Roar FC (@brisbaneroar) <a href="https://twitter.com/brisbaneroar/status/1405453915928371202?ref_src=twsrc%5Etfw">June 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.18 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

アンデルレヒトがセインツから元オランダ代表DFホードを完全移籍で獲得!

アンデルレヒトは17日、サウサンプトンから元オランダ代表DFヴェスレイ・ホード(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までで、背番号は4を着用する。 母国のAZでプロキャリアをスタートしたホードは、2015年にラツィオに完全移籍して在籍2シーズンで成長を遂げ、2017年にサウサンプトンに加入。サウサンプトンでは、初シーズンからプレミアリーグ28試合に出場したが徐々に出場機会を失うと、2019年1月にレンタルでセルタ入り。 さらに同年夏には再びレンタルでアントワープ、そして昨シーズンはレンタルで古巣ラツィオに復帰していた。 アンデルレヒトへ完全移籍を決断したホードは、公式サイトで以下ようにコメントしている。 「僕とアンデルレヒトは1年以上前からコンタクトを取り続けていた。ヴァンサン(・コンパニ)選手兼監督やピーター(・ヴァーベク)SDとはすぐに意気投合したよ。ただ、僕たちはタイミングを待たなければならなかったんだ」 「アンデルレヒトを選んだ理由は、主にスポーツ面でのことだ。このプロジェクトを成功させるために、また最高のものを目指したいと思っているよ。僕とリオル(・レファエロフ)でドレッシングルームに必要な成熟度を与え、多くの若い選手たちが最大限に成長できるようにしたいと思っているよ」 2021.06.18 00:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly