【Jリーグ移籍情報/1月18日】横浜FMカイケがブラジルECバイーアに期限付き移籍! 長崎GK三浦雄也が28歳で現役引退を決断

2018.01.19 08:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽1月18日(木)に決定した、Jリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。

▽昨シーズン、ブラジルのサントスへ期限付き移籍していた横浜F・マリノスのFWカイケは、同じくブラジルのECバイーアへの期限付き移籍が決まった。また昨年11月にV・ファーレン長崎との契約満了が発表されていたGK三浦雄也が現役引退を発表した。

▽1月18日(水)
【J1】
◆V・ファーレン長崎
《OUT》
GK三浦雄也(28)
[引退]
◆横浜F・マリノス
《OUT》
FWカイケ(29)
[ECバイーア→期限付き移籍]

【J3】
◆ザスパクサツ群馬
《契約更新》
MF松下裕樹(36)

◆Y.S.C.C.横浜
《IN》
FW浅川隼人(22)
[桐蔭横浜大学←完全移籍]

関連ニュース
thumb

大宮がJ最多出場のGK南雄太と契約更新、アキレス腱断裂からの復帰目指す「全力の限りを尽くしたい」

大宮アルディージャは8日、GK南雄太(43)との契約更新を発表した。 南は静岡学園高校から1998年に柏レイソルに入団。正守護神としてプレーすると、2010年にロアッソ熊本へと完全移籍。2014年に横浜FCへと完全移籍していた。 2021年7月に大宮へと期限付き移籍で加入すると、明治安田生命J2リーグで19試合に出場。今シーズンから完全移籍に切り替わり、守護神としてプレーすると、元日本代表GK楢崎正剛氏が持っていたJリーグのGK最多出場記録を更新。しかし、5月に試合中のプレーで右足アキレス腱断裂の重傷を負っていた。なお、15試合に出場していた。 引退もよぎったという南だったが懸命のリハビリを行い、トレーニングを行うまでに復帰。新シーズンへの意気込みを語った。 「2023シーズンも大宮アルディージャで共に闘わせていただけることになりました!このような状況の自分にまたサッカーをさせていただける環境を与えてくださったことに心から感謝し、アルディージャの勝利とここ数年の低迷からの巻き返しのために、自分は全力の限りを尽くしたいと思います」 「そして、43歳でアキレス腱断裂という大怪我を乗り越えた姿を一人でも多くの方にお見せして、同じような境遇の方々に少しでも勇気や希望を与えられるような存在になることも、自分の今後の現役生活に課せられた一つの使命だと思っています。そのためにも、もう一度NACK5スタジアム大宮のゴールマウスに立てるように、負傷前以上に日々精進していく所存です」 「来季こそサポーターの皆さんと共にたくさんの喜びを分かち合えるように、サポーターの皆様のたくさんの笑顔が見られるようなシーズンになるよう精いっぱい頑張りますので、アルディージャにかかわるすべての人が一つになって、上を目指して共に闘いましょう!」 2022.12.08 11:18 Thu
twitterfacebook
thumb

広島のバンディエラ、MF青山敏弘が20年目のシーズンへ向け契約更新

サンフレッチェ広島は8日、元日本代表MF青山敏弘(36)との契約更新を発表した。 青山は岡山県出身で、作陽高校から2004年に広島に入団。クラブ一筋でここまでプレーを続けてきた。 チームのバンディエラとして、ここまでJ1通算436試合20得点、J2通算36試合4得点を記録。現在は日本代表を指揮する森保一監督の下で3度のJ1優勝を経験し、2015年にはJリーグMVPにも選ばれていた。 今シーズンは明治安田生命J1リーグで15試合、YBCルヴァンカップで8試合、天皇杯で2試合の出場に終わっていたが、チーム悲願のリーグカップ制覇に貢献していた。 2022.12.08 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

山形が名古屋のU-21日本代表DF成瀬竣平を育成型期限付き移籍で獲得「J1昇格を目指し全力で闘いたい」

モンテディオ山形は8日、名古屋グランパスのU-21日本代表DF成瀬竣平(21)を育成型期限付き移籍で獲得することを発表した。 移籍期間は2024年1月31日まで。名古屋との公式戦には出場できない。 成瀬は名古屋の下部組織出身で、U-15、U-18と所属。2種登録時代にJ1デビューを果たすと、2019年に正式に昇格していた。 名古屋ではJ1で45試合に出場。リーグカップでも13試合、天皇杯で2試合に出場。今シーズンはシーズン途中にファジアーノ岡山へと期限付き移籍し、J2で31試合、天皇杯で1試合に出場していた。 新たに武者修行に出る成瀬は、3クラブを通じてコメントしている。 ◆モンテディオ山形 「モンテディオ山形の皆さん、はじめまして。 育成型期限付き移籍で加入する成瀬竣平です。山形でプレーする機会を与えていただき、とても感謝しています。僕自身、今まで以上の覚悟と責任を持ち、このクラブの一員として、J1昇格を目指し全力で闘いたいと思います。そして、クラブに関わる全ての人と共に喜びあえるシーズンにしたいと思います。よろしくお願いします!」 ◆名古屋グランパス 「来シーズンはモンテディオ山形でプレーすることになりました。昨シーズンに引き続きこのチームを離れることにはなりますが、アカデミー時代からお世話になっている名古屋グランパスへの思いは変わりません。自分の活躍が皆さんの耳に届くよう、山形の地で頑張ってきたいと思います」 「そしてまたグランパスファミリーの皆さんの前でプレーできるその時を楽しみにしています。少しでも僕のことを気にかけていただけたら幸いです!」 ◆ファジアーノ岡山 「今シーズン途中加入という形で、チームに加わらせていただき、J1昇格を目指して日々精進してきました。僕自身、初めての移籍ということもあり、不慣れな部分も大いにありましたが、選手、スタッフ、サポーターの方達に支えられ、シーズンを通して戦うことができました」 「チームはプレーオフまでいったものの、J1昇格という形で終わることができず、とても悔しい気持ちでいっぱいです。これから自分自身もっとレベルアップした姿を皆さんにお見せできるよう頑張っていきたいと思います」 「短い間でしたが、たくさんの応援をありがとうございました。またスタジアムで会えることを楽しみにしています」 2022.12.08 10:50 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府がACLで9試合4得点、京都退団のFW武富孝介を獲得「全力で勝利に貢献する覚悟を持ってきました」

ヴァンフォーレ甲府は8日、京都サンガF.C.を契約満了となっていたFW武富孝介(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。 武富は柏レイソルの下部組織出身で、2009年にトップチーム昇格。ブラジルのモジミリンで半年間プレー。その後柏に復帰すると、ロアッソ熊本、湘南ベルマーレへの期限付き移籍を経験する。 2018年に浦和レッズへと完全移籍。2019年には期限付き移籍で湘南へ戻ると、2021年から京都でプレーしていた。 京都では加入1年目に明治安田生命J2リーグで10試合に出場し1得点を記録。今シーズンは明治安田生命J1リーグで25試合に出場し3得点、リーグカップで2試合、天皇杯で1試合に出場していた。 また、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)も2015年の柏時代に9試合に出場し4得点を記録している。 甲府に加入する武富は、クラブを通じてコメントしている。 「ヴァンフォーレ甲府に加入することになりました武富孝介です。自分を必要としてくれたこのチームのために全力で勝利に貢献する覚悟を持ってきました」 「J2リーグ、天皇杯、そしてACL、全ての試合で山梨全体が盛り上がり、喜んでもらえるように自分の持っている全てを出し切ります」 「どんなときでもチームが一体感を持ち、ポジティブに前へ進んでいけるように努力していきたいと思います」 「みなさんとスタジアムで会えるのを楽しみにしています!よろしくお願いします!」 2022.12.08 10:20 Thu
twitterfacebook
thumb

宮崎MF内薗大貴が契約更新 「自分らしく精一杯頑張りたい」

テゲバジャーロ宮崎は7日、MF内薗大貴(35)の契約更新を発表した。 東海学園大学卒の内薗はFC刈谷でプレーした後、宮崎の前身であるMSU FCにかつて在籍。その後、FC KAGOSHIMAや、鹿児島ユナイテッドFCを渡り歩き、2018年に当時日本フットボールリーグ(JFL)の宮崎に加入した。 今季は7月末から出場機会を増やして、明治安田生命J3リーグ14試合でプレー。契約更新を受け、決意を新たにしている。 「ファン、サポーター、スポンサーの皆様2022シーズンもチームがどのような状況になっても変わらず熱い声援、支援していただきありがとうございました。この度2023シーズンもテゲバジャーロ宮崎でプレーさせていただく事になりました。テゲバジャーロ宮崎の発展の為に自分らしく精一杯頑張りたいと思います、応援よろしくお願い致します」 2022.12.07 19:06 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly