FW柿谷曜一朗や、MFソウザ、DF丸橋祐介らがC大阪と契約更新合意

2018.01.14 14:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セレッソ大阪は14日、FW柿谷曜一朗(28)、FWリカルド・サントス(30)、MFソウザ(29)、DF松田陸(26)、DF田中裕介(31)、DF丸橋祐介(27)、GK茂木秀(18)の7選手との契約更新合意を発表した。

▽主将を務める柿谷は、昨シーズンの明治安田生命J1リーグ全34試合に出場して6ゴールをマーク。中盤の番人として抜群の存在感を誇るソウザは、J1リーグ33試合4ゴールを記録した。

▽そのほか、松田はJ1リーグ31試合2ゴール、FWリカルド・サントスはJ1リーグ9試合、田中はJ1リーグ18試合、丸橋は33試合1ゴールを記録。茂木はトップチームで出番がなかった。

関連ニュース
thumb

千葉がMF末吉塁と契約更新「勝利のために全力でピッチを走ります!」

ジェフユナイテッド千葉は4日、MF末吉塁(26)との契約更新を発表した。 末吉は初芝橋本高校、大阪体育大学を経て、モンテディオ山形に入団。2021年に千葉へと完全移籍で加入した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで22試合に出場していた。 末吉はクラブを通じてコメントしている。 「来季もジェフユナイテッド市原・千葉でプレー出来ることをとても嬉しく思います!ジェフの勝利のために全力でピッチを走ります!J1昇格のために共に戦いましょう!」 <span class="paragraph-title">【動画】末吉塁の今シーズンプレー集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="9thmvq9mc8U";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.04 20:25 Sun
twitterfacebook
thumb

栃木の背番号10、MF森俊貴が契約更新「1人でも多くの子どもたちに夢や希望を与えたい」

栃木SCは4日、MF森俊貴(25)との契約更新を発表した。 森は栃木県出身で、栃木の下部組織育ち。法政大学に進学後、2020年に入団した。 3年目を迎えた今シーズンは明治安田生命J2リーグで29試合に出場。天皇杯でも2試合プレーした。 森はクラブを通じてコメントしている。 「2022年も栃木SCを応援してくれた皆さま、ありがとうございました。来季も大好きな栃木SCでプレーさせていただくことになりました。今年はプロになって初めて声出し応援のなかでプレーすることができ、改めて自分は幸せ者だと感じました」 「毎試合熱いサポートをしてくれる栃木SCファミリーの方の期待に応えたい、1人でも多くの子どもたちに夢や希望を与えたい、この気持ちを胸に尽力していきます!」 「栃木県、そして茂木町を盛り上げられるよう頑張ります!宜しくお願いします!」 2022.12.04 20:20 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿児島がYS横浜のFW河辺駿太郎を完全移籍で獲得、今季はJ3で26試合5得点

鹿児島ユナイテッドFCは4日、Y.S.C.C.横浜のFW河辺駿太郎(26)が完全移籍で加入することを発表した。 河辺は大分県出身で、明治大学からドイツの下部リーグへと渡ることに。2020年10月に大分県のジェイリースFCへ加入すると、2021年にYS横浜へと完全移籍で加入した。 2021シーズンは明治安田生命J3リーグで22試合に出場し1得点を記録。今シーズンは26試合で5得点を記録していた。 鹿児島に加入する河辺は両クラブを通じてコメントしている。 ◆鹿児島ユナイテッドFC 「鹿児島ユナイテッドFCに関わる全ての皆様、はじめまして。この度、Y.S.C.C.より加入する事になりました、河辺駿太郎です。鹿児島ユナイテッドFCの一員になれる事を心から嬉しく思います」 「オファーをいただいた際に、クラブのビジョン、目標、フィロソフィー等丁寧に説明していただきました。それら全てに感銘を受け、鹿児島の力になりたいと強く思い、入団を決意しました。鹿児島ユナイテッドFCのJ3優勝、J2昇格に貢献できるよう、勇猛果敢にプレーします」 「これからの皆様との挑戦が楽しみです。地元が大分県という事もあり、再び九州の地でプレーできる事にとてもワクワクしています!1日でも早く皆様に認めてもらえるように、精一杯頑張ります。応援よろしくお願い致します!」 ◆Y.S.C.C.横浜 「Y.S.C.C.に関わる全ての皆様」 「この度、鹿児島ユナイテッドFCに移籍する事になりました。直接、お別れのご挨拶ができない事をお許し下さい」 「まずは、夢であったJリーグの舞台でプレーするチャンスをくれたこのクラブに最大の感謝を伝えたいです。ありがとうございます」 「そして、平素より多大なるサポート、ご支援いただいているパートナー企業様、どんな時も共に闘ってくれたファン、サポーターの皆様、誠にありがとうございました」 「この2年間、Y.S.C.C.の選手としてプレー出来た事を誇りに思います。ニッパツでのデビュー戦、宮崎でのJリーグ初ゴール、勝てない日々とそれを皆で乗り越えて勝利した瞬間など、全てが僕の財産です」 「この決断は簡単ではありませんでした。後悔なく、全てをやり切ったとかそういう清々しさはまるでありません。あのシュートを決めてれば、あのパスを通していればという試合が沢山あり、もっとこのクラブの勝利に貢献したかったのが正直な気持ちです」 「しかし、今までもそうであったように、常に自分の可能性に挑戦し続けたいという気持ちと、成し遂げたい目標の為にこの決断を致しました。Y.S.C.C.を離れても、僕の中で特別なクラブである事は変わりません」 「新たな挑戦、背中を押して応援していただければ幸いです。更に成長した姿を見せられるように、精一杯頑張ります。改めて、2年間ありがとうございました! 2022.12.04 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

水戸がフィリピン代表DFタビナス・ジェファーソンと複数年契約「『J1昇格』を堂々と言葉に」

水戸ホーリーホックは4日、フィリピン代表DFタビナス・ジェファーソン(24)との契約更新を発表した。 タビナス・ジェファーソンは、桐光学園高校から川崎フロンターレに入団。FC岐阜、ガンバ大阪への期限付き移籍を経て、2021年に水戸に加入した。 今シーズンは明治安田生命J2リーグで23試合に出場し1得点を記録していた。 タビナス・ジェファーソンはクラブを通じてコメントしている。 「皆さん。お待たせいたしました。お待たせしすぎたのかもしれません」 「来シーズンも水戸ホーリーホックでプレーさせて頂きます。僕自身プロになってから2年以上同じクラブで過ごす事がなく、キャリアの中で最長の在籍したクラブが水戸ホーリーホックとなりました。僕にとって水戸ホーリーホックというクラブは家そのものです」 「だからこそこのクラブ。ファミリーでJ1昇格を掴み取りたいと強く思います。まだみた事のない景色とか色んな表現でなく、『J1昇格』を堂々と言葉にしてまた日々精進していきたいと思います」 「小さなクラブにとっては壮大な計画かもしれませんが、成し遂げられないことでは無いと思います。だからこそ、みんなでJ1昇格まで一丸となり、周りになにを言われようと信じて突き進んでいきましょう。僕たちファミリーにはその力があります」 「最後になりましたが、いつも多大なサポートをしてくれるパートナー企業の皆さん、常に背中を押してくれるファミリーの皆さんには本当に感謝しています。来年も、角がたつ言動をしてしまうかも知れませんが(角刈りだけに)どうそよろしくおねがいします」 2022.12.04 19:57 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京、U-21日本代表DF木村誠二と契約更新「チームを引っ張っていく存在に」

FC東京は4日、U-21日本代表DF木村誠二(21)と2023シーズンの契約に合意したことを発表した。 千葉県出身の木村は中学年代からFC東京の下部組織で育ち、2020年にU-18からトップチームへと昇格。2021シーズンには京都サンガF.C.とSC相模原に半年間ずつレンタル移籍した。 今季も開幕前にモンテディオ山形へ期限付き移籍していたが、今年7月にレンタルバック。J1で6試合に出場した。 木村誠二はクラブ公式サイトを通じて、契約更新を喜び、決意を新たにしている。 「2023シーズンもFC東京でサッカーができることをとても嬉しく思います!アカデミー出身としてチームを引っ張っていく存在になれるように頑張ります!応援よろしくお願いします!」 2022.12.04 14:06 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly