柏、アカデミー4選手の来季トップ昇格内定を発表

2017.09.14 14:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽柏レイソルは14日、GK猿田遥己(18)、DF田中陸(18)、DF中川創(18)、DF宮本駿晃(18)の来シーズントップチーム昇格内定を発表した。

▽4名は、柏U-18所属の選手。昇格内定を受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

◆GK猿田遥己
「来季からトップチームに加入することになった猿田遥己です。プロサッカー人生の一歩目をこのクラブで始められることをとても光栄に感じています。これまで支えてくれた方々への感謝の気持ちを忘れず、恩返しできるように頑張りたいと思います」

◆DF田中陸
「小学4年生の時にセレクションに合格して以来、レイソルでプロになることを目標にしてきたので、トップ加入が決まり、とても嬉しいです。これまで支えて下さった方々に感謝し、チームに貢献できるよう日々精進して行きます」

◆DF中川創
「来シーズンからレイソルのトップチームに加入することになりました、中川創です。柏レイソルでプロサッカー選手をスタートすることができ、大変嬉しく思います。支えてくださった方々への感謝を忘れることなく、チームの力になれるよう日々精進していきます」

◆DF宮本駿晃
「来季から加入することになりました宮本駿晃です。この柏レイソルでプロキャリアをスタートできることをとても嬉しく思います。これまでずっと自分を支えてくださった多くのみなさんへの感謝の気持ちを胸に、頑張って行きたいと思います」


関連ニュース
thumb

今治がギニアビサウ人FWバルデマールの退団を発表

FC今治は27日、ギニアビサウ人FWバルデマール・アウグスト・ティー(24)の退団を発表した。 ギニアビサウ共和国出身のバルデマールは身長188cmのFWで、ポルトガル3部のアモラFCから加入。背番号は「11」をつけていた。 2021シーズンの明治安田生命J3リーグでは、16試合に出場し4得点を記録していたが、退団が決定した。 バルデマールはクラブを通じてコメントしている。 「まず最初に神に感謝したいです。それとみんなと一緒にやれる機会をくれた岡田会長、スタッフ、関わってくれた全ての人たちに感謝したいです」 「自分の為にやって下さった事や、関わってくれた事を一生忘れません。本当に全てにおいて感謝しています。正直言葉で表せれないぐらいです」 「多くとの事を学ばさせて頂きました。選手としてだけではなく1人の人間としても。ファンやサポーターたちの事も忘れません。シーズンを通して応援して頂きありがとうございました」 「ありがとうFC今治、これからも頑張って下さい。応援しています!行こうFC今治!」 2022.01.27 19:34 Thu
twitterfacebook
thumb

元日本代表DF安田理大が松本に加入!「兎にも角にもJ2へ」

松本山雅FCは26日、元日本代表DF安田理大(34)が加入することを発表した。 日本代表として7キャップを持つ安田。2006年のガンバ大阪でのプロデビュー後、翌年のナビスコカップ決勝では川崎フロンターレ相手に決勝点となるプロ初得点を挙げ、大会MVPを受賞する活躍を披露。2008年には代表デビューも果たし、プロ入りから一気にスターダムを駆け上がった。 すると2011年1月にオランダのフィテッセに移籍し、念願だった欧州の舞台へ。シーズン途中の加入ながら、アシストやマン・オブ・ザ・マッチなど目に見える成果を残すと、同年6月に2年4カ月ぶりの代表復帰にも繋げた。 しかし、2012-13シーズンは出場機会に恵まれず、フィテッセとの契約が満了を迎えた2013年9月にジュビロ磐田へ移籍し日本へ帰国。その後はサガン鳥栖、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスと1シーズンごとにチームを転々とし、2017年には韓国の釜山アイパークへ移籍した。 ただ、韓国挑戦も1年で終わり、2018年にはアルビレックス新潟へ。千葉には2019年に加入し、在籍3年で通算70試合に出場した。 そして、Jリーグ通算285試合を数える34歳は、日本では8つ目のチームとして松本を選んだ。J3は安田にとって初の舞台となる。 「松本山雅を愛する皆さん。遂に決まった新天地。持てる力を全て出し、兎にも角にもJ2へ。安田理大、まだまだ魅せます、頑張るで!!」 「サッカー人生を懸けて松本山雅FCにきました。応援宜しくお願いします」 2022.01.26 16:40 Wed
twitterfacebook
thumb

南葛SCが大型補強! 稲本潤一に続いて、元日本代表MF今野泰幸をバースデーに獲得「夢のようです」

関東サッカーリーグ1部の南葛SCは25日、ジュビロ磐田を退団した元日本代表MF今野泰幸(39)の加入を発表した。 宮城県出身の今野は、東北高校から2001年にコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)でプロ入り。3シーズンを過ごすと、2004年にFC東京へと完全移籍し飛躍。日本代表にも選出されるようになる。 2012年にはガンバ大阪へと完全移籍し、J1やリーグカップ、天皇杯など数々のタイトル獲得を経験。2019年7月から出場機会を求め、磐田へと移籍した。 磐田では2年半でJ2で29試合に出場。2021年も23試合に出場し、J1昇格にも貢献していたが退団していた。なお、日本代表通算93試合に出場し、2度のワールドカップを経験している。 39歳の誕生日に新天地が決まった今野はクラブを通じてコメントしている。 「今シーズンより、南葛SCでプレーすることになりました!子どもの頃から大好きだった『キャプテン翼』のチームでプレーできるなんて夢のようです」 「子どもから大人まで、幅広い世代の人が大好きな『キャプテン翼』のチームを、より多くの人に応援してもらえるように、勝利に貢献していきたいと思います。サッカーを楽しんで、日々全力で頑張って、南葛SCの目標に向かってやっていきたいと思います!」 南葛SCは、元日本代表MF稲本潤一を獲得したほか、ベガルタ仙台を退団したMF関口訓充も獲得。そのほかにも多くの元Jリーガーが在籍しており、JFL昇格を目指す。 2022.01.25 12:11 Tue
twitterfacebook
thumb

元八戸の前田柊、JFL鈴鹿が新天地に

ヴァンラーレ八戸は24日、MF前田柊(28)が日本フットボールリーグ(JFL)の鈴鹿ポイントゲッターズに加わると発表した。 前田はジュビロ磐田U-18、神奈川大学を経て、2016年から八戸でプレー。昨季も明治安田生命J3リーグ14試合に出場したが、同シーズン限りで退団した。新天地を通じて意気込みを語っている。 「ヴァンラーレ八戸から加入することになりました前田柊です。またサッカーができる環境を与えてくださった三浦監督、鈴鹿ポイントゲッターズに感謝しています。三重県出身ということもあり、このチームのために闘えることを純粋に嬉しく思います。JFL優勝、そしてJ3昇格する為に、感謝の気持ちを忘れずに愚直に走り続けたいです。鈴鹿ポイントゲッターズに関わる全ての皆様、熱い声援をよろしくお願い致します。Jリーグの舞台に行けるように、共に闘いましょう!」 2022.01.24 17:10 Mon
twitterfacebook
thumb

沼津がベトナムクラブから2選手のレンタル加入を発表

アスルクラロ沼津は24日、ベトナムのサイゴンFCからMFブイ・ゴック・ロン(20)とFWグエン・バン・ソン(20)の期限付き移籍加入を発表した。 両選手は来日後、メディカルチェックを経て、正式に契約を結ぶ見込み。現時点で来日時期こそ未定だが、両選手は沼津入り内定を受け、クラブを通じてコメントしている。 ◆ブイ・ゴック・ロン 「はじめまして。ブイ・ゴック・ロンです。この度、アスルクラロ沼津と仮契約ができて、大変嬉しく思っております。このような貴重な機会を与えてくださいましたサイゴンFCチャン・ホア・ビン会長をはじめ、いつもそばに寄り添い、育てて信頼してくれたチーム全員に深く感謝しております」 「また、日本での練習やプレーを受け入れてくださったアスルクラロ沼津にお礼を申し上げます。アスルクラロ沼津に加入した際には、チームの一員としてファンの皆様の期待に応えられるよう、ベストを尽くします」 「なお、自分自身の目標もあります。まず、アスルクラロ沼津に合流し練習やプレーができるようになったら、日本のスポーツ文化等についてもっと知識を吸収し、心を込めてアスルクラロ沼津のためにプレーしたいと思います」 「ベトナムに帰国したら、自分のベストを尽くして練習、試合に臨み、サイゴンFCに貢献したいと思います。またベトナム代表チームに貢献できる機会があれば、それは私にとって素晴らしいことです」 「最後になりますが、チームメンバー並びにベトナムと日本のファンの皆様に挨拶したいと思います。お会いできる日を楽しみにしていますので、よろしくお願いいたします」 ◆グエン・バン・ソン はじめまして。グエン・バン・ソンと申します。日本でアスルクラロ沼津と仮契約する機会をいただきまして、大変うれしく思っております。サイゴンFCの一員としてサッカーをする環境を備えていただき、それに海外での練習や出場の機会を与えてくださったサイゴンFCチャン・ホア・ビン会長に、大変感謝しております」 「これは私のサッカー人生では今まで想像もしなかった夢がようやく叶いました。また、サイゴンFCで自分自身を成長させ、ピッチ上で自分の情熱を追求し続けることができ、とてもありがたく思っております。また、アスルクラロ沼津にもお礼を申し上げます。多くのことを早く学び、チームに溶け込めるように頑張ります」 「将来アスルクラロ沼津で一生懸命練習してレギュラーになれるように頑張りたいと思います。ベトナムに帰国した後、サイゴンFC並びにベトナム代表にも貢献できるように常に向上心を持っていたいです。コロナの流行で大変な時期ではありますが、試合に出場した際に力を発揮できるように常に真剣にトレーニングに取り組んでいきます」 「日本のサッカーに触れるのは2回目ですが、Jリーグを経験するのは初めてです。試合に出場して主に攻撃面でチームの勝利に貢献していく心構えはありますので、一日も早く、静岡に行ける日が待ち遠しいです。母国と環境や気候が違っている日本へ行くのが私にとっては新しい挑戦です」 「すべてが新しくなるわけですが、だからといって落胆することはありません。自分自身を成長させ、良いプレーをするために練習に励みたいと思います。アスルクラロ沼津のメンバー並びにベトナムと日本のファンの皆様に挨拶したいと思います。お会いできる日を楽しみにしています」 2022.01.24 16:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly