2年半武者修行の猿田遥己が柏復帰! 昨季は横浜FCにレンタル

2021.12.23 16:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
柏レイソルは21日、GK猿田遥己(22)の復帰決定を発表した。

猿田は柏アカデミー育ちで、身長191cmの若き守護神。2017年に2種登録選手として柏のトップチームに登録され、翌年に正式昇格した。

2019年途中からは武者修行が続き、鹿児島ユナイテッドFC、ガンバ大阪に続いて、今季から横浜FCへ。だが、出番なしに終わった。
来季から慣れ親しむ柏に2年半ぶりの月日を経て復帰を果たす猿田。両クラブを通じてコメントしている。

◆柏レイソル
「このたび、期限付き移籍からレイソルに復帰することになりました。猿田です。約2年半レイソルを離れ、皆さんに期待を持ってもらいレイソルに戻ってくることが目標でした。この期間は上手くいくことばかりではなく、試合に出られなかったり、怪我でサッカーさえもできなかったりという時間もありました」

「自分のサッカー人生を左右する2年半だったと思います。再びサッカーをできる体に戻してくれたガンバ大阪と横浜FCのドクター、トレーナーの方々をはじめ、すべての人に本当に感謝しています。この恩返しはピッチでしかできないと思います。レイソルに帰ってきて一番大切なのは試合に出てレイソルに勝利をもたらすことだと思います」

「日々の練習から全力で取り組み、早くピッチに立てるように頑張ります。よろしくお願いします」

◆横浜FC
「横浜FCのファン・サポーターの皆様、1年間ありがとうございました。下平前監督に声をかけてもらい、シーズン初めはリハビリという形で加入しましたが、復帰がうまくいかず1年を通して試合に出場することができなかったことが自分の中で1番悔いが残る部分です」

「横浜FCは降格となってしまいましたが、残った選手のみんななら1年でJ1に復帰できると信じています。自分は違うチームに行きますが、しっかり結果を残して、また皆さんに元気な姿を見せられるように頑張ります。ありがとうございました」

関連ニュース
thumb

柏がJ2降格の清水からDF立田悠悟、DF片山瑛一を獲得!「覚悟を持ってレイソルのために戦います」

柏レイソルは30日、清水エスパルスからDF立田悠悟(24)とDF片山瑛一(31)が完全移籍加入することを発表した。 ジュニアユース時代から清水の下部組織に所属する立田は、2017年にトップチーム昇格を果たすとセンターバックの主力に定着。今シーズンも明治安田生命J1リーグで26試合に出場した。 埼玉県出身の片山は、2014年に早稲田大学からファジアーノ岡山入りを果たしてプロデビュー。その後、セレッソ大阪を経て昨シーズンから清水に加入。今シーズンは主に右サイドバックとしてリーグ戦31試合に出場して2ゴールの成績を収めた。 J2降格の清水から移籍する決断を下した両選手は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆立田悠悟 【柏レイソル】 「柏レイソルに移籍することになりました立田悠悟です。いち早く、顔と名前を覚えてもらって、皆さんから応援してもらえるように、覚悟を持ってレイソルのために戦います。応援よろしくお願いします」 【清水エスパルス】 「清水エスパルスに関わる皆様、いつも応援いただきありがとうございます。今回移籍という決断をしました。まず、この移籍に関して賛否両論あると思いますが、自分の目標や夢を叶えるためにチャレンジしたい気持ちが強く、自分なりの答えを出しました。長い間、清水エスパルスに様々な部分で成長させてもらいましたし、エスパルスに関わる全ての皆様に感謝の気持ちを伝えたいと思います」 「間違いなく、清水エスパルスは自分の全てだったし、かけがえのないクラブです。だからこそ、エスパルスで培ったものをさらに伸ばし、自分なりの道を切り開いていきます。最後にファン、サポーターの皆様、これからも清水エスパルスの応援をよろしくお願いします」 ◆片山瑛一 【柏レイソル】 「柏レイソルに加入することになりました、片山瑛一です。自分の持っている力のすべてを柏レイソルのために尽くします。そして、選手としても人としてもさらに成長していけるように日々精進していきます」 【清水エスパルス】 「この度、柏レイソルに移籍することになりました。この2年間は本当に思い描いていたようにはいかず、エスパルスの関係者の皆様やサポーターの方々には辛い想いばかりをさせてしまいました。しかし、そんな中、どんな時でも沢山の愛情をクラブや選手に注いでいただき本当に感謝しています。期待に応えることはできませんでしたが、どんな時も自分らしく最後まで走り続けられたのは応援してくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございました」 「この2年間、辛く苦しいことが多かったですが、同時に沢山の気づきや学びを得ることができました。そして、このエスパルスのエンブレムを背負い戦って得た自信や誇りを胸に、また新しい場所で覚悟を持ってチャレンジしていきたいと思います。クラブは変わりますが、1人のサッカー選手として、戦う姿で勇気や感動を感じていただけるように、一生懸命全力で走り続けていきます。2年間、本当にありがとうございました」 2022.11.30 15:41 Wed
twitterfacebook
thumb

柏、GK守田達弥の完全移籍移行を発表 今年7月に鳥栖からレンタル加入

柏レイソルは30日、GK守田達弥(32)の完全移籍移行を発表した。 習志野高校出身の守田は2009年に京都サンガF.C.でプロ入りしてから複数クラブを渡り歩き、2020年からサガン鳥栖でプレー。今年7月からは移籍したGKキム・スンギュと入れ替わりで柏にレンタル加入した。 その柏でも控え扱いが続き、出番なしだったが、来季から完全移籍を果たす運びに。柏の公式サイトを通じて、決意を新たにしている。 「このたび完全移籍で加入することになり、とても嬉しく思っています。ファン、サポーターの皆さんの熱い声援や後押しを背に受けながらゴールを守れるように日々努力していきます」 一方、鳥栖を通じては「このたび、柏レイソルに完全移籍することになりました」と移籍を報告するとともに、感謝の言葉を綴った。 「サガン鳥栖で過ごした2年半で自分の中のサッカー観が変わり、キーパーの楽しさを再認識することができました。そして何よりコロナ禍で大変な中でも鳥栖、九州の人々の温かさに触れられて本当に良かったと思っています。2年半本当にありがとうございました」 2022.11.30 14:15 Wed
twitterfacebook
thumb

柏FWドウグラスが左ヒザを再手術…移籍1年目の今季は公式戦11試合4得点

柏レイソルは29日、FWドウグラスの負傷を発表した。 ドウグラスは左ヒザの外側半月板損傷および、軟骨損傷の治療として手術を受けたという。全治については明らかにされていない。 ヴィッセル神戸から今季加入のドウグラスだが、今年5月に柏から今回と同じ箇所の手術が発表。公式戦11試合4得点の数字に終わった。 2022.11.29 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

柏が山形からMF山田康太の獲得を発表!「クラブのためにベストを尽くしていきたい」

柏レイソルは24日、モンテディオ山形からMF山田康太(23)の完全移籍加入を発表した。 神奈川県出身の山田はジュニアユース時代から横浜F・マリノスの下部組織に所属し、2017年にトップチームデビュー。その後は出場機会に恵まれず、名古屋グランパスや水戸ホーリーホックへのレンタルを経て、2021年に期限付き移籍の形で山形入り。不動の主軸としてチームに定着すると、今シーズンから完全移籍に切り替わった。 迎えた今シーズンは明治安田生命J2リーグで35試合に出場して5ゴールを記録。チームはJ1参入プレーオフでロアッソ熊本に敗れ目標としていた昇格を果たせぬ中、主力としてプレーした。 来季から柏でプレーすることが決まった山田は、両クラブを通じてコメントしている。 ◆柏レイソル 「柏レイソルに加入することになりました、山田康太です。自分を必要としてくれたこのクラブのためにベストを尽くしていきたいと思います。黄色く染まったスタジアムでレイソルに関わる全ての人と喜び合える日を楽しみにしています。応援よろしくお願いします」 ◆モンテディオ山形 「この度柏レイソルに移籍することになりました。山形に在籍した2年間を振り返るとどうしても悔しいという感情が1番に出てきます。このクラブの歴史に、ファン・サポーターの記憶に残るような事をやり遂げたかったですが、それができず悔しい気持ちでいっぱいです」 「ただ自分の中でモンテディオ山形という特別なクラブができました。このような決断をした時に色々な声が聞こえてくるのは理解しています。ですが、モンテディオ山形が好きになって、このクラブのために全力でプレーをし、本気で上を目指していた事は胸を張って言えます」 「短いサッカー人生の中で環境を変えてチャレンジできる機会は多くないと思っていますし、今の自分がより成長するためには、新しい環境に身を置いて色々なものを吸収する事が必要だと思ったのでこの決断をしました。次のチームに行っても山形から移籍してきた選手として堂々と自分らしいプレーを沢山していきたいと思います。モンテディオ山形が常にベストであるように心から応援しています!2年間本当にありがとうございました!」 2022.11.24 12:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「日本を代表するサッカー選手になるために」 札幌生え抜きの高嶺朋樹が柏移籍!

柏レイソルは19日、北海道コンサドーレ札幌からMF高嶺朋樹(24)の完全移籍加入決定を発表した。 高嶺は札幌アカデミーからの生え抜きで、一度は筑波大学に進学して離れたが、2019年3月に特別指定選手として戻り、翌年に正式入団。そのルーキーイヤーから明治安田生命J1リーグ30試合に出場するなど、主力として徴用され、2年目の昨季は全38試合でプレーした。 そして、今季も負傷による一時離脱がありながら26試合に出場。ボランチや、センターバックをこなす24歳は来季も札幌に残れば当然ながら主力として使われるはずだが、柏で心機一転を図る決断を下した。 そんな高嶺は柏を通じて「柏レイソルに加入することになりました、高嶺朋樹です。覚悟を持って、このクラブに来ました。それをピッチで表現したいと思います。応援してもらえるよう頑張ります。よろしくお願いします」と意気込みを語っている。 一方で、札幌を通じては「北海道コンサドーレ札幌に関わる皆さん、いつも応援していただきありがとうございます。今回リリースされたように、移籍を決断しました」と柏移籍を報告。さらに移籍決断の経緯を説明するとともに、感謝の言葉を述べた。 「『日本代表になって海外で活躍する』そう目標を立て、プロの世界に入りました。3年間では達成できず、まだまだ実力が足りないんだと痛感しました。日本を代表するサッカー選手になるために、もっと努力して、自分に足りないところを補わないといけない。そのために新しい環境に身を置いて、自分にプレッシャーをかけて挑戦する必要があると思い、この決断に至りました」 「下部組織から12年間サッカー選手としてだけではなく、人としても大きく成長させてくれたクラブ、北海道コンサドーレ札幌に関わる皆さんの支援、ミシャが寄せてくれた信頼と指導、チームメイトやスタッフの方の支え、そしてファン・サポーターの方々からの応援、その全てに感謝の言葉しかありません」 「コンサドーレでプレーできて本当に幸せでした。多くの経験をして『いつかまたコンサドーレに戻って来たい。』そう思っています。一度しかない人生、自分の決めた道に覚悟を持って、力強く切り拓いていきたいと思います。最後になりますが、パートナーの皆様、サポーターの皆様、今後とも北海道コンサドーレ札幌を宜しくお願いします」 2022.11.19 18:11 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly