U-20日本代表がホスト国のカンボジアに勝利! 首位通過を目指し中国と対戦《AFC U-23選手権中国2018予選》

2017.07.22 12:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽AFC U-23選手権中国2018の予選の第2戦が21日に行われ、U-22カンボジア代表vsU-20日本代表は、2-0で日本が勝利した。

▽来年1月9日から1月27日にかけて中国で開催されるAFC U-23選手権2018に出場権をかけた予選大会が開幕。日本はフィリピン、中国、カンボジアと共にグループJ に入り、初戦のフィリピン戦は8-0で勝利していた。

▽日本はGKに波多野豪(FC東京)を配し、バックラインは4バックを採用。右からDF柳貴博(FC東京)、DF板倉滉(川崎フロンターレ)、DF中山雄太(柏レイソル)、DF舩木翔(セレッソ大阪)を配置。中盤はMF市丸瑞希(ガンバ大阪)、MF伊藤洋輝(ジュビロ磐田)をダブルボランチに、MF髙木彰人(ガンバ大阪)、MF遠藤渓太(横浜F・マリノス)が両翼を務め、前線にはFW中坂勇哉(ヴィッセル神戸)、FW田川亨介(サガン鳥栖)を起用。初戦のフィリピン戦から11名全員を変更して臨んだ。
▽今予選のホスト国でもあるカンボジアとの対戦となった日本。多くのカンボジアサポーターが集まる中、序盤から試合を支配したのは日本だった。

▽メンバー変更の影響もそこまでなく、ボールを繋いでカンボジアゴールに迫る日本。2トップの田川、中坂がシュートチャンスを何度も迎えるが、決定力を欠いて得点を奪えない。

▽ゴールレスで前半を終えると、後半も日本ペースに。サイドを中心に攻撃を仕掛けるも、なかなかゴールを奪えない。それでも73分、右サイドを上がった柳がクロスを入れると、逆サイドから走り込んだ遠藤がシュート。これが決まり、日本がなんとか先制点を奪う。

▽先制点を奪ったことで落ち着いた日本は84分、遠藤がドリブルで持ち上がると途中出場のFW小松蓮にパス。これを小松が右足で豪快に蹴り込み2-0。日本はそのまま逃げ切り、2-0で勝利。最終戦の中国戦で首位通過を目指す。

U-22カンボジア代表 0-2 U-20日本代表
【U-20日本代表】
遠藤渓太(後28)
小松蓮(後39)

【U-20日本代表メンバー】
GK:波多野豪
DF:柳貴博板倉滉中山雄太舩木翔
MF:髙木彰人、市丸瑞希(→坂井大将/後43)、伊藤洋輝遠藤渓太
FW:中坂勇哉(→旗手怜央/後33)、田川亨介(→小松蓮/後22)

関連ニュース
thumb

U20アジアカップの組み合わせ決定!日本は王者・サウジアラビア、中国、キルギスと同居、ベスト4にU-20W杯出場権

アジアサッカー連盟(AFC)は26日、ウズベキスタンのタシケントで、2023年3月に行われるU-20アジアカップの組み合わせ抽選会を行った。 2大会ぶりの優勝を目指す日本は、今年9月に行われた予選を4連勝で突破。22得点無失点と圧倒して出場を決めた。 その日本はグループDに入り、前回王者のサウジアラビア、中国、キルギスと同居することが決まった。 日本は初戦で中国と、第2戦でキルギスと、第3戦でサウジアラビアと対戦する。 なお、この大会は5月20日から6月11日までインドネシアで行われるU-20ワールドカップの出場権を懸けた予選も兼ねており、ベスト4の国に出場権が与えられる。 ◆AFCU20アジアカップウズベキスタン 【グループA】 A1:ウズベキスタン A2:インドネシア A3:イラク A4:シリア 【グループB】 B1:カタール B2:オーストラリア B3:ベトナム B4:イラン 【グループC】 C1:韓国 C2:タジキスタン C3:ヨルダン C4:オマーン 【グループD】 D1:サウジアラビア D2:日本 D3:中国 D4:キルギス ◆試合日程 第1戦 サウジアラビア vs キルギス 日本 vs 中国 第2戦 キルギス vs 日本 中国 vs サウジアラビア 第3戦 サウジアラビア vs 日本 中国 vs キルギス 2022.10.26 19:03 Wed
twitterfacebook
thumb

U-20アジアカップの予選組み合わせが決定! 日本はイエメン、パレスチナ、ラオス、グアムと同居

アジアサッカー連盟(AFC)は24日、マレーシアのクアラルンプールで、AFC U-20アジアカップの予選組み合わせ抽選会を実施した。 2023年にウズベキスタンで開催されるU-20アジアカップ。その予選は今年9月に開催される予定となっている。 日本はグループCに入り、イエメン、パレスチナ、ラオス、グアムと同居。ラオスでの試合開催となる予定だ。 そのほか、韓国はグループEに入り、マレーシア、モンゴル、スリランカと同居。サウジアラビアはグループAに入り、中国、ミャンマー、モルディブ、ウズベキスタンと同居した。 なお、各グループの1位チームが本大会出場。2位チームのうちの上位5チームも本大会に出場する。 ◆予選組み合わせ結果 グループA:サウジアラビア、中国、ミャンマー、モルディブ、ウズベキスタン グループB:カタール、バーレーン、バングラデシュ、ネパール、ブータン グループC:日本、イエメン、パレスチナ、ラオス、グアム グループD:ヨルダン、チャイニーズ・タイペイ、シリア、トルクメニスタン、北マリアナ諸島 グループE:韓国、マレーシア、モンゴル、スリランカ グループF:インドネシア、ベトナム、香港、東ティモール グループG:タイ、オマーン、フィリピン、アフガニスタン グループH:オーストラリア、イラク、インド、クウェート グループI:タジキスタン、カンボジア、レバノン、シンガポール グループJ:UAE、イラン、キルギス、ブルネイ・ダルサラーム 2022.05.24 19:59 Tue
twitterfacebook
thumb

U-20日本女子代表候補メンバーが発表! WEリーガーに加え、アメリカの大学から4名招集《トレーニングキャンプ》

日本サッカー協会(JFA)は18日、トレーニングキャンプに臨むU-20日本女子代表候補メンバーを発表した。 なでしこジャパンも指揮する池田太監督が率いるU-20日本女子代表。8月にコスタリカで開催されるU-20女子ワールドカップ(W杯)に臨むこととなる。 6月、7月に国内でトレーニングキャンプを行うU-20日本女子代表だが、今回は26名が招集された。 今回のメンバーにはアメリカの大学から3名が招集。また、WEリーグでプレーする選手が大半を占めている。 なお、トレーニングキャンプ中には、東日本国際大学附属昌平高校とのトレーニングマッチが予定されている。 今回発表されたU-20日本女子代表候補メンバーは以下の通り。 ◆U-20日本女子代表候補メンバー GK 石田心菜(早稲田大学) 福田史織(三菱重工浦和レッズレディース) 大場朱羽(イーストテネシー州立大学/アメリカ) 野田にな(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) DF 西野朱音(マイナビ仙台レディース) 長江伊吹(INAC神戸レオネッサ) 岩井蘭(フロリダ州立大学/アメリカ) 田畑晴菜(セレッソ大阪堺レディース) 杉澤海星(大宮アルディージャVENTUS) 竹重杏歌理(INAC神戸レオネッサ) 石川璃音(三菱重工浦和レッズレディース) 小山史乃観(セレッソ大阪堺レディース) MF 森田美紗希(日体大SMG横浜) 中尾萌々(メンフィス大学/アメリカ) 吉田莉胡(ちふれASエルフェン埼玉) 岩﨑心南(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 天野紗(INAC神戸レオネッサ) 大山愛笑(日テレ・東京ヴェルディメニーナ) FW 島田芽依(三菱重工浦和レッズレディース) 柳瀬楓菜(サンフレッチェ広島レジーナ) 山本柚月(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 西尾葉音(三菱重工浦和レッズレディース) 藤野あおば(日テレ・東京ヴェルディベレーザ) 土方麻椰(日テレ・東京ヴェルディメニーナ) 浜野まいか(INAC神戸レオネッサ) 松窪真心(JFAアカデミー福島) 2022.05.18 18:50 Wed
twitterfacebook
thumb

U-20女子W杯、オランダ、ガーナ、アメリカと対戦が決定…池田太監督「簡単な試合などひとつもない」

日本サッカー協会(JFA)は5日、U-20女子ワールドカップ(W杯)コスタリカ2022の組み合わせ抽選結果を発表した。 U-20女子代表はグループDに入り、U-20オランダ代表、U-20ガーナ代表、U-20アメリカ代表と同居した。 U-20女子W杯は今年8月10日に開幕し、8月28日まで開催される。日本は8月11日の予選でオランダと対戦し、14日の第2戦でガーナ、17日の第3戦でアメリカと対戦する。 なでしこジャパンと兼任している池田太監督は、今回の組み合わせ決定にコメントしている。 「まずはこのFIFA U-20女子ワールドカップコスタリカ2022の舞台を準備してくださった関係者の皆様に感謝します。2020年大会は残念ながら中止となってしまいましたが、この若い世代の選手がこのような国際舞台で真剣勝負を戦うことは非常に重要な経験です」 「グループステージで対戦するチームはどこも強豪です。初戦のオランダはヨーロッパの中でも指折りの力を持っているチームです。第2戦のガーナは6大会連続で出場する安定的な力を持っているチームで、第3戦のアメリカはこれまで3度の優勝を誇る、説明不要の強さを持ったチームです」 「ワールドカップになれば簡単な試合などひとつもありません。この大きな意味と意義を持った試合をチャレンジャー精神と共に戦い、大会を通しチームとして成長し、トロフィーを目指します」 2022.05.06 10:07 Fri
twitterfacebook
thumb

来年開催のU-20&U-17女子W杯に日本の出場が決定…予選中止でAFCが過去大会の成績で決定

アジアサッカー連盟(AFC)は14日、2022年にコスタリカで行われるU-20女子ワールドカップ(W杯)と、インドで行われるU-17女子W杯の出場国を発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、両大会に向けてのアジア予選に当たる、2022年のU-20女子アジアカップ、U-17女子アジアカップが中止となっていた。 AFCは、代替案として、2019年に行われたAFC U-19女子選手権、U-16女子選手権を予選とみなし、上位チームに出場権を与えることを決定。日本はどちらの大会にも出場することが決定した。 U-20女子W杯は、2018年に日本が優勝。2020年は大会が中止となっていた。なでしこジャパンの新監督に就任した池田太監督が率いて優勝し、今大会も池田監督が率いて連覇に挑むことになる。 また、U-17女子W杯は2014年に優勝しており、2016年は準優勝、2018年はベスト8の成績を残していた。 なお、U-20女子W杯には日本の他に、北朝鮮と韓国が出場。U-17女子W杯には、北朝鮮とホスト国のインドが出場する。 今回の決定を受け、U-19日本女子代表の池田監督とU-16日本女子代表の狩野倫久監督が、日本サッカー協会(JFA)を通じてコメントしている。 ◆池田太監督(U-19日本女子代表) 「ワールドカップの出場が決定し嬉しく思います。2020年大会がコロナウイルスの影響で中止となり4年ぶりの世界大会でのチャレンジとなります」 「チームの立ち上げからワールドカップで戦うことをイメージして成長を続けている選手達とともに来年8月の開催に向かって準備を進めていきたいと思います」 ◆狩野倫久監督(U-16日本女子代表) 「今までの日本の女子サッカーの活躍、U-16・U-17日本女子代表チームの過去大会の成績により今回のFIFA U-17女子ワールドカップの出場が決定したことは、今までの育成年代の日本女子代表の成果の賜物であることに、まずは感謝の気持ちです」 「2021年4月に立ち上げたこのチームは強く・逞しく、そして、アグレッシブに世界の舞台で躍動し、世界チャンピオンになるべく、そこに向け、最も成長するチーム、選手・スタッフとなるよう、日々全力で挑戦していきます」 2021.10.15 12:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly