バスクの絆は強く美しく…精巣ガン再発したDFジェライの支援のため同僚が粋な計らい

2017.07.08 13:24 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バスク純血主義を貫くアスレティック・ビルバオの絆は強く、そして美しい。同クラブは7日、精巣ガン再発の疑いで化学療法をスタートしたU-21スペイン代表DFジェライ・アルバレスの支援のために粋な計らいを見せた。▽ビルバオは7日、クラブの公式ツイッターを通じて、トップチームに所属するすべての選手たちが坊主になった驚きの画像を公開した。


▽この背景には、昨年12月に精巣ガンの摘出手術を受けて、一度は戦列に復帰しながらも、最近に入ってガン再発の疑いがあって、抗ガン剤による化学療法をスタートしたジェライを支援する意図があった。

▽治療に向けて髪の毛を剃るなど、再びガンとの厳しい戦いを強いられたジェライを何とか励ましたいチームメートは、同選手との連帯を示すために全員が坊主になることを了承。そして、先日にクラブハウスを訪れたジェライは、ロッカールームに整列した坊主姿のチームメートをみると、驚きと共に感極まった様子を見せていた。

▽今回の行動に関して、スペイン人MFオスカル・デ・マルコスは以下のように語った。スペイン『アス』が伝えている。

「僕たちは友人であり相棒であるジェライに関しての詳細を待たなければならない。だけど、ここではより心地よい気持ちでいてほしいと思い、今回の行動に至ったんだ。もちろん、ジェライだけでなく、この病気に苦しむすべての人たちに対して、自分たちの支援の姿勢を見せたかったんだ」

「僕たちはいつもこのチームが真の意味での“チーム”だと言ってきた。それは言葉だけでなくすべてだ。髪の毛を剃るというアイデアは、ジェライが髪を剃ったのを見たときに、彼と気持ちを共有できれば、素晴らしいことなのではないかと思ったんだ」

◆心はジェライと共に
https://twitter.com/AthleticClub/status/883399592087126020

◆素晴らしい仲間に支えられるジェライ
https://twitter.com/AthleticClub/status/883337500617560064
関連ニュース
thumb

バスク人の矜持! アスレティック主将ムニアインはコパ決勝敗戦後、1人でラ・レアルの優勝称える

先週末に行われた2019-20シーズンのコパ・デル・レイ決勝、アスレティック・ビルバオとレアル・ソシエダによるバスク・ダービーにおいて、敗れたアスレティック主将FWイケル・ムニアインがまさに圧巻の振る舞いを見せた。『ESPN』が伝えている。 今回の一戦は当初、2020年4月に開催予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって延期に。その後、一時はラ・リーガ同様に無観客開催での実施を検討していたが、滅多にないバスク・ダービーを愛するサポーターの前で戦いたい両クラブは、優勝チームに付与されるヨーロッパリーグ(EL)出場権を辞退してまで、有観客開催にこだわった。 しかし、1年近く経過した段階でもコロナウイルスの終息の目途が立たず、今月17日には2020-21シーズンの決勝戦(バルセロナvsアスレティック)が控えている事情もあり、最終的に両クラブは有観客での開催を断念。今月3日に中立地セビージャにて、一部ゲストと報道陣のみの入場を認めた無観客で戦うことになった。 その試合では見ごたえのある拮抗した攻防が繰り広げられた中、後半半ばにFWミケル・オヤルサバルが決めたPKによるゴールが決勝点となり、1-0で勝利したソシエダが33年ぶり3度目の優勝を果たした。 試合終了後には歓喜に沸くソシエダ陣営と、多くの選手がピッチに突っ伏すアスレティック陣営という、勝者と敗者のコントラストが明瞭に。 そして、敗れたアスレティックの多くの選手たちはセレモニー後、ピッチで大騒ぎするライバルをしり目に足早にロッカールームへと引き上げていった。 そういった中、唯一ピッチ上に残っていたのが、カピタンのムニアインだった。 ムニアインは準優勝チームに贈呈された盾を脇に抱えてソシエダのトロフィーリフトに合わせて惜しみない拍手を捧げた。さらに、両手を身体の前で組みながら歓喜に沸くライバルチームから目をそらさずに、最後まで敬意を示し続けた。 以前からバスク人としての連帯感を強調する両クラブは互いを尊重し、サポーター同士の関係性も良好であることが知られているが、敗戦直後にムニアインが見せた矜持はなかなか真似できない素晴らしい振る舞いだった。 なお、今回のムニアインの素晴らしい振る舞いによって、17日に控えるバルセロナとの今シーズンの決勝戦ではラ・レアルのサポーターからも盛大な後押しが期待できるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【動画】ムニアインはコパ決勝敗戦後、1人でラ・レアルの優勝称える</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Athletic Club captain Iker Muniain stayed to watch and applaud the entirety of Real Sociedad&#39;s trophy lift and celebrations.<br><br>Fuel for the next Copa del Rey final in two weeks <a href="https://t.co/JzmJiVcX1Y">pic.twitter.com/JzmJiVcX1Y</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1379084600480260103?ref_src=twsrc%5Etfw">April 5, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.04.07 00:15 Wed
twitterfacebook
thumb

オヤルサバルのPK弾でバスク・ダービーを制したソシエダが33年ぶり3度目の優勝を飾る!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ2019-20決勝戦のビルバオvsレアル・ソシエダが3日に行われ、0-1でソシエダが勝利した。この結果、ソシエダが33年ぶり3度目の優勝を飾った。 新型コロナウイルスの影響により約1年間の延期を経て、実現した伝統の“バスク・ダービー”による決勝戦。 今季のコパ・デル・レイでも決勝に駒を進めているビルバオは、イニャキ・ウィリアムズとラウール・ガルシアを2トップに据えたフラットな[4-4-2]を採用。中盤は右からベレンゲル、ダニ・ガルシア、ベンセドール、ムニアインが並んだ。 対するソシエダは、3トップにポルトゥ、イサク、オヤルサバルを並べた[4-3-3]の布陣を採用。中盤はアンカーにスビメンディ、インサイドハーフにシルバとメリノを起用した。 大粒の雨が降りしきる中で始まった試合は、立ち上がりから激しいボールの奪い合いが展開される。互いにシュートまで持ち込めない時間が続く中、ビルバオは32分に左サイドからカットインしたイアゴ・マルティネスがミドルシュートを放つと、これが枠を捉えたがGKレミロが弾き出す。 ハーフタイムにかけても、両チームがアタッキングサードまでボールを運ぶも最後の場面で粘り強い守備を見せ、シュートを許さず。結局、前半はゴールレスのまま終了した。 迎えた後半もソシエダがボールをポゼッションし、ビルバオがカウンターを狙う展開が続く。すると58分、中盤でパスをカットしたスビメンディのロングスルーパスに反応したポルトゥがボックス内でイニゴ・マルティネスに後ろから倒され、PKを獲得。 また、主審はイニゴ・マルティネスにレッドカードを提示。しかしオンフィールドレビューの結果、イニゴ・マルティネスのレッドカードは取り消され、改めてイエローカードが掲示された。 それでもソシエダは、獲得したPKをオヤルサバルがゴール右に突き刺し、先制に成功した。 1点を追う展開となったビルバオは、68分にベンセドールを下げてウナイ・ロペスを、76分にベレンゲルとダニ・ガルシアを下げてビジャリブレとベスカなど攻撃的な選手を立て続けに投入し攻撃に厚みを加えた。 スコアが動いたことにより球際での激しさが増す中、ソシエダは集中した守りで最後までビルバオの攻撃を退け、1-0で勝利。この結果、ソシエダが33年ぶり3度目のコパ・デル・レイ優勝を飾った。 2021.04.04 06:50 Sun
twitterfacebook
thumb

乾途中出場のエイバルはアスレティックとの自治州ダービーでドロー! 武藤はケガで招集外《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第28節、アスレティック・ビルバオvsエイバルが20日にエスタディオ・サン・マメスで行われ、1-1のドローに終わった。なお、エイバルのMF乾貴士は71分から途中出場し、FW武藤嘉紀は招集外となった。 10戦未勝利で降格圏の19位に低迷するエイバル(勝ち点22)と、11位のアスレティック(勝ち点34)によるバスク自治州ダービー。 1-3で敗れた前節のビジャレアル戦では乾が左サイドハーフで4試合ぶりの先発出場を果たした一方、武藤はリーグ12戦ぶりに出場機会なしに終わった。格上相手のダービーでは乾がベンチスタートとなり、武藤は足首のケガで招集外となった。 試合は立ち上がりから押し気味に進めていたホームチームが圧巻のゴールで先手を奪う。9分、相手陣内右サイド深くでのスローインの流れからデ・マルコスがマイナスのクロスを供給すると、ファーサイドでフリーとなっていたユーリが左足の豪快なダイレクトボレーをゴール右隅に叩き込んだ。 古巣対戦ユーリのスーペルゴラッソによって早くもビハインドを背負ったエイバルだが、すぐさま反発力を見せる。17分、相手陣内左サイドでウナイ・ロペスに執拗に圧力をかけたキケ・ガルシアがボックス付近でボールを奪い切ってそのままボックス内に持ち込み絶妙なコントロールシュートをゴール右隅に突き刺した。 相手のミスを突いて追いついたエイバルは以降も高いプレー強度を維持して互角以上に渡り合う。それでも、27分にはボックス右に抜け出したアスレティックのエースFWイニャキ・ウィリアムズに先に2点目のチャンスが訪れるが、これはシュートを枠の右に外してしまう。 一方、前半終盤にかけて流れを掴んだアウェイチームは37分、ディオプから右サイドでパスを受けたブライアン・ヒルが圧巻のドリブル突破で3人のDFを手玉に取ってボックス内でシュートまで持ち込むが、左足のシュートはパワー不足でGKウナイ・シモンに難なくキャッチされた。 1-1で折り返した後半、先に動いたのはアスレティック。失点に絡んだウナイ・ロペスに加え、ベスガを下げてベンセドールとダニ・ガルシアを投入し、ピボーテ2枚をそっくり入れ替えた。 すると、後半に入って攻撃のギアを上げたホームチームは50分、ボックス左でムニアインが折り返したボールにデ・マルコスが身体を投げ出す泥臭いシュートを枠に飛ばすが、ここはGKドミトロビッチの見事な右足のセーブに遭う。さらに、54分にはFKの二次攻撃からベレンゲルが枠のわずか左に外れる際どいシュートを放った。 以降は行ったり来たりのオープンな展開が続くが、エイバルも粘りの守備で2失点目を許さない。そういった流れの中、71分にはケビン・ロドリゲスに代わって乾が最初の交代カードとして投入された。その乾は投入直後は左ウイング、ペドロ・レオン投入後は2トップの一角でプレーした。 試合終盤にかけては引き分けを意識するエイバルに対してアスレティックがよりリスクを冒して前に出たが、エイバルの集中した守備を最後まで崩し切るまでには至らず。白熱の自治州ダービーは痛み分けのドローに終わった。 11戦ぶりの勝利を逃したエイバルだが、格上相手に勝ち点1を持ち帰るまずまずの結果となった。 2021.03.20 23:59 Sat
twitterfacebook
thumb

有観客試合目指すも…丸1年延期の19-20コパ・デル・レイ決勝は無観客試合に

スペインサッカー連盟(RFEF)は18日、4月3日に予定されている2019-20シーズンのコパ・デル・レイ決勝の無観客開催に向けて、保健当局と合意したことを発表した。 アスレティック・ビルバオとレアル・ソシエダによるバスク・ダービーとなった昨季のコパ・デル・レイ決勝戦。しかし、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、当初予定されていた2020年4月18日に開催できなくなってしまった。 無観客での開催も考慮されたが、両クラブは伝統のバスク・ダービーとあってファンやサポーターの前で試合を行うことを希望。RFEFもその要請を承諾し、これまで延期が続いていた。 最近では、会場のエスタディオ・オリンピコ・セビージャのあるアンダルシア州に住むファンに限定して、収容人数6万人の20〜25%、およそ1万8000人の動員を見込んでいるとの報道もあった。実際にここ数週間に開かれた会議で、保健当局は限定的な観客動員を許可していたとRFEFは今回の声明で伝えている。 しかし、それでは肝心のバスク地域に住む両クラブの多くのファンはスタジアムに来られない。その上で検討を重ねた結果、アンダルシアの地域保健省とRFEFは「中程度のリスク」を懸念し、無観客で試合を開催することに同意したようだ。 なお、4月17日には20-21シーズンのコパ・デル・レイ決勝が同じエスタディオ・オリンピコ・セビージャで行われる。対戦カードはバルセロナvsビルバオで、ビルバオは同一月に2シーズン分の決勝戦を行うことになっている。 2021.03.18 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

スアレスPK弾で難敵アスレティックに逆転の首位アトレティコが2位バルサと6pt差に!《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第18節延期分、アトレティコ・マドリーvsアスレティック・ビルバオが10日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが2-1で逆転勝利した。   前節、レアル・マドリーとのマドリード・ダービーを1-1のドローで終えた首位のアトレティコ(勝ち点59)は、2位のバルセロナに3ポイントに迫られる結果となった。   悪天候の影響で延期となっていた今節の消化をもって消化試合数でバルセロナ、3位のレアル・マドリーと並ぶ中、シメオネ率いるチームは8位のアスレティック(勝ち点33)相手に勝ち点3奪取を狙った。なお、ダービーからはコレアに代えてフェリックスをスアレスの相棒に据えた以外、同じメンバー構成となった。   この試合、フェリックスを右ウイング、カラスコを左ウイングに配置した[4-3-3]の布陣を採用したアトレティコだが、アスレティックの強度の高いプレーに手を焼いてなかなかリズムを作れない。   すると、21分にはデ・マルコスの縦パスに抜け出したイニャキ・ウィリアムズにボックス右であっさりと折り返されると、これを中央のムニアインにフリーでシュートされる。右足のダフリ気味となったシュートはGKオブラクの反応の逆を突く形でゴール右隅に決まった。   悪い流れの中でビハインドまで背負う苦しい展開を強いられたアトレティコは、徐々に攻勢を強めていき得意のセットプレーで幾度かチャンスを作りかける。ただ、流れの中ではなかなか相手の分厚い守備を揺さぶり切れない。   それでも、アトレティコは前半ラストプレーとなったアディショナルタイム3分にボックス左のライン際まで抜け出したレマルからの丁寧な折り返しをゴール前のマルコス・ジョレンテが頭で合わすと、相手DFにディフレクトしたボールがゴールネットを揺らした。   1-1のイーブンで試合を折り返すことに成功したアトレティコは後半も畳みかける攻めで一気に逆転まで持っていく。50分、ボックス内で仕掛けたスアレスがDFウナイ・ヌニェスに足をかけられてPKを獲得。これをスアレス自らきっちり決め切った。   早い時間帯に試合を引っくり返したホームチームは以降、攻守のバランスを意識した戦いにシフト。相手の攻撃を受け止めながらカウンターで3点目を狙っていく。65分過ぎにはフェリックス、レマルに代えてコレア、サウール、72分にはスアレスに代えてトレイラをピッチへ送り出して逃げ切り態勢に入る。   その後、コケやジョレンテがチャンスを決め切れず、試合終盤にかけてもアスレティックの勝ち点奪取のチャンスを残してしまうが、試合最終盤のパワープレーは守護神オブラクが身体を張ったプレーで凌ぎ切った。   好調アスレティック相手に苦しみながらも勝負強く勝ち切ったアトレティコが、バルセロナとレアル・マドリーと消化試合が並んだ中、6ポイント差のアドバンテージを手にした。 2021.03.11 05:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly