ニュース

thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.103】マリノスの新得点源は代表滑り込みを果たせるか?/西村拓真(横浜F・マリノス/FW)

「西村(拓真)は今季、非常にいいスタート切った。トップ下にはマルコス・ジュニオール、吉尾海夏、西村の3人がいて、1人1人のキャラクター、能力が全く違う。試合ごとに選択肢が出てくるのはチームの強みになっている。その中でも西村は要求以上のことをやってくれていると思っています」 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)から 2022.05.14 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.102】「行かなきゃ始まらない」からスタートしたドイツ挑戦。今季26試合出場の実績で代表の扉を叩く/伊藤洋輝(シュツットガルト/DF)

4月23日にバイエルンの前人未到のリーグ10連覇が決まったドイツ・ブンデスリーガ1部。だが、残留争いは依然として混とんとしている。目下、2部降格圏に沈むのは、18位のグロイター・フルトと17位のアルミニア・ビーレフェルト。遠藤航がキャプテンを務めるシュツットガルトは17位と勝ち点2差で16位。現状だと2部3位とのプレー 2022.05.01 20:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.101】「新戦力を試す余裕がない」と言う森保監督の心を動かせるか? 野心溢れる鹿島の点取屋のカタール行きは?/鈴木優磨(鹿島アントラーズ/FW)

2022年カタールワールドカップ(W杯)本戦でドイツ、コスタリカとニュージーランドの勝者、スペインという強豪揃いのE組に入った日本代表。「我々の目標はベスト8以上。どこが相手でも目標は変わらない」と森保一監督は力強くコメントしているが、現実的に厳しい戦いにのは間違いない。初戦・ドイツ戦に敗れるようなことがあれば、その時 2022.04.15 20:15 Fri
twitterfacebook
thumb

怒涛の6連勝突破も最終戦で改めて露呈した選手層の薄さ。W杯8強超えに必要なチームの底上げ【日本代表カタールW杯最終予選総括】

24日の敵地・オーストラリア(豪州)戦で2022年カタールW杯出場権を獲得し、安堵感に包まれた日本代表。昨年9月の初戦・オマーン戦(吹田)で不覚を取り、3戦目のサウジアラビア戦(ジェッダ)も落として2敗目を喫した時点では7大会連続出場が絶望的と見られただけに、日本はそこからの怒涛の6連勝で地力を示す形になった。 2022.03.30 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

2015年アジアカップの苦い思い出を払拭できるか? 敵地・豪州未勝利のジンクスを覆したい日本代表

日本代表の7大会連続ワールドカップ(W杯)出場が決まるか否かの最終予選大一番・オーストラリア(豪州)戦がいよいよ明日24日に迫ってきた。 決戦前日朝のシドニーは曇り空。気温23度というまずまず快適な気象条件だ。が、ここから下り坂で試合当日は雨模様。時折、強く降る可能性もあるようで、場合によっては日本が苦杯を喫した 2022.03.23 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.100】日本代表史上最高のW杯最終予選5戦連続弾でアウェー・豪州戦未勝利のジンクス撃破へ/伊東純也(ヘンク/MF)

2022年カタール・ワールドカップ(W杯)行きに王手をかけている日本代表。3月24日のアウェイ・オーストラリア戦(シドニー)に勝てば文句なしに7大会連続出場が決まる。その大一番に挑むメンバー27人が16日に発表され、ケガから復帰した吉田麻也(サンプドリア)や大迫勇也(神戸)、攻守の要・遠藤航(シュツットガルト)など、森 2022.03.16 21:30 Wed
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.99】選手権に始まり、A代表・U-21・高校選抜・そして海外。規格外の17歳DFの未来は?/チェイス・アンリ(尚志高校/DF)

「我々はパリ経由A代表ではない。A代表に所属しながら五輪に行くんだということも選手たちに伝えています」 高い目標設定を強調した大岩剛監督率いるU-21日本代表が、2年4カ月後のパリ五輪に向けて3月7~9日の千葉合宿から本格始動した。今回は試合間隔の短い鹿島アントラーズ勢や海外組を除く国内組のみの招集となったが、今 2022.03.10 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.98】「中盤のサブ」からW杯のレギュラーへ。序列アップに必要不可欠な「目に見える結果」/原口元気(ウニオン・ベルリン/MF)

「ピッチに立てない時は悔しいし、ピッチに立って貢献したいというのが一番なので、オフ・ザ・ピッチで何かしたいというのは、正直選手として違うと思う。それが今できていないという現状はすごく悔しい。だけど、いつか必ず自分の力が必要になる時が来ると信じて、今は時間が短いですけど、出番が来る時をただ信じて、常にポジティブにやってい 2022.02.22 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.97】JリーグからカタールW杯へ。中国・サウジ戦で示した底力を今季につなげるのが次の責務。/谷口彰悟(川崎フロンターレ/DF)

「谷口彰悟(川崎フロンターレ)と板倉滉(シャルケ)の両センターバック(CB)は今、持ってる最高のパフォーマンスを見せてくれた。吉田(麻也=サンプドリア)や冨安(健洋=アーセナル)など世界基準でプレーしている選手たちとポジションを争ううえで、そん色ないプレーを見せてくれたと思います」 日本代表の森保一監督が安堵感を 2022.02.07 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.96】先輩・中村憲剛にも成長を認められる中盤のダイナモ。このままカタールへ駆け上がれ!/守田英正(サンタ・クララ/MF)

「チームを勝たせられている充実感は間違いなく感じてます。自分のタスクは90分ハードワークして守備を頑張るみたいな感じだけど、攻撃の厚みをもたらし、アクセントを加えないといけない。そこに関しては、以前より多少はできたかなと。だけど、細かいミスや最後のボックスの質や回数はそこまで目を見張るものではない。もっともっとやらない 2022.02.01 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.95】パリ五輪世代期待の星はA代表で爪痕を残せるのか?/鈴木唯人(清水エスパルス/MF)

2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の重要な中国・サウジアラビアとのホーム2連戦(1月27日・2月1日=埼玉)に向け、日本代表が17日から再始動した。21日に開催予定だったウズベキスタン戦(埼玉)は新型コロナのオミクロン株拡大によってキャンセルされたものの、国内組のみの合宿は21日まで行われる。初招 2022.01.18 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.94】2019年アジアカップ以来の代表復帰。30歳を迎えるFWはカタールW杯に手が届くのか?/武藤嘉紀(ヴィッセル神戸/FW)

「Jリーグで毎試合しっかり出場して得点感覚を戻す、そして『ゴールマシーン』になることを目標にして、大きな決断をしました」 今年8月のヴィッセル神戸移籍会見でこう宣言した武藤嘉紀。今季前半戦だけで15ゴールをマークした古橋亨梧(セルティック)が背負った11番を引き継いだ男は貪欲にゴールに突き進み、14試合出場5ゴー 2021.12.31 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.93】29歳で見えてきたカタールW杯への道。遅咲きボランチは大激戦区に食い込めるのか?/稲垣祥(名古屋グランパス/MF)

「ホントにそうそうたるメンバーの中、ベストイレブンの1人として受賞することでき、大変光栄に感じています。これも名古屋グランパスの成績が評価されてこそ。チームメートに感謝したいと思います」 12月6日に行われたJリーグ・アウォーズ。29歳にしてベストイレブンに初選出された稲垣祥(名古屋)は心からの喜びを口にした。 2021.12.15 09:50 Wed
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.92】試合ごとに出場時間増。東京五輪世代のリーダーは長友佑都との競争に勝てるか?/中山雄太(ズヴォレ/DF)

「次の戦いはアウェーで厳しい試合になる。我々はワールドカップ(W杯)出場権をつかみ取るために、チーム一丸となってタフに粘り強く最後まで戦い抜いて、勝ち点3をつかみ取り、次につなげたいと思っています」 日本代表の森保一監督が改めて勝利への意気込みを新たにした通り、16日の2022年カタール・ワールドカップ(W杯)最 2021.11.16 11:40 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.91】ベトナム戦は左サイドバックでチャンス?酒井高徳も認める才能を遺憾なく発揮せよ!/旗手怜央(川崎フロンターレ/DF)

2022年カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の行方を大きく左右する11月アウェー2連戦の初戦・ベトナム戦(ハノイ)が11日に迫ってきた。日本代表は長友佑都(FC東京)ら国内組第1陣の5人が8日に現地入りし、トレーニングを開始。9日には第2陣の12人が合流した。が、同日到着予定だった吉田麻也(サンプドリア)ら 2021.11.11 11:45 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.90】勝負の11月ベトナム、オマーンのアウェー2連戦。日本の秘密兵器はズバリこの男!/三笘薫(サン=ジロワーズ/FW)

10月12日のオーストラリア戦(埼玉)を2-1で辛勝し、安堵したのもつかの間、11月には絶対に落とせないアウェー2連戦がやってくる。 2022年カタールワールドカップ(W杯)アジア最終予選B組で目下、4位に沈む日本にとって、最下位・ベトナム、3位・オマーンは確実に6ポイントを手にしなければならない相手。ここで躓く 2021.10.30 19:25 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.89】今こそ代表エースに定着した原点回帰を!エースの存在価値が問われる大一番/大迫勇也(ヴィッセル神戸/FW)

「(サウジアラビア戦も)チャンスはあったので。僕自身決めないといけないシーンはあると思います。そこを分かりつつ、後はチームとして得点のチャンスを増やすためにどうするかを話し合っています。勝てる確率を高くしていくのが僕らが今、やるべきことだと思うし、本当に最高の準備をしないといけない。いい切り替えをして試合にのぞまないと 2021.10.12 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.88】代表キャップ127試合。サウジアラビアを熟知する男は敵地で日本を勝利へと導く!/長友佑都(FC東京/DF)

「(10月シリーズは)2連勝することを目指しています。引き分け狙いということは正直、考えていない。長い最終予選ですけど、初戦に負けているので、そんな余裕はない。だから2連勝を目指して僕も頑張ります」 国際Aマッチ127試合という歴代2位の記録を誇る長友佑都(FC東京)が気合を入れる通り、10月シリーズは2022年 2021.10.07 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.87】長友とのJリーグ初対決ゴールを弾みに、10月決戦では日本を勝利へ導く堅守を!/酒井宏樹(浦和レッズ/DF)

今年5月までフランスの名門・マルセイユでチームメイトだった日本代表の長友佑都と酒井宏樹。25日のFC東京vs浦和は2人のJ1初対決ということで大きな注目を集めた。 試合は開始37秒に、酒井宏樹の背後に飛び出した田川亨介が電光石火の先制弾を挙げるという驚くべき幕開けとなった。 「1失点目はあってはいけないこと 2021.09.27 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.86】トップ下のライバル・久保建英とは共存の道も。日本の分岐点・10月2連戦で爆発を!/鎌田大地(フランクフルト/MF)

「僕自身は最終予選が初めてだったので、どう言うものか全く想像つかなかったけど、どのチームもワールドカップ(W杯)に向けて、すごく熱い気持ちがあるんだなと感じました。どことやっても簡単な試合にならないとなと。僕たちも気持ちや頭の部分でもっと切り替えてやって行く必要があるかなと思いました」 2日の2022年カタールW 2021.09.12 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.85】ロシアW杯の貴重な経験値を武器に大激戦のボランチ陣をリードできるのか?/柴崎岳(レガネス/MF)

「今年の3・6月にも彼のことは招集しようと考えていました。所属チームで結果を出してもらって1部昇格をすることが本人のため、我々のためにもなりますし、クラブのためにもなると考えていました。6月は直前にケガしてしまって呼べませんでしたが、今は新しいシーズンを戦っており、(柴崎)岳もレギュラーとしてチームの中心として戦ってい 2021.08.31 20:10 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.84】予想外の難しさが伴うカタールW杯最終予選序盤2連戦。キーマンになるべきはこの男!/古橋享梧(セルティック/FW)

「古橋(享梧)に関しては、すごくチームに馴染んでいるというか、戦術の中でフィットして、本人のよさも発揮できてるなと思います。古橋の特徴を分かっていて、そこに向けて動いてくれた(アンジェ・ポステコグルー)監督がいるのはすごく大きなことなのかなと活躍を見ていて思います。ホント、すごいですね」 日本代表の森保一監督が目 2021.08.21 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.83】ラスト2戦の4失点を糧にどうA代表守護神の座をつかむ? 期待される「川口能活の後継者候補」の近未来/谷晃生(湘南ベルマーレ/GK)

メダル獲得を大目標に掲げながら、U-24スペイン、U-24メキシコの肝心なところで2連敗し、表彰台を逃すというまさかの結末に終わった東京五輪のU-24日本代表。 吉田麻也(サンプドリア)や酒井宏樹(浦和)は2012年ロンドン五輪と同じ4位に甘んじたわけだが、「これで終わりじゃないし、それでもサッカー人生は続くので 2021.08.08 12:50 Sun
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.82】準決勝・U-24スペイン戦の隠し玉はこの男?爆発的スピードで攻守両面のスイッチ役に!/前田大然(横浜F・マリノス/FW)

「グループリーグが始まる前から、普通に行けば準決勝はスペインだと考えていた」 7月31日の東京五輪準々決勝・U-24ニュージーランド戦(カシマ)をPK戦で何とか勝ち切った直後、久保建英(レアル・マドリード)がこう語ったように、日本が53年ぶりのメダルを確定させたいのであれば、今日8月3日の準決勝・U-24スペイン 2021.08.03 16:30 Tue
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.81】U-24フランス戦MVPとも言われる存在感。マルチタスクで東京五輪金メダルに貢献へ/旗手怜央(川崎フロンターレ/MF)

東京五輪1次リーグ突破のかかった7月28日のU-24フランス戦(横浜)。三好康児(アントワープ)、相馬勇紀(名古屋)と、試合ごとに左サイドアタッカー要員を入れ替えてきた森保一監督が大一番に抜擢したのが、旗手怜央(川崎F)だった。 右太ももの張りで別メニュー調整が続いていた三笘薫(川崎F)ではなく、旗手を選んだこと 2021.07.31 14:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.80】冨安負傷のアクシデントに冷静に対処。守備のマルチタスクが東京五輪躍進のカギを握る/板倉滉(フローニンヘン/DF)

「非常に重要な選手。国際舞台で戦うことに長けている」と17日に対峙したU-24スペイン代表のルイス・デ・ラ・フエンテ監督に言わしめた若き守備の要・冨安健洋(ボローニャ)。そのキーマンが22日の東京五輪初戦・U-24南アフリカ戦(東京・味の素)をまさかの負傷欠場。森保一監督率いるU-24日本代表は予期せぬ事態にいきなり見 2021.07.25 11:15 Sun
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.79】スペイン指揮官に絶賛された22歳の守備の要。東京五輪メダル獲得で名門クラブへ飛躍か?/冨安健洋(ボローニャ/DF)

「基本的に一番よく知っているのは久保(建英=レアル・マドリー)だが、今日は冨安(健洋=ボローニャ)が非常に重要な選手であると見せていたと思う。こういった国際的な試合で戦うことに長けている。非常に目立っていたと思うし、日本の攻撃の中でも非常にいい活躍をしていた」 東京五輪前最後のテストマッチとなった17日のU-24 2021.07.19 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.78】五輪本大会でカギを握る控え組。190㎝の左利きDFは要所要所で存在感を示せるか?/町田浩樹(鹿島アントラーズ/DF)

「(出場可能選手枠が)22人に広がったという話を聞いた時、非常に嬉しかったですし、ケガ人が出なければ試合に出ることができないバックアップメンバーとは違って、大枠ではありますけど、試合に出る可能性が出てきたというだけで自分のモチベーションは高い。ポジションにこだわらず、どこであれ最善を尽くす気持ちでいます」 こう語 2021.07.16 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.77】ドイツ2部→1部での成功という「遠藤航コース」を歩めるか?まずは東京五輪で活躍を/田中碧(デュッセルドルフ/MF)

7月22日の東京五輪初戦・南アフリカ戦まで3週間あまり。7月5日のU-24日本代表再始動に向け、すでに堂安律(ビーレフェルト)ら欧州組が自主トレに入っているが、7月1日から新たに欧州組の仲間入りを果たす田中碧(デュッセルドルフ)も間もなく帰国。大舞台に向けて本格的に動き出す。 目下、ウズベキスタンでAFCチャンピ 2021.06.28 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.76】ユース代表時代の恩師・鈴木監督も太鼓判。最終予選へインパクト残した攻撃型ボランチ/川辺駿(サンフレッチェ広島/MF)

5月24日から3週間超に及んだ日本代表活動。「プチ・ワールドカップ(W杯)」とも言われる中、各ポジションとも熾烈なアピール合戦が繰り広げられた。 そんな中、注目されたのがボランチ陣だ。今季ドイツ・ブンデスリーガ・デュエル王の遠藤航(シュツットガルト)がU-24日本代表の方に参戦したため、A代表の方は守田英正(サン 2021.06.17 20:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly