マルセイユが昨季3位躍進ブレストの主力CBブラシエを獲得!

2024.07.04 16:05 Thu
昨季ブレスト躍進に貢献したブラシエ
Getty Images
昨季ブレスト躍進に貢献したブラシエ
マルセイユは3日、スタッド・ブレストからフランス人DFリリアン・ブラシエ(24)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。

フランス『レキップ』などによると、買い取りの際の移籍金は1100万ユーロ(約19億1000万円)程度で、ブラシエ自身は2029年までの5年契約で合意しているという。
スタッド・レンヌの下部組織出身のブラシエは186cmの左利きのセンターバック。レンヌのファーストチームでは一度もプレー機会はなく、ヴァランシエンヌへの武者修行を経て2021年夏にレンタル先のブレストへ完全移籍で加入した。

その新天地ではセンターバックと左サイドバックを主戦場に主力として活躍。昨シーズンはリーグ・アン30試合3ゴールの数字を残し、同クラブのチャンピオンズリーグ出場権獲得の立役者の一人となった。

強靭なフィジカル能力を活かした対人の強さに加え、サイドバックやウイングバックでもプレー可能なスピードを武器に守備範囲の広さにも定評がある。また、マイボール時も正確な左足のフィードや積極的なドライブと攻撃の組み立てにも関われる、総合力の高い守備者。
過去にはフランスの世代別チームにも招集されており、ロベルト・デ・ゼルビ新監督の下で攻撃面にさらなる磨きをかければ、レ・ブルーにも到達できるタレントだ。

リリアン・ブラシエの関連記事

イラク代表FWアリ・ジャシム・エライビ(20)がセリエAのコモへ移籍か。 2004年生まれの弱冠20歳にして、中東屈指の強豪・イラク代表で主力級に君臨するウインガー、アリ・ジャシム。 アジアカップ2023で日本代表の脅威となり、先のU-23アジア杯でも大岩ジャパンと対峙した若武者は、現在イラク1部のアル・アクワから同アル・カラバーSCにレンタル移籍中だ。 イタリア『SportItalia』によると、来季セリエA昇格でセスク・ファブレガス氏もコーチを務めるコモが、一部で伝えられる通り、かなり野心的に大物獲得を目指す一方、アリ・ジャシムにも関心。ファブリツィオ・ロマーノ氏いわく、クラブ間交渉はすでに合意済みとのことだ。 コモはカリアリで主軸のイタリア人DFアルベルト・ドッセーナ(25)獲得へオファー、ブレストの元U-20フランス代表DFリリアン・ブラシエ(24)に興味など、トップディビジョン経験が豊富な選手を多数確保すべく奮闘中。 昨季のモンツァのように、コモも昇格組として台風の目となるかもしれない。アリ・ジャシムも加入なら面白くなりそうだ。 2024.06.19 12:55 Wed
モナコの日本代表MF南野拓実がフランス『レキップ』のベストイレブンに選出された。 パリ・サンジェルマン(PSG)の3連覇、12度目の優勝で2023-24シーズンを終えたリーグ・アン。南野が所属するモナコは2位でフィニッシュ。リール、ブレスト、ニースと続いた。 フランスの大手メディアである『レキップ』は2023-24シーズンのベストイレブンを発表。南野が左サイドハーフとして選出された。 チームとしても躍進したモナコだが、南野も苦しみ続けた1年目とは大きく変わり、2年目の今シーズンは躍動。リーグ・アンでは30試合で9ゴール6アシストを記録し、チームの2位躍進に貢献していた。 『レキップ』はシーズンを通した南野に平均「6.08」の採点をつけていた。 「シーズン好調なスタートを切ったあと、秋には低迷期を迎えた。しかし、日本人はよく挽回し、ファイティング・スピリットととても良いフィニッシュを組み合わせた」 「アディ・ヒュッター率いるチームが2位を確保するのに十分すぎるとはいえないが、9ゴール6アシストという成績でシーズンを終えた」 2年目でフランスのサッカーにも慣れ、ヒュッター監督という理解してくれる監督がいたことは大きな転機となったはず。来シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)でもその活躍を見せてもらいたいものだ。 なお、ベストイレブンにはPSGからイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ、フランス代表FWキリアン・ムバッペが選出。モナコからは、南野の他に、ロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビン、U-23フランス代表MFマゲネス・アクリウシェが選出されている。 <span class="paragraph-subtitle">◆『レキップ』選定のベストイレブン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/fom2024ligue1_best11_tw.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(パリ・サンジェルマン) DF アクラフ・ハキミ(パリ・サンジェルマン) ダンテ(ニース) リリアン・ブラシエ(ブレスト) メルヴァン・バール(ニース) MF ピエール・レース=メル(ブレスト) アレクサンドル・ゴロビン(モナコ) ロマン・デル・カスティージョ(ブレスト) マゲネス・アクリウシェ(モナコ) 南野拓実(モナコ) FW キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン) 2024.05.23 18:40 Thu
ヴォルフスブルクのフランス人DFマクサンス・ラクロワ(23)にユベントスも関心を高める。 ミランの獲得候補と報じられる190cmの右利きセンターバック・ラクロワ。イブラヒマ・コナテ(リバプール)を輩出したフランスの古豪ソショーで育まれ、2020年夏にヴォルフスブルクへ。加入から今季で4年目、常に主力としてプレーする。 フランス『レキップ』によると、ラクロワは2025年6月までとなっている契約の延長話がなく、今夏のステップアップを視野に。ヴォルフスブルクも同選手の売却をビジネスと捉えるなか、このほどクラブにユベントスから連絡が入ったという。 ユベントスがラクロワをどこまで重視しているかは不明だが、ミランにとってのラクロワは退団濃厚なデンマーク代表DFシモン・ケアー(34)の後継者候補。ブレストの元U-20フランス代表DFリリアン・ブラシエ(24)も注視しているとのことだ。 2024.03.29 14:45 Fri

記事をさがす

リリアン・ブラシエの人気記事ランキング

1

ヴォルフスブルクの190cmCBラクロワ、ミランに続いてユベントスも関心拡大

ヴォルフスブルクのフランス人DFマクサンス・ラクロワ(23)にユベントスも関心を高める。 ミランの獲得候補と報じられる190cmの右利きセンターバック・ラクロワ。イブラヒマ・コナテ(リバプール)を輩出したフランスの古豪ソショーで育まれ、2020年夏にヴォルフスブルクへ。加入から今季で4年目、常に主力としてプレーする。 フランス『レキップ』によると、ラクロワは2025年6月までとなっている契約の延長話がなく、今夏のステップアップを視野に。ヴォルフスブルクも同選手の売却をビジネスと捉えるなか、このほどクラブにユベントスから連絡が入ったという。 ユベントスがラクロワをどこまで重視しているかは不明だが、ミランにとってのラクロワは退団濃厚なデンマーク代表DFシモン・ケアー(34)の後継者候補。ブレストの元U-20フランス代表DFリリアン・ブラシエ(24)も注視しているとのことだ。 2024.03.29 14:45 Fri
2

南野拓実がフランス大手『レキップ』の年間ベストイレブン選出! 飛躍の2年目は9ゴール6アシストで2位フィニッシュに貢献

モナコの日本代表MF南野拓実がフランス『レキップ』のベストイレブンに選出された。 パリ・サンジェルマン(PSG)の3連覇、12度目の優勝で2023-24シーズンを終えたリーグ・アン。南野が所属するモナコは2位でフィニッシュ。リール、ブレスト、ニースと続いた。 フランスの大手メディアである『レキップ』は2023-24シーズンのベストイレブンを発表。南野が左サイドハーフとして選出された。 チームとしても躍進したモナコだが、南野も苦しみ続けた1年目とは大きく変わり、2年目の今シーズンは躍動。リーグ・アンでは30試合で9ゴール6アシストを記録し、チームの2位躍進に貢献していた。 『レキップ』はシーズンを通した南野に平均「6.08」の採点をつけていた。 「シーズン好調なスタートを切ったあと、秋には低迷期を迎えた。しかし、日本人はよく挽回し、ファイティング・スピリットととても良いフィニッシュを組み合わせた」 「アディ・ヒュッター率いるチームが2位を確保するのに十分すぎるとはいえないが、9ゴール6アシストという成績でシーズンを終えた」 2年目でフランスのサッカーにも慣れ、ヒュッター監督という理解してくれる監督がいたことは大きな転機となったはず。来シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)でもその活躍を見せてもらいたいものだ。 なお、ベストイレブンにはPSGからイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ、フランス代表FWキリアン・ムバッペが選出。モナコからは、南野の他に、ロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビン、U-23フランス代表MFマゲネス・アクリウシェが選出されている。 <span class="paragraph-subtitle">◆『レキップ』選定のベストイレブン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/fom2024ligue1_best11_tw.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> GK ジャンルイジ・ドンナルンマ(パリ・サンジェルマン) DF アクラフ・ハキミ(パリ・サンジェルマン) ダンテ(ニース) リリアン・ブラシエ(ブレスト) メルヴァン・バール(ニース) MF ピエール・レース=メル(ブレスト) アレクサンドル・ゴロビン(モナコ) ロマン・デル・カスティージョ(ブレスト) マゲネス・アクリウシェ(モナコ) 南野拓実(モナコ) FW キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン) 2024.05.23 18:40 Thu
3

イラク代表の20歳アリ・ジャシムがセリエA移籍へ? 昇格組コモが日本代表を苦しめる強烈ウインガー獲得へクラブ間合意か

イラク代表FWアリ・ジャシム・エライビ(20)がセリエAのコモへ移籍か。 2004年生まれの弱冠20歳にして、中東屈指の強豪・イラク代表で主力級に君臨するウインガー、アリ・ジャシム。 アジアカップ2023で日本代表の脅威となり、先のU-23アジア杯でも大岩ジャパンと対峙した若武者は、現在イラク1部のアル・アクワから同アル・カラバーSCにレンタル移籍中だ。 イタリア『SportItalia』によると、来季セリエA昇格でセスク・ファブレガス氏もコーチを務めるコモが、一部で伝えられる通り、かなり野心的に大物獲得を目指す一方、アリ・ジャシムにも関心。ファブリツィオ・ロマーノ氏いわく、クラブ間交渉はすでに合意済みとのことだ。 コモはカリアリで主軸のイタリア人DFアルベルト・ドッセーナ(25)獲得へオファー、ブレストの元U-20フランス代表DFリリアン・ブラシエ(24)に興味など、トップディビジョン経験が豊富な選手を多数確保すべく奮闘中。 昨季のモンツァのように、コモも昇格組として台風の目となるかもしれない。アリ・ジャシムも加入なら面白くなりそうだ。 2024.06.19 12:55 Wed
4

マルセイユが昨季3位躍進ブレストの主力CBブラシエを獲得!

マルセイユは3日、スタッド・ブレストからフランス人DFリリアン・ブラシエ(24)を買い取り義務付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 フランス『レキップ』などによると、買い取りの際の移籍金は1100万ユーロ(約19億1000万円)程度で、ブラシエ自身は2029年までの5年契約で合意しているという。 スタッド・レンヌの下部組織出身のブラシエは186cmの左利きのセンターバック。レンヌのファーストチームでは一度もプレー機会はなく、ヴァランシエンヌへの武者修行を経て2021年夏にレンタル先のブレストへ完全移籍で加入した。 その新天地ではセンターバックと左サイドバックを主戦場に主力として活躍。昨シーズンはリーグ・アン30試合3ゴールの数字を残し、同クラブのチャンピオンズリーグ出場権獲得の立役者の一人となった。 強靭なフィジカル能力を活かした対人の強さに加え、サイドバックやウイングバックでもプレー可能なスピードを武器に守備範囲の広さにも定評がある。また、マイボール時も正確な左足のフィードや積極的なドライブと攻撃の組み立てにも関われる、総合力の高い守備者。 過去にはフランスの世代別チームにも招集されており、ロベルト・デ・ゼルビ新監督の下で攻撃面にさらなる磨きをかければ、レ・ブルーにも到達できるタレントだ。 2024.07.04 16:05 Thu

マルセイユの人気記事ランキング

1

加入反対運動もグリーンウッド、マルセイユ入り了承へ

マンチェスター・ユナイテッドの元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(22)がマルセイユ加入で合意したようだ。イギリス『The Athletic』が報じている。 先週、アドオン400万ユーロを含む総額3160万ユーロ(約55億1000万円)の移籍金でクラブ間合意していたと報じられていたグリーンウッドのマルセイユ移籍だったが、本人がマルセイユサポーターによる加入反対運動を受けて決断できずにいる状況だった。 しかし16日、グリーンウッドが移籍を受け入れ、マルセイユ入りが確定したようだ。2029年6月までの契約を結ぶと報じられている。 恋人に対する強姦と暴行容疑による逮捕からユナイテッドでのキャリアが暗転したグリーンウッド。そんな中、昨季ヘタフェにローン移籍し、公式戦36試合で10得点6アシストと活躍した。 ラツィオやナポリ、ユベントスとセリエAのビッグクラブも獲得に乗り出していたが、ロベルト・デ・ゼルビ新監督率いるマルセイユで新たなキャリアを築くことになりそうだ。 2024.07.17 06:30 Wed
2

オーバメヤンがサウジ移籍! アル・カーディシーヤへ完全移籍…ナチョやナンデスらに続く補強に

サウジアラビアのアル・カーディシーヤは18日、マルセイユのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(35)の加入を発表した。マルセイユもアル・カーディシーヤへの移籍を伝えている。契約期間は2026年夏までの2年間となる。 オーバメヤンはバスティアやミランの下部組織で育ち、2008年7月にファーストチームに昇格。ディジョン、リール、モナコ、サンテチェンヌとフランスのクラブへのレンタル移籍を繰り返し、2012年1月にサンテチェンヌに完全移籍した。 その後ドルトムントへと移籍すると一気にその得点力が知れ渡る音となり、2018年1月にアーセナルへと完全移籍。アーセナルでエースとして活躍すると、バルセロナ、チェルシーへと移籍するも輝けず。2023年7月にマルセイユへ加わった。 クラブが混迷と低迷を繰り返した中、リーグ・アンで34試合17ゴール8アシスト、ヨーロッパリーグ(EL)で13試合10ゴール3アシストと、公式戦51試合30ゴール11アシストとチームの攻撃を1人でけん引。ロベルト・デ・ゼルビ監督が就任した今季もクラブは残留を望んだが、本人が退団を希望していた。 アル・カーディシーヤは、スペイン人のミチェル監督が指揮。今夏はレアル・マドリーを退団したスペイン代表DFナチョ・フェルナンデス(34)やヴォルフスブルクのベルギー代表GKコーエン・カスティールス(32)、カリアリのウルグアイ代表MFナイタン・ナンデス(28)らが加入しており、一気に強化を進めている。 2024.07.18 22:00 Thu
3

グリーンウッドがマルセイユに完全移籍、昨季レンタル先のヘタフェで復活

マルセイユは18日、マンチェスター・ユナイテッドの元イングランド代表FWメイソン・グリーンウッド(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2029年6月までの5年間で、移籍金はイギリス『BBC』によるとアドオン400万ユーロを含む総額3160万ユーロ(約54億2000万円)とのこと。 ユナイテッドでキャリアをスタートし、2019-20シーズンにはプレミアリーグで10ゴールをマークしたグリーンウッド。ユナイテッドでの輝かしいキャリアが待っているかと思われたが、2022年1月の恋人に対する強姦と暴行容疑による逮捕でプレー機会を失っていた。 そんな中、昨夏レンタルで移籍したヘタフェで復活。公式戦36試合で10得点6アシストと活躍していた。 マルセイユサポーターによる加入反対運動があったものの移籍を決めたグリーンウッドは以下のように話した。 「マルセイユはフランスでとても大きなクラブ。フランスで唯一チャンピオンズリーグを優勝したクラブだね。素晴らしい歴史とサポーターを持っている。新監督のデ・ゼルビとも話した。彼が率いるブライトンを見ていたから彼のことは少しわかっている。楽しいサッカーをしていたからマルセイユで彼の下、プレーできることを楽しみにしているよ」 また、加入反対運動があったことについては「もちろん、その論争があったことは承知している。でもいかなる論争にも巻き込まれたくない。僕は昨年8月、自分の想いを声明に出している。パートナーとは夫婦として関係を再構築し、女児を授かった。前を見てマルセイユでの冒険を始めたいと思っている」と過去のスキャンダルと向き合い、マルセイユでの活躍を誓った。 2024.07.19 07:00 Fri
4

ホイビュアがマルセイユ移籍へ…クラブ間と個人間双方で合意

マルセイユがトッテナムのデンマーク代表MFピエール=エミール・ホイビュア(28)を獲得することが決定的となった。 フランス『レキップ』など複数メディアによれば、マルセイユとトッテナムは1500万ユーロ(約25億7000万円)の金額で合意。また、イングランドから国外でのプレーを臨んだホイビュアは2028年までの4年契約で合意しているという。 2020年夏にサウサンプトンからトッテナムへ移籍して以降、中盤の主力としてチームを支えてきたホイビュア。しかし、アンジェ・ポステコグルー新監督が就任した昨シーズンは離脱者の多さによってある程度の出場機会を確保しているものの、中盤における序列は目に見えて下がっていた。 そして、クラブ通算184試合に出場してきたセントラルMFは今夏のタイミングでの移籍を決断。バイエルン時代の元同僚であるメディ・ベナティア氏がスポーツアドバイザーを務める縁もあり、マルセイユ行きを選択したようだ。 2024.07.21 15:30 Sun
5

昇格組コモに元スペイン代表のGKが2人…パウ・ロペス&ぺぺ・レイナのどちらも獲得決定的に

コモが新守護神を確保した。 イタリア『カルチョメルカート』によると、セリエA昇格組のコモは、マルセイユから元スペイン代表GKパウ・ロペス(29)の獲得でクラブ間合意。50万ユーロ(約8600万円)で1年レンタルし、900万ユーロ(約15.5億円)の買い取り義務が付帯しているという。カルチョの昇格組にしてはビッグディールだ。 また、コモは元スペイン代表GKホセ・マヌエル・レイナ(41/無所属)の獲得もほぼ確実とのことで、セスク・ファブレガス監督のコネクションをフル活用しているといったところ。ラ・ロハ歴を持つ実力派GKを2人も確保することに。 パウ・ロペスはエスパニョール、トッテナム、レアル・ベティス、ローマなどに在籍歴があり、21-22シーズン加入のマルセイユでは3年間で公式戦通算127試合に出場した。 ぺぺ・レイナは言わずと知れた鉄人GK。バルセロナ、リバプール、ナポリ、バイエルン、アストン・ビラ、ラツィオと、時期によって差はあれど欧州5大リーグのトップクラブを渡り歩いた経験があり、クラブキャリア通算「939」試合出場を誇る。 2024.07.16 22:00 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly