ユーロで躍動するガクポ、1G1Aでオランダのベスト8進出に貢献「僕らにとって良い試合だった」

2024.07.03 11:40 Wed
コーディ・ガクポが勝利への貢献に喜び
Getty Images
コーディ・ガクポが勝利への貢献に喜び
オランダ代表FWコーディ・ガクポが、ユーロ2024でベスト8進出に貢献したことを喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。

ガクポは2日に行われたルーマニア代表とのユーロ2024ラウンド16で先発。拮抗した立ち上がりを経て、20分に左サイドのカットインからガクポが豪快な先制点を決めると、その後も攻勢を続けハーフタイムへ。後半は中々追加点を奪えずにいたが、83分にガクポの粘りからドニエル・マレンのゴールが生まれると、チームは終了間際にも得点を奪い3-0で勝利した。
1ゴール1アシストの活躍もあり、この試合の最優秀選手に選出されたガクポ。今大会すでに3ゴールを記録し得点ランキングでもトップタイに立つオランダ代表FWは、チームの充実を強調している。

「全体的に、僕らにとって良い試合だった。相手が強敵なのはわかっていたから、戦う準備ができていたんだ。スタジアムのファンは素晴らしかったし、それが助けになったよ。僕らはゴールを決める必要があったし、それができた」

「(ユーロについて)2004年の思い出はないけど、2008年はある。2012年は僕らにとって良い年ではなかったけど、その後のワールドカップは本当に良かった。今、僕たちはチームと共にここへいて、自分たちの思い出を作ろうとしている。今日は、そのためのちょっとした声明を出すことが重要だった」

コーディ・ガクポの関連記事

トッテナム所属のオランダ代表DFミッキー・ファン・デ・フェンが、イングランド代表が誇るスピードスターとの対決を望んでいる。オランダ『Voetbal International』が伝える。 10日、ユーロ2024は準決勝のオランダ代表vsイングランド代表が行われ、勝者はスペイン代表との決勝戦へ進出することに。 グループステージ3位通過もベスト4まで勝ち進んできたオランダと、試合内容はともあれ最終的には結果が伴っているイングランド。準決勝に相応しいビッグマッチだ。 オランダの左サイドバックにして、プレミアリーグのトッテナムに所属するファン・デ・フェンは、ここまで5試合中4試合に途中出場し、スタメンはなし。順当ならイングランド戦もベンチスタートとされる。 起用法はどうあれ、出場ならイングランドの右ウイングにしてアーセナル所属のスピードスター、MFブカヨ・サカとマッチアップすることが考えられるところ。ファン・デ・フェンは「スピードならサカに負けない」と自信を示す。 「イングランドの準決勝進出は当然だね。本当に優秀な選手が揃っているし、チームとしても素晴らしい。今回のゲームも素晴らしい戦いとなることを期待しているよ」 「サカ?スピード豊かなフットボーラーだね。けど、こっちはヴィルヒル・ファン・ダイクにナタン・アケがいるよ。彼らもまたスピードがあり、サカにも問題なく対処できる」 「そして、僕もアーセナルでのサカと2度対戦した経験がある。(ロナルド・クーマン)監督が僕を先発起用するか、様子を見てみよう。僕もサカにはスピードで負けないよ」 一方で、リバプール所属のコーディ・ガクポはサカについて「プレミアリーグで最速の選手」と賛辞。オランダは決勝進出に向け、サカを食い止められるかどうかがカギを握りそうだ。 2024.07.10 13:30 Wed
ユーロ2024も準々決勝の4試合が終了。大会はベスト4の4カ国が残った。 勝ち上がったのはスペイン代表、フランス代表、イングランド代表、オランダ代表の4カ国。イングランド以外の3カ国はユーロの優勝経験があり、イングランドは前回大会のファイナリストだ。 優勝候補が勝ち残った今大会。改めて4カ国の今大会を振り返る。 <span class="paragraph-subtitle">◆悲願の初優勝へ〜イングランド〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_england_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 2021年に行われた前回大会は決勝まで勝ち進んだものの、イタリア代表との決勝で敗れて優勝を逃すことに。今大会も優勝国保の一角だった。 しかし、グループCを戦った今大会は、初戦のセルビア代表戦こそ勝利したものの、デンマーク代表(1-1)、スロベニア代表(0-0)と低調なパフォーマンスに終わり、ガレス・サウスゲイト監督への批判が高まることとなった。 ラウンド16では、スロバキア代表との戦いで敗戦に終わると誰もが思った中、最終盤にジュード・ベリンガムが衝撃のバイシクルシュートを決めて追いつくと、延長戦ではハリー・ケインがゴールを奪い、2-1で勝利。準々決勝のスイス代表戦は先制を許すもブカヨ・サカのゴールで追いつくと、PK戦で勝利を収めた。 快勝はまだない今大会だが、しぶとく勝ち上がってきたとも言えるだけに、2大会連続の決勝進出が期待されている。 ◆最多得点:ジュード・ベリンガム、ハリー・ケイン/2点 ◆グループC 1-0 vs セルビア代表 1-1 vs デンマーク代表 0-0 vs スロベニア代表 ◆ラウンド16 2-1(延長) vs スロバキア代表 ◆準々決勝 1-1 (PK:5-3) vs スイス代表 ◆準決勝 vs オランダ代表 <span class="paragraph-subtitle">◆本領発揮はいつ?たった1ゴールでベスト4〜フランス〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_france_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 優勝候補の一角であるフランス代表。2000年以来の優勝を目指して戦う大会となった。 厳しいグループに入ったフランスだが、初戦のオーストリア代表戦で1-0と勝利すると、続くオランダ代表(0-0)、ポーランド代表(1-1)と連続ドロー。エースのFWキリアン・ムバッペが初戦で鼻骨を骨折した影響もあり、ここまで大人しい状況だ。 ラウンド16では、同じ優勝候補のベルギー代表相手に1-0で勝利。準々決勝では、こちらも優勝候補のポルトガル代表と激闘を繰り広げてPK戦の末に勝利を収めている。 期待されるムバッペはここまでまだ1ゴール。それでいて、チームが上げたゴールもたったの「1」。ワールドカップに続いてのタイトル獲得に力を温存しているのだろうか? ◆最多得点:キリアン・ムバッペ/1点 ◆グループD 1-0 vs オーストリア代表 0-0 vs オランダ代表 1-1 vs ポーランド代表 ◆ラウンド16 1-0 vs ベルギー代表 ◆準々決勝 0-0 (PK:3-5) vs ポルトガル代表 ◆準決勝 vs スペイン代表 <span class="paragraph-subtitle">◆オランイェの復活なるか〜オランダ〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_netherlands_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 最後に優勝したのは1988年と36年前。近年は国際舞台でもなかなかその名を轟かせることができていなかった。 レジェンドであるロナルド・クーマン監督が率いるチームは、グループステージの初戦でポーランド代表に勝利を収めると、フランス代表とは引き分け。最終節はオーストリア代表に敗れるという波乱があり、3位でのグループステージ突破となった。 3位チームとして唯一ベスト4まで勝ち上がったオランダ。ルーマニア代表に3-0と快勝すると、準々決勝ではトルコ代表に逆転勝利。得点ランキングトップタイに立つコーディ・ガクポは3ゴールを記録しており、2ゴールのドニエル・マレンとの強力コンビは注目だ。 ◆最多得点:コーディ・ガクポ/3点 ◆グループD 2-1 vs ポーランド代表 0-0 vs フランス代表 2-3 vs オーストリア代表 ◆ラウンド16 3-0 vs ルーマニア代表 ◆準々決勝 2-1 vsトルコ代表 ◆準決勝 vs イングランド代表 <span class="paragraph-subtitle">◆今大会唯一の全勝〜スペイン〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_spain_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 過去3度ユーロで優勝を果たしているスペイン。今大会は死のグループとも言われたグループBに入り、王者イタリア代表、W杯3位のクロアチア代表、伏兵アルバニア代表と同居した。 それでも初戦でクロアチアに3-0と快勝スタートすると、イタリア代表に1-0、アルバニア代表に1-0と今大会唯一のグループステージ3連勝。ラウンド16ではジョージア代表に勝利すると、準々決勝はドイツ代表に延長戦の末に勝利した。 懸念点は準々決勝で負傷したMFペドリが復帰絶望になったこと。多くの選手がゴールを奪っていることがプラスに働くかどうかがポイントになる。 ◆最多得点:ファビアン・ルイス、ダニ・オルモ/2点 ◆グループB 3-0 vs クロアチア代表 1-0 vs イタリア代表 1-0 vs アルバニア代表 ◆ラウンド16 4-1 vs ジョージア代表 ◆準々決勝 2-1(延長) vs ドイツ代表 ◆準決勝 vs フランス代表 <span class="paragraph-title">【動画】優勝候補の一角、スペイン代表の戦いを振り返る</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AIr9NxdbGxY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.07 12:55 Sun
ユーロ2024準々決勝のオランダ代表vsトルコ代表が6日に行われ、2-1でオランダが勝利した。 ラウンド16でルーマニア代表に快勝したオランダは、その試合と同じスタメンを採用。デパイを最前線に、2列目に右からベルフワイン、シャビ・シモンズ、ガクポと並べる[4-2-3-1]で試合に臨んだ。 一方、ラウンド16でオーストリア代表にデミラルの2発で勝利したトルコは、その試合からスタメンを3人変更。出場停止のユクセク、オルクン・コクチュ、デミラルに代えてチャルハノール、エズジャン、ユルドゥズをスタメンで起用した。 立ち上がりからボールを保持するオランダは、開始早々にチャンスを作る。1分、ガクポとのパス交換で左サイドから侵攻したデパイがボックス左から中央に切り込みシュートまで持ち込んだが、これは枠の上に外れた。 その後もオランダが押し気味に試合を進めるが、5バックを敷くトルコ守備陣を崩しきれず、なかなか決定機まで至らない状況が続く。 すると先にスコアを動かしたのはトルコ。35分、左CKのこぼれ球から二次攻撃を仕掛けると、右サイドでボールを拾ったギュレルのクロスをゴール左手前のアカイドゥンがヘディングでゴールに流し込んだ。 ハーフタイムかけて反撃に転じたオランダだったが、最後までトルコの体を張った堅い守りを突破できず。前半は0-1で終了した。 迎えた後半、1点ビハインドのオランダはベルフワインを下げてヴェグホルストを投入。すると51分、バイタルエリア左手前からアケがクロスを供給すると、ヴェグホルストが頭で折り返したボールにデパイが詰めたが、わずかに届かず。 対するトルコは56分、バイタルエリア中央手前で獲得したFKをギュレルが直接狙ったが、これは左ポストに弾かれた。さらに65分には、チャルハノールの右FKのこぼれ球からボックス手前のユルドゥズがダイレクトシュート。しかし、これはGKフェルブルッヘンの好セーブに阻まれた。 一進一退の展開が続くなか、オランダは70分にショートコーナーの戻しを受けたデパイが右クロスを供給すると、デ・フライが打点の高いドンピシャヘッドを叩き込み、試合を振り出しに戻した。 同点弾で勢いづくオランダは、76分にもシャビ・シモンズの斜めのパスでボックス右に侵入したダンフリースがダイレクトクロス。これをファーサイドに走り込んだガクポが倒れ込みながら右足でゴールに流し込むと、これはオウンゴールと判定された。 逆転を許したトルコは、77分にヨクシュルとアクトゥルコール、82分にトスンを投入。すると85分、左サイドを抜け出したアクトゥルコールのクロスのこぼれ球をファーサイドのチェリクがダイレクトで合わせたが、これはDFファン・デ・フェンがブロック。 終盤も猛攻を仕掛けるトルコは、92分にも14の左クロスからゴール前に飛び込んだトスンに決定機が訪れたが、ボレーシュートはGKフェルブルッヘンのファインセーブに阻まれ、万事休す。 結局、試合はそのまま2-1でタイムアップ。トルコに逆転勝利したオランダが5大会ぶりのベスト4進出を決めた。 オランダ 2-1 トルコ 【オランダ】 ステファン・デ・フライ(後25) オウンゴール(後31) 【トルコ】 サメト・アカイドゥン(前35) 2024.07.07 06:10 Sun
オランダ代表のロナルド・クーマン監督が、ユーロ2024での完勝を喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。 2日、ルーマニア代表とのユーロ2024ラウンド16を迎えたオランダ。序盤は互角の展開となる中で、20分にFWコーディ・ガクポが圧巻の個人技から先制点を挙げると、その後も決定機を作りながらハーフタイムへ。後半は中々追加点を奪えずにいたが、83分に再びガクポの個人技から最後はドニエル・マレンのゴールで2点目を得ると、終了間際にはマレンに2点目が生まれ3-0で勝利した。 快勝でユーロベスト8進出を決めたクーマン監督は、追加点を中々奪えなかったことが課題としつつ、チームのパフォーマンスには満足感を示している。 「なぜ良くないプレーをしたのか、なぜ高いレベルに達したのかを説明するのは難しいときもある。今日は立ち上がりが難しかったが、最終的には自分たちのプレーを見つけ、相手を苦しめた。2点目を決めるのに時間がかかりすぎたのは致命的になったかもしれないが、ルーマニアに大きな問題を引き起こしていた」 「チームには素晴らしい才能がある。とはいえ、もちろん何かを勝ち取る必要があるだろう。1988年と比較されることになるだろうが、フットボールはあれから変わった。この数試合、誰もが大会に残るのに苦労しているのがわかるだろう」 「最終的な結果は、常に最も重要だ。我々はオランダ人であり、良いプレーをしなければならない。今日は全体的に素晴らしいパフォーマンスであり、それが今大会で勝ち進むため必要だ。パフォーマンスが良くなければ、決勝トーナメントには進めない」 「ガクポは今回も信じられないほど重要だった。彼はフィジカルが強く、スピードがあり、特別なクオリティを持っている」 2024.07.03 09:55 Wed
ユーロ2024ラウンド16、ルーマニア代表vsオランダ代表が2日に行われ、0-3でオランダが勝利した。 ベルギー代表、スロバキア代表、ウクライナ代表が同居したグループEを1勝1分け1敗の首位で通過したルーマニアは、6日前のスロバキア戦のスタメンから2選手を変更。コマンと累積のバンクに代えてマンとモゴシュを起用した。 一方、オーストリア代表、フランス代表、ポーランド代表が同居したグループDを1勝1分け1敗の3位で通過したオランダは、7日前のオーストリア戦のスタメンから3選手を変更。マレン、フェールマン、ヘールトライダに代えてベルフワイン、シャビ・シモンズ、ダンフリースを起用した。 デパイを最前線に、2列目に右からベルフワイン、シャビ・シモンズ、ガクポと並べる[4-2-3-1]で臨んだオランダは6分、シャビ・シモンズがカットインからの枠内シュートで牽制。 そのオランダに対し、互角の入りを見せたルーマニアは14分、マンのカットインシュートで応戦した。 集中力の高い序盤を経て20分、オランダが個人技で先制する。左サイドでパスを受けたガクポがカットイン。ボックス左から強烈なシュートを叩き込んだ。 さらに26分、CKからデ・フライのヘディングシュートで追加点に迫ったオランダがハーフタイムにかけてポゼッションを高めると、44分にはシャビ・シモンズに決定機が訪れるも、ボックス中央からのシュートは枠を捉えきれず。オランダが1点のリードで前半を終えた。 迎えた後半、マレンを投入したオランダが引き続き試合をコントロールすると、54分に決定機。しかしマレンのシュートのルーズボールに詰めたデパイのシュートはラティウの好ブロックに阻まれた。 さらに58分、CKからファン・ダイクのヘディングシュートがポストに直撃したオランダは、62分にガクポがロングドリブルから枠内シュートでGK強襲と、攻勢を緩めない。 直後のCKの流れからガクポがネットを揺らし、ようやく追加点かと思われたが、VARの末にオフサイドを取られてしまう。さらに67分、デパイが意表を突いたグラウンダーの直接FKでゴールに迫ると、73分にはフェールマンのコントロールシュートがわずかに枠を外れ、やはり2点目とはならず。 それでも終盤の83分、オランダに決定的な追加点。ドラグシンとの競り合いに勝ったガクポが体勢を崩しながらもボックス左ゴールライン際からラストパス。これにマレンが合わせた。 さらに試合終了間際にロングカウンターからマレンが3点目を決めたオランダが4大会ぶりのベスト8進出を決めている。 ルーマニア 0-3 オランダ 【オランダ】 コーディ・ガクポ(前20) ドニエル・マレン(後38) ドニエル・マレン(後48) <span class="paragraph-title">【動画】終盤にオランダが突き放す!ルーマニアを撃破</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z-cN4WVBZ-w";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.03 02:55 Wed

記事をさがす

コーディ・ガクポの人気記事ランキング

1

ユーロ2024ベスト4決定! 優勝経験国は3つ、わずか1ゴールや唯一の全勝など4強の今大会を振り返る【ユーロ2024】

ユーロ2024も準々決勝の4試合が終了。大会はベスト4の4カ国が残った。 勝ち上がったのはスペイン代表、フランス代表、イングランド代表、オランダ代表の4カ国。イングランド以外の3カ国はユーロの優勝経験があり、イングランドは前回大会のファイナリストだ。 優勝候補が勝ち残った今大会。改めて4カ国の今大会を振り返る。 <span class="paragraph-subtitle">◆悲願の初優勝へ〜イングランド〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_england_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 2021年に行われた前回大会は決勝まで勝ち進んだものの、イタリア代表との決勝で敗れて優勝を逃すことに。今大会も優勝国保の一角だった。 しかし、グループCを戦った今大会は、初戦のセルビア代表戦こそ勝利したものの、デンマーク代表(1-1)、スロベニア代表(0-0)と低調なパフォーマンスに終わり、ガレス・サウスゲイト監督への批判が高まることとなった。 ラウンド16では、スロバキア代表との戦いで敗戦に終わると誰もが思った中、最終盤にジュード・ベリンガムが衝撃のバイシクルシュートを決めて追いつくと、延長戦ではハリー・ケインがゴールを奪い、2-1で勝利。準々決勝のスイス代表戦は先制を許すもブカヨ・サカのゴールで追いつくと、PK戦で勝利を収めた。 快勝はまだない今大会だが、しぶとく勝ち上がってきたとも言えるだけに、2大会連続の決勝進出が期待されている。 ◆最多得点:ジュード・ベリンガム、ハリー・ケイン/2点 ◆グループC 1-0 vs セルビア代表 1-1 vs デンマーク代表 0-0 vs スロベニア代表 ◆ラウンド16 2-1(延長) vs スロバキア代表 ◆準々決勝 1-1 (PK:5-3) vs スイス代表 ◆準決勝 vs オランダ代表 <span class="paragraph-subtitle">◆本領発揮はいつ?たった1ゴールでベスト4〜フランス〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_france_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 優勝候補の一角であるフランス代表。2000年以来の優勝を目指して戦う大会となった。 厳しいグループに入ったフランスだが、初戦のオーストリア代表戦で1-0と勝利すると、続くオランダ代表(0-0)、ポーランド代表(1-1)と連続ドロー。エースのFWキリアン・ムバッペが初戦で鼻骨を骨折した影響もあり、ここまで大人しい状況だ。 ラウンド16では、同じ優勝候補のベルギー代表相手に1-0で勝利。準々決勝では、こちらも優勝候補のポルトガル代表と激闘を繰り広げてPK戦の末に勝利を収めている。 期待されるムバッペはここまでまだ1ゴール。それでいて、チームが上げたゴールもたったの「1」。ワールドカップに続いてのタイトル獲得に力を温存しているのだろうか? ◆最多得点:キリアン・ムバッペ/1点 ◆グループD 1-0 vs オーストリア代表 0-0 vs オランダ代表 1-1 vs ポーランド代表 ◆ラウンド16 1-0 vs ベルギー代表 ◆準々決勝 0-0 (PK:3-5) vs ポルトガル代表 ◆準決勝 vs スペイン代表 <span class="paragraph-subtitle">◆オランイェの復活なるか〜オランダ〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_netherlands_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 最後に優勝したのは1988年と36年前。近年は国際舞台でもなかなかその名を轟かせることができていなかった。 レジェンドであるロナルド・クーマン監督が率いるチームは、グループステージの初戦でポーランド代表に勝利を収めると、フランス代表とは引き分け。最終節はオーストリア代表に敗れるという波乱があり、3位でのグループステージ突破となった。 3位チームとして唯一ベスト4まで勝ち上がったオランダ。ルーマニア代表に3-0と快勝すると、準々決勝ではトルコ代表に逆転勝利。得点ランキングトップタイに立つコーディ・ガクポは3ゴールを記録しており、2ゴールのドニエル・マレンとの強力コンビは注目だ。 ◆最多得点:コーディ・ガクポ/3点 ◆グループD 2-1 vs ポーランド代表 0-0 vs フランス代表 2-3 vs オーストリア代表 ◆ラウンド16 3-0 vs ルーマニア代表 ◆準々決勝 2-1 vsトルコ代表 ◆準決勝 vs イングランド代表 <span class="paragraph-subtitle">◆今大会唯一の全勝〜スペイン〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_spain_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 過去3度ユーロで優勝を果たしているスペイン。今大会は死のグループとも言われたグループBに入り、王者イタリア代表、W杯3位のクロアチア代表、伏兵アルバニア代表と同居した。 それでも初戦でクロアチアに3-0と快勝スタートすると、イタリア代表に1-0、アルバニア代表に1-0と今大会唯一のグループステージ3連勝。ラウンド16ではジョージア代表に勝利すると、準々決勝はドイツ代表に延長戦の末に勝利した。 懸念点は準々決勝で負傷したMFペドリが復帰絶望になったこと。多くの選手がゴールを奪っていることがプラスに働くかどうかがポイントになる。 ◆最多得点:ファビアン・ルイス、ダニ・オルモ/2点 ◆グループB 3-0 vs クロアチア代表 1-0 vs イタリア代表 1-0 vs アルバニア代表 ◆ラウンド16 4-1 vs ジョージア代表 ◆準々決勝 2-1(延長) vs ドイツ代表 ◆準決勝 vs フランス代表 <span class="paragraph-title">【動画】優勝候補の一角、スペイン代表の戦いを振り返る</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AIr9NxdbGxY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.07 12:55 Sun
2

「チームには素晴らしい才能がある」3発快勝でユーロベスト8進出、クーマン監督「ルーマニアに大きな問題を引き起こした」

オランダ代表のロナルド・クーマン監督が、ユーロ2024での完勝を喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。 2日、ルーマニア代表とのユーロ2024ラウンド16を迎えたオランダ。序盤は互角の展開となる中で、20分にFWコーディ・ガクポが圧巻の個人技から先制点を挙げると、その後も決定機を作りながらハーフタイムへ。後半は中々追加点を奪えずにいたが、83分に再びガクポの個人技から最後はドニエル・マレンのゴールで2点目を得ると、終了間際にはマレンに2点目が生まれ3-0で勝利した。 快勝でユーロベスト8進出を決めたクーマン監督は、追加点を中々奪えなかったことが課題としつつ、チームのパフォーマンスには満足感を示している。 「なぜ良くないプレーをしたのか、なぜ高いレベルに達したのかを説明するのは難しいときもある。今日は立ち上がりが難しかったが、最終的には自分たちのプレーを見つけ、相手を苦しめた。2点目を決めるのに時間がかかりすぎたのは致命的になったかもしれないが、ルーマニアに大きな問題を引き起こしていた」 「チームには素晴らしい才能がある。とはいえ、もちろん何かを勝ち取る必要があるだろう。1988年と比較されることになるだろうが、フットボールはあれから変わった。この数試合、誰もが大会に残るのに苦労しているのがわかるだろう」 「最終的な結果は、常に最も重要だ。我々はオランダ人であり、良いプレーをしなければならない。今日は全体的に素晴らしいパフォーマンスであり、それが今大会で勝ち進むため必要だ。パフォーマンスが良くなければ、決勝トーナメントには進めない」 「ガクポは今回も信じられないほど重要だった。彼はフィジカルが強く、スピードがあり、特別なクオリティを持っている」 2024.07.03 09:55 Wed
3

ユーロで躍動するガクポ、1G1Aでオランダのベスト8進出に貢献「僕らにとって良い試合だった」

オランダ代表FWコーディ・ガクポが、ユーロ2024でベスト8進出に貢献したことを喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。 ガクポは2日に行われたルーマニア代表とのユーロ2024ラウンド16で先発。拮抗した立ち上がりを経て、20分に左サイドのカットインからガクポが豪快な先制点を決めると、その後も攻勢を続けハーフタイムへ。後半は中々追加点を奪えずにいたが、83分にガクポの粘りからドニエル・マレンのゴールが生まれると、チームは終了間際にも得点を奪い3-0で勝利した。 1ゴール1アシストの活躍もあり、この試合の最優秀選手に選出されたガクポ。今大会すでに3ゴールを記録し得点ランキングでもトップタイに立つオランダ代表FWは、チームの充実を強調している。 「全体的に、僕らにとって良い試合だった。相手が強敵なのはわかっていたから、戦う準備ができていたんだ。スタジアムのファンは素晴らしかったし、それが助けになったよ。僕らはゴールを決める必要があったし、それができた」 「(ユーロについて)2004年の思い出はないけど、2008年はある。2012年は僕らにとって良い年ではなかったけど、その後のワールドカップは本当に良かった。今、僕たちはチームと共にここへいて、自分たちの思い出を作ろうとしている。今日は、そのためのちょっとした声明を出すことが重要だった」 2024.07.03 11:40 Wed
4

“ブカヨ・サカをどう止める?” オランダ代表のファン・デ・フェンが先発起用を期待「スピードなら負けないよ」

トッテナム所属のオランダ代表DFミッキー・ファン・デ・フェンが、イングランド代表が誇るスピードスターとの対決を望んでいる。オランダ『Voetbal International』が伝える。 10日、ユーロ2024は準決勝のオランダ代表vsイングランド代表が行われ、勝者はスペイン代表との決勝戦へ進出することに。 グループステージ3位通過もベスト4まで勝ち進んできたオランダと、試合内容はともあれ最終的には結果が伴っているイングランド。準決勝に相応しいビッグマッチだ。 オランダの左サイドバックにして、プレミアリーグのトッテナムに所属するファン・デ・フェンは、ここまで5試合中4試合に途中出場し、スタメンはなし。順当ならイングランド戦もベンチスタートとされる。 起用法はどうあれ、出場ならイングランドの右ウイングにしてアーセナル所属のスピードスター、MFブカヨ・サカとマッチアップすることが考えられるところ。ファン・デ・フェンは「スピードならサカに負けない」と自信を示す。 「イングランドの準決勝進出は当然だね。本当に優秀な選手が揃っているし、チームとしても素晴らしい。今回のゲームも素晴らしい戦いとなることを期待しているよ」 「サカ?スピード豊かなフットボーラーだね。けど、こっちはヴィルヒル・ファン・ダイクにナタン・アケがいるよ。彼らもまたスピードがあり、サカにも問題なく対処できる」 「そして、僕もアーセナルでのサカと2度対戦した経験がある。(ロナルド・クーマン)監督が僕を先発起用するか、様子を見てみよう。僕もサカにはスピードで負けないよ」 一方で、リバプール所属のコーディ・ガクポはサカについて「プレミアリーグで最速の選手」と賛辞。オランダは決勝進出に向け、サカを食い止められるかどうかがカギを握りそうだ。 2024.07.10 13:30 Wed
5

一部ファンから罵倒されるヌニェス…SNSでリバプール関連の画像削除もクラブは放出考えず?

リバプールはウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスについて、放出を急ぐ予定はないようだ。 ヌニェスは2022年夏にベンフィカから最大8500万ポンド(約164億円)となる移籍金でリバプールに加入。ユルゲン・クロップ監督が新たなエースとして熱望した選手だったが、初年度は調子の波が激しく終盤には調子を落としたこともあり、プレミアリーグで29試合9ゴール3アシストと2桁ゴールにあと一歩届かなかった。 真価を問われるシーズンとなった今季は、ここまで公式戦52試合18ゴール13アシストを記録。プレミアリーグでも34試合11ゴール8アシストと2桁ゴールを記録しており、すでに昨季の成績を上回っている。 数字だけ見れば好成績なヌニェスだが、一方で決定力には難を抱えておりチャンスをものにできない場面もしばしば。シーズン終盤にかけてはコーディ・ガクポに先発を譲る試合が多くなっており、ここ1カ月は得点がない状況だ。 チーム自体も終盤の失速で、プレミアリーグのタイトルレースからはほぼ脱落。フラストレーションを溜めた一部ファンからは、調子を落とすヌニェスが槍玉に挙げられてしまっている。 こうした中、ヌニェス自身もインスタグラムからリバプール関連の写真を削除。現状への不満を表明するような行動を見せたことで、クラブの体制が一新される今夏に移籍の可能性も取り沙汰されていた。 ただし、イギリス『デイリー・メール』によるとリバプールはまだヌニェスを諦めてはいない模様。現段階では移籍金の回収が難しいこともあり、今夏の放出には消極的な姿勢を示している。 今夏はひとまずリバプール残留となりそうなヌニェスだが、自身の獲得を熱望していたクロップ監督とアシスタントコーチのペップ・リンダース氏は今季限りでの退任が決定。大きな後ろ盾を失うのは間違いなく、来季は新指揮官の下でさらなる奮起が求められることになりそうだ。 2024.05.07 13:30 Tue

オランダ代表の人気記事ランキング

1

ホテルに女性を連れ込み代表追放…元Jリーガーの父を持つ“オランダの神童”シャビ・シモンズらU-19の5選手

バルセロナの下部組織出身で、現在はパリ・サンジェルマン(PSG)に所属している、MFシャビ・シモンズが、U-19オランダ代表チームから追放されていたようだ。 シャビ・シモンズは、オランダ代表の未来とも言われ、PSGでもその才能を高く評価。プレシーズンマッチでも軽快な動きを見せていた。 才能に疑いのないシャビ・シモンズは、Jリーグの京都サンガF.C.でもプレーしたレジリオ・シモンズ(登録名はレジ)の息子。18歳の期待の若手だが、チームメイト4人とともに代表を追放されてしまった。 オランダ『テレグラーフ』によると、シモンズの他に追放されたのは、アヤックスのFWアルジャニ・マルタ(18)、FWナジ・ユニュヴァル(18)、DFリオ・ヒレン(18)の3名と、フェイエノールトのFWミメイルヘル・ベニータ(17)とのことだ。 彼らは6日の午後、U-19イタリア代表との親善試合を欠場。バート・コンテルマン監督によって、チームへと帰されたとのことだ。 彼らはホテルの一室に2人の女子を連れ込んだとのこと。これは新型コロナウイルス(COVID-19)のプロトコル違反であり、すぐに5名が追放されたようだ。 コロナ禍において、選手のこうした問題行動は起こっているが、若気の至りというのだろうか。大事な試合の前に軽率な行動を取ったものだ。 この9月には、アメリカ代表MFウェストン・マッケニーもプロトコル違反で追放。また、南米ではアルゼンチン代表選手が虚偽の申告でブラジルに入国したとして、試合が中止する事態に陥るなどしている。 <span class="paragraph-title">【動画】シャビ・シモンズ、バルサのカンテラ時代の異次元プレー</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJLanFLbjFOUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.09.08 11:45 Wed
2

衝撃のトラップ! 24年前のW杯準々決勝、アルゼンチンを土壇場で撃墜したオランダ代表FWベルカンプのスーパーゴールが再脚光

カタール・ワールドカップ(W杯)もいよいよ残すところ準々決勝、準決勝、3位決定戦、決勝となった。 残り約1週間となった今大会。ベスト8を目指した日本代表は残念ながら敗退となったが、残された8カ国はどこが優勝してもおかしくない実力国だ。 準々決勝の対戦カードもどちらが勝ってもおかしくない対決ばかり。その中で、これまで多くのレジェンドを輩出し、W杯で何度も対戦しているのがオランダ代表vsアルゼンチン代表だ。 最も直近では、2014年のブラジルW杯。準決勝で対戦すると、PK戦の末にアルゼンチンが勝利を収めていた。 当時を知るルイス・ファン・ハール監督が率い、ステファン・デ・フライやデイリー・ブリントは今大会もメンバーとしている。 W杯で見れば、1974年が最初の対戦に。続いて1978年、1998年、2006年と対戦し、今回がなんと6度目の対戦となる。 グループステージでの対戦は1974年と2006年の2回。それ以外は、ノックアウトステージでの対戦となり、アルゼンチンが勝ったのは1978年の延長戦と、2014年のPK戦のみという結果だ。 その中でも印象深いゴールは1998年の準々決勝での対戦ではないだろうか。 日本が初めて出場したフランスW杯。グループステージでも同居したアルゼンチンが戦った試合だが、この試合で決勝ゴールを決めたのがオランダ代表FWデニス・ベルカンプだ。 アヤックスやインテル、アーセナルでプレーしたベルカンプ。当時はアーセナルに所属していたが、1-1で迎えた中、延長戦に突入するかと思われた89分に衝撃のゴールを決める。 自陣でボールを持ったフランク・デ・ブールが前線にロングフィードを送ると、ボックス内に走り込んだベルカンプが後方からのボールをいとも簡単にトラップ。奪いにきたロベルト・アジャラをトラップの流れでかわし、ゴールに叩き込んだのだ。 デ・ブールの正確なロングフィードはもちろんのこと、後方からのボールwジャンプしながらトラップし、着地と同時に奪いに来たアジャラをボールを叩きつけてかわしてのシュート。今見えても技術の高さがわかるスーパーゴールだ。 なお、ここで勝利したオランダは、準決勝でブラジル代表にPK戦の末に敗れると、3位決定戦ではクロアチア代表に敗れて4位で大会を終えていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ベルカンプのテクニック光る!ロングフィードをジャンピングトラップから劇的決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Cl5_q2yt7OD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Cl5_q2yt7OD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Cl5_q2yt7OD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">FIFA World Cup(@fifaworldcup)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.09 22:30 Fri
3

にわかに注目されるヴェグホルストの去就…母国オランダへ帰還? イングランド2部バーンリーに復帰?

オランダ代表FWワウト・ヴェグホルスト(31)の去就がにわかに注目されている。オランダ『Voetbal International』が伝えている。 ユーロ2024初戦、名手ヴォイチェフ・シュチェスニーが最後尾を守るポーランド代表相手に、途中出場から2分で決勝点を叩き込んだオランダ代表の“ジョーカー”ヴェグホルスト。 一時期マンチェスター・ユナイテッドに所属した197cmストライカーは、21-22シーズンからバーンリーが保有し、ベシクタシュ、ユナイテッド、今季はホッフェンハイムとレンタル移籍を繰り返している格好だ。 チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格するバーンリーとの契約を来季も残すなか、ここ1カ月ほどは母国復帰の噂が絶えず。アヤックスとトゥベンテが接触し、ファブリツィオ・ロマーノ氏に言わせれば「アヤックスが獲得交渉をリード」だという。 一方、トゥベンテのジョセフ・オースティン監督はこのほど、取材対応で「ヴェグホルストは今朝もメールをくれた。(アヤックス行きは)噂に過ぎない」と獲得を諦めていないことを強調。ただ、こうも話す。 「ボールはバーンリーが握っているのだ。ヴェグホルストの契約はそこにあり、そもそもバーンリーが彼を放出するとは考えにくい」 素直に受け取れば、現役オランダ代表のヴェグホルストは来季2部リーグでプレーする可能性もあるようだが、今後の展開やいかに。ホッフェンハイム残留の線はない模様で、母国へ完全移籍で帰還、バーンリーでに復帰、あるいは4度目のレンタル…現状この3つが選択肢か。 2024.06.20 13:00 Thu
4

「テーブルクロス?」「最悪だ」2大会ぶり出場のオランダ代表のW杯ユニフォーム発表も特にアウェイが不評「アマチュアっぽい」「トレーニングシャツ?」

オランダサッカー連盟(KNVB)は15日、カタール・ワールドカップ(W杯)で着用する新ユニフォームを発表した。 2014年のブラジルW杯は3位の成績を残すも、2018年のロシアW杯は予選敗退で出場を逃したオランダ。2大会ぶりにオレンジ軍団が戻ってくる。 ナイキが手がける今回のユニフォームは、オランダが1970年代にその地位を確立したトータル・フットボールからホームシャツのインスピレーションを得たとのこと。オランダが成功したサッカー選手だけでなく、世界的に有名なストリートウェアやファッションのイノベーターを生み出した創造性、柔軟性、そして画期的な精神を象徴している。 明るいオレンジ一色に見える中、オランダのライオンのたてがみがデザイン。黒い縞模様はチームの闘志を表している。ショーツもソックスもオレンジとなり、全身オレンジとなる。 また、アウェイユニフォームは伝統的なブルー。これまではブラックだったが、ロイヤルブルーに戻すこととなった。 なお、オランダの文化と、サッカー、ストリートウェア、カルチャーに重要な足跡を残した影響力のあるアパレル ブランドにインスパイアされているシンプルなものとなっている。ショーツもブルー、ソックスはブラックとなっている。 ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)は「シャツを着るたびに、素晴らしいことを成し遂げるチャンスだと思っている。僕自身とチームのためだけでなく、特に国のために。キャプテンとしてそれができるのは特別なことだ」とコメント。フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)は「オレンジは本当に僕たちの色。それが僕たちを代表チームにしている」とコメントしている。 ファンは「テーブルクロス?」、「今は醜いな」、「最悪だ」と不評。ホームユニフォームは「ゴールドオレンジは良い」、「綺麗だ」という声もあるが、アウェイユニフォームへの不満が多く寄せられ「アマチュアっぽい」、「トレーニングウェア?」というものも。大半の意見は好意的に受け入れられないもののようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】受け入れられないオランダ代表W杯ユニフォーム、ホーム以上にアウェイが不評</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CihKsB1MZdw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CihKsB1MZdw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CihKsB1MZdw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">OnsOranje(@onsoranje)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.15 23:15 Thu
5

「素晴らしい物語に終止符」3失点でユーロベスト16敗退…それでも久々の大舞台を戦いルーマニア代表指揮官は「新たな幕開けになる」

ルーマニア代表のエドワード・ヨルダネスク監督は、敗退が決まったユーロ2024を振り返った。『UEFA.com』が伝えている。 2日、オランダ代表とのユーロ2024ラウンド16に挑んだルーマニアは、序盤こそ互角のせめぎ合いを続けていたが、20分に失点を許すと徐々に守勢となりハーフタイムへ。後半もいくつかのピンチを必死の守備でしのいでいたが、終盤に2失点を許すと力尽き0-3で敗れた。 24年ぶりとなった決勝トーナメントの舞台で完敗となったヨルダネスク監督だが、試合後にはこれがルーマニアのフットボール界がより発展するきっかけになってほしいとコメントしている。 「今日、我々は2年前から始まった素晴らしい物語に終止符を打った。我々はここドイツで、ファンたちと共に物語を続けてきたのだ。チームは素晴らしい努力をしてくれたからこそ、寂しさもある」 「我々はこの大会でより上を望んでいたが、全力は尽くした。選手たち、サポーター、そして応援してくれた世界中のルーマニア人に感謝したい」 「ルーマニア人は自分たちを信じる必要がある。そうすれば、素晴らしいものを生み出すことができるだろう。新しい世代を育て、成長させなければならない。彼らは自分のすべてを捧げているのだ」 「これは我々にとっての教訓となるだろう ルーマニアの人々と代表チームの絆は、新たな幕開けになるかもしれない」 「我々はオランダを驚かせたかったし、20分まではうまくいった。オランダのプレッシャー、連係、パスラインを断ち切りたかったんだ。しかし彼らにはクオリティがあり、先制点で我々のバランスを崩した。3ゴールはすべて個人のアクションが起点であり、トップクラブの選手はその瞬間を演出する方法を理解している」 2024.07.03 10:40 Wed

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly