コーディ・ガクポ Cody GAKPO

ポジション FW
国籍 オランダ
生年月日 1999年05月07日(25歳)
利き足
身長 179cm
体重
ニュース クラブ
ニュース一覧

オランダ代表が26名に絞られる! ケガのデ・ローンやティンバーら4名が落選【ユーロ2024】

オランダサッカー協会(KNVB)は29日、ユーロ2024に臨むオランダ代表メンバー26名を発表した。 2大会連続11回目の出場となり、1988年以来の優勝を目指すオランダ代表。ロナルド・クーマン監督は16日に候補メンバー30名を発表していた。 登録メンバーは26名のため、4名が落選となった中、外れたのは負傷したMFマルテン・デ・ローン(アタランタ)、MFクインテン・ティンバー(フェイエノールト)の他、GKニック・オライ(スパルタ・ロッテルダム)、DFイアン・マートセン(ドルトムント)となった。 本大会には、DFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)やMFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、DFマタイス・デ・リフト(バイエルン)、DFナタン・アケ(マンチェスター・シティ)ら、主軸は順当に残っている。 オランダ代表は、本大会でグループDに入っており、6月6日にカナダ代表、同10日にアイスランド代表とトレーニングマッチを行う。今回発表されたオランダ代表メンバーは以下の通り。 ◆オランダ代表メンバー26名 GK マルク・フレッケン(ブレントフォード/イングランド) バルト・フェルブルッヘン(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) ユスティン・バイロウ(フェイエノールト) DF ルシャレル・ヘールトライダ(フェイエノールト) ステファン・デ・フライ(インテル/イタリア) デンゼル・ダンフリース(インテル/イタリア) デイリー・ブリント(ジローナ/スペイン) ジェレミー・フリンポン(レバークーゼン/ドイツ) マタイス・デ・リフト(バイエルン/ドイツ) ミッキー・ファン・デ・フェン(トッテナム/イングランド) ナタン・アケ(マンチェスター・シティ/イングランド) ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド) MF ジョエイ・フェールマン(PSV) イェルディ・スハウテン(PSV) ジョルジニオ・ワイナルドゥム(アル・イテファク/サウジアラビア) ライアン・グラフェンベルフ(リバプール/イングランド) シャビ・シモンズ(RBライプツィヒ/ドイツ) タイアニ・ラインデルス(ミラン/イタリア) トゥン・コープマイネルス(アタランタ/イタリア) フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン) FW メンフィス・デパイ(アトレティコ・マドリー/スペイン) コーディ・ガクポ(リバプール/イングランド) ワウト・ヴェグホルスト(ホッフェンハイム/ドイツ) ドニエル・マレン(ドルトムント/ドイツ) ブライアン・ブロビー(アヤックス) ステーフェン・ベルフワイン(アヤックス) 2024.05.30 00:20 Thu

オランダ代表が候補30名を発表! ファン・ダイクやデ・ヨングらが順当選出、29日に正式発表へ【ユーロ2024】

オランダサッカー協会(KNVB)は16日、ユーロ2024に臨むオランダ代表候補メンバー30名を発表した。 なお、本大会に臨む26名のメンバーは29日に発表される予定となっている。 ロナルド・クーマン監督が率いるオランダ代表。2大会連続11回目の出場となり、1988年以来の優勝を目指す大会。予選は2位通過となった中、ラージリストを発表した。 今回のメンバーには、DFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール)やMFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、DFマタイス・デ・リフト(バイエルン)、DFナタン・アケ(マンチェスター・シティ)らが順当に選出された。 一方で、ケガの状態に苦しんでいるMFマッツ・ヴィーファー(フェイエノールト)、MFノア・ラング(PSV)、FWジョシュア・ザークツィー(ボローニャ)らは落選したものの、MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、MFライアン・グラフェンベルフ(リバプール)、MFマルテン・デ・ローン(アタランタ)は回復が見込まれることから招集を受けている。 オランダは27日から29日まで、シーズンが先に終了する17名でトレーニングキャンプを実施。6月1日に再び集合し、本大会に向けたトレーニングをスタートさせる。なお、6月6日にカナダ代表、同10日にアイスランド代表とトレーニングマッチを行う。 今回発表されたオランダ代表候補メンバーは以下の通り。 ◆オランダ代表候補メンバー30名 GK マルク・フレッケン(ブレントフォード/イングランド) バルト・フェルブルッヘン(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) ユスティン・バイロウ(フェイエノールト) ニック・オライ(スパルタ・ロッテルダム) DF ルシャレル・ヘールトライダ(フェイエノールト) ステファン・デ・フライ(インテル/イタリア) デンゼル・ダンフリース(インテル/イタリア) デイリー・ブリント(ジローナ/スペイン) イアン・マートセン(ドルトムント/ドイツ) ジェレミー・フリンポン(レバークーゼン/ドイツ) マタイス・デ・リフト(バイエルン/ドイツ) ミッキー・ファン・デ・フェン(トッテナム/イングランド) ナタン・アケ(マンチェスター・シティ/イングランド) ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド) MF クインテン・ティンバー(フェイエノールト) ジョエイ・フェールマン(PSV) イェルディ・スハウテン(PSV) ジョルジニオ・ワイナルドゥム(アル・イテファク/サウジアラビア) ライアン・グラフェンベルフ(リバプール/イングランド) シャビ・シモンズ(RBライプツィヒ/ドイツ) タイアニ・ラインデルス(ミラン/イタリア) トゥン・コープマイネルス(アタランタ/イタリア) マルテン・デ・ローン(アタランタ/イタリア) フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン) FW メンフィス・デパイ(アトレティコ・マドリー/スペイン) コーディ・ガクポ(リバプール/イングランド) ワウト・ヴェグホルスト(ホッフェンハイム/ドイツ) ドニエル・マレン(ドルトムント/ドイツ) ブライアン・ブロビー(アヤックス) ステーフェン・ベルフワイン(アヤックス) 2024.05.17 10:25 Fri

2点差追いつかれドロー決着のリバプール、クロップ監督は選手たちの姿勢評価「未来への良い礎」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が引き分けを振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 首位アーセナルと2位マンチェスター・シティの今節の勝利により逆転優勝の可能性が消滅し、プレミアリーグ3位フィニッシュが確定したリバプール。13日の第37節では4位アストン・ビラとの上位対決に臨んだ。 日本代表MF遠藤航も先発した中、U-21イングランド代表MFハーヴェイ・エリオットのクロスが相手のオウンゴールを誘い、開始2分で幸先良く先制。しかし、12分にすぐさま追いつかれてしまう。 それでもオランダ代表FWコーディ・ガクポのゴールで前半のうちに勝ち越し、後半開始早々のU-21イングランド代表DFジャレル・クアンサーのヘディング弾でリードは2点に。しかし、終盤にコロンビア代表FWジョン・デュランに2ゴールを許す形で、3-3のドロー決着となった。 2度追いつかれ、リバプールで最後のアウェイゲームを勝ちきれなかったクロップ監督だが、選手たちのパフォーマンスは評価。チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内を死守したいチーム相手によく戦ったとコメントした。 「フラストレーションは感じていない。感じるべきかもしれないが、感じていない。私はとても幸せだ。こういった類の試合は以前にもあった。1つのチームが全てを懸けてプレーする試合だ」 「アストン・ビラにとって、チャンピオンズリーグ出場権はおそらく全てを意味する。そしてもう一方のチームはすでに順位が定まっている。今日の課題はキャラクターや態度を示すことだった。そして選手たちはセンセーショナルなキャラクターとセンセーショナルな態度を示した。私はそれに大いに満足している」 「今日ここでやったように、我々は良いチーム相手にも試合を支配できるということだ。ウナイ・エメリのチームは過去を振り返ってみても非常によく組織されている。彼らはアグレッシブに我々を追いつめたかったが、それができなかったのは我々がとても柔軟だったからだ。私はその点がとても気に入った」 また、クロップ監督はチームの未来にも言及。自らの抜ける来シーズン以降に向け、選手たちの見せる姿勢が重要だったと感じているようだ。 「彼ら(アストン・ビラ)は勝ち点1を手にした。それが現実だ。素晴らしいことではないが、これをどう評価するかは人による。今シーズンを象徴する物語だと考えてもなんでもいい。私はそうは思っていないというだけだ」 「私にとって今シーズンの物語は、選手たちが本当に本当に良いキャラクターやセンセーショナルな態度を見せていることだ。それが、今日我々がこの立ち位置にいる理由であり、79ポイントを獲得している理由だ」 「誰も聞きたくないことはわかっているが、今シーズン我々がリーグで3番目に優れたチームであることは、同時に我々がどのような状況からここまで持ってきたかということでもある。多くの変更を加えて改善してきた。私はそこが気に入っている」 「大喜びしているわけではないが、ここ1〜2週間はリーグで最高のチームにも2番目のチームにもなれないことを受け入れなければならなかった。これは未来への良い礎となるし、みんなが求められることの全てだ」 2024.05.14 10:33 Tue

「堅実なパフォーマンス」「後半は遥かに良くなった」遠藤航はまずまずの評価、交代後に2点差追いつかれてドローも厳しい意見も「大きなアップグレードが必要」

リバプールの日本代表MF遠藤航の評価は分かれている。 13日、プレミアリーグ第37節でリバプールはアウェイでアストン・ビラと対戦した。 プレミアリーグの優勝争いをしていたものの、終盤に取りこぼし脱落してしまったリバプール。4位以内を目指すアストン・ビラとの上位対決は、意外な撃ち合いとなった。 開始2分にオウンゴールでリバプールが先制するも、12分にアストン・ビラが同点に。それでも23分にコーディ・ガクポが勝ち越しゴールを決める。 リードしていたリバプールは、後半開始早々の48分にもジャレル・クアンサーが追加点。2点のリードを奪ったが、85分、88分とジョン・デュランに連続ゴールを許し、3-3のドローに終わった。 先発出場した遠藤は76分に交代。その後にチームは2失点して追いつかれてしまう残念な結果となった中、イギリス『リバプール・エコー』は7点(10点満点)をつけた。 「守備のために非常に多くのカバーリングが求められ、ハーフタイム前にはどこでも活躍はできなかあった」 「後半は遥かに良くなり、途中交代となった時は惜しまれることとなった」 一方で、リバプール専門メディアの『This is Anfield』は5点(10点満点)と厳しい評価をつけている。 「ボールを持った時でも、そうでなくても大丈夫。ビラはビルドアップに関しては、かなりチャンネル中心の傾向があり、常にその中にいるわけではないことで多少は許容されるが、中央でのチャレンジに取り組んでいたわけでもない」 「綺麗に動かし、いくつかのリカバリーを果たしていたが、レッズが多くのコントロールができる試合ではなかった。この夏には大きなアップグレードが必要だ」 また『ESPN』は6点(10点満点)の評価。「上手くプレスをかけ、アストン・ビラのビルドアップを妨害した。安心・安全にポゼッションもできる。76分に交代するまで、堅実なパフォーマンスを見せた」と、良いプレーを見せていたとした。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航が先発出場! 3位・4位の上位対決!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="6nTFRJNW7_4";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.14 08:45 Tue

一部ファンから罵倒されるヌニェス…SNSでリバプール関連の画像削除もクラブは放出考えず?

リバプールはウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスについて、放出を急ぐ予定はないようだ。 ヌニェスは2022年夏にベンフィカから最大8500万ポンド(約164億円)となる移籍金でリバプールに加入。ユルゲン・クロップ監督が新たなエースとして熱望した選手だったが、初年度は調子の波が激しく終盤には調子を落としたこともあり、プレミアリーグで29試合9ゴール3アシストと2桁ゴールにあと一歩届かなかった。 真価を問われるシーズンとなった今季は、ここまで公式戦52試合18ゴール13アシストを記録。プレミアリーグでも34試合11ゴール8アシストと2桁ゴールを記録しており、すでに昨季の成績を上回っている。 数字だけ見れば好成績なヌニェスだが、一方で決定力には難を抱えておりチャンスをものにできない場面もしばしば。シーズン終盤にかけてはコーディ・ガクポに先発を譲る試合が多くなっており、ここ1カ月は得点がない状況だ。 チーム自体も終盤の失速で、プレミアリーグのタイトルレースからはほぼ脱落。フラストレーションを溜めた一部ファンからは、調子を落とすヌニェスが槍玉に挙げられてしまっている。 こうした中、ヌニェス自身もインスタグラムからリバプール関連の写真を削除。現状への不満を表明するような行動を見せたことで、クラブの体制が一新される今夏に移籍の可能性も取り沙汰されていた。 ただし、イギリス『デイリー・メール』によるとリバプールはまだヌニェスを諦めてはいない模様。現段階では移籍金の回収が難しいこともあり、今夏の放出には消極的な姿勢を示している。 今夏はひとまずリバプール残留となりそうなヌニェスだが、自身の獲得を熱望していたクロップ監督とアシスタントコーチのペップ・リンダース氏は今季限りでの退任が決定。大きな後ろ盾を失うのは間違いなく、来季は新指揮官の下でさらなる奮起が求められることになりそうだ。 2024.05.07 13:30 Tue

トッテナム相手に4発逃げ切りのリバプール、クロップ監督「調子落とすまでは傑出」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がトッテナム戦の勝利を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 終盤に入ってから失速したものの、まだなんとかプレミアリーグ優勝争いに食いとどまるリバプール。逆転優勝にわずかな望みを繋ぐ中、5日の第36節では3試合ぶりの勝利を目指してトッテナムをホームに迎えた。 先手を取ったのはホームチームで、日本代表MF遠藤航のサイドチェンジからオランダ代表FWコーディ・ガクポのクロスをエジプト代表FWモハメド・サラーが頭で押し込んで先制。前半終了間際にはスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが加点し、2-0で折り返す。 後半に入ると、今度はU-21イングランド代表MFハーヴェイ・エリオットのクロスからガクポのヘディングシュートが決まり、極めつきはエリオットの完璧な左足ミドル。その後はトッテナムに2点を返され、追い上げを許したが、4-2で逃げ切りに成功した。 強敵相手に4発大勝としたリバプールだが、クロップ監督は終盤の内容を後悔。そこ以外は良かったとチームを称えている。 「4-0とリードし、本当に良い試合をしたのに、少し組織力を失ってしまった。それはもう人間的なことだ。素晴らしいことではないが、これも人間だ」 「我々は調子を落とすまでは傑出していた。立て直すまでに5点目、6点目を決めることもできたが、それはできなかった。でもそれでいい」 「選手たちのプレーは本当に良かったし、連携する上で個々のパフォーマンスも良かった。今日はとても良いことがたくさんあった」 「2失点はした。それはアリ(GKアリソン・ベッカー)に聞いてほしい。彼はその点について全く満足していない。だが、本当に良いサッカーの試合だったし、結果も含めてこれが期待されるべきことだと思う。どちらの面でも納得することができた」 また、クロップ監督はゴラッソを含む1ゴール1アシストの活躍を見せたエリオットを名指しで称賛。サラーのパフォーマンスも高く評価している。 「ハーヴェイは並外れている。(彼は)まだとても若いが、卓越している。モー(サラー)が負傷した時やアフリカ・ネーションズカップで抜けた時、彼は右ウイングとしてプレーした。長い間我々の最高の選手の1人だった」 「彼のプレーは並外れていた。中盤のポジションではおそらくトップ3か4のパフォーマンスに入っていたと思う。本当に素晴らしかったし、ゴールも格別だった」 「誰だって自信を深める時間が必要だ。彼は今良い状態にあるし、それが間違いなく助けになっている。彼は他の部分でも本当によく頑張っていた」 「右サイドのモーも今日は並外れていた。ハーヴェイとトレント(アレクサンダー=アーノルド)は今日の役割を果たせるし、彼がワイドな位置にいられるようにした方が良い。サッカー的に言えば、我々は中央で構えてうまく機能しているからね」 2024.05.06 10:38 Mon

「今日のコントロールは適切ではなかった」苦戦したリバプール、クロップ監督は勝利に繋がる試合中の修正に言及「60分後に気がついた」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、シェフィールド・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 4日、プレミアリーグ第31節でリバプールはホームにシェフィールド・ユナイテッドを迎えた。 敗れれば首位陥落となってしまう一戦。試合は17分にダルウィン・ヌニェスのゴールで先制するも、後半にオウンゴールで失点。苦しい展開となって居た中、徐々に盛り返し始めると、76分にアレクシス・マク・アリスターが衝撃的なミドルシュートを叩き込み勝ち越しに成功。90分にはコーディ・ガクポもネットを揺らし、3-1で勝利を収め首位を守った。 なかなかペースが上がらなかった試合。立ち上がりにセットプレーから立て続けにピンチを迎えるなど苦戦した中で、クロップ監督はチームに求めたプレーでのヌニェスの先制ゴールを称えた。 「監督として、自分が理解したように勝ち方を受け止めなければならない。すでに5-0で勝っている状況なら良かったが、それは難しいこと。我々はこれまでで一番好きなゴールの1つで1-0とした」 「ストライカーとしてそういうことが必要な事もあると思う。私は彼に相手にプレスをかけることをよく求めているが、この種のゲームは難しい。低いブロック、明らかに彼らのセットプレーが難しいことを学んだのは、1-0でリードできたかもしれない20秒後だった」 「それはまた本当に興味深いことだった。そして次のCKで再びボールが通過し、誰もいない遠いポストを通過した。神に感謝する。そうでなければ、再び大きなチャンスがあったはずだ」 ピンチをなんとか凌いだ中でもチームは苦戦。必要な戦い方に気がついたのは60分過ぎだったという。 「そこからは明らかに我々が試合をコントロールできたが、フットボールの試合をコントロールするには様々な方法があり、今日の我々のコントロールの仕方は適切なものではなく、創造力が十分ではなかった」 「私が正しければ、カウンターアタックさえせず、今ではチャンスが次から次へと訪れることなど予想もして居なかった。選手たちにカウンタープレスを求めていれば、どうせボールを奪い返して居たのでその必要はなかったが、そういう瞬間すらなかった」 「何をしなければいけないか60分後にわかった。加速しなければならず、スピードを上げなければならず、オーバーラップしなければならず、アンダーラップしなければならなかった。それが我々が突然やったことだ」 「ロボ(アンドリュー・ロバートソン)が常にラインを下りていくという動きは本当に役に立った。そこが問題であり、リズムを掴むのが難しい試合だったが、良いリズムを掴むべきだった。それが60分以降に得られたものだった」 「明らかに勝ち越すには、マッカ(アレクシス・マク・アリスター)のゴールが必要だったが、3点目はまさにそうなるべき瞬間だった。ロボの全速力、素晴らしいクロス、センセーショナルなヘッド。そして我々は試合に勝利した」 後半途中からはペースを握れたリバプール。ただ、この先の優勝を懸けたシーズン終盤んお戦いの中では似たような状況も起こる可能性はある。ただ、チームは選手たちが戻って来ているため良い戦いがこの先はできるだろうと振り返った。 「結局のところ、全てが良かった。次、同じような課題にいつ直面するか分からない。おそらく他の全ての試合、特に次の試合は今とは異なるだろう」 「選手たちはとてもポジティブで、カーティス(・ジョーンズ)が戻り、ロボは3日ほど練習し、本当に助かった。ハーヴェイ(・エリオット)もだ。コーディ(・ガクポ)はアウトではなかったが、本当に良い試合をしたし、彼もそれを必要としていた」 「本当に満足しているし、明らかにチームに貢献した。今日私が知る限り、すでにケガをした人間はいない。回復が始まっており、再び出発する」 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】序盤はピンチの連続も衝撃のゴールでリバプールが勝利</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="Mfh46oO_mUY";var video_start = 5;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.05 10:40 Fri

ドイツ戦に臨むオランダ代表メンバー発表、初招集のザークツィーらが負傷で選外に【国際親善試合】

オランダサッカー協会(KNVB)は15日、今月行われる国際親善試合に臨むオランダ代表メンバー26名を発表した。 ロナルド・クーマン監督は1日に発表した候補メンバー30名から4名を選外に。MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、DFミッキー・ファン・デ・フェン(トッテナム)、そして初招集を受けたFWジョシュア・ザークツィー(ボローニャ)らが負傷により選外となった。そしてGKニック・オライ(スパルタ)が外れている。 ユーロ2024出場を決めているオランダは22日にスコットランド代表と、26日にドイツ代表と親善試合を戦う。 今回発表されたオランダ代表候補メンバーは以下の通り。 ◆オランダ代表候補メンバー26名 GK マルク・フレッケン(ブレントフォード/イングランド) バルト・フェルブルッヘン(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) マルコ・ビゾット(ブレスト/フランス) DF キリンドシー・ハルトマン(フェイエノールト) ルシャレル・ヘールトライダ(フェイエノールト) ステファン・デ・フライ(インテル/イタリア) デンゼル・ダンフリース(インテル/イタリア) デイリー・ブリント(ジローナ/スペイン) ジェレミー・フリンポン(レバークーゼン/ドイツ) マタイス・デ・リフト(バイエルン/ドイツ) ナタン・アケ(マンチェスター・シティ/イングランド) ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド) MF クインテン・ティンバー(フェイエノールト) マッツ・ヴァイファー(フェイエノールト) ジョエイ・フェールマン(PSV) イェルディ・スハウテン(PSV) ジョルジニオ・ワイナルドゥム(アル・イテファク/サウジアラビア) シャビ・シモンズ(RBライプツィヒ/ドイツ) タイアニ・ラインデルス(ミラン/イタリア) トゥン・コープマイネルス(アタランタ/イタリア) マルテン・デ・ローン(アタランタ/イタリア) FW メンフィス・デバイ(アトレティコ・マドリー/スペイン) コーディ・ガクポ(リバプール/イングランド) ワウト・ヴェグホルスト(ホッフェンハイム/ドイツ) ドニエル・マレン(ドルトムント/ドイツ) ブライアン・ブロビー(アヤックス) 2024.03.15 23:00 Fri

「確かなパフォーマンス」「完成度が高い」遠藤航は圧倒したリバプールで45分間のプレーでも存在感「パスの能力を示した」

リバプールの日本代表MF遠藤航が高評価を受けている。 14日、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグでリバプールはホームにスパルタ・プラハを迎えた。 1stレグではアウェイで1-5と圧勝しており、突破に向けて余裕がある中、ターンオーバーを採用。それでも遠藤はアンカーで先発出場した。 試合はホームでもリバプールが圧倒。ダルウィン・ヌニェス、ボビー・クラーク、モハメド・サラー、コーディ・ガクポと前半15分までで4ゴールを奪い早々と決着がつくことに。遠藤は前半のみでピッチを後にすると、後半も2点を加え、6-1で勝利。2戦合計11-2と全く寄せ付けずにベスト8進出を決めた。 イギリス『リバプール・エコー』は、45分間のプレーとなった遠藤に7点(10点満点)の評価をつけた。 「最初の45分間、粘り強さと素早いパス回しでスパルタを押し込めていた。ただ、ビルマンチェビッチのゴールは止められなかった」 また、リバプール専門メディアの『This is Anfield』も7点(10点満点)をつけている。 「日本代表のキャプテンはスパルタのゴールを狙うヴェリコ・ビルマンチェビッチに逆を突かれたものの、彼はそもそも自分が一番後ろにいるべきではなかったと主張できる」 「これも遠藤航の確かなパフォーマンスで、モハメド・サラーへの針の目を通すような形で相手のバックラインの背後にボールを蹴り、素晴らしい瞬間にパスを選択する能力を示した」 その他、イギリス『デイリー・メール』は「スパルタのゴールは止められなかったが、それ以外は完成度が高かった」として6.5点(10点満点)の評価。イギリス『90min』は「リバプールが前半を通してプレッシャーをかけ続けたのは、中央でボールを奪い続け、それを利用したからだ」と遠藤の中盤での活躍に7点(10点満点)の評価をつけた。 <span class="paragraph-title">【動画】遠藤航は前半のみで交代!リバプールが力の差を見せつける</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ykQTr5YCJbo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.15 09:55 Fri

ドイツ戦に臨むオランダ代表候補メンバー発表、ボローニャFWザークツィーが初招集【国際親善試合】

オランダサッカー協会(KNVB)は1日、国際親善試合に臨むオランダ代表候補メンバー30名を発表した。 ロナルド・クーマン監督はセリエAでここまで9ゴールを挙げ、4位と好位置に付けるボローニャを牽引するFWジョシュア・ザークツィー(ボローニャ)を初選出としている。 その他、FWメンフィス・デバイ(アトレティコ・マドリー)、MFフレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)、MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(アル・イテファク)、DFマタイス・デ・リフト(バイエルン)、DFミッキー・ファン・デ・フェン(トッテナム)らが復帰している。 ユーロ2024出場を決めているオランダは22日にスコットランド代表と、26日にドイツ代表と親善試合を戦う。 今回発表されたオランダ代表候補メンバーは以下の通り。 ◆オランダ代表候補メンバー30名 GK マルク・フレッケン(ブレントフォード/イングランド) バルト・フェルブルッヘン(ブライトン&ホーヴ・アルビオン/イングランド) マルコ・ビゾット(ブレスト/フランス) ニック・オライ(スパルタ) DF キリンドシー・ハルトマン(フェイエノールト) ルシャレル・ヘールトライダ(フェイエノールト) ステファン・デ・フライ(インテル/イタリア) デンゼル・ダンフリース(インテル/イタリア) デイリー・ブリント(ジローナ/スペイン) ジェレミー・フリンポン(レバークーゼン/ドイツ) マタイス・デ・リフト(バイエルン/ドイツ) ミッキー・ファン・デ・フェン(トッテナム/イングランド) ナタン・アケ(マンチェスター・シティ/イングランド) ヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/イングランド) MF クインテン・ティンバー(フェイエノールト) マッツ・ヴァイファー(フェイエノールト) ジョエイ・フェールマン(PSV) イェルディ・スハウテン(PSV) ジョルジニオ・ワイナルドゥム(アル・イテファク/サウジアラビア) シャビ・シモンズ(RBライプツィヒ/ドイツ) タイアニ・ラインデルス(ミラン/イタリア) トゥン・コープマイネルス(アタランタ/イタリア) マルテン・デ・ローン(アタランタ/イタリア) フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ/スペイン) FW メンフィス・デバイ(アトレティコ・マドリー/スペイン) コーディ・ガクポ(リバプール/イングランド) ワウト・ヴェグホルスト(ホッフェンハイム/ドイツ) ドニエル・マレン(ドルトムント/ドイツ) ジョシュア・ザークツィー(ボローニャ/イタリア) ブライアン・ブロビー(アヤックス) 2024.03.02 01:30 Sat
もっと見る>
移籍履歴
移籍日 移籍元 移籍先 種類
2023年1月1日 PSV リバプール 完全移籍
2018年7月1日 PSV U19 PSV 完全移籍
2016年7月1日 PSV U17 PSV U19 完全移籍
2015年7月1日 PSV U17 完全移籍
今季の成績
UEFAヨーロッパリーグ グループE 4 276’ 2 0 0
プレミアリーグ 35 1645’ 8 1 0
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント 3 270’ 2 0 0
合計 42 2191’ 12 1 0
出場試合
UEFAヨーロッパリーグ グループE
第1節 2023年9月21日 vs LASK ベンチ入り
1 - 3
第2節 2023年10月5日 vs ユニオン・サン=ジロワーズ メンバー外
2 - 0
第3節 2023年10月26日 vs トゥールーズ 23′ 0
5 - 1
第4節 2023年11月9日 vs トゥールーズ 73′ 0
3 - 2
第5節 2023年11月30日 vs LASK 90′ 2
4 - 0
第6節 2023年12月14日 vs ユニオン・サン=ジロワーズ 90′ 0
2 - 1
プレミアリーグ
第1節 2023年8月13日 vs チェルシー 66′ 0
1 - 1
第2節 2023年8月19日 vs ボーンマス 63′ 0
3 - 1
第3節 2023年8月27日 vs ニューカッスル 58′ 0
1 - 2
第4節 2023年9月3日 vs アストン・ビラ 25′ 0
3 - 0
第5節 2023年9月16日 vs ウォルバーハンプトン 56′ 1
1 - 3
第6節 2023年9月24日 vs ウェストハム 10′ 0
3 - 1
第7節 2023年9月30日 vs トッテナム 45′ 1
2 - 1
第8節 2023年10月8日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン メンバー外
2 - 2
第9節 2023年10月21日 vs エバートン メンバー外
2 - 0
第10節 2023年10月29日 vs ノッティンガム・フォレスト 32′ 0
3 - 0
第11節 2023年11月5日 vs ルートン・タウン 24′ 0
1 - 1
第12節 2023年11月12日 vs ブレントフォード 82′ 0
3 - 0
第13節 2023年11月25日 vs マンチェスター・シティ 17′ 0
1 - 1
第14節 2023年12月3日 vs フルアム 25′ 0
4 - 3
第15節 2023年12月6日 vs シェフィールド・ユナイテッド 86′ 0
0 - 2
第16節 2023年12月9日 vs クリスタル・パレス 33′ 0
1 - 2
第17節 2023年12月17日 vs マンチェスター・ユナイテッド 29′ 0
0 - 0
第18節 2023年12月23日 vs アーセナル 68′ 0
1 - 1
第19節 2023年12月26日 vs バーンリー 67′ 0
0 - 2
第20節 2024年1月1日 vs ニューカッスル 26′ 1
4 - 2
第21節 2024年1月21日 vs ボーンマス 26′ 0
0 - 4
第22節 2024年1月31日 vs チェルシー 22′ 0
4 - 1
第23節 2024年2月4日 vs アーセナル 58′ 0
3 - 1
第24節 2024年2月10日 vs バーンリー 8′ 0
3 - 1
第25節 2024年2月17日 vs ブレントフォード 45′ 1
1 - 4
第26節 2024年2月21日 vs ルートン・タウン 90′ 1
4 - 1
第27節 2024年3月2日 vs ノッティンガム・フォレスト 84′ 0
0 - 1
第28節 2024年3月10日 vs マンチェスター・シティ 14′ 0
1 - 1
第30節 2024年3月31日 vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン 1′ 0 95′
2 - 1
第31節 2024年4月4日 vs シェフィールド・ユナイテッド 17′ 1
3 - 1
第32節 2024年4月7日 vs マンチェスター・ユナイテッド 21′ 0
2 - 2
第33節 2024年4月14日 vs クリスタル・パレス 24′ 0
0 - 1
第34節 2024年4月21日 vs フルアム 87′ 0
1 - 3
第29節 2024年4月24日 vs エバートン メンバー外
2 - 0
第35節 2024年4月27日 vs ウェストハム 90′ 0
2 - 2
第36節 2024年5月5日 vs トッテナム 90′ 1
4 - 2
第37節 2024年5月13日 vs アストン・ビラ 75′ 1
3 - 3
第38節 2024年5月19日 vs ウォルバーハンプトン 81′ 0
2 - 0
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ 2024年3月7日 vs スパルタ・プラハ 90′ 0
1 - 5
ラウンド16・2ndレグ 2024年3月14日 vs スパルタ・プラハ 90′ 2
6 - 1
準々決勝1stレグ 2024年4月11日 vs アタランタ 90′ 0
0 - 3
準々決勝2ndレグ 2024年4月18日 vs アタランタ 90′ 0
0 - 1