ユナイテッド本腰のデ・リフト、バイエルンは86億円+ボーナスを要求か

2024.07.02 16:45 Tue
ユナイテッドが本腰のデ・リフト
Getty Images
ユナイテッドが本腰のデ・リフト
バイエルンがオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)に設定する移籍金額がわかったようだ。

バイエルンでの2年目が終わり、ユーロ2024に参戦中のデ・リフト。その裏では日本代表DF伊藤洋輝が加入したバイエルンでの去就が慌ただしくなり始め、センターバック補強に乗り出すマンチェスター・ユナイテッドの関心が報じられる。
ドイツ『スカイ』によると、クラブ間で接触の動きがあるなか、選手の代理人を務めるラファエラ・ピメンタ氏もすでにユナイテッドとの交渉に。バイエルンは最低でも5000万ユーロ(約86億6000万円)+ボーナスの条件を求めているという。

現時点で選手個人も、クラブ間も合意はまだだが、バイエルンで4、5番手のセンターバックになるつもりなしとされるデ・リフト本人はアヤックス時代の恩師であるエリク・テン・ハグ監督が求める状況もあり、ユナイテッド行きに意欲的のようだ。

バイエルンもオファー次第で売却しうるスタンスといわれるなか、少しずつユナイテッドの動きが本格化しつつあるが、いかに。

マタイス・デ・リフトの関連記事

マンチェスター・ユナイテッドがオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)の獲得を決定的なものとしたようだ。イギリス『The Athletic』が報じた。 ジム・ラトクリフ共同オーナーもとで組織をはじめ、あらゆる分野で改革に動くユナイテッド。補強もその1つで、アントニー・マルシャルが退団した前線の新たな選手として獲得に乗り出すのがボローニャでブレイクのザークツィーだ。 新たに報じられたところによると、ボローニャとの契約にある4000万ユーロ(約68億9000万円)の解除条項を発動させる場合、一括払いを迫られたユナイテッドだが、それを回避しての獲得になるという。 代わりに移籍金も4250万ユーロ(約73億2000万円)になるが、3年間の分割払いに。ザークツィーは1年延長オプション付きの5年契約を結ぶ見込みで、ユーロ2024の戦いが終わったばかりだが、12日にメディカルチェックを受けるそうだ。 かつてバイエルンにも所属したザークツィーは2022年夏からボローニャに加わり、昨季は公式戦37試合で12得点7アシストと飛躍の1年に。チームとしてもチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得となるセリエA3位フィニッシュに貢献した。 バイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトにも関してもクラブ間交渉を残すのみとされるユナイテッドだが、先んじてザークツィーを射止めた模様だ。 2024.07.12 09:45 Fri
マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ体制3年目がスタートした。クラブ公式サイトが伝えている。 昨季は最後をFAカップのタイトルで締めくくったものの、プレミアリーグでクラブワーストの8位フィニッシュに終わり、チャンピオンズリーグ(CL)もグループステージ最下位で敗退したユナイテッド。連覇がかかったカラバオカップも早々に敗退し、失望感が大きいシーズンになってしまった。 ジム・ラトクリフ共同オーナーのもと、新組織作りのみならず、補強とともにインフラ整備が進むなか、進退危うしとされたテン・ハグ監督の続投も決まったなか、8日にクラブの練習施設で始動。ユーロ2024やコパ・アメリカ2024の参戦組は不在だが、そのほかの選手たちが休暇を挟み、戻った。 初日ということで、朝はメディカルチェックに費やされ、午後からトレーニング。戻った選手ではアンドレ・オナナ、ヴィクトル・リンデロフ、アーロン・ワン=ビサカ、カゼミロ、メイソン・マウント、アマド・ディアロ、マーカス・ラッシュフォードらの姿があった。 補強ではジョシュア・ザークツィーや、マタイス・デ・リフトの獲得に迫っているとされ、その動向が注目されるユナイテッドだが、来週からプレシーズンツアーに。ノルウェーでのローゼンボリ戦を皮切りにスコットランド、アメリカ、コロンビアを回る。 <span class="paragraph-title">【動画】ユナイテッドが始動</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome back, Reds <a href="https://twitter.com/hashtag/MUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUFC</a></p>&mdash; Manchester United (@ManUtd) <a href="https://twitter.com/ManUtd/status/1810337535153078330?ref_src=twsrc%5Etfw">July 8, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.10 16:15 Wed
センターバックの補強を目指しているマンチェスター・ユナイテッド。その候補の1人であるバイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)と口頭合意したという。イギリス『マンチェスター・イブニング・スタンダード』が伝えた。 エリク・テン・ハグ監督が継続して指揮を執ることが確定したユナイテッド。ジム・ラトクリフ氏が共同オーナーとなり、クラブのインフラなどに投資を進めている。 一方で、移籍市場ではセンターバックと中盤の補強に動いている状況だ。 センターバックでは元フランス代表DFラファエル・ヴァラン(31)がすでに退団。2025年夏に契約が満了するスウェーデン代表DFヴィクトル・リンデロフ(29)の売却も進めたいと考えているという。 ただ、獲得の大本命であるエバートンのイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(22)に関しては、2度のオファーもエバートンに拒否されている状況だ。 一方で、デ・リフトとは口頭合意。バイエルンも売却に関しては前向きであり、移籍金4250万ポンド(約87億8000万円)を求めているという。 デ・リフトは、アヤックス時代にテン・ハグ監督と仕事をしており、監督のサッカーをよく知っている状況。現在のユナイテッドには元アヤックスの選手が5人も在籍しており、再会を果たす可能性が高まっている。 2024.07.10 12:40 Wed
マンチェスター・ユナイテッドが獲得を目指すイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(22)だが、エバートンは2度目のオファーも拒否したという。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ユーロ2024のメンバーには入らなかったものの、イングランド代表の未来を支えるCBとして期待されているブランスウェイト。センターバックの補強を進めているユナイテッドがオファーを出している。 6月にはボーナス付きの3500万ポンド(約72億3000万円)のオファーをエバートンに提示したが、これを即座に拒否されていた。 それでも手にしたいユナイテッドは、4500万ポンド(約93億円)+500万ポンド(約10億3000万円)のオファーを提示したとされているが、エバートンはこちらも即座に拒否したという。 ブランスウェイトは、2023-24シーズンのプレミアリーグで35試合に出場。ユーロの候補メンバーには選ばれているほどで、今後はイングランドを支える可能性が高い。 センターバックが欲しいユナイテッドは、バイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)の獲得にも動いており、こちらは4250万ポンド(約87億8000万円)+ボーナスと見られている。 また、リールのU-23フランス代表DFレニー・ヨロ(18)の獲得にも動いている中、4220万ポンド(約87億2000万円)のオファーでクラブ間の基本合意に至ったとされている。 すでに元フランス代表DFラファエル・ヴァランが退団しており、その他にもセンターバックが退団する可能性がある状況。複数人補強する可能性も残されているが、ブランスウェイトに対して3度目のオファーを出すのか注目が集まっている。 2024.07.10 11:25 Wed
クラブの内部を改革し始めているマンチェスター・ユナイテッド。移籍市場では、センターバックの補強を進めている中、今夏の移籍市場を賑わす若手CBへのオファーを提示したという。 ジム・ラトクリフ氏が共同オーナーとなり、キャリントンのトレーニング施設の改修など、環境整備に投資しているユナイテッド。エリク・テン・ハグ監督の残留も決定し、クラブOBであるルート・ファン・ニステルローイ氏もコーチとして復帰する見込みとなっている。 一方で、選手の補強にも当然投資。中盤の選手とセンターバックをメインに獲得に動いている。 すでに元フランス代表DFラファエル・ヴァランが退団しており、CBが手薄なユナイテッド。バイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)の獲得に熱を上げていると見られた中、リールに所属するU-23フランス代表DFレニー・ヨロ(18)を急襲したようだ。 ヨロはレアル・マドリーも獲得を狙っていた逸材。ジャーナリストのナビル・ジェリット氏によれば、ユナイテッドはボーナス付きの5000万ユーロ(約87億2000万円)のオファーを書面にてリールに提示。リールはこれを受け入れたとのことだ。 また、このオファーはマドリーよりもかなりの高額提示だったとされているものの、契約締結にはまだまだ時間がかかるとされている。 ヨロの希望はマドリーへの移籍。クラブはユナイテッドでも良いと考えているようだが、本人が納得できるかもポイントとなる。 なお、スペイン『アス』によると、マドリーは3500万ユーロ(約61億円)程度のオファーで話をまとめたいとのこと。確かにユナイテッドとの差は大きく開いている。 ユナイテッドはヨロ、デ・リフトの他にも、エバートンのイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(22)に強い関心を持っているとされ、どのCBを手中に収められるのか注目が集まる。 2024.07.09 23:40 Tue

マンチェスター・ユナイテッドの関連記事

マンチェスター・ユナイテッドは12日、北アイルランド代表DFジョニー・エバンス(36)との契約延長を発表した。2025年6月までの1年間となる。 ユナイテッドのアカデミー育ちのエバンスは、ロイヤル・アントワープへのレンタル移籍を経て、2006年12月にファーストチームに昇格。サンダーランドへの2度のレンタル移籍を経験し、その後はユナイテッドでプレーした。 2015年8月にウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)に完全移籍。その後、2018年7月にレスター・シティへと移籍すると、2023年7月にユナイテッドと1年契約を結んだ。 当初は契約の予定はなかったものの、プレシーズンなどで見せた高いパフォーマンスと、豊富な経験が買われて契約すると、ケガ人が続出したこともあり、途中出場も多かった中でプレミアリーグ23試合に出場し1アシストを記録。公式戦30試合に出場していた。 契約満了を迎えて去就が注目されていた中、チームはまた1年エバンスを頼ることをに決めた。 エバンスは、クラブを通じてコメントしている。 「この素晴らしいクラブでプレーし、素晴らしいファンからのサポートを感じることは常に名誉なことだ」 「昨シーズン、クラブに復帰できたことは光栄だった。素晴らしい監督の下、素晴らしいチームメイトとともにピッチでチームを代表できた」 「FAカップを一緒に勝ち取ったことは忘れられない経験でだ。これからのシーズンでさらに多くのトロフィーを獲得できると確信している」 2024.07.12 23:50 Fri
ローラン・ブラン新監督の招へいが決定的となったサウジアラビアのアル・イテハドが、大型補強に向けて動いているようだ。 昨夏、元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、フランス代表MFエンゴロ・カンテ、ブラジル代表MFファビーニョらを補強したアル・イテハドだが、ヌーノ・エスピリト・サント、マルセロ・ガジャルドと2人の指揮官の下で戦った昨シーズンはサウジ・プロ・リーグで5位フィニッシュするなど無冠に終わった。 その成績不振に加え、ベンゼマらとの確執が報じられたガジャルド監督を解任したクラブは、ステファノ・ピオリ、クリストフ・ガルティエという2人の指揮官との交渉が難航した中、最終的にブラン氏の招へいを決断した。 そのフランス人指揮官の下で捲土重来を期す新シーズンに向けてクラブは、昨夏同様の積極補強に動いている。 現時点で獲得が決定的となっているのが、ローマのアルジェリア代表MFフセム・アワール(26)だ。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、リヨン時代に指揮官の指導を受けたアワールはすでに個人間でサウジアラビア行きに合意。また、加入1年での放出を考慮していたローマも1500万ユーロ(約26億円)+アドオンという条件でアル・イテハドと合意に近づいているという。 同じく実現度が高そうなのは、マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表MFカゼミロ(32)。今夏のユナイテッド退団が決定的とみられる同選手は予てよりサウジアラビア行きが取り沙汰されており、レアル・マドリーの元同僚ベンゼマ、セレソンの同僚ファビーニョとの再会を受け入れる可能性は高い。 フランス『レキップ』によると、ユナイテッドはカゼミロの今夏退団を容認する構えで、すでに選手サイドはアル・イテハドとの交渉を開始しているという。 現時点で実現性は低いものの、アル・イテハドが前述の2選手以外で獲得を目指しているのは、パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョス(30)と、アストン・ビラのフランス代表FWムサ・ディアビ(25)だ。 『レキップ』によると、ブラン氏のPSG時代の教え子であるマルキーニョスに関して、PSGは少なくとも残り1年の残留を希望しているものの、選手とサウジアラビアのクラブの間で交渉が行われているとしている。 一方、フランス『フット・メルカート』によると、昨夏アル・ナスルの補強候補に挙がっていながらも、レバークーゼンからアストン・ビラに移籍したディアビに対して、アル・イテハドは強い関心を示しているという。そして、ベンゼマとカンテ、新指揮官のフレンチコネクションを利用して説得を目指すことになるようだ。 2024.07.12 18:25 Fri
マンチェスター・ユナイテッドがオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)の獲得を決定的なものとしたようだ。イギリス『The Athletic』が報じた。 ジム・ラトクリフ共同オーナーもとで組織をはじめ、あらゆる分野で改革に動くユナイテッド。補強もその1つで、アントニー・マルシャルが退団した前線の新たな選手として獲得に乗り出すのがボローニャでブレイクのザークツィーだ。 新たに報じられたところによると、ボローニャとの契約にある4000万ユーロ(約68億9000万円)の解除条項を発動させる場合、一括払いを迫られたユナイテッドだが、それを回避しての獲得になるという。 代わりに移籍金も4250万ユーロ(約73億2000万円)になるが、3年間の分割払いに。ザークツィーは1年延長オプション付きの5年契約を結ぶ見込みで、ユーロ2024の戦いが終わったばかりだが、12日にメディカルチェックを受けるそうだ。 かつてバイエルンにも所属したザークツィーは2022年夏からボローニャに加わり、昨季は公式戦37試合で12得点7アシストと飛躍の1年に。チームとしてもチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得となるセリエA3位フィニッシュに貢献した。 バイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトにも関してもクラブ間交渉を残すのみとされるユナイテッドだが、先んじてザークツィーを射止めた模様だ。 2024.07.12 09:45 Fri
ジローナは11日、マンチェスター・ユナイテッドを退団した元オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は2028年6月30日までとなる。 アヤックスで育ったファン・デ・ベークは、エリク・テン・ハグ監督の下でその才能を伸ばすと、2020年9月にユナイテッドへと完全移籍。しかし、ユナイテッド移籍後は期待とは裏腹に出番が満足に得られない状況。 2021-22シーズンも状況は変わらず、シーズン後半はエバートンにレンタル移籍するもすぐに負傷しここでも結果を残せない。テン・ハグ監督がユナイテッドで指揮を執るようになった2022-23シーズンも状況は変化せず。 今年1月には2022年1月のエバートン以来となるローンでフランクフルトに活躍の場を移したが、ドイツでも思ったように出番を掴めず、ブンデスリーガ8試合に出場したのみに。買取オプションが付いてのローン移籍だったが、フランクフルトは行使に動かず。この夏はひとまずユナイテッドに戻ったが、10日に退団を発表していた。 2024.07.12 01:00 Fri
マンチェスター・ユナイテッドは11日、ルート・ファン・ニステルローイ氏(48)とレネ・ハケ氏(52)がトップチームのアシスタントコーチに就任したことを発表した。 現役時代にオランダ代表やマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリーなどで活躍したファン・ニステルローイ氏は、2012年に現役を引退した後、母国オランダで指導者の道へ。2022-23シーズンはPSVで初のファーストチーム監督を務めた。 エールディビジで2位をキープしつつKNVBベーカーでは優勝するなど結果を残したが、クラブのサポート不足を理由に2023年5月に退任。今夏はレスター・シティやバーンリーの監督就任が噂されていた。 一方、これまでトゥベンテやユトレヒト、カンブールなどオランダ国内で監督を務めてきたレネ・ハケ氏。直近では2022年5月からゴー・アヘッド・イーグルスの監督に就任すると、初年度をエールディビジ11位で終え、2023-24シーズンはヨーロッパ・カンファレンスリーグ予選圏内の9位でシーズンを終えた。 クラブを率いるエリク・テン・ハグ監督は、両者の就任について以下のようにコメントしている。 「ルートとレネが我々のプロジェクトに参加することになり嬉しく思っている。我々は過去2年間の成果を土台に、次のレベルへと押し上げようとしており、コーチングチームを一新するには、今がベストなタイミングだ」 なお、これまでアシスタントコーチを務めたスティーブ・マクラーレン氏(63)はトップチームのヘッドコーチとしてチームに残留したが、ミッチェル・ファン・デル・ガーグ氏(52)は、新たなチャレンジのためチームを退団した。 2024.07.12 00:40 Fri

ブンデスリーガの関連記事

シュツットガルトが、アウグスブルクのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエルメディン・デミロビッチ(26)の獲得に一歩前進したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 ドルトムント移籍に向けたメディカルチェックで問題が発生したものの、ギニア代表FWセール・ギラシーの退団が既定路線となっているシュツットガルト。また、ブライトンから完全移籍での買い取りを目指すドイツ代表FWデニス・ウンダブの交渉も難航しており、前線の補強が急務となっている。 そういったなか、一時は高額な移籍金によって獲得が困難と思われたボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWの交渉に大きな進展がみられた。 報道によると、金額の詳細は明かされていないが、クラブ間の交渉で大筋合意に近づいており、今週末にも交渉が完了する見込みだという。また、シュツットガルト行きを望む選手はメディカルチェックの許可が下り次第、現地に向かう予定だという。 ハンブルガーSV、RBライプツィヒ、アラベスのBチームを渡り歩いたデミロビッチは、2018年7月にファーストチームへ昇格。その後はソショー、アルメリア、ザンクト・ガレンへの武者修行を繰り返し、2020年にフライブルクへ完全移籍。アウグスブルクには2022年夏にフリートランスファーで加入した。 185cmのストライカーは、昨シーズンのブンデスリーガで33試合15ゴール10アシストの数字を残し、シュツットガルトのセバスティアン・ヘーネス監督は予てよりギラシーの後釜として加入を熱望していた。 2024.07.12 23:35 Fri
活躍が期待されながらもユーロ2024のメンバーから落選となったドイツ代表MFアレクサンダル・パブロビッチだが、どうやら手術を決断したようだ。 バイエルンの下部組織で育ち、2023年11月にファーストチームに昇格したパブロビッチ。20歳の若手のゲームメーカーは、ドイツ代表として自国開催のユーロ2024出場が期待された。 ドイツ代表としてもプレーしており、ユリアン・ナーゲルスマン監督も期待を寄せていたが、扁桃炎を患ってしまい、メンバーから漏れることとなった。 しかし、扁桃炎はパブロビッチにとっては単なる病気ではない。2023-24シーズンは、重度の扁桃炎を3度も患うことに。抗生物質を服用する必要があり、その度に衰弱し、数週間の欠場を余儀なくされた。 ドイツ『ビルト』によれば、ユーロ前にシーズン4度目の扁桃炎になったパブロビッチは、自身のキャリアを邪魔する病気を解決するため、手術を受けることを決断したという。 2023-24シーズンは扁桃炎により7試合を欠場。シーズン中に再び悩まされることは嫌だったと、手術前のパブロビッチはコメントしていた。 「扁桃炎に2、3回もかかり、その度に体力的に参っている。でも、シーズン中にはできない。上手くいかなくなれば、完全にダメになってしまう。そのために休暇を犠牲にしなければならないかもしれない」 「ただ、今はその方が重要だ。また病気になって、2週間も3週間も欠場はしたくない」 ユーロに出られなかったことは残念だったが、この先のキャリアを考えて決断したパブロビッチ。悩みがなくなって迎える新シーズンの躍動が期待される。 2024.07.12 21:57 Fri
今夏来日するドルトムント。2023-24シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)で2012-13シーズン以来となる決勝に進出したが、レアル・マドリーの前に敗れて惜しくも準優勝に終わった。 CLファイナリストとして来日するドルトムントは、2017年の明治安田生命Jリーグワールドチャレンジに続き、7年ぶり4回目の来日に。「EUROJAPAN CUP 2024」として来日する今回はかつてドルトムントでタイトルも獲得した元日本代表MF香川真司が所属するセレッソ大阪と対戦する。 言わずと知れたドイツの名門クラブだが、サポーターの熱狂度はドイツの中でも群を抜いていることでも知られている。 2024-25シーズンに向けたプレシーズンマッチとしてC大阪と戦うドルトムントだが、新ユニフォームもしっかりと着用予定。今回は、最新ユニフォームから、過去5シーズンのユニフォームまで歴史を振り返ってみる。 <span class="paragraph-subtitle">◆2024-25シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw1.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> まず、2024-25シーズンのユニフォームは、2012年から継続してプーマがサプライヤーを務めている。 すでに2023-24シーズンの最終戦でお披露目されているが、非常にシンプルなデザインに。オーソドックスなドルトムントらしい袖が黒、ボディが黄色というデザインとなっており、「真のクラシック」がデザインのテーマとなっている。 <a href="https://www.livedoor-shopping.jp/view/page/eurojapancup2024?utm_source=ls&utm_medium=display&utm_campaign=eurojapancup2024" target="_blank"><div style="text-align:center;"><br/>↓ 最新ユニフォームも販売中 ↓<br/><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/700/img/2024/bvb20240712_tw6.jpg" style="max-width:70%; min-height:200px;"></div></a> ボディには太さの違うストライプが4本並べられているが、1996-97シーズンのCL用ユニフォームとどこか似ている。 当時はナイキがサプライヤーだったが、袖は黒、ボディは黄色で今回よりもより太いストライプが4本並んでいる。このシーズンは、ドルトムントが唯一CLを優勝したシーズン。伝統を重んじつつ、あと一歩で逃したCLへの想いを馳せているのかもしれない。 <span class="paragraph-subtitle">◆2023-24シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw2.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> ドルトムントはサポーターによるデザインコンテストを実施。集まったデザインの中でファン投票を行い、ティモ・R・マール氏がデザインした本拠地シグナル・イドゥナ・パルクを描いたデザインに決まった。 ドルトムントの本拠地が描かれた斬新なデザインとなっており、ファン投票で選出されたにも関わらず、否定的な声も多く見られていた。 <span class="paragraph-subtitle">◆2022-23シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw3.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> クラブの伝統的なカラーである黒と黄色で彩られ、太めのストライプがデザインされている。 ドルトムントは1909年12月19日に設立されたが、当時クラブが設立されたレストラン『Zum Wildschütz』の窓がデザインされている。 <span class="paragraph-subtitle">◆2021-22シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw4.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> クラブカラーの黄色を前面に出し、ボディ部分にはデザインがないシンプルなもの。ただ、袖に黒と黄色の縞模様を備えたデザイン <span class="paragraph-subtitle">◆2020-21シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw8.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> クラブカラーの黄色基調に稲妻の様な柄を施した斬新なデザイン。エネルギーを感じる珍しいデザインとなっている。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】ドルトムントの最新ユニフォームから過去のユニフォームを辿る</span> <span data-other-div="movie"></span> <span class="paragraph-subtitle">◆2024-25シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw1.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <a href="https://www.livedoor-shopping.jp/view/page/eurojapancup2024?utm_source=ls&utm_medium=display&utm_campaign=eurojapancup2024" target="_blank"><div style="text-align:center;"><br/>↓ 最新ユニフォームも販売中 ↓<br/><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/700/img/2024/bvb20240712_tw6.jpg" style="max-width:70%; min-height:200px;"></div></a> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/BVB/status/1791363023573045479?ref_src=twsrc%5Etfw">May 17, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-subtitle">◆2023-24シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw2.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <span class="paragraph-subtitle">◆2022-23シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw3.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="de" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/BVB/status/1525030589157588993?ref_src=twsrc%5Etfw">May 13, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-subtitle">◆2021-22シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw4.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="de" dir="ltr">Unser neues Heimtrikot: Alles in Schwarzgelb!<br><br><a href="https://twitter.com/BVB/status/1395638220717690881?ref_src=twsrc%5Etfw">May 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-subtitle">◆2020-21シーズン</span> <div style="text-align:center;"><img class="lazyload" data-src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/bvb20240712_tw8.jpg" style="max-width:100%; min-height:200px;"></div> <span class="paragraph-subtitle">◆2019-20シーズン</span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="de" dir="ltr">ENDLICH! Das neue BVB-Heimtrikot 2019/20 ist da! <a href="https://t.co/VM24iftouK">https://t.co/VM24iftouK</a> <a href="https://t.co/8mRk1t0vBx">pic.twitter.com/8mRk1t0vBx</a></p>&mdash; Borussia Dortmund (@BVB) <a href="https://twitter.com/BVB/status/1126396385870221312?ref_src=twsrc%5Etfw">May 9, 2019</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.12 21:00 Fri
RBライプツィヒのスペイン代表FWダニ・オルモ(26)が自身の契約解除条項に言及した。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 現在ユーロ2024に参戦中のダニ・オルモ。グループステージで2試合に出場して決勝トーナメント進出に貢献すると、MFペドリの負傷によって途中交代でピッチに立った準々決勝のドイツ代表戦では1ゴール1アシスト、先発した準決勝のフランス代表戦でも逆転の決勝点と、値千金の活躍を見せている。 14日に決勝のイングランド代表戦が控える一方、所属先ライプツィヒとの契約が話題に。複数のビッグクラブから関心を寄せられるなか、6000万ユーロ(約103億9000万円)の契約解除条項が存在し、その期限は7月20日までだとドイツ『ビルト』が報じていた。 イングランド戦を前に、スペイン『Cadena SER』の番組「El Larguero」に出演したアタッカーは、運命のユーロ決勝、これまでの戦いも振り返ったなか、自身の将来についてもコメント。 「僕の周りの人たちは、自分がどうしたいのかを知っている…。ユーロのことでいっぱいいっぱいだから、他のことを考える余裕はない。僕はライプツィヒと契約を結んでいるし、とても良い関係を築いている。問題はないよ」 「7月20日までの6000万ユーロの条項? 彼ら(獲得を狙うクラブ)は自分たちが何をしなければならないかわかっている。そうでないなら、(獲得に向け)少し戦う必要が出てくるだろう」 「彼らが僕に賭けてくれることは重要だし、僕の唯一の望みは勝ち続けることだ」 バルセロナのカンテラ出身で、クロアチアのディナモ・ザグレブを経て2020年1月にライプツィヒへ移籍したダニ・オルモ。古巣のバルセロナやマンチェスター・シティ、バイエルンなどからの関心が噂されている。 2024.07.12 18:30 Fri
フランクフルトは11日、元日本代表MF長谷部誠(40)がU-21フランクフルトのコーチに就任したことを発表した。 2002年に浦和レッズでプロデビューした長谷部は、2008年1月にヴォルフスブルクに移籍し、ドイツでのキャリアをスタート。2008-09シーズンのブンデスリーガでは初優勝メンバーとしてヴォルフスブルクに名を刻むと、そこからニュルンベルクでのプレーを挟み、2014年夏からフランクフルトに移籍した。 10年間在籍したフランクフルトでは、公式戦304試合の出場数を誇り、2021-22シーズンにはヨーロッパリーグ(EL)制覇を成し遂げた。2022年2月に引退後の指導者転身も含め、5年契約を結び、2023年3月に今夏までの現役続行を表明。 2023-24シーズンは公式戦14試合でプレー。アジア人選手の歴代最多試合出場となるブンデスリーガ通算384試合を果たした長谷部誠は、4月17日に引退会見を実施していた。 フランクフルトU-21はレギオナルリーガ(ドイツ4部)に所属するフランクフルトのセカンドチーム。2024-25シーズンからはデニス・シュミット氏(31)を新監督に迎えた新体制が発足。長谷部はアシスタントコーチを務めるアルベル・ムスタファ氏(27)を中心としたコーチングスタッフに加わることになる。 2024.07.12 07:00 Fri

記事をさがす

マタイス・デ・リフトの人気記事ランキング

1

レアルが狙う18歳DFヨロをユナイテッドが急襲!? 破格の87.2億円オファー提示でリールが受け入れか…レアルは61億円での獲得を望む

クラブの内部を改革し始めているマンチェスター・ユナイテッド。移籍市場では、センターバックの補強を進めている中、今夏の移籍市場を賑わす若手CBへのオファーを提示したという。 ジム・ラトクリフ氏が共同オーナーとなり、キャリントンのトレーニング施設の改修など、環境整備に投資しているユナイテッド。エリク・テン・ハグ監督の残留も決定し、クラブOBであるルート・ファン・ニステルローイ氏もコーチとして復帰する見込みとなっている。 一方で、選手の補強にも当然投資。中盤の選手とセンターバックをメインに獲得に動いている。 すでに元フランス代表DFラファエル・ヴァランが退団しており、CBが手薄なユナイテッド。バイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)の獲得に熱を上げていると見られた中、リールに所属するU-23フランス代表DFレニー・ヨロ(18)を急襲したようだ。 ヨロはレアル・マドリーも獲得を狙っていた逸材。ジャーナリストのナビル・ジェリット氏によれば、ユナイテッドはボーナス付きの5000万ユーロ(約87億2000万円)のオファーを書面にてリールに提示。リールはこれを受け入れたとのことだ。 また、このオファーはマドリーよりもかなりの高額提示だったとされているものの、契約締結にはまだまだ時間がかかるとされている。 ヨロの希望はマドリーへの移籍。クラブはユナイテッドでも良いと考えているようだが、本人が納得できるかもポイントとなる。 なお、スペイン『アス』によると、マドリーは3500万ユーロ(約61億円)程度のオファーで話をまとめたいとのこと。確かにユナイテッドとの差は大きく開いている。 ユナイテッドはヨロ、デ・リフトの他にも、エバートンのイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(22)に強い関心を持っているとされ、どのCBを手中に収められるのか注目が集まる。 2024.07.09 23:40 Tue
2

改革進むユナイテッド、テン・ハグ体制3年目も始動…ラッシュフォードらが初日から復帰

マンチェスター・ユナイテッドのエリク・テン・ハグ体制3年目がスタートした。クラブ公式サイトが伝えている。 昨季は最後をFAカップのタイトルで締めくくったものの、プレミアリーグでクラブワーストの8位フィニッシュに終わり、チャンピオンズリーグ(CL)もグループステージ最下位で敗退したユナイテッド。連覇がかかったカラバオカップも早々に敗退し、失望感が大きいシーズンになってしまった。 ジム・ラトクリフ共同オーナーのもと、新組織作りのみならず、補強とともにインフラ整備が進むなか、進退危うしとされたテン・ハグ監督の続投も決まったなか、8日にクラブの練習施設で始動。ユーロ2024やコパ・アメリカ2024の参戦組は不在だが、そのほかの選手たちが休暇を挟み、戻った。 初日ということで、朝はメディカルチェックに費やされ、午後からトレーニング。戻った選手ではアンドレ・オナナ、ヴィクトル・リンデロフ、アーロン・ワン=ビサカ、カゼミロ、メイソン・マウント、アマド・ディアロ、マーカス・ラッシュフォードらの姿があった。 補強ではジョシュア・ザークツィーや、マタイス・デ・リフトの獲得に迫っているとされ、その動向が注目されるユナイテッドだが、来週からプレシーズンツアーに。ノルウェーでのローゼンボリ戦を皮切りにスコットランド、アメリカ、コロンビアを回る。 <span class="paragraph-title">【動画】ユナイテッドが始動</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Welcome back, Reds <a href="https://twitter.com/hashtag/MUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUFC</a></p>&mdash; Manchester United (@ManUtd) <a href="https://twitter.com/ManUtd/status/1810337535153078330?ref_src=twsrc%5Etfw">July 8, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.10 16:15 Wed
3

ショーと同様にケガがちも…ユナイテッドがチェルシーDFチルウェルの獲得を検討か

マンチェスター・ユナイテッドがチェルシーのイングランド代表DFベン・チルウェル(27)にも目をつけているようだ。 エリク・テン・ハグ監督との新契約締結など首脳陣体制を整えているほか、選手の補強にも積極的に動き出しているユナイテッド。ボローニャのオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)や、バイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)、エバートンのイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(22)らの獲得に迫っている。 一方で、イングランド代表DFルーク・ショーとオランダ代表DFタイレル・マラシアの負傷離脱により、2023-24シーズンは壊滅状態が続いた左サイドバックも重要な補強箇所。イギリス『デイリー・メール』によると、選択肢の1つとしてチルウェルの獲得を検討しているという。 27歳の左利きDFは、2020年夏に4500万ポンド(約92億8000万円)でレスター・シティからチェルシーへ移籍。初年度から主力としてチャンピオンズリーグ(CL)制覇に貢献するも、ケガの多さがネックとなっている。 なお、2023年6月にチェルシーの公式サイトに掲載されたインタビューでは、「ユナイテッドを応援していた父とよく試合を観に行っていた」とコメント。オールド・トラッフォードには思い入れがあるようだ。 2024.07.09 18:59 Tue
4

CBが欲しいユナイテッド、テン・ハグ監督もよく知るデ・リフトとは口頭合意か? バイエルンは82.8億円を要求へ

センターバックの補強を目指しているマンチェスター・ユナイテッド。その候補の1人であるバイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)と口頭合意したという。イギリス『マンチェスター・イブニング・スタンダード』が伝えた。 エリク・テン・ハグ監督が継続して指揮を執ることが確定したユナイテッド。ジム・ラトクリフ氏が共同オーナーとなり、クラブのインフラなどに投資を進めている。 一方で、移籍市場ではセンターバックと中盤の補強に動いている状況だ。 センターバックでは元フランス代表DFラファエル・ヴァラン(31)がすでに退団。2025年夏に契約が満了するスウェーデン代表DFヴィクトル・リンデロフ(29)の売却も進めたいと考えているという。 ただ、獲得の大本命であるエバートンのイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(22)に関しては、2度のオファーもエバートンに拒否されている状況だ。 一方で、デ・リフトとは口頭合意。バイエルンも売却に関しては前向きであり、移籍金4250万ポンド(約87億8000万円)を求めているという。 デ・リフトは、アヤックス時代にテン・ハグ監督と仕事をしており、監督のサッカーをよく知っている状況。現在のユナイテッドには元アヤックスの選手が5人も在籍しており、再会を果たす可能性が高まっている。 2024.07.10 12:40 Wed
5

ユナイテッドの103億円オファーもエバートンは拒否、イングランド代表DFブランスウェイトの獲得は難航

マンチェスター・ユナイテッドが獲得を目指すイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(22)だが、エバートンは2度目のオファーも拒否したという。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ユーロ2024のメンバーには入らなかったものの、イングランド代表の未来を支えるCBとして期待されているブランスウェイト。センターバックの補強を進めているユナイテッドがオファーを出している。 6月にはボーナス付きの3500万ポンド(約72億3000万円)のオファーをエバートンに提示したが、これを即座に拒否されていた。 それでも手にしたいユナイテッドは、4500万ポンド(約93億円)+500万ポンド(約10億3000万円)のオファーを提示したとされているが、エバートンはこちらも即座に拒否したという。 ブランスウェイトは、2023-24シーズンのプレミアリーグで35試合に出場。ユーロの候補メンバーには選ばれているほどで、今後はイングランドを支える可能性が高い。 センターバックが欲しいユナイテッドは、バイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)の獲得にも動いており、こちらは4250万ポンド(約87億8000万円)+ボーナスと見られている。 また、リールのU-23フランス代表DFレニー・ヨロ(18)の獲得にも動いている中、4220万ポンド(約87億2000万円)のオファーでクラブ間の基本合意に至ったとされている。 すでに元フランス代表DFラファエル・ヴァランが退団しており、その他にもセンターバックが退団する可能性がある状況。複数人補強する可能性も残されているが、ブランスウェイトに対して3度目のオファーを出すのか注目が集まっている。 2024.07.10 11:25 Wed

マンチェスター・ユナイテッドの人気記事ランキング

1

「クールでかっこいいぞ」「これは素晴らしい」ユナイテッドの新ユニフォームは1952年からインスピレーション

マンチェスター・ユナイテッドが、2024-25シーズンの新ユニフォームを発表した。 ユナイテッドの新ユニフォームは、クラブカラーのレッドを全面に出したシンプルなユニフォームに。1952 年にバスビー・ベイブスが着用していたシャツからインスピレーションを得ている。 当時のユニフォームは、夜間の試合が投光照明の下で行われていた初期の頃、ピッチでの視認性を高めるために反射素材で作られていた。 新ユニフォームは、大胆な赤の組み合わせがブレンドされ、明るい赤から暗い赤へのグラデーションが形成。シャツの本体に沿って流れ、常に変化する色彩の印象を与える。 胸には新スポンサーのスナップドラゴンのロゴが。お披露目は7月15日にノルウェーで行われるローゼンボリとのフレンドリーマッチとなる。 ファンは「これは素晴らしい」、「クールでかっこいいぞ」、「結構好きなデザインだ」、「これは欲しい」とコメントが集まっている。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】マンチェスター・ユナイテッドの新ユニフォーム!映像にはレジェンドの2人が</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="zbYCtxXgIeg";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C830d0rtUwM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C830d0rtUwM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C830d0rtUwM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">adidas Football(@adidasfootball)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C89Ng8iAsZd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C89Ng8iAsZd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C89Ng8iAsZd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Manchester United(@manchesterunited)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C86opDctNa9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C86opDctNa9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C86opDctNa9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Manchester United(@manchesterunited)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.07.04 23:20 Thu
2

ユナイテッドがオランダ代表FWザークツィー獲得で大筋合意、契約解除金の70億円も支払いへ

今夏の注目株の1人であるオランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(23)だが、マンチェスター・ユナイテッド移籍はほぼ確実になっているようだ。 新シーズンに向けて補強に動いているユナイテッド。守備陣の補強を最優先としながらも、前線にも手を加えようとしている。 その候補がザークツィー。ボローニャでプレーした2023-24シーズンは、セリエAで34試合に出場し11ゴール5アシストを記録している。 すると、オランダ代表としてユーロ2024に出場。準々決勝のトルコ代表戦でオランダ代表デビューを果たした。 ビッグクラブも注目するザークツィーだが、ユナイテッドが獲得に熱心に動いていた中、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、かなり楽観的に考えているようだ。 ユナイテッドはザークツィーの代理人と徹底的に話しており、選手本人とは大筋で合意しているという。 また、ボローニャに対しては3400万ポンド(約70億円)の契約解除金を支払う予定とのこと。全額を支払うのか、別の形で埋めるのかをクラブ間交渉しているようだが、何れにしても破談になる可能性は低いという。 2024.07.07 22:15 Sun
3

ファン・ニステルローイ氏がユナイテッド復帰へ…2年契約でテン・ハグ監督の第一アシスタントに

ルート・ファン・ニステルローイ氏(48)が古巣のマンチェスター・ユナイテッドと契約を交わすようだ。オランダ『Eindhovens Dagblad』が報じた。 現役時代にオランダ代表やマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリーなどで活躍したストライカーは、2012年に現役を引退した後、母国オランダで指導者の道へ。2022-23シーズンはPSVで初のファーストチーム監督を務めた。 エールディビジで2位をキープしつつKNVBベーカーでは優勝するなど結果を残したが、クラブのサポート不足を理由に2023年5月に退任。今夏はレスター・シティやバーンリーの監督就任が噂された。 他にもクラブ・ブルージュやドイツ、スペインの複数クラブから監督就任の打診があったとのこと。しかし、マンチェスター・ユナイテッドで第一アシスタントになることを選び、近日中に2年契約を結ぶという。 ファン・ニステルローイ氏は、ユナイテッドで公式戦219試合150ゴールを記録。2002-03シーズンはプレミアリーグで得点王に輝き、リーグ優勝など5つのタイトル獲得に貢献。ストライカーに悩むチームにとっても、大きな補強となりそうだ。 ユナイテッドは先日、エリク・テン・ハグ監督と2026年6月までの新契約を締結。ゴー・アヘッド・イーグルで監督を務めていたレネ・へイク氏(52)、アヤックスでゴールキーパーコーチを務めていたイェレ・テン・ロウウェラール氏(43)も迎え入れる見込みで、現職のコーチは数名が退任へと向かっているようだ。 ユナイテッドの新シーズンに向けたトレーニングは8日から開始。ファン・ニステルローイ氏は労働許可証の取得を待っている状況だという。 2024.07.08 10:44 Mon
4

バルサからの契約延長オファーを保留するアラウホ…今後の展開やいかに

ウルグアイ代表DFロナルド・アラウホ(25)は、バルセロナとの契約延長に消極的なのか。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ウルグアイ代表とバルセロナで、それぞれ最終ラインの中核を担うアラウホ。現在開催中のコパ・アメリカ2024にも参戦し、グループステージの全3試合に先発出場する。 バルセロナとの契約は残り2年。 ハンジ・フリック新監督は引き続きアラウホをチームの主力と位置付けているようだが、当の本人と代理人は、どこかのタイミングでの移籍も排除していないとのことだ。 大小含めチェルシー、バイエルン、マンチェスター・ユナイテッドからの関心はまだ消えず。現在コパ・アメリカを取材中の『ムンド・デポルティボ』記者がアラウホに契約延長を問うたところ、「今大会に集中しているから」と、実質的にノーコメントだったという。 バルセロナはアラウホ売却を考慮せず、ここ数カ月でチェルシーから届いた1億ユーロ(約174.1億円)超えの打診を2度にわたって拒否。 アラウホと代理人も「基本的には残留」のようだが、バルセロナからの契約延長オファーを保留にしていることは確かだそうだ。 2024.07.03 18:10 Wed
5

レアルが狙う18歳DFヨロをユナイテッドが急襲!? 破格の87.2億円オファー提示でリールが受け入れか…レアルは61億円での獲得を望む

クラブの内部を改革し始めているマンチェスター・ユナイテッド。移籍市場では、センターバックの補強を進めている中、今夏の移籍市場を賑わす若手CBへのオファーを提示したという。 ジム・ラトクリフ氏が共同オーナーとなり、キャリントンのトレーニング施設の改修など、環境整備に投資しているユナイテッド。エリク・テン・ハグ監督の残留も決定し、クラブOBであるルート・ファン・ニステルローイ氏もコーチとして復帰する見込みとなっている。 一方で、選手の補強にも当然投資。中盤の選手とセンターバックをメインに獲得に動いている。 すでに元フランス代表DFラファエル・ヴァランが退団しており、CBが手薄なユナイテッド。バイエルンのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(24)の獲得に熱を上げていると見られた中、リールに所属するU-23フランス代表DFレニー・ヨロ(18)を急襲したようだ。 ヨロはレアル・マドリーも獲得を狙っていた逸材。ジャーナリストのナビル・ジェリット氏によれば、ユナイテッドはボーナス付きの5000万ユーロ(約87億2000万円)のオファーを書面にてリールに提示。リールはこれを受け入れたとのことだ。 また、このオファーはマドリーよりもかなりの高額提示だったとされているものの、契約締結にはまだまだ時間がかかるとされている。 ヨロの希望はマドリーへの移籍。クラブはユナイテッドでも良いと考えているようだが、本人が納得できるかもポイントとなる。 なお、スペイン『アス』によると、マドリーは3500万ユーロ(約61億円)程度のオファーで話をまとめたいとのこと。確かにユナイテッドとの差は大きく開いている。 ユナイテッドはヨロ、デ・リフトの他にも、エバートンのイングランド代表DFジャラッド・ブランスウェイト(22)に強い関心を持っているとされ、どのCBを手中に収められるのか注目が集まる。 2024.07.09 23:40 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly