フランスはドローでグループ2位通過も「失望していない」、デシャン監督は「チャンスを作れている」と強調

2024.06.26 11:10 Wed
ディディエ・デシャン監督はチームのパフォーマンスに満足感
Getty Images
ディディエ・デシャン監督はチームのパフォーマンスに満足感
フランス代表ディディエ・デシャン監督が、ユーロ2024決勝トーナメント進出という結果を評価した。『UEFA.com』が伝えている。

25日、ポーランド代表とユーロ2024グループD最終節で対戦したフランス。ここまで1勝1分けでグループ2位に位置するチームは、チャンスを作りながら相手GKの好セーブもあって得点を奪えずハーフタイムへ。後半、キリアン・ムバッペがPKを決めて待望のユーロ初ゴールを記録するも、79分に今度はPKから失点を許すと、その後はスコア動かず1-1のドローに終わった。
これにより、他会場の結果グループ2位通過が決定したフランス。1勝2分けと物足りない成績でグループステージを終えたが、デシャン監督は満足感を強調しており、これからさらに改善されるだろうと自信を示している。

「私はまったく失望していない。もちろん首位の座を狙ってはいたが、(相手GKの)スコルプスキは素晴らしかった。彼が何度もセーブしたことで、我々はチャンスを活かせなかったんだ。前半には5回のチャンスがあった。相手GKの功績は認めなければならないだろう」

「ボールを地面にセットした状態で、素早くプレーする必要がある。彼らは我々より屈強であり、空中戦では絶対に勝てないと思っていた。チャンス2回で2点を取れる日もあれば、今日のように7回チャンスがあって得点できない日もあるだろう。もちろん改善の余地はあるが、チャンスを作れていなければより心配していたはずだ」
「無駄なことを言うつもりはない。チームは団結し、チャンスを作っている。得点がない点で、パフォーマンスはまだ控えめだが、最終的にはベスト16に進出できた。本当にタフなグループだったしね。これから少し休みたい。ジャーナリストのみんなも少し休めることを願っている」

ディディエ・デシャンの関連記事

昨季限りでミランを退団したFWオリヴィエ・ジルー(37)がフランス代表からの引退を発表した。 ユーロ2024をベスト4で終えた37歳FWは15日、自身の公式インスタグラムを通じて代表引退を表明した。 「あれは2018年7月15日だった。ワールドカップを制覇してから6年後の今日、フランス代表に別れを告げる恐ろしい瞬間がやってきた」 「思い出が蘇る瞬間だ…。1998年7月12日、私は12歳だった。フランスがワールドカップを優勝の夜、いつか自分もワールドカップチャンピオンになると心に誓った。それから13年後の2011年11月11日、私の夢は実現した。青いジャージを着てフランスを代表できることをとても誇りに思う!」 「このチームに加わって、選手やスタッフと本当の家族のような関係を築けました。喜びも失望も、勝利も敗北も、笑いも涙も経験しながらも、常に団結し、お互いに支え合ってきた。私たちは、ディディエ・デシャン監督という一人の男に見守られながら、切っても切れない仲間になった」 「デシャン監督の信頼に感謝したい。浮き沈みはあったものの、143試合に出場して57ゴールを挙げ、私がレ・ブルーの歴代得点王になるのを助けてくれた。また、親切心とプロ意識によって私たちの安全と健康状態を保証してくれたすべての裏方たちにも感謝したい」 「フランス代表での私のキャリアは、常に順調だったわけではない。疑心暗鬼に陥り、批判に苦しむこともあったが、心の底では信じることを止めなかった。努力、謙虚さ、そして祈りによって、困難な時期を乗り越えることができた。また、妻と4人の素晴らしい子供たちの揺るぎないサポートのおかげで、私はいつも、そのたびにさらに強くなるために戦う強さを見出してきた」 「心から感謝しているファンのことも忘れられない。彼らに多くの幸せをもたらすことができたことを嬉しく思う。私の記憶には4つの日付が刻まれている。まず、2013年11月19日、ウクライナ代表を3-0で下したときの聖地での一戦だ」 「次にユーロ2016の決勝戦。決勝戦での敗北は、チームにとって忘れられない思い出のひとつとなった。フランス代表の最大の失望の1つとして語り継がれるであろう決勝戦での敗北にもかかわらず、私たちは大会を通して忘れがたい人間ドラマを経験した」 「そして2018年7月15日…最高の瞬間!私たちの生涯の目標だったあの瞬間だけは、忘れられない。私は今でも私たちがお互いの腕の中に倒れ込み、こう叫んだ瞬間を今でも覚えている!そう、私たちはやり遂げた。私たちは世界チャンピオンになったのだ!」 「最後に2022年ワールドカップ。決勝で敗れた大きな失望にもかかわらず、この大会は私のキャリアで最も強烈な思い出のひとつとなった。私は3ゴールを挙げてティエリ・アンリの記録を塗り替えた。さらにイングランド代表戦では4ゴール目を決め、準決勝進出を決めたんだ」 「今、私の人生の一ページが閉じようとしている…。私は新たな冒険へと飛び立つ。これからはレ・ブルーの一番のサポーターになる。13年間仕えたこのフランスの代表は、私の心に永遠に刻まれ続けるだろう。私の最大の誇りであり、最高の思い出だ」 2011年11月にに行われたアメリカ代表戦でフランス代表デビューを飾ると、以降はFWFアントワーヌ・グリーズマンらと共に長らく代表の主力に君臨。 2014年大会から3大会連続でワールドカップ本大会に出場。2012年大会から4大会連続でユーロ本大会にも出場。2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)優勝や2022年のカタールW敗準優勝、2016年のユーロ準優勝などに貢献した。 なお、通算137試合出場はウーゴ・ロリス(145試合)、リリアン・テュラム(142試合)に次ぐ歴代3位で、通算57ゴールは歴代最多得点記録となっている。 2024.07.16 07:00 Tue
フランス代表DFバンジャマン・パヴァール(28)が、ディディエ・デシャン監督との間に再び軋轢を起こしたようだ。 23-24シーズンよりインテルに所属するバンジャマン・パヴァール。 バイエルン時代にドイツ国内の全主要タイトルを獲得、さらにはチャンピオンズリーグ(CL)を制し、心機一転、幼少期からの憧れだったセリエAへ。1年目でスクデットを掲げた。 フランス代表キャリアでは、ロシアW杯前年の2017年11月に初キャップを獲得し、そのまま主軸に定着。本大会優勝を経て、4年後の22年カタールW杯も不動の存在として迎えた。 ところが、初戦終了後に起用法などを巡ってデシャン監督と対立。この一戦を境に完全なるサブ組となり、以降は出場ゼロ。カタールW杯終了後も招集こそされるが、序列は低く、ユーロ2024は大会を通じて出場ゼロで終えた。 フランス『RMC Sport』や『SportsFR』によると、どうやらパヴァールはユーロ2024参戦中に「とうてい模範的とは言えない振る舞いが目立っていた」とのこと。 今回、デシャン監督のみならずコーチングスタッフ陣全員の反感を買う形になったとされ、根底にあるのは、やはり以前から続く指揮官との冷戦状態か。具体的に何が起きたか不明だが、パヴァールのA代表キャリアが今後も続くか微妙な見通しとなった模様だ。 また、ドイツ『レキップ』は「パヴァールは代表引退も選択肢」と主張し、イタリア『カルチョメルカート』も「デシャン体制が続くならパヴァールは招集されない。選手自ら別れを告げない限りは」との関係者談を紹介する。 デシャン体制で長らく続いた右サイドバック(SB)起用に嫌気がさし、カタールW杯中の対立に至ったとされるパヴァール。インテル移籍はセンターバック起用を望んでのものだったと本人が認めている一方、デシャン体制では現在でも右SBをメインに起用される。 28歳バンジャマン・パヴァールはいま、キャリアの分岐点に立っている格好だ。 2024.07.14 13:20 Sun
フランス代表のFWキリアン・ムバッペが敗戦を悔いた。フランス『レキップ』が報じた。 ユーロ2024の準々決勝では延長戦の末に開催国のドイツ代表を下し、ベスト4に駒を進めたフランス。9日の準決勝ではスペイン代表と対戦した。 フランスは8分、ムバッペのクロスからFWランダル・コロ・ムアニがヘディングで押し込み幸先良く先制。しかし、FWラミン・ヤマルのゴラッソで21分に追いつかれると、その4分後にはMFダニ・オルモに逆転弾を許した。 最後まで追いかけたフランスだったが、1点が遠いまま試合終了。決勝進出を逃すこととなった。 試合後、先制点をアシストしたムバッペは、自らの目標が叶わなかったことを悔やみ、新天地であるレアル・マドリーでのプレシーズンに向け頭を切り替えなければならないと語った。 「たくさんのミスがあったのかどうかはわからないけど、決勝に進めないほどのミスをしてしまった。彼らは僕らよりも良いプレーをしたから、決勝に進むに値した」 「彼(ディディエ・デシャン監督)は、『頭を下げてはいけない、進み続けなければならない。サッカーは長くて静かな川ではないし、浮き沈みはある。勝つこともあれば負けることもある』と言った」 「僕には欧州チャンピオンになるという野心があったし、ユーロで良いプレーをしたいという野心もあったけど、そのどちらもできなかった。残念だけど、休暇に入らないといけない。しっかり休むつもりだ。リフレッシュして戻るのは、ハードな準備をするために必要なことだと思う」 また、スペインの2ゴールにも言及。逆転を許したこと、追いつけなかったことを反省した。 「(2失点に打ちのめされてしまった?)わからない。先制したから最も難しいことを成し遂げたと思ったけど、もしかしたら無意識のうちに少し後退していたのかもしれない」 「気迫も少なかったし、立て続けに2失点してしまった。その後、マシンを再起動しようとしたけど、十分ではなかった。結果的にこうなったのは、決勝に進むのに十分ではなかったということだ」 「(試合終了間際のチャンスは)ゴールを決めなければいけなかったと思うし、少なくとも枠内にシュートを打たなければならないと思う。バーの上を越えてしまった。フットボールの厳しい現実だ」 この試合、ムバッペは負傷のため着用していたフェイスガードを外してプレー。今大会のゴールはPKからの1点のみに終わったが、少なからず影響を感じていたようだ。 「マスク? あれにはうんざりしていた。あれのせいでよく見えなかった。ドクターに相談したら、男らしく決断するように言われた。後悔はしていないよ」 <span class="paragraph-title">【動画】マスクを外したムバッペがコロ・ムアニの先制点をアシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="RJJWUn5AbQg";var video_start = 20;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.10 10:28 Wed
フランス代表のディディエ・デシャン監督が、ユーロ2024準決勝敗退も前向きな姿勢を示した。『UEFA.com』が伝えている。 9日、スペイン代表とのユーロ2024準決勝に臨んだフランスは、9分にランダル・コロ・ムアニのヘディングシュートで先制する優位な展開になるも、21分にラミン・ヤマルのゴラッソで同点を許すと直後に逆転を許してしまいハーフタイムへ。後半、何としても追いつきたいチームはアントワーヌ・グリーズマンやオリヴィエ・ジルーらを投入してゴールへと迫ったが、最後まで同点ゴールは生まれず1-2で敗れた。 準決勝でユーロの舞台から去ることが決まったデシャン監督は効率性が欠けていたことを認めつつ、チームの将来性は豊かであることを強調している。 「できるだけリラックスして、ゴールを狙う必要があった。これがここまでの我々に欠けていたものだろう。それでも、コロ・ムアニのおかげで準決勝まで進出し、得点する方法も見つけてきた。以前と同じように効率的であれば、より良かっただろう」 「ユーロ決勝後、代表から引退するつもりだと話していたオリヴィエ・ジルーが、日曜日の決勝戦で最後の試合をすることができていたら良かった。それでも、彼がしてくれたことすべてに感謝したい」 「我々のチームには若い選手がたくさんいる。これが将来に向けた助けになるだろう」 2024.07.10 09:05 Wed
フランス代表のディディエ・デシャン監督がスペイン代表戦への意気込みを語った。『UEFA.com』が伝えた。 ユーロ2024でベスト4まで勝ち残っているフランス。準々決勝のポルトガル代表戦では、ゴールレスのまま120分を終え、PK戦の末に準決勝進出を決めた。 9日には、ドイツ代表との激闘を制したスペインと対戦。デシャン監督はMFロドリが中盤に君臨するチームを警戒し、守備だけでなく攻撃でも工夫する必要があると語った。 「スペインのチームはいつも中盤が優れている。試合をコントロールする能力がある。中盤は強力で、ロドリは欠かせない存在だ。彼らはこれまでユーロで最高の結果を残してきたチームだ。毎試合最高の印象を残している」 「スペインが持つ攻撃力を考えれば、それ(守備が固いこと)は確かに非常に重要なことだ。主要大会でソリッドな守備を維持することは非常に重要だが、それだけでは十分ではない。効率的に前進する必要がある」 また、デシャン監督はチーム状態にも言及。ポルトガル戦の延長戦で下げたFWキリアン・ムバッペも問題ないようで、総力を挙げて2016年大会に続く決勝進出を目指す。 「(選手たちの状態は)良い。とても良い。しっかりと回復し、この準決勝に集中している。目標はもう一度決勝に進出することだ」 「(ポルトガル戦の)延長戦は彼にとって少しハードだったとわかっていた。筋肉的な観点から言えば、彼は間違いなくピッチに立つだろう。彼にはできるだけ休んでもらいたかった。我々はできる限りのことをしたし、キリアンは良い状態にあると確信している。彼は明日、110%の力を出すために全力を尽くすだろう。他の選手たちも同様だ」 さらに、ここまでわずか1失点の守備を支えるGKマイク・メニャンや、今大会まだ先発の機会を与えていないFWオリヴィエ・ジルーについてもコメント。守護神の能力の高さや、頼れるベテランの起用について語った。 「彼(メニャン)がなぜこんなに素晴らしいのか、私が説明するまでもないだろう。彼はチームのリーダーだ。今はおそらく人々が彼に少し注目しているが、(彼の才能は)一夜にして花開いたものではない」 「彼(ジルー)は先発していないが、(ベンチから)出場している。彼が他の選手より効率が悪いというわけではない。(出場するかどうかは)状況次第だ。チャンスを作れていないわけではない。チャンスをものにすることが大事だ」 2024.07.09 15:38 Tue

フランス代表の関連記事

昨季限りでミランを退団したFWオリヴィエ・ジルー(37)がフランス代表からの引退を発表した。 ユーロ2024をベスト4で終えた37歳FWは15日、自身の公式インスタグラムを通じて代表引退を表明した。 「あれは2018年7月15日だった。ワールドカップを制覇してから6年後の今日、フランス代表に別れを告げる恐ろしい瞬間がやってきた」 「思い出が蘇る瞬間だ…。1998年7月12日、私は12歳だった。フランスがワールドカップを優勝の夜、いつか自分もワールドカップチャンピオンになると心に誓った。それから13年後の2011年11月11日、私の夢は実現した。青いジャージを着てフランスを代表できることをとても誇りに思う!」 「このチームに加わって、選手やスタッフと本当の家族のような関係を築けました。喜びも失望も、勝利も敗北も、笑いも涙も経験しながらも、常に団結し、お互いに支え合ってきた。私たちは、ディディエ・デシャン監督という一人の男に見守られながら、切っても切れない仲間になった」 「デシャン監督の信頼に感謝したい。浮き沈みはあったものの、143試合に出場して57ゴールを挙げ、私がレ・ブルーの歴代得点王になるのを助けてくれた。また、親切心とプロ意識によって私たちの安全と健康状態を保証してくれたすべての裏方たちにも感謝したい」 「フランス代表での私のキャリアは、常に順調だったわけではない。疑心暗鬼に陥り、批判に苦しむこともあったが、心の底では信じることを止めなかった。努力、謙虚さ、そして祈りによって、困難な時期を乗り越えることができた。また、妻と4人の素晴らしい子供たちの揺るぎないサポートのおかげで、私はいつも、そのたびにさらに強くなるために戦う強さを見出してきた」 「心から感謝しているファンのことも忘れられない。彼らに多くの幸せをもたらすことができたことを嬉しく思う。私の記憶には4つの日付が刻まれている。まず、2013年11月19日、ウクライナ代表を3-0で下したときの聖地での一戦だ」 「次にユーロ2016の決勝戦。決勝戦での敗北は、チームにとって忘れられない思い出のひとつとなった。フランス代表の最大の失望の1つとして語り継がれるであろう決勝戦での敗北にもかかわらず、私たちは大会を通して忘れがたい人間ドラマを経験した」 「そして2018年7月15日…最高の瞬間!私たちの生涯の目標だったあの瞬間だけは、忘れられない。私は今でも私たちがお互いの腕の中に倒れ込み、こう叫んだ瞬間を今でも覚えている!そう、私たちはやり遂げた。私たちは世界チャンピオンになったのだ!」 「最後に2022年ワールドカップ。決勝で敗れた大きな失望にもかかわらず、この大会は私のキャリアで最も強烈な思い出のひとつとなった。私は3ゴールを挙げてティエリ・アンリの記録を塗り替えた。さらにイングランド代表戦では4ゴール目を決め、準決勝進出を決めたんだ」 「今、私の人生の一ページが閉じようとしている…。私は新たな冒険へと飛び立つ。これからはレ・ブルーの一番のサポーターになる。13年間仕えたこのフランスの代表は、私の心に永遠に刻まれ続けるだろう。私の最大の誇りであり、最高の思い出だ」 2011年11月にに行われたアメリカ代表戦でフランス代表デビューを飾ると、以降はFWFアントワーヌ・グリーズマンらと共に長らく代表の主力に君臨。 2014年大会から3大会連続でワールドカップ本大会に出場。2012年大会から4大会連続でユーロ本大会にも出場。2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)優勝や2022年のカタールW敗準優勝、2016年のユーロ準優勝などに貢献した。 なお、通算137試合出場はウーゴ・ロリス(145試合)、リリアン・テュラム(142試合)に次ぐ歴代3位で、通算57ゴールは歴代最多得点記録となっている。 2024.07.16 07:00 Tue
フランス代表DFバンジャマン・パヴァール(28)が、ディディエ・デシャン監督との間に再び軋轢を起こしたようだ。 23-24シーズンよりインテルに所属するバンジャマン・パヴァール。 バイエルン時代にドイツ国内の全主要タイトルを獲得、さらにはチャンピオンズリーグ(CL)を制し、心機一転、幼少期からの憧れだったセリエAへ。1年目でスクデットを掲げた。 フランス代表キャリアでは、ロシアW杯前年の2017年11月に初キャップを獲得し、そのまま主軸に定着。本大会優勝を経て、4年後の22年カタールW杯も不動の存在として迎えた。 ところが、初戦終了後に起用法などを巡ってデシャン監督と対立。この一戦を境に完全なるサブ組となり、以降は出場ゼロ。カタールW杯終了後も招集こそされるが、序列は低く、ユーロ2024は大会を通じて出場ゼロで終えた。 フランス『RMC Sport』や『SportsFR』によると、どうやらパヴァールはユーロ2024参戦中に「とうてい模範的とは言えない振る舞いが目立っていた」とのこと。 今回、デシャン監督のみならずコーチングスタッフ陣全員の反感を買う形になったとされ、根底にあるのは、やはり以前から続く指揮官との冷戦状態か。具体的に何が起きたか不明だが、パヴァールのA代表キャリアが今後も続くか微妙な見通しとなった模様だ。 また、ドイツ『レキップ』は「パヴァールは代表引退も選択肢」と主張し、イタリア『カルチョメルカート』も「デシャン体制が続くならパヴァールは招集されない。選手自ら別れを告げない限りは」との関係者談を紹介する。 デシャン体制で長らく続いた右サイドバック(SB)起用に嫌気がさし、カタールW杯中の対立に至ったとされるパヴァール。インテル移籍はセンターバック起用を望んでのものだったと本人が認めている一方、デシャン体制では現在でも右SBをメインに起用される。 28歳バンジャマン・パヴァールはいま、キャリアの分岐点に立っている格好だ。 2024.07.14 13:20 Sun
フランス代表のFWキリアン・ムバッペが敗戦を悔いた。フランス『レキップ』が報じた。 ユーロ2024の準々決勝では延長戦の末に開催国のドイツ代表を下し、ベスト4に駒を進めたフランス。9日の準決勝ではスペイン代表と対戦した。 フランスは8分、ムバッペのクロスからFWランダル・コロ・ムアニがヘディングで押し込み幸先良く先制。しかし、FWラミン・ヤマルのゴラッソで21分に追いつかれると、その4分後にはMFダニ・オルモに逆転弾を許した。 最後まで追いかけたフランスだったが、1点が遠いまま試合終了。決勝進出を逃すこととなった。 試合後、先制点をアシストしたムバッペは、自らの目標が叶わなかったことを悔やみ、新天地であるレアル・マドリーでのプレシーズンに向け頭を切り替えなければならないと語った。 「たくさんのミスがあったのかどうかはわからないけど、決勝に進めないほどのミスをしてしまった。彼らは僕らよりも良いプレーをしたから、決勝に進むに値した」 「彼(ディディエ・デシャン監督)は、『頭を下げてはいけない、進み続けなければならない。サッカーは長くて静かな川ではないし、浮き沈みはある。勝つこともあれば負けることもある』と言った」 「僕には欧州チャンピオンになるという野心があったし、ユーロで良いプレーをしたいという野心もあったけど、そのどちらもできなかった。残念だけど、休暇に入らないといけない。しっかり休むつもりだ。リフレッシュして戻るのは、ハードな準備をするために必要なことだと思う」 また、スペインの2ゴールにも言及。逆転を許したこと、追いつけなかったことを反省した。 「(2失点に打ちのめされてしまった?)わからない。先制したから最も難しいことを成し遂げたと思ったけど、もしかしたら無意識のうちに少し後退していたのかもしれない」 「気迫も少なかったし、立て続けに2失点してしまった。その後、マシンを再起動しようとしたけど、十分ではなかった。結果的にこうなったのは、決勝に進むのに十分ではなかったということだ」 「(試合終了間際のチャンスは)ゴールを決めなければいけなかったと思うし、少なくとも枠内にシュートを打たなければならないと思う。バーの上を越えてしまった。フットボールの厳しい現実だ」 この試合、ムバッペは負傷のため着用していたフェイスガードを外してプレー。今大会のゴールはPKからの1点のみに終わったが、少なからず影響を感じていたようだ。 「マスク? あれにはうんざりしていた。あれのせいでよく見えなかった。ドクターに相談したら、男らしく決断するように言われた。後悔はしていないよ」 <span class="paragraph-title">【動画】マスクを外したムバッペがコロ・ムアニの先制点をアシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="RJJWUn5AbQg";var video_start = 20;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.10 10:28 Wed
スペイン代表FWラミン・ヤマルが、ユーロ2024決勝進出への貢献を喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。 ヤマルは9日に行われたユーロ準決勝のフランス代表戦で先発。試合は序盤に先制点を許す苦しい展開となったが、そんな中で21分、ヤマルがボックス手前から左足を振り抜くと、パーフェクトなミドルシュートがゴール左上に決まり同点ゴールを記録した。 試合は直後にダニ・オルモのゴールで逆転したスペインが最後までリードを守り、2-1で試合終了。スペインの3大会ぶりとなるユーロ決勝進出が決まった。 後半アディショナルタイムまでプレーしたヤマルは、決勝進出に歓喜。全世界が注目する16歳の新星は、目標であるユーロ優勝に向けた意気込みも述べている。 「決勝に進出できて興奮しているよ。でもまだ一番大事なこと、優勝という目標は達成できていない。試合では苦しい場面もあったね。誰もこんなに早く失点するとは思っていなかった」 「シュートが入った瞬間は、純粋な高揚感があったよ。今、何が起こっているのかはあまり考えないようにしている。ただ楽しみ、チームに貢献したい。土曜日にドイツでチームメイト全員と(自身の)17歳の誕生日を祝うため、すべての試合に勝つためここに来たんだ!」 「決勝に進出できたのは本当に特別なことだ。チームに貢献する必要があり、今日はそれをやりたかった。試合終了のホイッスルが鳴った後は本当に嬉しかったね。夢が叶ったようなものだった」 「決勝に進出すれば、最高の相手と戦わなければならない。誰が相手になるかについては、楽しみに待つよ」 <span class="paragraph-title">【動画】スペインの決勝進出に大きく貢献したヤマルのゴラッソ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="FaNSYcxEs3w";var video_start = 78;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.10 09:55 Wed
フランス代表のディディエ・デシャン監督が、ユーロ2024準決勝敗退も前向きな姿勢を示した。『UEFA.com』が伝えている。 9日、スペイン代表とのユーロ2024準決勝に臨んだフランスは、9分にランダル・コロ・ムアニのヘディングシュートで先制する優位な展開になるも、21分にラミン・ヤマルのゴラッソで同点を許すと直後に逆転を許してしまいハーフタイムへ。後半、何としても追いつきたいチームはアントワーヌ・グリーズマンやオリヴィエ・ジルーらを投入してゴールへと迫ったが、最後まで同点ゴールは生まれず1-2で敗れた。 準決勝でユーロの舞台から去ることが決まったデシャン監督は効率性が欠けていたことを認めつつ、チームの将来性は豊かであることを強調している。 「できるだけリラックスして、ゴールを狙う必要があった。これがここまでの我々に欠けていたものだろう。それでも、コロ・ムアニのおかげで準決勝まで進出し、得点する方法も見つけてきた。以前と同じように効率的であれば、より良かっただろう」 「ユーロ決勝後、代表から引退するつもりだと話していたオリヴィエ・ジルーが、日曜日の決勝戦で最後の試合をすることができていたら良かった。それでも、彼がしてくれたことすべてに感謝したい」 「我々のチームには若い選手がたくさんいる。これが将来に向けた助けになるだろう」 2024.07.10 09:05 Wed

ユーロの関連記事

ガレス・サイスゲイト氏の後任候補に複数の指揮官が挙がっている。 イングランドサッカー協会(FA)は16日、2016年9月からイングランド代表を率いてきたサウスゲイト監督の辞任を発表。選手起用などに関して批判的な声も集まったが、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)では4位、2021年と2024年のユーロでは準優勝と好成績も収めた。 発表に際し、FAの最高経営責任者(CEO)を務めるマーク・ブリンガム氏は、後任探しが進行中だとコメント。9月にはUEFAネーションズリーグの戦いが始まることから、暫定的な解決策を用いる可能性もあると伝え、それ以上の明言は避けた。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、FAはイングランドを託す可能性のある候補者のラージリストを作成。ブリンガム氏とテクニカル・ディレクター(TD)を務めるジョン・マクダーモット氏がプロセスを主導し、引き続きイングランド人指揮官を中心に検討している模様だ。 FAの幹部らは、2023年4月にチェルシーを去って以来フリーの状態が続くグレアム・ポッター氏(49)の大ファンとのこと。ポッター氏はこれまで、プレミアリーグのクラブも含めた数々のクラブからのオファーを断っているが、自国を率いるチャンスとなれば現場復帰もありえると考えられている。 また、ニューカッスルのエディ・ハウ監督(46)も高く評価している模様だが、こちらは状況が複雑。クラブに補償金を支払う可能性があるため、より高額な選択肢となり、ニューカッスルと長期契約を結んでいるハウ監督は、イングランド代表に移れば大幅な減給が見込まれる。 その他、U-21イングランド代表のリー・カーズリー監督(50)や、2023-24シーズン終了直後にチェルシーを電撃退任となったマウリシオ・ポチェッティーノ氏(52)も候補に。ポチェッティーノ監督はアルゼンチン人指揮官だが、マクダーモット氏が熱心に支持しているとのことで、FAは話し合いに前向きだという。 2024.07.16 22:35 Tue
イングランド代表監督を退任したガレス・サウスゲイト氏が、感謝と別れのメッセージを送った。 16日、イングランドサッカー協会(FA)はイングランド代表を指揮していたサウスゲイト監督の辞任を発表。およそ8年間にわたる指揮を終えることとなった。 在任期間中には、ワールドカップ(W杯)、ユーロに2度ずつ出場。W杯は4位とベスト8、ユーロは2大会連続準優勝という成績を残した中、辞任を決断していた。 8年間で102試合を指揮し、64勝20分け18敗の成績を残したサウスゲイト監督。最後は風当たりも強くなっていた中、若手を中心に臨んだユーロ2024でも一定の結果を残したが、国を率いることから離れることとなった。 サウスゲイト監督は改めてイングランド代表を指揮できたことに感謝。また、スタッフはイングランド国民のサポーターたちへの感謝も述べ、これからはファンとして見守っていくとFAを通じてコメントしている。 「誇り高きイギリス人として、イングランド代表としてプレーし、イングランド代表を率いることは生涯の栄誉だった。私にとってそれは全てを意味し、全力を尽くしてきた」 「しかし、今こそ変化の時、そして新たな章の始まりだ。日曜日のベルリンでのスペインとの決勝戦が、私のイングランド代表監督としての最後の試合だった」 「私はイングランドサッカーの成長を決意し、2011年にFAに加入した。その間、イングランドの男子代表監督としての8年間を含め、素晴らしい人々に支えられてきた。心から感謝している」 「スティーブ・ホランドほど、私のそばにいてくれる人はいなかった。彼は同世代で最も才能のあるコーチの1人で、素晴らしい存在だった」 「私は102試合で多くの選手を率いる栄誉に恵まれた。彼ら全員がスリーライオンズのユニフォームを着ることを誇りに思い、さまざまな形で国の名誉となっている」 「ドイツに連れて行ったチームは刺激的な若い才能に満ちており、我々全員が夢見るトロフィーを獲得できるだろう。彼らをとても誇りに思っている。そして、イングランドサッカーの向上に日々努めているセントジョージズ・パークの選手やチーム、そしてFAをサポートし、サッカーがポジティブな変化をもたらす力を持っていることを理解してほしいと思う」 「特にこの8年間、選手と私に惜しみないサポートをしてくれたバックルームのスタッフに感謝する。彼らの懸命な努力と献身性は、私に毎日インスピレーションを与えてくれた。素晴らしい『チームを支えるチーム』である彼らに、私はとても感謝している」 「我々には世界最高のファンがいて、彼らのサポートは私にとってかけがえのないものだ。私はイングランドのファンであり、これからもずっとそうあり続けるだろう」 「選手たちがさらに特別な思い出を作り、我々が知っているようにできる限り国民と結びつけ、国民を鼓舞していくのを見守り、祝福することを楽しみにしている」 「イングランドの全てに感謝する」 2024.07.16 19:45 Tue
イングランドサッカー協会(FA)は16日、イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督(53)の辞任を発表した。また、アシスタントコーチのスティーブ・ホランド氏(54)も退任する。 現役時代はイングランド代表としてもプレーし、クリスタル・パレス、アストン・ビラ、ミドルズブラでプレーしたサウスゲイト監督。引退後は、ミドルズブラで監督業をスタートすると、2011年1月にイングランド代表のアカデミーマネージャーに就任。その後、U-21イングランド代表監督を務め、2016年9月にイングランド代表の監督に就任した。 監督就任後102試合を指揮し、64勝20分け18敗の成績を残していた。 サウスゲイト監督は2018年、2022年のワールドカップ(W杯)、2021年、2024年のユーロと4つの大会で指揮。2018年のロシアW杯で4位となると、2021年のユーロでは決勝まで駒を進めるも、イタリア代表に敗れて準優勝となった。 2022年のカタールW杯は準々決勝でフランス代表に敗れて敗退。そして、先日まで行われたユーロ2024では、2大会連続で決勝まで進むも、スペイン代表に敗れて再び準優勝。悲願のユーロ制覇を逃していた。 不安定な戦いが続き、選手起用などを含めてサウスゲイト監督には批判的な声が多く集まっており、今年12月で契約が満了を迎えることもあって退任を求める声が多くなっていた中、自ら辞任を表明した。 サウスゲイト監督は、FAを通じてコメント。「誇り高きイギリス人として、イングランド代表としてプレーし、イングランド代表を率いることは生涯の栄誉だった。私にとってそれは全てを意味し、全力を尽くしてきた」と語り、「しかし、今こそ変化の時、そして新たな章の始まりだ。日曜日のベルリンでのスペインとの決勝戦が、私のイングランド代表監督としての最後の試合だった」と、ユーロをもって退任するとした。 2024.07.16 19:15 Tue
シカゴ・ファイアーに所属するMFジェルダン・シャキリ(32)がスイス代表からの引退を発表した。 ユーロ2024をベスト8で終えた32歳MFは15日、自身の公式X(旧ツイッター)を通じて代表引退を表明した。 「7つのトーナメント、多くのゴール、スイス代表チームでの14年間、そして忘れられない瞬間。代表チームに別れを告げるときが来た。素晴らしい思い出が残っている。みんなに『ありがとう』と伝えたい」 アルバニア人の両親のもと、幼少期にコソボからスイスへ移住したシャキリは、U-17チームからスイス代表でプレー。2010年3月に行われたウルグアイ代表戦でA代表デビューを飾ると、以降はMFグラニト・ジャカらと共に長らく代表の主力に君臨。 2010年大会から4大会連続でワールドカップ本大会に出場。2016年大会から3大会連続でユーロ本大会にも出場した。また、W杯通算12試合5ゴール2アシスト、ユーロ通算11試合5ゴール2アシストと、大舞台での勝負強さも際立っていた。 なお、これまでの通算125試合出場は盟友ジャカに次ぐ歴代2位で、通算32ゴールはアレクサンダー・フライ(42ゴール)、クビライ・トゥルキルマズとマックス・アベグレン(34ゴール)に次ぐ歴代4位の数字だ。 2024.07.15 22:48 Mon
バイエルンのMFトーマス・ミュラー(34)がドイツ代表からの引退を表明した。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ユーロ2024では準々決勝でスペイン代表に敗れ、ベスト8敗退に終わったドイツ。今大会で2試合プレーしたミュラーは、スペイン戦後に「これが僕の最後の試合になるかもしれない」と語り、ユリアン・ナーゲルスマン監督と話し合いの場を持つと明かしていた。 そんなミュラーは15日、自身のYouTubeチャンネルにて「代表チームでの将来についての決断」と題した動画を投稿。自身の代表キャリアを振り返ると同時に、「14年以上前、初めて国際試合に出場させてもらった時は、こんなこと夢にも思わなかった。131試合に出場し、45ゴールを挙げたドイツの鷲に、今日別れを告げる」と述べ、2026年北中米ワールドカップ(W杯)を目指すチームを、今度は一ファンとして観客席から応援する意向を示した。 2010年3月に代表デビューを飾ったミュラーは、通算131試合45ゴール41アシストを記録。ローター・マテウス氏の150試合、ミロスラフ・クローゼ氏の137試合に次ぐ歴代3位の出場試合数を誇る。 初出場の2010年W杯では得点王とベストヤングプレーヤー賞に輝き、2014年W杯では優勝に貢献。2018年W杯後には代表から離れる時期もあったが、ユーロ2020には参加し、共に計4度のW杯とユーロを経験している。 なお、代表でのキャリアには幕を閉じるが、クラブキャリアは2025年夏まで残すバイエルンとの契約を全うする見込みだ。 2024.07.15 18:18 Mon

記事をさがす

ディディエ・デシャンの人気記事ランキング

1

先制アシストも決勝逃したムバッペ、悔しさあらわ「欧州王者になる、ユーロで良いプレーをしたいという野心があったけど…」

フランス代表のFWキリアン・ムバッペが敗戦を悔いた。フランス『レキップ』が報じた。 ユーロ2024の準々決勝では延長戦の末に開催国のドイツ代表を下し、ベスト4に駒を進めたフランス。9日の準決勝ではスペイン代表と対戦した。 フランスは8分、ムバッペのクロスからFWランダル・コロ・ムアニがヘディングで押し込み幸先良く先制。しかし、FWラミン・ヤマルのゴラッソで21分に追いつかれると、その4分後にはMFダニ・オルモに逆転弾を許した。 最後まで追いかけたフランスだったが、1点が遠いまま試合終了。決勝進出を逃すこととなった。 試合後、先制点をアシストしたムバッペは、自らの目標が叶わなかったことを悔やみ、新天地であるレアル・マドリーでのプレシーズンに向け頭を切り替えなければならないと語った。 「たくさんのミスがあったのかどうかはわからないけど、決勝に進めないほどのミスをしてしまった。彼らは僕らよりも良いプレーをしたから、決勝に進むに値した」 「彼(ディディエ・デシャン監督)は、『頭を下げてはいけない、進み続けなければならない。サッカーは長くて静かな川ではないし、浮き沈みはある。勝つこともあれば負けることもある』と言った」 「僕には欧州チャンピオンになるという野心があったし、ユーロで良いプレーをしたいという野心もあったけど、そのどちらもできなかった。残念だけど、休暇に入らないといけない。しっかり休むつもりだ。リフレッシュして戻るのは、ハードな準備をするために必要なことだと思う」 また、スペインの2ゴールにも言及。逆転を許したこと、追いつけなかったことを反省した。 「(2失点に打ちのめされてしまった?)わからない。先制したから最も難しいことを成し遂げたと思ったけど、もしかしたら無意識のうちに少し後退していたのかもしれない」 「気迫も少なかったし、立て続けに2失点してしまった。その後、マシンを再起動しようとしたけど、十分ではなかった。結果的にこうなったのは、決勝に進むのに十分ではなかったということだ」 「(試合終了間際のチャンスは)ゴールを決めなければいけなかったと思うし、少なくとも枠内にシュートを打たなければならないと思う。バーの上を越えてしまった。フットボールの厳しい現実だ」 この試合、ムバッペは負傷のため着用していたフェイスガードを外してプレー。今大会のゴールはPKからの1点のみに終わったが、少なからず影響を感じていたようだ。 「マスク? あれにはうんざりしていた。あれのせいでよく見えなかった。ドクターに相談したら、男らしく決断するように言われた。後悔はしていないよ」 <span class="paragraph-title">【動画】マスクを外したムバッペがコロ・ムアニの先制点をアシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="RJJWUn5AbQg";var video_start = 20;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.10 10:28 Wed
2

“ユーロ2024で出場ゼロ” パヴァールが再びデシャン監督と対立か…欧州各紙がフランス代表引退の可能性を指摘

フランス代表DFバンジャマン・パヴァール(28)が、ディディエ・デシャン監督との間に再び軋轢を起こしたようだ。 23-24シーズンよりインテルに所属するバンジャマン・パヴァール。 バイエルン時代にドイツ国内の全主要タイトルを獲得、さらにはチャンピオンズリーグ(CL)を制し、心機一転、幼少期からの憧れだったセリエAへ。1年目でスクデットを掲げた。 フランス代表キャリアでは、ロシアW杯前年の2017年11月に初キャップを獲得し、そのまま主軸に定着。本大会優勝を経て、4年後の22年カタールW杯も不動の存在として迎えた。 ところが、初戦終了後に起用法などを巡ってデシャン監督と対立。この一戦を境に完全なるサブ組となり、以降は出場ゼロ。カタールW杯終了後も招集こそされるが、序列は低く、ユーロ2024は大会を通じて出場ゼロで終えた。 フランス『RMC Sport』や『SportsFR』によると、どうやらパヴァールはユーロ2024参戦中に「とうてい模範的とは言えない振る舞いが目立っていた」とのこと。 今回、デシャン監督のみならずコーチングスタッフ陣全員の反感を買う形になったとされ、根底にあるのは、やはり以前から続く指揮官との冷戦状態か。具体的に何が起きたか不明だが、パヴァールのA代表キャリアが今後も続くか微妙な見通しとなった模様だ。 また、ドイツ『レキップ』は「パヴァールは代表引退も選択肢」と主張し、イタリア『カルチョメルカート』も「デシャン体制が続くならパヴァールは招集されない。選手自ら別れを告げない限りは」との関係者談を紹介する。 デシャン体制で長らく続いた右サイドバック(SB)起用に嫌気がさし、カタールW杯中の対立に至ったとされるパヴァール。インテル移籍はセンターバック起用を望んでのものだったと本人が認めている一方、デシャン体制では現在でも右SBをメインに起用される。 28歳バンジャマン・パヴァールはいま、キャリアの分岐点に立っている格好だ。 2024.07.14 13:20 Sun
3

「以前のように効率的なら…」ユーロ準決勝敗退のフランス…デシャン監督はチームの将来性強調「若い選手が多くいる」

フランス代表のディディエ・デシャン監督が、ユーロ2024準決勝敗退も前向きな姿勢を示した。『UEFA.com』が伝えている。 9日、スペイン代表とのユーロ2024準決勝に臨んだフランスは、9分にランダル・コロ・ムアニのヘディングシュートで先制する優位な展開になるも、21分にラミン・ヤマルのゴラッソで同点を許すと直後に逆転を許してしまいハーフタイムへ。後半、何としても追いつきたいチームはアントワーヌ・グリーズマンやオリヴィエ・ジルーらを投入してゴールへと迫ったが、最後まで同点ゴールは生まれず1-2で敗れた。 準決勝でユーロの舞台から去ることが決まったデシャン監督は効率性が欠けていたことを認めつつ、チームの将来性は豊かであることを強調している。 「できるだけリラックスして、ゴールを狙う必要があった。これがここまでの我々に欠けていたものだろう。それでも、コロ・ムアニのおかげで準決勝まで進出し、得点する方法も見つけてきた。以前と同じように効率的であれば、より良かっただろう」 「ユーロ決勝後、代表から引退するつもりだと話していたオリヴィエ・ジルーが、日曜日の決勝戦で最後の試合をすることができていたら良かった。それでも、彼がしてくれたことすべてに感謝したい」 「我々のチームには若い選手がたくさんいる。これが将来に向けた助けになるだろう」 2024.07.10 09:05 Wed
4

前回途中交代のムバッペは「110%の力を出す」、総力挙げてのスペイン撃破へデシャン監督「もう一度決勝に進出する」

フランス代表のディディエ・デシャン監督がスペイン代表戦への意気込みを語った。『UEFA.com』が伝えた。 ユーロ2024でベスト4まで勝ち残っているフランス。準々決勝のポルトガル代表戦では、ゴールレスのまま120分を終え、PK戦の末に準決勝進出を決めた。 9日には、ドイツ代表との激闘を制したスペインと対戦。デシャン監督はMFロドリが中盤に君臨するチームを警戒し、守備だけでなく攻撃でも工夫する必要があると語った。 「スペインのチームはいつも中盤が優れている。試合をコントロールする能力がある。中盤は強力で、ロドリは欠かせない存在だ。彼らはこれまでユーロで最高の結果を残してきたチームだ。毎試合最高の印象を残している」 「スペインが持つ攻撃力を考えれば、それ(守備が固いこと)は確かに非常に重要なことだ。主要大会でソリッドな守備を維持することは非常に重要だが、それだけでは十分ではない。効率的に前進する必要がある」 また、デシャン監督はチーム状態にも言及。ポルトガル戦の延長戦で下げたFWキリアン・ムバッペも問題ないようで、総力を挙げて2016年大会に続く決勝進出を目指す。 「(選手たちの状態は)良い。とても良い。しっかりと回復し、この準決勝に集中している。目標はもう一度決勝に進出することだ」 「(ポルトガル戦の)延長戦は彼にとって少しハードだったとわかっていた。筋肉的な観点から言えば、彼は間違いなくピッチに立つだろう。彼にはできるだけ休んでもらいたかった。我々はできる限りのことをしたし、キリアンは良い状態にあると確信している。彼は明日、110%の力を出すために全力を尽くすだろう。他の選手たちも同様だ」 さらに、ここまでわずか1失点の守備を支えるGKマイク・メニャンや、今大会まだ先発の機会を与えていないFWオリヴィエ・ジルーについてもコメント。守護神の能力の高さや、頼れるベテランの起用について語った。 「彼(メニャン)がなぜこんなに素晴らしいのか、私が説明するまでもないだろう。彼はチームのリーダーだ。今はおそらく人々が彼に少し注目しているが、(彼の才能は)一夜にして花開いたものではない」 「彼(ジルー)は先発していないが、(ベンチから)出場している。彼が他の選手より効率が悪いというわけではない。(出場するかどうかは)状況次第だ。チャンスを作れていないわけではない。チャンスをものにすることが大事だ」 2024.07.09 15:38 Tue
5

相手が恐れる右手…ストライカーの完成形と呼ばれた男、アラン・シアラー

サッカーの試合で最もボルテージが上がる瞬間と言っても良いのがゴールシーン。どのカテゴリーの試合でも、間違いなく観る者、そしてプレーする選手のテンションを上げる場面だ。 そのゴールシーンでは、各選手が特徴的なゴールパフォーマンスを見せ、ゴールを多く決める選手ほど、その代名詞とも言えるパフォーマンスを持っている。 現代サッカー界で最も広く知られているのは、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが見せるポーズだろうか。ゴールを決めた勢いのまま走り出すと、コーナーフラッグでジャンプし反転。「Siiiii!(イエース!)」と絶叫し、両手を広げながら着地する仁王立ちパフォーマンスは知られたものだろう。観客もパフォーマンスに合わせて「Siiiii!」というものだ。 その他にもゴールパフォーマンスを見せる選手は多く、バク宙をする選手や勢いをつけてヒザで滑るもの、ハートを手で作ったり、古くは指輪にキスをするなど様々。世のサッカー少年は、好きな選手のパフォーマンスを真似するのに必死なはずだ。 そのゴールパフォーマンスだが、右手を高く掲げるゴールパフォーマンスを見たことはあるだろうか。シンプルなパフォーマンスだが、対戦相手にとっては悪夢とも言えるこのポーズは、かつてイングランド代表のエースであったアラン・シアラーのものだ。 <span class="paragraph-title">◆商標登録されるパフォーマンス</span> 特段目立つパフォーマンスでもなく、むしろ地味でシンプルなものだが、ことシアラーの右手を掲げるパフォーマンスは誇り高きパフォーマンスとして愛されている。 このパフォーマンスは商標登録されるほど。もちろん、パフォーマンスをすることが他の選手に禁じられているわけではなく、シアラーが右手を高く掲げるこのパフォーマンスの写真等を使用した商品は、10%がチャリティに寄付されるというものだ。 それだけこのパフォーマンスの価値が高いということを示しており、イングランドにとって重要なパフォーマンスであることが知れるところ。プレミアリーグにおける最多得点記録保持者ということでも、どれほど多くの回数右手が掲げられたかがわかるだろう。 ニューカッスル出身のシアラーは、サウサンプトンの下部組織で育ち、1988年にアーセナル戦でプロデビューを果たす。 そのデビュー戦では、まさかのハットトリック達成。2点ビハインドから3点を奪い、チームに勝利をもたらせたことで一気に注目を集めることに。シアラーが17歳で成し遂げたことだった。 当時はプレミアリーグ発足前、ファーストディビジョンとして行われたリーグだが、1992-93シーズンに開幕したプレミアリーグで、一気にシアラーの得点力が花開くことに。スコアラーとしての地位を確立していくこととなる。 <span class="paragraph-title">◆大舞台で輝くストライカー</span> そのシアラーがイングランド代表としてデビューを果たしたのは1992年2月。フランス代表とのフレンドリーマッチだった。 フランスはエリック・カントナやジャン=ピエール・パパン、ディディエ・デシャンなど、往年のスター選手が出場していた中、シアラーは2トップで先発出場。43分に先制ゴールを記録し、こちらもデビュー戦ゴール。プロデビューに続いて、デビュー戦でいきなりゴールを決めるという勝負強さを見せる。 当時のエースは、後に名古屋グランパスに加入し、Jリーグでもプレーするギャリー・リネカー氏が務めていたが、新たなエース誕生という期待がシアラー氏にかけられていく。しかし、所属クラブとは裏腹に、イングランド代表ではシアラー氏は思うようにゴールを決められない。 シアラー氏がイングランド代表として最も輝いたのは、1996年に行われたユーロ。初戦のスイス代表戦でゴールを決めると、スコットランド代表戦で1ゴール、オランダ代表戦で2ゴールと3試合連続ゴールを記録。準決勝のドイツ代表戦でも1ゴールを決め、大会通算5ゴールで得点王に。チームはベスト4で終わったが、初めてイングランド代表でもその得点力を披露することとなった。 なお、ユーロ初戦でゴールを決めるまで、20試合ゴールを決めていないことも大きな話題となったが、大舞台での活躍で信頼を取り戻す。 その後も、日本代表が初めて出場した1998年のフランス・ワールドカップ(W杯)に向けた欧州予選ではゴールを量産。無事に出場権を獲得すると、本大会でも2ゴールを記録した。 シアラーは2000年のユーロにも出場し、2ゴールを記録。ユーロ予選も含めてゴールを決めた一方で、フレンドリーマッチではほとんどゴールを決めないという不思議な現象もあり、代表通算63試合で30ゴールという成績に。歴代8位という意外な数字で終わっているが、決めなければいけない試合でのゴールをしっかり決める勝負強さを発揮した。 <span class="paragraph-title">◆ストライカーの完成形</span> イングランド代表としては大きな輝きを放てなかったシアラーだが、クラブレベルでの活躍は素晴しいものだった。 プレミアリーグが発足した1992-93シーズンにブラックバーンへと移籍したシアラーは、21試合で16ゴール4アシストを記録。ケガなどもあり満足いく数字を残せなかったが、1993-94シーズンは40試合で31ゴール4アシストと得点を倍増させる。 さらに1994-95シーズンは42試合で34ゴール13アシストとアシスト数も増加。元イングランド代表FWクリス・サットンとのSASコンビでプレミアリーグ得点王に輝くと、チームを優勝に導くことに。ビッグ6と呼ばれるクラブ以外では、“奇跡の優勝”と言われた2015-16シーズンのレスター・シティと共にチャンピオンとして名を残している状況だ。 なお1995-96シーズンは35試合で31ゴール、ニューカッスルへと移籍した1996-97シーズンは31試合で25ゴールを記録し3年連続得点王に輝いていた。 当然その得点力にはビッグクラブが目をつけており、マンチェスター・ユナイテッドやバルセロナなどが獲得に動いたが、自身が愛する地元のクラブであるニューカッスルから離れることはなく、キャリアの終了までプレーした。 シアラーの特徴は、183cmと際立って大柄ではないものの、空中戦にめっぽう強く、ヘディングの技術は卓越したものがあり、多くのゴールにつなげた。 さらにシュートレンジも広く、様々なゴールパターンを持っていることからも、完成されたストライカーの1人として認識され、キャリアの晩年になってもゴールを決め続け、積み上げたプレミアリーグでのゴールは「260」。2位のウェイン・ルーニーが「208」と遠く及んでない。 そのシアラーの記録を抜く可能性を持っているのが、現在のイングランド代表のエースであるトッテナムのハリー・ケインと言われている。現時点で「167」ゴールを記録しており、記録までおよそ100ゴール。28歳のケインがプレミアリーグでプレーを続ければ間違いなく達成されるだろうが、イングランド人FWにとっての目指すべき姿として、今なお愛され続けている。 <div id="cws_ad"><hr>イングランド代表でも活躍し、ニューカッスルのレジェンドとしてプレミアリーグ歴代最多ゴール数を誇るシアラーが大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!<br/><br/>イングランド代表としてプレーしたDFソル・キャンベル、FWマイケル・オーウェンと共に現役時代に魅せたゴールが『サカつくRTW』でも再現。是非一度チェックしてみよう。</div> <a href="https://ryan.onelink.me/C7cD?pid=worldsoccer2110&c=worldsoccer2110&is_retargeting=true&af_inactivity_window=3d&af_dp=ryan.app%3A%2F%2F&af_web_dp=http%3A%2F%2Fsakatsuku-rtw.sega.com%2F" target="_blank"><div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/900/img/2021/sega20211027.jpg" style="max-width:100%;"></div></a> <span class="paragraph-title">【動画】伝説のストライカー、シアラーのイングランド代表での技ありゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">A huge congratulations to former <a href="https://twitter.com/hashtag/ThreeLions?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ThreeLions</a> man <a href="https://twitter.com/alanshearer?ref_src=twsrc%5Etfw">@alanshearer</a> on becoming one of the first inductees into the <a href="https://twitter.com/premierleague?ref_src=twsrc%5Etfw">@premierleague</a> Hall of Fame! <a href="https://t.co/FpxSU7B2cK">pic.twitter.com/FpxSU7B2cK</a></p>&mdash; England (@England) <a href="https://twitter.com/England/status/1386592090247860224?ref_src=twsrc%5Etfw">April 26, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJzUmR6VnJiMiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.10.27 20:00 Wed

フランス代表の人気記事ランキング

1

ユーロ2024ベスト4決定! 優勝経験国は3つ、わずか1ゴールや唯一の全勝など4強の今大会を振り返る【ユーロ2024】

ユーロ2024も準々決勝の4試合が終了。大会はベスト4の4カ国が残った。 勝ち上がったのはスペイン代表、フランス代表、イングランド代表、オランダ代表の4カ国。イングランド以外の3カ国はユーロの優勝経験があり、イングランドは前回大会のファイナリストだ。 優勝候補が勝ち残った今大会。改めて4カ国の今大会を振り返る。 <span class="paragraph-subtitle">◆悲願の初優勝へ〜イングランド〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_england_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 2021年に行われた前回大会は決勝まで勝ち進んだものの、イタリア代表との決勝で敗れて優勝を逃すことに。今大会も優勝国保の一角だった。 しかし、グループCを戦った今大会は、初戦のセルビア代表戦こそ勝利したものの、デンマーク代表(1-1)、スロベニア代表(0-0)と低調なパフォーマンスに終わり、ガレス・サウスゲイト監督への批判が高まることとなった。 ラウンド16では、スロバキア代表との戦いで敗戦に終わると誰もが思った中、最終盤にジュード・ベリンガムが衝撃のバイシクルシュートを決めて追いつくと、延長戦ではハリー・ケインがゴールを奪い、2-1で勝利。準々決勝のスイス代表戦は先制を許すもブカヨ・サカのゴールで追いつくと、PK戦で勝利を収めた。 快勝はまだない今大会だが、しぶとく勝ち上がってきたとも言えるだけに、2大会連続の決勝進出が期待されている。 ◆最多得点:ジュード・ベリンガム、ハリー・ケイン/2点 ◆グループC 1-0 vs セルビア代表 1-1 vs デンマーク代表 0-0 vs スロベニア代表 ◆ラウンド16 2-1(延長) vs スロバキア代表 ◆準々決勝 1-1 (PK:5-3) vs スイス代表 ◆準決勝 vs オランダ代表 <span class="paragraph-subtitle">◆本領発揮はいつ?たった1ゴールでベスト4〜フランス〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_france_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 優勝候補の一角であるフランス代表。2000年以来の優勝を目指して戦う大会となった。 厳しいグループに入ったフランスだが、初戦のオーストリア代表戦で1-0と勝利すると、続くオランダ代表(0-0)、ポーランド代表(1-1)と連続ドロー。エースのFWキリアン・ムバッペが初戦で鼻骨を骨折した影響もあり、ここまで大人しい状況だ。 ラウンド16では、同じ優勝候補のベルギー代表相手に1-0で勝利。準々決勝では、こちらも優勝候補のポルトガル代表と激闘を繰り広げてPK戦の末に勝利を収めている。 期待されるムバッペはここまでまだ1ゴール。それでいて、チームが上げたゴールもたったの「1」。ワールドカップに続いてのタイトル獲得に力を温存しているのだろうか? ◆最多得点:キリアン・ムバッペ/1点 ◆グループD 1-0 vs オーストリア代表 0-0 vs オランダ代表 1-1 vs ポーランド代表 ◆ラウンド16 1-0 vs ベルギー代表 ◆準々決勝 0-0 (PK:3-5) vs ポルトガル代表 ◆準決勝 vs スペイン代表 <span class="paragraph-subtitle">◆オランイェの復活なるか〜オランダ〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_netherlands_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 最後に優勝したのは1988年と36年前。近年は国際舞台でもなかなかその名を轟かせることができていなかった。 レジェンドであるロナルド・クーマン監督が率いるチームは、グループステージの初戦でポーランド代表に勝利を収めると、フランス代表とは引き分け。最終節はオーストリア代表に敗れるという波乱があり、3位でのグループステージ突破となった。 3位チームとして唯一ベスト4まで勝ち上がったオランダ。ルーマニア代表に3-0と快勝すると、準々決勝ではトルコ代表に逆転勝利。得点ランキングトップタイに立つコーディ・ガクポは3ゴールを記録しており、2ゴールのドニエル・マレンとの強力コンビは注目だ。 ◆最多得点:コーディ・ガクポ/3点 ◆グループD 2-1 vs ポーランド代表 0-0 vs フランス代表 2-3 vs オーストリア代表 ◆ラウンド16 3-0 vs ルーマニア代表 ◆準々決勝 2-1 vsトルコ代表 ◆準決勝 vs イングランド代表 <span class="paragraph-subtitle">◆今大会唯一の全勝〜スペイン〜</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2024/euro20240707_spain_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:0.9em;" id="cws_ad">Getty Images<hr></div> 過去3度ユーロで優勝を果たしているスペイン。今大会は死のグループとも言われたグループBに入り、王者イタリア代表、W杯3位のクロアチア代表、伏兵アルバニア代表と同居した。 それでも初戦でクロアチアに3-0と快勝スタートすると、イタリア代表に1-0、アルバニア代表に1-0と今大会唯一のグループステージ3連勝。ラウンド16ではジョージア代表に勝利すると、準々決勝はドイツ代表に延長戦の末に勝利した。 懸念点は準々決勝で負傷したMFペドリが復帰絶望になったこと。多くの選手がゴールを奪っていることがプラスに働くかどうかがポイントになる。 ◆最多得点:ファビアン・ルイス、ダニ・オルモ/2点 ◆グループB 3-0 vs クロアチア代表 1-0 vs イタリア代表 1-0 vs アルバニア代表 ◆ラウンド16 4-1 vs ジョージア代表 ◆準々決勝 2-1(延長) vs ドイツ代表 ◆準決勝 vs フランス代表 <span class="paragraph-title">【動画】優勝候補の一角、スペイン代表の戦いを振り返る</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AIr9NxdbGxY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.07 12:55 Sun
2

先制アシストも決勝逃したムバッペ、悔しさあらわ「欧州王者になる、ユーロで良いプレーをしたいという野心があったけど…」

フランス代表のFWキリアン・ムバッペが敗戦を悔いた。フランス『レキップ』が報じた。 ユーロ2024の準々決勝では延長戦の末に開催国のドイツ代表を下し、ベスト4に駒を進めたフランス。9日の準決勝ではスペイン代表と対戦した。 フランスは8分、ムバッペのクロスからFWランダル・コロ・ムアニがヘディングで押し込み幸先良く先制。しかし、FWラミン・ヤマルのゴラッソで21分に追いつかれると、その4分後にはMFダニ・オルモに逆転弾を許した。 最後まで追いかけたフランスだったが、1点が遠いまま試合終了。決勝進出を逃すこととなった。 試合後、先制点をアシストしたムバッペは、自らの目標が叶わなかったことを悔やみ、新天地であるレアル・マドリーでのプレシーズンに向け頭を切り替えなければならないと語った。 「たくさんのミスがあったのかどうかはわからないけど、決勝に進めないほどのミスをしてしまった。彼らは僕らよりも良いプレーをしたから、決勝に進むに値した」 「彼(ディディエ・デシャン監督)は、『頭を下げてはいけない、進み続けなければならない。サッカーは長くて静かな川ではないし、浮き沈みはある。勝つこともあれば負けることもある』と言った」 「僕には欧州チャンピオンになるという野心があったし、ユーロで良いプレーをしたいという野心もあったけど、そのどちらもできなかった。残念だけど、休暇に入らないといけない。しっかり休むつもりだ。リフレッシュして戻るのは、ハードな準備をするために必要なことだと思う」 また、スペインの2ゴールにも言及。逆転を許したこと、追いつけなかったことを反省した。 「(2失点に打ちのめされてしまった?)わからない。先制したから最も難しいことを成し遂げたと思ったけど、もしかしたら無意識のうちに少し後退していたのかもしれない」 「気迫も少なかったし、立て続けに2失点してしまった。その後、マシンを再起動しようとしたけど、十分ではなかった。結果的にこうなったのは、決勝に進むのに十分ではなかったということだ」 「(試合終了間際のチャンスは)ゴールを決めなければいけなかったと思うし、少なくとも枠内にシュートを打たなければならないと思う。バーの上を越えてしまった。フットボールの厳しい現実だ」 この試合、ムバッペは負傷のため着用していたフェイスガードを外してプレー。今大会のゴールはPKからの1点のみに終わったが、少なからず影響を感じていたようだ。 「マスク? あれにはうんざりしていた。あれのせいでよく見えなかった。ドクターに相談したら、男らしく決断するように言われた。後悔はしていないよ」 <span class="paragraph-title">【動画】マスクを外したムバッペがコロ・ムアニの先制点をアシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="RJJWUn5AbQg";var video_start = 20;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.10 10:28 Wed
3

「決勝進出は特別」ユーロ準決勝で見事なゴラッソ、母国をファイナルに導いた新星ヤマルは「純粋な高揚感があった」

スペイン代表FWラミン・ヤマルが、ユーロ2024決勝進出への貢献を喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。 ヤマルは9日に行われたユーロ準決勝のフランス代表戦で先発。試合は序盤に先制点を許す苦しい展開となったが、そんな中で21分、ヤマルがボックス手前から左足を振り抜くと、パーフェクトなミドルシュートがゴール左上に決まり同点ゴールを記録した。 試合は直後にダニ・オルモのゴールで逆転したスペインが最後までリードを守り、2-1で試合終了。スペインの3大会ぶりとなるユーロ決勝進出が決まった。 後半アディショナルタイムまでプレーしたヤマルは、決勝進出に歓喜。全世界が注目する16歳の新星は、目標であるユーロ優勝に向けた意気込みも述べている。 「決勝に進出できて興奮しているよ。でもまだ一番大事なこと、優勝という目標は達成できていない。試合では苦しい場面もあったね。誰もこんなに早く失点するとは思っていなかった」 「シュートが入った瞬間は、純粋な高揚感があったよ。今、何が起こっているのかはあまり考えないようにしている。ただ楽しみ、チームに貢献したい。土曜日にドイツでチームメイト全員と(自身の)17歳の誕生日を祝うため、すべての試合に勝つためここに来たんだ!」 「決勝に進出できたのは本当に特別なことだ。チームに貢献する必要があり、今日はそれをやりたかった。試合終了のホイッスルが鳴った後は本当に嬉しかったね。夢が叶ったようなものだった」 「決勝に進出すれば、最高の相手と戦わなければならない。誰が相手になるかについては、楽しみに待つよ」 <span class="paragraph-title">【動画】スペインの決勝進出に大きく貢献したヤマルのゴラッソ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="FaNSYcxEs3w";var video_start = 78;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.07.10 09:55 Wed
4

“ユーロ2024で出場ゼロ” パヴァールが再びデシャン監督と対立か…欧州各紙がフランス代表引退の可能性を指摘

フランス代表DFバンジャマン・パヴァール(28)が、ディディエ・デシャン監督との間に再び軋轢を起こしたようだ。 23-24シーズンよりインテルに所属するバンジャマン・パヴァール。 バイエルン時代にドイツ国内の全主要タイトルを獲得、さらにはチャンピオンズリーグ(CL)を制し、心機一転、幼少期からの憧れだったセリエAへ。1年目でスクデットを掲げた。 フランス代表キャリアでは、ロシアW杯前年の2017年11月に初キャップを獲得し、そのまま主軸に定着。本大会優勝を経て、4年後の22年カタールW杯も不動の存在として迎えた。 ところが、初戦終了後に起用法などを巡ってデシャン監督と対立。この一戦を境に完全なるサブ組となり、以降は出場ゼロ。カタールW杯終了後も招集こそされるが、序列は低く、ユーロ2024は大会を通じて出場ゼロで終えた。 フランス『RMC Sport』や『SportsFR』によると、どうやらパヴァールはユーロ2024参戦中に「とうてい模範的とは言えない振る舞いが目立っていた」とのこと。 今回、デシャン監督のみならずコーチングスタッフ陣全員の反感を買う形になったとされ、根底にあるのは、やはり以前から続く指揮官との冷戦状態か。具体的に何が起きたか不明だが、パヴァールのA代表キャリアが今後も続くか微妙な見通しとなった模様だ。 また、ドイツ『レキップ』は「パヴァールは代表引退も選択肢」と主張し、イタリア『カルチョメルカート』も「デシャン体制が続くならパヴァールは招集されない。選手自ら別れを告げない限りは」との関係者談を紹介する。 デシャン体制で長らく続いた右サイドバック(SB)起用に嫌気がさし、カタールW杯中の対立に至ったとされるパヴァール。インテル移籍はセンターバック起用を望んでのものだったと本人が認めている一方、デシャン体制では現在でも右SBをメインに起用される。 28歳バンジャマン・パヴァールはいま、キャリアの分岐点に立っている格好だ。 2024.07.14 13:20 Sun
5

ヤマルのユーロ最年少ゴラッソ&ダニ・オルモの3戦連発弾、フランスに逆転勝利のスペインが3大会ぶり決勝進出【ユーロ2024】

ユーロ2024準決勝、スペイン代表vsフランス代表が9日に行われ、2-1でスペインが逆転勝利した。 5日前の開催国ドイツ代表との準々決勝を、延長戦まで持ち込まれた死闘の末に2-1と勝利したスペインは、ドイツ戦のスタメンから3選手を変更。負傷したペドリ、出場停止のカルバハルとル・ノルマンに代えてダニ・オルモ、ナチョ、ヘスス・ナバスを起用した。 一方、PK戦にもつれ込んだポルトガル代表との激闘を制したフランスは、グリーズマンとカマヴィンガに代えてデンベレと出場停止明けのラビオを起用した。 共に[4-3-3]で臨んだ中、スペインが良い入りを見せると5分に決定機。ヤマルの左クロスをファーサイドのファビアン・ルイスがヘッド。しかしシュートを枠の上に外してしまった。 すると9分、フランスが先制する。ボックス左からのムバッペのクロスをファーサイドのコロ・ムアニがヘッド。こちらのシュートは見事決まった。 しかし21分、スペインがゴラッソで追いつく。決めたのはユーロ史上最年少ゴールとなる16歳ヤマル。ボックス手前右から左足を振り抜くと、パーフェクトなミドルシュートがゴール左上に決まった。 さらに4分後、スペインが一気に逆転する。クロスのルーズボールをボックス右で拾ったダニ・オルモがチュアメニをかわしてシュート。クンデのブロックを弾き、3試合連続ゴールが決まった。 ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が続いた中、スペインが2-1とリードして前半を終えた。 迎えた後半、フランスが前がかる中、53分にCKからチュアメニがヘディングシュートでオンターゲットを記録。62分にはグリーズマンやバルコラを投入した中、直後のCKからウパメカノがヘディングシュートを放つも枠外に。 スペインがフランスの圧力をしっかりと受け止めて時間を進める中、フランスは79分にジルーを投入。 81分にヤマルが得意のカットインシュートで牽制したスペインに対し、フランスは86分にムバッペがカットインシュートでゴールに迫るもシュートは枠を捉えきれず。 前半のリードを保ったスペインが優勝した2012年大会以来、3大会ぶりに決勝に進出している。 スペイン 2-1 フランス 【スペイン】 ラミン・ヤマル(前21) ダニ・オルモ(前25) 【フランス】 ランダル・コロ・ムアニ(前9) 2024.07.10 05:55 Wed

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly