CL控えるジローナ、チェコ代表CBクレイチを獲得

2024.06.15 07:30 Sat
ジローナは14日、スパルタ・プラハのチェコ代表DFラディスラフ・クレイチ(25)の獲得を発表した。契約期間は2029年6月までの5年間。移籍金はスペイン『アス』によると1200万ユーロ(約20億2000万円)でジローナ史上最高額になるという。

チェコ代表として10キャップを刻む左利きセンターバックのクレイチは2019年夏からスパルタ・プラハでプレー。これまで公式戦148試合に出場し44ゴール12アシストを記録している。
2022-23シーズンより主将を務め、今季は公式戦39試合出場で11得点7アシストとFW顔負けの貢献を披露し、チームをチェコ1部優勝に導いていた。

ジローナでは新シーズン、クラブ史上初のチャンピオンズリーグに臨むにあたって戦力の拡充が最優先となっている。

ラディスラフ・クレイチの関連記事

14日、ユーロ2024がいよいよ開幕。ドイツで行われる今大会は24カ国が出場し、7月14日までの1カ月間開催される。 今大会には最後の国際大会になる選手や、所属クラブで躍動した若手選手まで、622名の選手にプレーの可能性がある状況。出場24カ国を注目選手と共に紹介していく。 ■チェコ代表 出場回数:8大会 2024.06.18 19:00 Tue
ジローナが2選手の獲得に大きく近づいているという。スペイン『Relevo』が伝える。 来季クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)を戦うジローナだが、MFアレイシ・ガルシアやFWアルテム・ドフビクら複数の主軸に退団噂があり、早くも春頃から補強活動が活発に。 どうやら現段階で2選手の獲得に接近している模様。 2024.06.12 14:25 Wed
チェコサッカー協会(FACR)は28日、ユーロ2024に臨むチェコ代表メンバー26名を発表した。 現役時代はサンフレッチェ広島でもプレー経験があるイワン・ハシェック監督率いるチェコ代表。予選を2位で通過し、8大会連続11回目の出場を果たしている。 今回のメンバーには、国内組が中心となっているなか、レバークー 2024.05.28 23:50 Tue

ラディスラフ・クレイチの人気記事ランキング

1

CL控えるジローナ、チェコ代表CBクレイチを獲得

ジローナは14日、スパルタ・プラハのチェコ代表DFラディスラフ・クレイチ(25)の獲得を発表した。契約期間は2029年6月までの5年間。移籍金はスペイン『アス』によると1200万ユーロ(約20億2000万円)でジローナ史上最高額になるという。 チェコ代表として10キャップを刻む左利きセンターバックのクレイチは2019年夏からスパルタ・プラハでプレー。これまで公式戦148試合に出場し44ゴール12アシストを記録している。 2022-23シーズンより主将を務め、今季は公式戦39試合出場で11得点7アシストとFW顔負けの貢献を披露し、チームをチェコ1部優勝に導いていた。 ジローナでは新シーズン、クラブ史上初のチャンピオンズリーグに臨むにあたって戦力の拡充が最優先となっている。 2024.06.15 07:30 Sat
2

CL控えるジローナが2選手の獲得に接近…“南米屈指の若手”ルチョ&チェコ代表191cmCBクレイチ

ジローナが2選手の獲得に大きく近づいているという。スペイン『Relevo』が伝える。 来季クラブ史上初のチャンピオンズリーグ(CL)を戦うジローナだが、MFアレイシ・ガルシアやFWアルテム・ドフビクら複数の主軸に退団噂があり、早くも春頃から補強活動が活発に。 どうやら現段階で2選手の獲得に接近している模様。“南米屈指の若手”ウルグアイ代表FWルチアーノ・ロドリゲス(20)、チェコ代表DFラディスラフ・クレイチ(24)だ。 ルチアーノ・ロドリゲス、通称ルチョはウルグアイ1部・リベルプールに所属のウインガー。昨年のU-20W杯で優勝したウルグアイのエースにして、3月にA代表デビューを飾っている。 ジローナは移籍金として1500万ユーロ(約25.3億円)を支払うようで、交渉がまとまればクラブ史上最高額となる。 クレイチはスパルタ・プラハ主将の191cm左利きセンターバック。今季公式戦39試合出場で11得点7アシストとFW顔負けの貢献を披露し、チームをチェコ1部優勝に導いた。 国内では最も市場価値が高い選手の1人となっており、ここ最近はA代表でも序列をアップ。ユーロ2024が“ショーウィンドウ”となる可能性もあるが、ジローナが移籍金1300万ユーロ(約21.9億円)で確保済みとされる。 2024.06.12 14:25 Wed
3

ジローナ行き決定したチェコの次代DFリーダー/ラディスラフ・クレイチ(チェコ代表)【ユーロ2024】

14日、ユーロ2024がいよいよ開幕。ドイツで行われる今大会は24カ国が出場し、7月14日までの1カ月間開催される。 今大会には最後の国際大会になる選手や、所属クラブで躍動した若手選手まで、622名の選手にプレーの可能性がある状況。出場24カ国を注目選手と共に紹介していく。 <span class="paragraph-subtitle">■チェコ代表</span> 出場回数:8大会連続8回目 最高成績:準優勝(1996) ユーロ2020結果:ベスト8 予選結果:グループE・2位 監督:イワン・ハシェック <span style="font-weight:800">◆注目選手</span> DFラディスラフ・クレイチ(スパルタ・プラハ) 1999年4月20日(25歳) 今大会でのブレイク期待されるチェコの次代デイフェンスリーダー。前回大会のベスト8チームで、近年はクラブレベルでも健闘光るチェコはかつてJリーグでもプレーしたイワン・ハシェック監督の下で前回大会同様の躍進を目指す。 レバークーゼンで準主力を担ったシックら3選手、キャプテンのソウチェクとツォウファルのウェストハムコンビ、バラクやクフタが比較的名が知れた存在ではあるが、注目は先日にジローナ移籍が決定した左利きのセンターバック。 地元のズブロヨフカ・ブルノから国内屈指の名門スパルタ・プラハにステップアップした在籍5年間でセンターバック、サイドバック、守備的MFを主戦場に公式戦148試合に出場。PKキッカーを務めているとはいえ、ほぼ3試合に1点ペースとなる44ゴールを記録するなど得点力にも優れる守備者だ。 191cmの恵まれた体躯に優れたアスリート能力の有する左利きDFは、地対空の対人の強さに加え、足元の技術、戦術眼、ポジショニングにも優れる万能型で、スラビア・プラハではキャプテンも託されている。 攻守両面で持ち味を発揮しやすい3バックの左での起用が想定される中、ポルトガル、ジョージア、トルコと前線に強烈な個性を持つ相手に躍動を期待したい。 <span style="font-weight:800">◆試合日程</span> ▽6月18日(火) 《28:00》 【F】ポルトガル代表 vs チェコ代表 ▽6月22日(土) 《25:00》 【F】ジョージア代表 vs チェコ代表 ▽6月26日(水) 《28:00》 【F】チェコ代表 vs トルコ代表 <span style="font-weight:800">◆招集メンバー</span> GK 1.インジフ・スタニェク(スラビア・プラハ) 16.マチェイ・コヴァル(レバークーゼン/ドイツ) 23.ヴィテツラフ・ヤロシュ(シュトゥルム・グラーツ/オーストリア) DF 2.ダビド・ジマ(スラビア・プラハ) 3.トマシュ・ホレシュ(スラビア・プラハ) 4.ロビン・フラナーチ(ビクトリア・プルゼニ) 5.ヴラディミール・ツォウファル(ウェストハム/イングランド) 6.マルティン・ヴィティック(スパルタ・プラハ) 12.ダビド・ドウジェラ(スラビア・プラハ) 15.ダビド・ユラセク(ホッフェンハイム/ドイツ) 18.ラディスラフ・クレイチ(スパルタ・プラハ) 24.トマシュ・ヴルチェク(スラビア・プラハ) MF 7.アントニン・バラク(フィオレンティーナ/イタリア) 8.ペトル・セフチーク(スラビア・プラハ) 14.ウカシュ・プロヴォド(スラビア・プラハ) 17.バーツラフ・チェルニー(ヴォルフスブルク/ドイツ) 20.オンドレイ・リングル(フェイエノールト/オランダ) 21.ルカシュ・チェルフ(ビクトリア・プルゼニ) 22.トマシュ・ソウチェク(ウェストハム/イングランド) 25.パベル・シュルツ(ビクトリア・プルゼニ) 26.マテイ・ユラセク(スラビア・プラハ) FW 9.アダム・フロジェク(レバークーゼン/ドイツ) 10.パトリック・シック(レバークーゼン/ドイツ) 11.ヤン・クフタ(スパルタ・プラハ) 13.モイミール・ヒティル(スラビア・プラハ) 19.トマシュ・ホリー(ビクトリア・プルゼニ) 2024.06.18 19:00 Tue

ジローナの人気記事ランキング

1

主将セルジ・ロベルトがバルセロナ退団へ…プレミアリーグ挑戦望む

バルセロナの元スペイン代表MFセルジ・ロベルト(32)が新天地を探しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 バルセロナのカンテラ出身で、ファーストチームでは14シーズンを戦ってきたセルジ・ロベルト。右サイドバックと中盤をこなすバックアッパーとしてチームを支え、2023-24シーズンはキャプテンも務めた。 クラブ通算479試合の出場数を誇る生え抜きMFだが、6月30日には契約が満了。バルセロナはもう1シーズンの更新を望み、新たなオファーを提示したという。 クラブの財政状況を踏まえ、金銭面は受け入れたというセルジ・ロベルトだが、他の部分が障壁に。たとえ契約を更新したとしても、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則の関係から、選手登録の列に並ぶことを求められた。 登録完了での残留か、登録できずの退団かの期限を8月10日と提示されたセルジ・ロベルトは、この状況を望まず。新契約にはサインせず、新たなリーグへの挑戦を希望している。 スペイン国内ではセビージャやバレンシアが興味を示し、関心度は低いもののジローナも目を向けているとのこと。しかし、本人はプレミアリーグ行きを望み、数日中に具体化されるかもしれないオファーを検討している模様だ。 2024.07.20 14:44 Sat
2

ケガ人相次ぐバルセロナ、パブロ・トーレが左手骨折で近く手術…昨季はジローナにレンタルの21歳

このオフ中にケガ人が相次ぐバルセロナだが、U-21スペイン代表MFパブロ・トーレもその1人となってしまった。 昨季は躍進のジローナでレンタルプレーヤーとして過ごし、公式戦29試合に出場のパブロ・トーレ。この夏はハンジ・フリック新監督のもとで始動したバルセロナに戻っているが、トレーニング中に骨折したようだ。 バルセロナの発表によると、16日のトレーニング中に左手の第5中手骨を骨折。近日中に手術を受ける見込みという。 バルセロナではこの夏、ユーロ2024に参戦のペドリとコパ・アメリカ2024に出場したロナルド・アラウホがそれぞれ負傷。ガビとフレンキー・デ・ヨングもまだ回復途中となっている。 2024.07.17 12:05 Wed
3

アトレティコがラ・リーガ得点王ドフビクと個人合意か…近日中のジローナとの決着望む

アトレティコ・マドリーがジローナのウクライナ代表FWアルテム・ドフビク(27)の獲得に迫っているようだ。『ESPN』が報じた。 オランダ代表FWメンフィス・デパイ(30)が退団し、スペイン代表FWアルバロ・モラタ(31)のミラン移籍も決まったアトレティコ。穴埋めとしてマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWフリアン・アルバレス(24)への関心も取り沙汰されたなか、有力候補に挙がっていたのは2023-24シーズンでラ・リーガ得点王に輝いたドフビクだった。 ジローナとはクラブ間交渉が続き、契約解除条項の4000万ユーロ(約67億3000万円)からの値引きに動いている状況。一方で、ドフビクとは個人合意に達したという。 また、ドフビクが移籍を熱望したことで、クラブ間交渉がより円滑になったとのこと。アトレティコは数日以内の決着を望んでいる模様だ。 189cmのウクライナ代表ストライカーは、2023年夏に母国ウクライナのドニプロ-1からジローナへ移籍。ラ・リーガで3位と躍進したチームの主砲としてリーグ戦36試合プレーし、24ゴール8アシストを記録した。 なお、アトレティコはフリアン・アルバレスとの契約に向け、シティとの交渉も継続中。ただ、そう簡単には放出しないことを理解しており、移籍期限ぎりぎりまで粘る構えのようだ。 2024.07.24 12:25 Wed
4

SB補強ポイントのドルトムント、昨季ジローナ躍進支えた両翼に関心か

ドルトムントが、昨シーズンのジローナの大躍進を支えた両サイドバックの獲得に動いている。ドイツ『スカイ』が報じている。 昨シーズンのチャンピオンズリーグ準優勝チームのドルトムントだが、シーズンを通してはサイドバックの問題が顕著だった。ノルウェー代表DFユリアン・リエルソンは両サイドで安定したパフォーマンスを披露したが、それ以外は負傷などもあり期待外れのパフォーマンスに。また、今年1月にチェルシーからレンタル移籍で加入したオランダ代表DFイアン・マートセンは今夏の買い取りを目指したが、アストン・ビラに引き抜かれた。 ヌリ・シャヒン新監督を迎え、各ポジションのテコ入れを図る中、サイドバックではブラジル代表DFヤン・コウト(22)、スペイン代表DFミゲル・グティエレス(23)の2選手を補強候補に挙げている。 ウイングもこなす攻撃的な右サイドバックのコウトに関しては選手サイドとすでに交渉を行っており、選手本人はジグナル・イドゥナ・パルク行きに前向きな姿勢を示しているという。ただ、保有元のマンチェスター・シティとの交渉が必要となり、クラブは2000万~2500万ユーロ(約34億4000万~43億円)程度の金額での獲得を目指しているようだ。 一方、左サイドバックのターゲットとなるグティエレスは豊富な運動量とアスリート能力に加え、ウイングやインテリオールの役割もこなせる多才なプレースタイルの持ち主だ。コウト以上の人気株は買い戻し条項を有するレアル・マドリーが主導権を握っており、現時点ではより困難なオペレーションとなる。 報道によると、同選手に関しては個人間、クラブ間の双方で具体的な動きには発展しておらず、他の候補と並行しながらチャンスを窺う形となる。 2024.07.15 14:10 Mon
5

ジローナがウクライナ路線拡大へ…A代表歴もない超無名の26歳をクロアチア1部から獲得か

ジローナが今夏もウクライナ人選手を獲得か。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝える。 24-25シーズン、クラブ史上初めてチャンピオンズリーグ(CL)に参戦するジローナ。 ラ・リーガ3位と大躍進の昨季は、昨年1月にディナモ・キエフから獲得した右ウインガーのFWヴィクトール・ツィガンコフ、8月にドニプロ-1から獲得したストライカーのFWアルテム・ドフビクが活躍。2人ともウクライナ代表であり、後者は昨季のラ・リーガ得点王だ。 そして今夏もウクライナ人選手を獲得へ。クロアチア1部・イストラに所属する元U-21ウクライナ代表MFオレクサンダル・ペトルセンコ(26)の獲得が可能となっており、ツィガンコフ&ドフビクから残留の確約を得られれば、決して高くない移籍金の支払いにゴーサインを出すという。 ペトルセンコはディナモ・キエフの下部組織で育つもトップチームには昇格できず、ウクライナ1部での実績もほぼゼロというセントラルハーフ。ハンガリー1部のボンヴェードという下位クラブ(現在2部)を経てクロアチア入りしており、26歳にしてA代表歴も一切ない。 そんな“超無名”だが、ジローナは何か光る部分を見出したということか。ペトルセンコとすれば、移籍が実現ならキャリア初の欧州5大リーグであり、キャリア初のCL参戦となる。 2024.07.16 21:25 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly