元イングランド代表FWジェイ・ロドリゲスが来季もバーンリーとともに! 新たに1年契約

2024.05.31 08:55 Fri
バーンリーFWジェイ・ロドリゲス
Getty Images
バーンリーFWジェイ・ロドリゲス
バーンリーは31日、元イングランド代表FWジェイ・ロドリゲス(34)との新たに1年契約を発表した。

かつてサウサンプトンでも活躍したジェイ・ロドリゲス。WBAでのプレーを挟み、2019年7月から生まれ故郷の古巣であるバーンリーに復帰した。
昨季のチャンピオンシップで10ゴールをマークし、プレミアリーグ返り咲きに貢献。その今季はリーグ戦2ゴールにとどまったが、21試合に出場した。

バーンリーは1年での降格が決まり、ジェイ・ロドリゲスも今季限りの契約状況だったが、来季もとどまる運びに。来季でバーンリー11年目となる。

ジェイ・ロドリゲスの関連記事

バーンリーは3日、元イングランド代表FWジェイ・ロドリゲス(32)との契約延長を発表した。 2019年夏の加入時に締結した1年延長オプション付きの2年契約が今季限りで満了する見通しだったが、新たに2年延長に至り、2023-24シーズンまでバーンリーでプレーすることが決まった。 ジェイ・ロドリゲスは元々、バーンリーの下部組織出身からプロデビューを果たしたアタッカーで、2012年夏のサウサンプトン移籍後にWBAでもプレー。2019年7月にバーンリー復帰を果たした。 サウサンプトン時代にイングランド代表にまで上り詰めた同選手はバーンリー復帰初年度から公式戦11ゴールを記録。翌季こそ3ゴールに終わったが、今季はここまで7ゴールを決めている。 チームが残り4試合のプレミアリーグで残留争いを強いられるなか、新たに契約を結んだジェイ・ロドリゲスはクラブを通じてコメントしている。 「ここに来てから際立つのはグループの団結力と互いのために働く姿だ。みんなが謙虚で、地に足がついている。このチームを見ていると、すごく懸命に働かなければならないのがわかる」 「バーンリーのファンには一体感があって、いつも一緒にいてくれる。ピッチで頑張る姿を見て、何があっても応援してくれるんだ」 「これまでたくさんの思い出を作れたし、またすぐにでも作りたい。フットボールでは常に向上し続けなければならないし、できるだけ多くの思い出を作らなければならないんだ」 「このクラブは僕にとって、とても大切な存在だ。この地域で育った僕にとって、バーンリーを代表するのは常に喜びで、特権。クラブから契約のオファーがあったとき、それは私にとって当然のことでした。サインするのが待ち遠しかったよ」 「バーンリーの子供として、バーンリーでプレーするのは特別なこと。クラブがどのように発展してきたか、そして今どうなっているか、その一端を担いたかったし、クラブでの次の章が待ち遠しいよ」 2022.05.04 11:25 Wed
バーンリーは25日、元イングランド代表FWジェイ・ロドリゲス(31)と、チェコ代表FWマチェイ・ヴィドラ(28)の2選手との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。 地元バーンリー生まれで同クラブでプロキャリアをスタートしたジェイ・ロドリゲスは、サウサンプトン、WBAを経て2019年夏に古巣に帰還。昨シーズンはプレミアリーグ36試合出場で8ゴール2アシストの数字を残し、クラブの残留に貢献した。今シーズンここまでは6試合に出場している。 一方、これまでワトフォードやWBA、レディング、ダービー・カウンティとイングランドの複数クラブを渡り歩いてきたヴィドラは2018年夏にバーンリーに加入。在籍2年半でリーグ通算37試合に出場し3ゴール2アシストの数字を残している。今シーズンは5試合に出場も、ジェイ・ロドリゲスと同様に初ゴールはお預けとなっている。 2020.11.26 00:35 Thu
バーンリーは8日、WBAから元イングランド代表FWジェイ・ロドリゲス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2021年6月30日までの2年間で、1年間の延長オプションが付随している。なお、イギリス『BBC』は今回の移籍金を1000万ポンド(約13億6000万円)と推定している。 2007年にバーンリーでプロキャリアをスタートしたロドリゲスは、2012年にサウサンプトンに加入。加入2年目となった2013-14シーズンにリーグ戦33試合に出場し、15ゴールを挙げるブレイクを果たした同選手は、同年にイングランド代表デビューも飾った。しかし、シーズン終盤にヒザ前十字じん帯を断裂する重傷を負うと、ここからキャリアが暗転。 翌シーズンを棒に振ると、2015-16シーズンはリーグ戦12試合出場でノーゴール。2016-17シーズンもリーグ戦24試合出場で5ゴールと思うような結果を残すことができず、再起を図るため2017年の夏にWBAへ移籍した。 WBAでは加入初年度からレギュラーに定着すると、在籍2シーズンで公式戦89試合に出場し33ゴールをマーク。チャンピオンシップ(イングランド2部相当)降格となった今シーズンは、リーグ2位となる22ゴールを挙げる活躍を見せ、チームのプレーオフ進出に貢献した。 2019.07.09 23:15 Tue
▽WBAは2日、サウサンプトンから元イングランド代表FWジェイ・ロドリゲス(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの4年となる。イギリス『BBC』は、今回の移籍金を1200万ポンド(約17億7000万円)と推定している。 ▽今冬にも加入の噂があった中、ようやくWBAの一員となったロドリゲスは、クラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「1、2度ニアミスがあった中、ここに来ることができて興奮しているよ」 「ここに来た最大の理由は最も自分を欲しがってくれたことだ。トニー・ピュリスとアルビオンは、クラブがどれだけ僕のことを欲しているかを明確に説明してくれたんだ」 「このクラブに加入できたことを心から嬉しく思っているよ。ここにはトッププレーヤーが多くいるし、彼らは同様に素晴らしい仲間だと思う」 ▽2007年にバーンリーでプロキャリアをスタートしたロドリゲスは、2012年にサウサンプトンに加入。加入2年目となった2013-14シーズンにリーグ戦33試合に出場し、15ゴールを挙げるブレイクを果たした同選手は、同年にイングランド代表デビューも飾った。しかし、シーズン終盤にヒザ前十字じん帯を断裂する重傷を負うと、ここからキャリアが暗転。 ▽翌シーズンを棒に振ると、2015-16シーズンはリーグ戦12試合出場でノーゴール。昨シーズンもリーグ戦24試合出場で5ゴールと思うような結果を残すことができなかった。 ▽それでも、センターフォワードに加え、前線の複数ポジションをカバーし、決定力と突破力を併せ持った同選手の加入は、WBAの得点力不足解消に繋がるはずだ。 2017.07.03 01:04 Mon

バーンリーの人気記事ランキング

1

イプスウィッチが新守護神獲得…降格バーンリーからコソボ代表GKムリッチ加入

イプスウィッチ・タウンは17日、バーンリーからコソボ代表GKアリジャネ・ムリッチ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2028年6月30日までの4年となる。 ムリッチはグラスホッパーの下部組織出身で、2015年3月にマンチェスター・シティのアカデミーに加入。2018年7月にファーストチームへ昇格すると、同クラブでは通算5試合に出場した。 一方で、これまでNACブレダ、ノッティンガム・フォレスト、ジローナ、ヴィレムII、アダナ・デミルスポルと国内外のクラブへのレンタル移籍を経験。その後、2022年夏にチャンピオンシップ(イングランド2部)に降格したバーンリーへ完全移籍した。 バーンリーでは加入1年目で正GKを務め、クラブのチャンピオンシップ優勝と共に1年でのプレミアリーグ復帰に貢献。ただ、昨シーズンはGKジェームズ・トラッフォードとのポジション争いに敗れ、プレミアリーグの出場はほぼ降格が決まっていた終盤戦の10試合に限られた。 コソボ代表でここまで38キャップを刻む経験豊富な25歳GKは、新天地での意気込みを語った。 「昨シーズンのチームのプレーを見て、そのスタイルが自分にとても合っていると感じたいたし、これは僕にとって完璧な移籍だ」 「監督たちと良い話し合いができた。クラブがプレミアリーグに昇格する中、ここが自分にとって最適な場所だと信じているよ」 なお、イプスウィッチでは昨季限りで退団した守護神ヴァツラフ・フラドキーの後釜を担う。 2024.07.17 21:47 Wed
2

来季プレミアの使用球が公開に!ナイキ24年目の新球は空力に則った「アート + サイエンス」

来季のプレミアリーグで使用される新ボールがお披露目となった。 マンチェスター・シティの3連覇で閉幕した今季のプレミアリーグ。15日には早くも2023-24シーズンの日程が発表となり、ストーブリーグの話題と共に開幕を待つこととなる。 日程発表と同日に来季使用されるボールも公開に。新たなナイキのフライトは今季とは大きく異なり、大胆なオレンジのパターンが目を惹く。 プレミアリーグの公式では「アート + サイエンス」と紹介。ユニフォームなどの用具情報を専門に扱う「Footy Headlines」では「空気力学に則って成形された溝と滑りにくい質感が予期せぬ動きを軽減。浮いたボールを望んだ位置に飛ばすことができる」と伝えている。 ナイキがプレミアの試合球を提供するのはこれで24シーズン連続に。開幕カードとなる8月11日のバーンリー vs マンチェスター・シティが公式戦での初お披露目となる予定だ。 <span class="paragraph-title">【動画&写真】芸術と科学が融合した23-24季のプレミアリーグ使用球</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CtgHktTrI_f/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CtgHktTrI_f/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CtgHktTrI_f/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Premier League(@premierleague)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.06.17 15:55 Sat
3

にわかに注目されるヴェグホルストの去就…母国オランダへ帰還? イングランド2部バーンリーに復帰?

オランダ代表FWワウト・ヴェグホルスト(31)の去就がにわかに注目されている。オランダ『Voetbal International』が伝えている。 ユーロ2024初戦、名手ヴォイチェフ・シュチェスニーが最後尾を守るポーランド代表相手に、途中出場から2分で決勝点を叩き込んだオランダ代表の“ジョーカー”ヴェグホルスト。 一時期マンチェスター・ユナイテッドに所属した197cmストライカーは、21-22シーズンからバーンリーが保有し、ベシクタシュ、ユナイテッド、今季はホッフェンハイムとレンタル移籍を繰り返している格好だ。 チャンピオンシップ(イングランド2部)に降格するバーンリーとの契約を来季も残すなか、ここ1カ月ほどは母国復帰の噂が絶えず。アヤックスとトゥベンテが接触し、ファブリツィオ・ロマーノ氏に言わせれば「アヤックスが獲得交渉をリード」だという。 一方、トゥベンテのジョセフ・オースティン監督はこのほど、取材対応で「ヴェグホルストは今朝もメールをくれた。(アヤックス行きは)噂に過ぎない」と獲得を諦めていないことを強調。ただ、こうも話す。 「ボールはバーンリーが握っているのだ。ヴェグホルストの契約はそこにあり、そもそもバーンリーが彼を放出するとは考えにくい」 素直に受け取れば、現役オランダ代表のヴェグホルストは来季2部リーグでプレーする可能性もあるようだが、今後の展開やいかに。ホッフェンハイム残留の線はない模様で、母国へ完全移籍で帰還、バーンリーでに復帰、あるいは4度目のレンタル…現状この3つが選択肢か。 2024.06.20 13:00 Thu
4

“万能な197cmFW”ヴェグホルストにアヤックスが関心、安価で獲得可能?

オランダ代表FWワウト・ヴェグホルスト(31)にアヤックスが関心を寄せる。 22-23シーズンの後半戦にマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたヴェグホルスト。22年暮れのカタールW杯におけるインパクトがキャリア初のビッグクラブ行きに繋がったが、一定の貢献こそあれど、ゴール数は寂しかった。 今季もユナイテッド時代と同じく、バーンリーを保有元としたうえで、ブンデスリーガのホッフェンハイムへレンタル移籍。ターゲットマンとしてリーグ戦28試合7得点3アシストをマークし、ユーロ2024のオランダ代表に選出だ。 そんななか、オランダ『Algemeeen Dagblad』によると、ヴェグホルストに関してアヤックスがバーンリーへ照会依頼。 所属選手32人中23人が「2000年代生まれ」というヤング・アヤックスなだけに、ナイジェリア代表FWチューバ・アクポム(29)が退団なら、国際キャリアも豊富な197cmストライカーの獲得に力を入れる可能性があるようだ。 オランダ『Voetbal International』いわく、「バーンリーとの契約は残り1年。ヴェグホルストは非常に安く獲得できる」とのことだ。 2024.06.08 13:15 Sat
5

プレミア復帰のサウサンプトンが左SBテイラーを獲得…先月限りでバーンリー退団

サウサンプトンは1日、イングランド人DFチャーリー・テイラー(30)の獲得を発表した。契約は2年となる。 リーズ・ユナイテッドでのプロデビューから、複数クラブでの修行も経験した左サイドバックは2017年夏からバーンリーでプレー。今季も公式戦30試合で1得点1アシストの活躍を披露し、通算でも220試合の出場数を誇るが、契約満了となった。 プレミアリーグ復帰クラブを新天地に選択した30歳DFは「本当にワクワクするよ。まさにぴったりだと感じる。このクラブを巡って話した人の誰もが素晴らしいことしか言わなかった。すごくワクワクするし、スタートが楽しみだ」などと語った。 2024.07.02 08:45 Tue

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly