4連覇に大きく近づく白星、2ゴールのハーランドは大仕事の同僚称賛「信じられないほど素晴らしい」

2024.05.15 10:30 Wed
アーリング・ハーランドが同僚の仕事を称賛
Getty Images
アーリング・ハーランドが同僚の仕事を称賛
マンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、勝利に貢献した同僚を称えた。クラブ公式サイトが伝えている。
PR
ハーランドは14日に行われたプレミアリーグ第34節延期分のトッテナム戦で先発。勝たなければ連覇が難しくなる状況の中、チームはチャンスを作りながらも得点を奪えずハーフタイムへ。しかし後半開始早々、ハーランドのゴールで先制するとその後は負傷交代のエデルソンに代わって急遽の出場となったシュテファン・オルテガがビッグセーブを連発。リードを保った状態で後半アディショナルタイムにはハーランドがPKを確実に決めて突き放し、2-0で勝利した。
この勝利で、今週末のプレミアリーグ最終節に勝利すれば無条件で優勝が決まる状況となったシティ。2ゴールで勝利に貢献したハーランドだが、試合後にはオルテガがこの試合最高の選手だったと称え、残る1試合への意気込みを述べている。

「今日はエデルソンも素晴らしかったと思う。ただ、オルテガがマン・オブ・ザ・マッチだ。言葉もないよ。彼は信じられないほど素晴らしく、とても良い奴でもある。僕は彼の活躍が嬉しい」

「チームは素晴らしいメンタリティを持っていると思う。試合ごとに集中しているし、今はリラックスして次の試合に集中しなければならない。少し緊張はあったけど、それは普通なことだろう。誰もが多くの感情を抱いていたんだ。この状況をみんな知っているが、あまり考え過ぎず、やるべきことに集中して勝つだけさ」
「僕たちは勝利を目指してここに来て、そして白星を掴んだんだ。これからもあまり考え過ぎず、次の試合に集中していきたいね。みんなで力を合わせ、シーズンを終わらせたい」

PR
関連ニュース

シティのプレミア4連覇貢献のGKエデルソンがサウジアラビアに? 契約は残り2年も退団を検討か

マンチェスター・シティの守護神を務めるブラジル代表GKエデルソン(30)だが、クラブを離れる可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 エデルソンはベンフィカの下部組織出身で、2017年7月にシティに完全移籍で加入。正守護神としてこれまで公式戦332試合に出場し多くのタイトル獲得に貢献してきた。 今シーズンもプレミアリーグで33試合に出場し、プレミアリーグ4連覇に貢献。2022-23シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)を含む3冠にも貢献するなど重要な役割を担ってきた。 大きな成功を収めているエデルソンだが、新たな挑戦を考えているとのこと。サウジアラビアからの強い関心に心が動いているという。 エデルソンの獲得に関心を示しているのは、アル・イテハド。ブラジル代表MFファビーニョや元フランス代表FWカリム・ベンゼマ、フランス代表MFエンゴロ・カンテらが在籍している。 ベンゼマは退団の可能性もある中、シティとの契約が2年残るエデルソンに対し、シティは2500万ポンド(約50億円)を提示するつもりだという。 また、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド擁するアル・ナスルは、コロンビア代表GKダビド・オスピナが今夏退団する可能性もあり、GKの補強にエデルソンを検討しているとされている。 2024.05.27 14:45 Mon

グアルディオラ監督が来季で退任か? 前人未到のプレミア4連覇など15のタイトルも契約満了で去る可能性

前人未到のプレミアリーグ4連覇を成し遂げるなど、今シーズンも結果を残したマンチェスター・シティ。近年のプレミアリーグを牽引し、その栄光の日々をもたらせたジョゼップ・グアルディオラ監督(53)が、来シーズンでチームを去る可能性があるという。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 2016年夏にシティの監督に就任したグアルディオラ監督。今シーズンはプレミアリーグで最終節までアーセナルと優勝を争った中、見事に優勝を果たし4連覇を達成。FAカップでは決勝まで進出も、マンチェスター・ユナイテッドの前に敗れていた。 これまでプレミアリーグで6回、FAカップで2回、EFLカップで4回の優勝を誇り、チャンピオンズリーグ(CL)も優勝するなど、数多くのトロフィーを手にしたグアルディオラ監督。残り契約が1年となっている中、9シーズン目を最後にクラブを去る可能性があるという。 当然のことながら、シティ側は残留を希望し、契約延長を望んでいる状況。一方で、退任する可能性については常に話し合われており、クラブは退任するかどうかの決断の猶予を与えるようだ。 実際のところ、退任するという兆候は見られていないが、特に今シーズンは数多くのクラブの監督が退任することとなり、クラブ側もいざという時の準備が必要だ。 なお、後任候補としては今シーズンのジローナを躍進させたミチェル監督(48)や、ブライトン&ホーヴ・アルビオンを退任するロベルト・デ・ゼルビ監督(44)などが挙がっている。 記録的なチームを作り上げたグアルディオラ監督。来シーズンの動きは注目の的となりそうだ、 2024.05.27 10:15 Mon

“やっぱりユナイテッドにはこの男が必要” 獅子奮迅の活躍でシティを封じたリサンドロ・マルティネス

マンチェスター・ユナイテッドにはやはりこの男が必要…アルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネス(26)だ。オランダ『Voetbal International』が伝える。 25日、イングランドFAカップ決勝戦のマンチェスター・シティvsマンチェスター・ユナイテッドが行われ、ユナイテッドが昨季決勝と同じダービーで宿敵を撃破し、8季ぶりに同大会のチャンピオンとなった。 「終わりよければ全て良し」と言うべきか、観る人によっては“悲惨な”シーズンを送ってきたユナイテッドだが、最後の最後でヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得。4位以内フィニッシュに値しなかったプレミアリーグの出来を考慮すれば、考えうる最大の成果を挙げた格好だ。 ただ、低調なシーズンにケガ人の影響があったことは確か。L・マルティネスが2度の長期離脱になっていなければ、プレミア38試合58失点(※1)という惨劇は防げたかもしれない。 (※1)1992-93シーズンのプレミアリーグ創設以来最多となる失点数 それを裏付けるかのような、シティ戦におけるL・マルティネスの躍動。73分にやはり負傷で交代するまでシティのアタッキングを封じ、「あそこまで2点のリードを保てたのは、L・マルティネスのおかげ」という声が、全世界のユナイテッドファンから上がる。 試合終了を告げるホイッスルが鳴り響くと、アヤックス時代から苦楽を共にするエリク・テン・ハグ監督に後方から殺人タックルばりに飛びつき、喜びを爆発。若き日のジェンナーロ・ガットゥーゾかのごとく、ボスの首を絞めにかかった。 ピッチ上での実力、そしてファイターぶりはもちろん、エンタメ性にも富んだリサンドロ・マルティネス。今季その勇姿を拝むことができたのはわずか11試合…来季こそ、ケガなく1年を戦う姿が観たい。 <span class="paragraph-title">【動画】喜び爆発...ボスを後方から襲うリサンドロ・マルティネス(笑)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Eric ten Hag full-time scenes! <a href="https://twitter.com/hashtag/FACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FACup</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/MUFC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MUFC</a> <a href="https://t.co/GB6jPaegeD">pic.twitter.com/GB6jPaegeD</a></p>&mdash; beIN SPORTS (@beINSPORTS_EN) <a href="https://twitter.com/beINSPORTS_EN/status/1794399002529550389?ref_src=twsrc%5Etfw">May 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.26 14:45 Sun

ユナイテッドはFAカップ制覇でEL出場決定! 7位ニューカッスルは繰り下げで来季は欧州の大会なし

25日、FAカップ決勝が行われ、マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドの“マンチェスター・ダービー”の決勝は2-1でユナイテッドが勝利した。 プレミアリーグ4連覇を果たしたシティはFAカップも連覇を目指し戦いに。昨シーズンと同じカードとなった決勝で、ユナイテッドはリベンジを果たしたいところだった。 すると、出だしからユナイテッドペースで試合が進むと、前半にアレハンドロ・ガルナチョ、コビー・メイヌーのゴールで2点を先行。終盤にジェレミー・ドクが1点を返すも、ユナイテッドが逃げ切り、見事に優勝を果たした。 プレミアリーグを8位で終えていたユナイテッド。来シーズンのヨーロッパの大会への出場権を手にしていなかったが、FAカップで優勝したことによりヨーロッパリーグ(EL)の出場権を獲得した。 これにより、来シーズンの全てのヨーロッパの大会の出場チームが確定した。 プレミアリーグを優勝したシティ、2位のアーセナル、3位のリバプール、4位のアストン・ビラが、新方式となるチャンピオンズリーグ(CL)に出場することが決定した。 そして、ELには5位でリーグ戦を終えたトッテナムがELに出場が決定。6位のチェルシーがカンファレンス・リーグ(ECL)に出場することに。7位のニューカッスルはECL予選に出場する予定だった。 しかし、8位のユナイテッドがFAカップを優勝したことでEL出場権を獲得。そのため、1つずつ繰り下がることとなり、ニューカッスルはヨーロッパの大会に出場できる可能性がなくなることとなった。 ◆2024-25シーズンの出場権 チャンピオンズリーグ:マンチェスター・シティ、アーセナル、リバプール、アストン・ビラ ヨーロッパリーグ:トッテナム、マンチェスター・ユナイテッド カンファレンス・リーグ:チェルシー 2024.05.26 08:50 Sun

FAカップ連覇を逃したグアルディオラ監督がユナイテッドを称える「心からおめでとうと言いたい」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、“マンチェスター・ダービー”となったとのFAカップ決勝を振り返った。 プレミアリーグ4連覇を達成し国内2冠を狙うシティは、25日にFAカップ決勝でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。30分にGKオルテガとDFグヴァルディオルの連携ミスから失点を許したシティは、39分にもメイヌーにネットを揺らされ、2点ビハインドで前半を終える。 後半に向けて2枚替えを敢行したシティは、徐々に攻勢を強めると87分、ボックス手前左角でDF2枚を相手に鋭いカットインを仕掛けたドクが右足を振り抜くと、ゴール前の密集を抜けたグラウンダーシュートがGKオナナの手をはじいてゴール左隅に吸い込まれた。 その後も猛攻を仕掛けたシティだったが、反撃はここまで。宿敵相手に敗れたシティは大会連覇を逃す形となった。 試合後の記者会見に臨んだグアルディオラ監督は、優勝したユナイテッドに祝福の言葉を送った。 「マンチェスター・ユナイテッドの優勝に心からおめでとうと言いたい。私のゲームプランが良くなかったのだと思う」 「後半はかなり良くなった。0-2で負けていて、失うものは何もなかったからだ。タイトなゲームだった。先制点を献上し、いい流れで2点目を取られてしまった。我々はベストを尽くした。後半は決定的なチャンスがあったが、相手がマンマークでポケットを守っていたので簡単ではなかった」 「決勝で負けることはよくあることだが、今シーズンはすべてのタイトル獲得に向け、良い意味で特別なシーズンだった。だから、ゆっくり休んで、また来シーズンに戻ってくるよ」 2024.05.26 08:00 Sun
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly