ホアキン・コレアがインテル復帰へ 今季レンタル先で19試合0得点

2024.05.10 10:25 Fri
元アルゼンチン代表FWホアキン・コレア
Getty Images
元アルゼンチン代表FWホアキン・コレア
元アルゼンチン代表FWホアキン・コレア(29)がインテルに復帰する。

J・コレアは2021年夏にシモーネ・インザーギ監督を追う形で、ラツィオからインテルへレンタル移籍。翌夏に完全移籍へ移行も、21-22シーズンも22-23シーズンもなかなか活躍できなかった。
インテル加入まで定着していたアルゼンチン代表も、カタールW杯本大会落選を境に完全フェードアウトとなり、今季は買い取り事項付きの1年レンタルでマルセイユへ。

再起を期す形でのリーグ・アンだが、ここまで公式戦19試合出場ノーゴールノーアシスト。昨年12月から今年1月にかけての負傷離脱以降は、ベンチで90分間過ごす試合が大半となってしまった。

イタリア『カルチョメルカート』によると、マルセイユは1000万ユーロ(約16億7000万円)の買い取り義務があったようだが、これは来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保した場合のみ。リーグ・アン残り2試合で9位にEL敗退、その達成は不可能となった。
今夏帰還が確実となったインテルとの契約は2025年6月まで。戻ればセンターフォワードでの序列は5番手と考えられ、インテルが年俸純額350万ユーロ(約5億8000万円)の今年30歳をどう扱うか…売却なら買い手を見つけねばならないとみられている。

ホアキン・コレアの関連記事

ストライカー探したインテルがチリ代表FWサンチェスを獲得! 昨夏マルセイユ移籍も1年で復帰

インテルは26日、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(34)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2024年6月30日までの1年間となる。背番号は「70」となる。 サンチェスは母国のコブレロアでキャリアをスタート。2006年7月にウディネーゼへと移籍。そのままコロコロ、リーベル・プレートへとレンタル移籍する。 その後ウディネーゼで名を上げると、2011年7月にバルセロナへと完全移籍。アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドとビッグクラブを渡り歩くと、2019年8月にインテルへとレンタル移籍を経験。2020年9月に完全移籍で加入した。 インテルでは公式戦109試合に出場し20ゴール23アシストを記録。しかし、2022年夏にマルセイユへと完全移籍。マルセイユでは公式戦44試合で18ゴール3アシストを記録も、チームに残らずに移籍先を探していた。 ストライカーを探していたインテルは、アルゼンチン代表FWホアキン・コレアがマルセイユへとレンタル移籍。代わりにサンチェスを獲得することになった。 2023.08.26 21:01 Sat

マルセイユがインテルのアルゼンチン代表FWコレアを買取OP付きレンタルで獲得

マルセイユは25日、インテルのアルゼンチン代表FWホアキン・コレア(29)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 コレアは母国のエストゥディアンテス、サンプドリア、セビージャ、ラツィオでプレー。2021年8月にレンタル移籍でインテルに加入すると、2022年7月に完全移籍に切り替わった。 レンタル期間を合わせて2シーズンで公式戦通算77試合で10ゴール。しかし、インテルにおける立ち位置は控えであり、チームの中で放出候補となっていた。 サンプドリア、ラツィオ時代も含めてセリエA通算175試合34ゴール。ラ・リーガで47試合5ゴールを記録している。 アルゼンチン代表としても19試合に出場。2021年のコッパ・アメリカの優勝メンバーだったが、ヒザのケガによりカタール・ワールドカップのメンバーには選ばれなかった。 2023.08.26 18:17 Sat

サンチェスのインテル復帰秒読み! 25日のメディカルに向けてミラノ入り

チリ代表FWアレクシス・サンチェス(34)のインテル復帰が決定的となった。 マルセイユとの1年契約が切れ、動向注目のサンチェス。つい先日からインテル復帰の可能性が報じられ、最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッぺ・マロッタ氏も「彼から復帰のシグナルがある」とその実現性を語った。 そして、移籍市場に精通する記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、フリーでのインテル復帰が決定。25日にメディカルチェックが予約され、マルセイユ行きのホアキン・コレアと入れ替わりでの加入になるという。 また、イタリア『スカイ』ではミラノにあるリナーテ空港に到着したサンチェスの姿を報道。インテル復帰が秒読み段階に入った。 34歳のサンチェスだが、昨季のマルセイユでは公式戦44試合で18得点3アシストをマーク。健在ぶりをアピールして1年ぶりのインテル復帰となる。 <span class="paragraph-title">【動画】サンチェスがミラノに到着! インテル復帰確実に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">L’arrivo di Alexis <a href="https://twitter.com/hashtag/Sanchez?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Sanchez</a> a <a href="https://twitter.com/hashtag/Milano?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Milano</a> <a href="https://t.co/8NNr2myAHa">pic.twitter.com/8NNr2myAHa</a></p>&mdash; Alfredo Pedullà (@AlfredoPedulla) <a href="https://twitter.com/AlfredoPedulla/status/1694762592554635638?ref_src=twsrc%5Etfw">August 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.08.25 10:55 Fri

インテル、ザルツブルクの20歳グルナ=ドゥアトに関心 指揮官がリクエストする屈強ボランチ

インテルがザルツブルクのU-20フランス代表MFリュカ・グルナ=ドゥアト(20)に関心を寄せ始めたようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 グルナ=ドゥアトは中央アフリカ共和国にルーツを持つ身長185cmの右利きボランチ。下部組織時代から過ごしたフランスの古豪サンテチェンヌでプロデビューを果たし、若手の登竜門とも言えるザルツブルクへは昨年7月にやって来た。 加入後すぐに定位置を掴むと、昨シーズンの公式戦33試合に出場し、ミランやチェルシーと同居したチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージでは全6試合でプレー。イタリア『トゥットスポルト』によると、CLでのプレーは欧州各国のスカウト陣から高評価を得ていたという。 インテルは残り1週間となった今夏の移籍市場において、バイエルンのフランス代表DFバンジャマン・パヴァール(27)獲得を最優先事項に掲げており、アルゼンチン代表FWホアキン・コレア(29)売却からのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(34)との再契約も視野に入れている。 すなわち、グルナ=ドゥアトの優先順位は高くなく、来年1月以降の獲得も視野に。しかし、最高経営責任者(CEO)のジュゼッペ・マロッタ氏やシモーネ・インザーギ監督らが妥協なき姿勢で補強に取り組んでいることはインテリスタなら周知の事実。指揮官はフィジカル面に長けたMFを望んでいるとのことだ。 ただ、ザルツブルクがグルナ=ドゥアトを2000万ユーロ(約31億4000万円)以上と評価しており、やはり今夏中の獲得は現実的ではない模様。インテルは補強リストの片隅にサレルニターナのイタリア人MFジュリオ・マッジョーレ(25)、トッテナムの元フランス代表MFタンギ・エンドンベレ(26)も入るとみられている。 なお、オーストリアの絶対王者であるザルツブルクは今シーズンもCLに参戦。グルナ=ドゥアトへの注目度はパフォーマンス次第でさらに増していくかもしれない。 2023.08.23 20:48 Wed

インテルのコレア放出作戦に新展開、ベティスから関心か

インテルのアルゼンチン代表FWホアキン・コレア(29)放出作戦に新たな動きがあったようだ。 インテルの余剰戦力と化しているコレア。ラツィオ時代はシモーネ・インザーギ監督の下でアンタッチャブルな存在として確かな評価を得ていたが、恩師の誘いもあって加入したインテルではFWの3~4番手という域を出ない。 それは加入から2年で公式戦77試合に出場しながら10ゴール5アシストに留まっているという点からも明白であり、インテルとしては無所属となっているチリ代表FWアレクシス・サンチェス(34)の1年ぶり帰還を実現させるべく、コレアを今夏中に売却する方針と報じられている。 しかし、イタリア『カルチョメルカート』によると、コレア売却からのサンチェス再獲得という動きは停滞中。コレア獲得に乗り出しているのは財政が豊かではないトリノのみで、年俸300万ユーロ(約4億7000万円)の支払い能力がないという。 そんななか、22日にレアル・ベティスからの関心が判明。ベティスはコレアの古巣セビージャの宿敵だが、トリノが打開策を見出す前に急襲をかける可能性が出てきたようだ。 インテルの最高経営責任者(CEO)を務めるジュゼッぺ・マロッタ氏はつい先日、出演したラジオ番組で「サンチェスから復帰OKのシグナルを貰ってるよ」と明言。驚きを持って伝えられたサンチェスへの復帰打診だが、選手側から好意的な返答があることが明らかになり、インテリスタの反応も決して悪くない。 ただ、実現にはどうしてもコレアの売却が大前提となる。移籍市場閉幕まで1週間、トリノの状況を考慮すれば、この先はベティスがカギを握るかもしれない。 2023.08.23 13:30 Wed

インテルの関連記事

「むしろプレミアへの憧れを隠す必要はない」ダンフリースが思いの丈を率直に語る「“夢”よりインテルが好き」

インテルのオランダ代表MFデンゼル・ダンフリース(28)が去就について口を開いた。 インテルとの契約が残り1年、今夏の新天地行きが排除できないダンフリース。現在オランダ代表に帯同するなか、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏のインタビューであれこれ語った。 「インテルの一員として、2つ目のスター獲得(クラブ通算20回目のスクデット)に貢献できて嬉しい。2021年の加入からこれを確信していたし、3年間の努力は無駄じゃなかったね」 「言うまでもなくインテルは素晴らしい集団。選手、コーチ、職員…全員に固有のクオリティがあって、成長へ足を止めない。再びチャンピオンズリーグ(CL)でも競争できるはずだよ」 誰もが気になる「去就」に話題が及ぶと、インテルへの愛着を明言。思いの丈を率直に、隠すことなく語る。 「ミラノとインテルは僕が住む街、僕の家。家族で幸せだよ。だから、むしろプレミアリーグへの憧れを隠す必要はないんだ。“夢”があってもインテルを離れるのは難しい。サッカー関係者以外にもミラノでたくさん知り合いができたし、僕の体内にはネラッズーリの血が流れているんだ」 しかし、現実問題としてマロッタ・インテルはダンフリース売却を念頭に置き、契約交渉も停滞中。「残留か移籍か、ユーロ2024後にどちらかへ転ぶ」と明かした。 「たとえミランかユベントスへ移籍することになっても驚きはない。常套句だけど、サッカーの世界では何が起こるかわからないんだ。大前提にインテルを離れることに前向きじゃない、ってのは忘れて欲しくない」 「繰り返しておく…インテルは僕の家。長く契約延長について話し合っているけど、ある時期はクラブの経営が良くなく、現在はオーナーが変わって忙しい時期。ユーロ2024が終わればどちらへ転ぶか僕もわかるはずだよ」 インテルはダンフリース売却に備えて日本代表DF菅原由勢(23)をリストアップしているとされる。 2024.06.19 15:25 Wed

インテルがジェノアへ若手を大量提示…ジョゼップ・マルティネスの獲得コスト削減へ譲歩狙う

インテルがジェノアへ若手を大量に提示しているという。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 スイス代表GKヤン・ゾマー(35)の後継者探しに本腰を入れるインテル。アトレチコMGのブラジル代表GKベントを「高額すぎる」として諦め、現在獲得交渉中なのが、ジェノアの元スペイン代表GKジョゼップ・マルティネス(26)だ。 交渉成立に備えてジェノアが日本代表GK鈴木彩艶(21)をリストアップする一方、インテルは何としてでも今夏中にGKを確保しておきたい模様。J・マルティネスの獲得交渉にあたり、若手の譲渡をジェノアへ提示したそうだ。 その面々は、ウルグアイ代表FWマルティン・サトリアーノ(23)、U-21イタリア代表MFガエタノ・オリスタニオ(21)、U-21イタリア代表FWセバスティアーノ・エスポージト(21)、U-21イタリア代表DFマッティア・ザノッティ(21)。いずれもレンタル放出中の21〜23歳だ。 J・マルティネスの獲得と引き換えに、インテルから1人ないし2人がジェノアへ…レンタル移籍か完全移籍か形態は不明瞭だが、マロッタ・インテルがJ・マルティネスに注力していることは間違いなさそうだ。 2024.06.17 16:10 Mon

「事実上完了」インテル会長がエースFWラウタロとの契約延長を明かす「後はサインもらうだけ」

インテルのジュゼッペ・マロッタ会長が、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(26)との契約延長がほぼ完了していると明かした。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝えた。 インテルのエースとして活躍するラウタロ。2023-24シーズンはセリエAで33試合で24ゴールを記録するなど、チームの20度目のスクデット獲得に貢献していた。 そのラウタロとインテルの契約は2026年夏までとなっており、残り2年。今夏は契約延長に向けて動いているという話が浮上していた。 コパ・アメリカに参加するアルゼンチン代表に選ばれているラウタロだが、インテルのマロッタ会長は16日にイタリア代表のトレーニング拠点であるカーサ・アズーリを訪問。メディアに対して多くの話をした中、ラウタロの契約についても言及した。 「我々はあらゆることに気を配っている。重要なのは、すべての選手が強い帰属意識を持ち、我々と共に続け、経験したいと望んでいることだ。穏やかな状況にあり、現時点では自分たちから去りたいと考えている選手はいない」 「ラウタロの契約更新は事実上完了しており、後はサインをもらうだけだ。彼はアルゼンチンにいるために簡単ではないが、すでに完了している」 2024.06.16 22:55 Sun

デ・フライに古巣フェイエノールトからオファーもインテル残留が基本線「100%残るはず」

オランダ代表DFステファン・デ・フライ(32)は来季もインテルで。オランダ『Voetbal International』が伝えている。 セリエA歴、インテル歴も長くなったデ・フライ。今季はネラッズーリの主力センターバックとしてキャリア2度目となるスクデット、最後はオランダ代表としてユーロ2024を戦う。 そんなデ・フライ、インテルとの契約をあと1年残すなか、代理人のフェデリコ・パストレロ氏いわく「最近オランダのトップクラブからオファーがあった」とのこと。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は先月、デ・フライにPSV、古巣フェイエノールトがオファーと報じており、これを認めた形だ。 それでも「現段階で来季もインテルの選手。私の視点では100%残るはず」と付け加えたパストレロ氏。これはインテル側とのミーティングを終えた直後のコメントであり、契約に関する何らかの話し合いがあったとされる。 ラツィオ時代を含め、今夏でイタリア在住10年となるデ・フライ。オランダへの復帰、イタリアとの別れ、どちらも考えていないようだ。 2024.06.14 10:30 Fri

グズムンドソンが欲しいインテル、獲得にはアルナウトビッチ売却がマストも…

インテルがオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(35)を売却したいようだが…。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 アルナウトビッチは昨夏13年ぶりにインテル復帰。09-10シーズンのトレブルを唯一知る35歳は、バックアッパーとして要所要所で存在感を発揮し、ほぼほぼ途中出場の公式戦35試合で7得点3アシストを記録した。 ただ、クラブはこれらにさほど満足せず、ジェノアからアイスランド代表FWアルベルト・グズムンドソン(26)の獲得を目指していることもあり、位置付けは「売却」。そのパーソナリティからくる奔放さ、波の大きさも、外野の目に触れないところで引っかかっているという。 しかし、やはりイタリアでプレーするフットボーラーにとって「ミラノでの生活」は心地よいようで、アルナウトビッチ側はあと1年残す契約を盾に断固拒否しているとのこと。 幸いにもピエロ・アウシリオSDらはこの状況下でノンストレス。アントニオ・コンテ監督時代と違い、アルナウトビッチとグズムンドソンの入れ替えを求める現職シモーネ・インザーギも、過度には圧力をかけない穏健派だ。 アルナウトビッチはこれからユーロ2024へ向かうため、今後もインテルがこの35歳の売却を図るなら、「時間と忍耐が必要」とのことだ。 2024.06.12 15:10 Wed

記事をさがす

ホアキン・コレアの人気記事ランキング

1

アトレティコがパウリスタやコレア等の大型補強を画策

アトレティコ・マドリーが、バレンシアのブラジル代表DFガブリエウ・パウリスタ(28)と、ラツィオのアルゼンチン代表MFホアキン・コレア(24)に興味を持っていると、『フットボール・エスパーニャ』がスペイン『プラザ・デポルティ―バ』の情報をもとに報じている。 ディフェンスラインでレギュラーとして活躍してきたDFリュカ・エルナンデスのバイエルン移籍や、長年チームを支えてきたDFディエゴ・ゴディンの退団が決定しているアトレティコ。また、FWアントワーヌ・グリーズマンがバルセロナへの移籍が有力とされている中で、その穴を埋めるべく大型補強を画策しているようだ。 今季バレンシアでレギュラーとしてリーグ戦30試合に出場しラ・リーガで2位となる失点の少なさ(35失点)に貢献したガブリエウ・パウリスタはディエゴ・シメオネ監督のサッカーに合うと獲得を熱望。だが、すでに一度1500万ユーロ(約18億3000万円)の入札は断られた模様だ。 また、今季リーグ戦34試合で5ゴールを挙げ、スピード溢れる突破と優れた得点力を持つラツィオの元アルゼンチン代表MFホアキン・コレアにも注目。こちらは4000万から6000万ユーロ(約48億9000万円から73億4000万円)の移籍金が必要になるという。 2019.06.13 16:52 Thu
2

インテルとの契約満了近づく37歳ジェコ、延長交渉は平行線…譲れないポイントとは?

インテルのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(37)を巡る去就は未だ不確定のようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 30代後半を迎えても抜群の存在感が光るジェコ。今季は公式戦全39試合に出場中とフル稼働しており、ゴール数は絶対的エースのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスに次ぐ11得点をマークしている。 だが、契約は今季までとなっており、昨年から始まった延長交渉は平行線を辿る一方。37歳とあって年俸ダウンは致し方ないところだが、ジェコは2年延長のオファーに限り、年俸ダウンを受け入れるという姿勢を崩さず。現段階では、年俸500万ユーロ(約7億2000万円)からのダウンと1年延長というオファーしか貰えていないという。 この交渉が決着するのはシーズン終了後になるとの観測は以前から伝えられているが、その一方、インテルは今夏FW陣が大きく入れ替わる可能性もある模様。残留間違いなしとされるのはラウタロのみで、ベルギー代表FWロメル・ルカク(29)は保有元チェルシーへの復帰が濃厚であり、アルゼンチン代表FWホアキン・コレア(28)については「確実にさよならを言う」とのことだ。 ルカクとコレアに加えて、ゴールのみならずチャンスメイクでも貢献度の高いジェコが退団となれば、インテルにとって大きな痛手となりそうだが、両者が折り合いをつけることはできるだろうか。 2023.04.04 15:38 Tue
3

インテルのアルナウトビッチ獲得が間近に! ボローニャと移籍金約16億円で合意

インテルはボローニャのオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(34)を獲得するようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(37)とベルギー代表FWロメル・ルカク(30)が退団し、ストライカー補強の必要性が高まっていた今夏のインテル。ルカクの再獲得やアーセナルのアメリカ代表FWフォラリン・バログン(22)の獲得に動いていたが、アルナウトビッチやポルトのイラン代表FWメフディ・タレミ(30)に切り替えていた。 現在インテルはアルナウトビッチ獲得に大きく近づいているようで、ボローニャと移籍金総額1000万ユーロ(約15億8000万円)で合意に達したとのこと。内訳はベース800万ユーロ(約12億7000円)と、簡単に条件をクリアできる200万ユーロ(約3億2000万円)のボーナスになるという。 アルナウトビッチとは2シーズンにわたる契約を結ぶようだが、それが2年契約になるのか、1年の契約延長オプションが付帯する1年契約になるのかは未定。それでも、14日中には正式に取引が完了すると見込まれている。 インテルが3冠を達成した2009-10シーズンにも、1シーズンのレンタルで加入していたアルナウトビッチ。昨シーズンはケガもあり公式戦23試合の出場にとどまったが、それでも10ゴールを記録。アルゼンチン代表FWホアキン・コレアや新加入のフランス代表FWマルクス・テュラムと、アルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの相棒役を争うことが予想される。 2023.08.14 17:18 Mon

インテルの人気記事ランキング

1

グズムンドソンが欲しいインテル、獲得にはアルナウトビッチ売却がマストも…

インテルがオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチ(35)を売却したいようだが…。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 アルナウトビッチは昨夏13年ぶりにインテル復帰。09-10シーズンのトレブルを唯一知る35歳は、バックアッパーとして要所要所で存在感を発揮し、ほぼほぼ途中出場の公式戦35試合で7得点3アシストを記録した。 ただ、クラブはこれらにさほど満足せず、ジェノアからアイスランド代表FWアルベルト・グズムンドソン(26)の獲得を目指していることもあり、位置付けは「売却」。そのパーソナリティからくる奔放さ、波の大きさも、外野の目に触れないところで引っかかっているという。 しかし、やはりイタリアでプレーするフットボーラーにとって「ミラノでの生活」は心地よいようで、アルナウトビッチ側はあと1年残す契約を盾に断固拒否しているとのこと。 幸いにもピエロ・アウシリオSDらはこの状況下でノンストレス。アントニオ・コンテ監督時代と違い、アルナウトビッチとグズムンドソンの入れ替えを求める現職シモーネ・インザーギも、過度には圧力をかけない穏健派だ。 アルナウトビッチはこれからユーロ2024へ向かうため、今後もインテルがこの35歳の売却を図るなら、「時間と忍耐が必要」とのことだ。 2024.06.12 15:10 Wed
2

インテルがジェノアへ若手を大量提示…ジョゼップ・マルティネスの獲得コスト削減へ譲歩狙う

インテルがジェノアへ若手を大量に提示しているという。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 スイス代表GKヤン・ゾマー(35)の後継者探しに本腰を入れるインテル。アトレチコMGのブラジル代表GKベントを「高額すぎる」として諦め、現在獲得交渉中なのが、ジェノアの元スペイン代表GKジョゼップ・マルティネス(26)だ。 交渉成立に備えてジェノアが日本代表GK鈴木彩艶(21)をリストアップする一方、インテルは何としてでも今夏中にGKを確保しておきたい模様。J・マルティネスの獲得交渉にあたり、若手の譲渡をジェノアへ提示したそうだ。 その面々は、ウルグアイ代表FWマルティン・サトリアーノ(23)、U-21イタリア代表MFガエタノ・オリスタニオ(21)、U-21イタリア代表FWセバスティアーノ・エスポージト(21)、U-21イタリア代表DFマッティア・ザノッティ(21)。いずれもレンタル放出中の21〜23歳だ。 J・マルティネスの獲得と引き換えに、インテルから1人ないし2人がジェノアへ…レンタル移籍か完全移籍か形態は不明瞭だが、マロッタ・インテルがJ・マルティネスに注力していることは間違いなさそうだ。 2024.06.17 16:10 Mon
3

デ・フライに古巣フェイエノールトからオファーもインテル残留が基本線「100%残るはず」

オランダ代表DFステファン・デ・フライ(32)は来季もインテルで。オランダ『Voetbal International』が伝えている。 セリエA歴、インテル歴も長くなったデ・フライ。今季はネラッズーリの主力センターバックとしてキャリア2度目となるスクデット、最後はオランダ代表としてユーロ2024を戦う。 そんなデ・フライ、インテルとの契約をあと1年残すなか、代理人のフェデリコ・パストレロ氏いわく「最近オランダのトップクラブからオファーがあった」とのこと。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は先月、デ・フライにPSV、古巣フェイエノールトがオファーと報じており、これを認めた形だ。 それでも「現段階で来季もインテルの選手。私の視点では100%残るはず」と付け加えたパストレロ氏。これはインテル側とのミーティングを終えた直後のコメントであり、契約に関する何らかの話し合いがあったとされる。 ラツィオ時代を含め、今夏でイタリア在住10年となるデ・フライ。オランダへの復帰、イタリアとの別れ、どちらも考えていないようだ。 2024.06.14 10:30 Fri
4

新生インテルが「ゾマーの後継者」探しを加速へ…今夏バックアップ獲得で来季への準備なるか

新生インテルがスイス代表GKヤン・ゾマー(35)の後継者探しを加速する。 現インテルの正GKはゾマー。昨夏2年契約で加入し、スクデット奪還の立役者の1人となった国際経験も豊富な35歳だが、イタリア『カルチョメルカート」いわく、24-25シーズンで満了となる契約の延長は十中八九ないという。 オークツリーへの体制移行で“慧眼”ジュゼッペ・マロッタ氏が新会長となるなか、今後補強活動で重要性が増していくのが、現スポーツ・ディレクター(SD)のピエロ・アウシリオ氏。幹部全員が一致するゾマーへの信頼は一旦隅におき、ゾマーの後継者探しを加速する見通しだ。 具体的な獲得候補1人目は、以前からよく名前の上がる“ブラジル国内No.1守護神”、アトレチコ・パラナエンセのブラジル代表GKベント(24)。 イタリア国籍も保有するベントは、昨秋ブラジル代表から初めてお声がかかり、今年3月の国際親善試合、イングランド代表戦とスペイン代表戦に2試合連続先発出場。2024シーズンの国内では、公式戦26試合出場で13試合無失点と「クリーンシート」の多さが光る。 ただし、獲得にはかなりのコストを要するとのことで、アウシリオSDは別の候補も準備。ジェノアの元スペイン代表GKジョゼップ・マルティネス(26)だ。 J・マルティネスはバルセロナ下部組織出身のGKで、ラス・パルマスでプロデビュー後、RBライプツィヒ時代の2021年に23歳でスペイン代表初キャップ。ライプツィヒで定位置を確保できなかったためにラ・ロハはこれっきりだが、昨季加入のジェノアで正GKとなり、今季のセリエA昇格と残留に大きく貢献した。 また、インテルはウディネーゼのナイジェリア代表GKマドゥカ・オコイェ(24)もリストアップしているそうだが、こちらは安価で獲得できるのが間違いない一方、スターターを任せられるほどの確信がない模様。 したがって今日現在、ゾマー後継者の優先順位は、1番手ベント、2番手ジョゼップ・マルティネス。オコイェは複数いる候補の1人にすぎないと位置付けられている。 インテルとしては、今夏中にベント(仮)を獲得し、1年間ゾマーのバックアップを任せて来季からポジション交代…これを理想としているようだ。 2024.06.08 14:00 Sat
5

「むしろプレミアへの憧れを隠す必要はない」ダンフリースが思いの丈を率直に語る「“夢”よりインテルが好き」

インテルのオランダ代表MFデンゼル・ダンフリース(28)が去就について口を開いた。 インテルとの契約が残り1年、今夏の新天地行きが排除できないダンフリース。現在オランダ代表に帯同するなか、ジャンルカ・ディ・マルツィオ氏のインタビューであれこれ語った。 「インテルの一員として、2つ目のスター獲得(クラブ通算20回目のスクデット)に貢献できて嬉しい。2021年の加入からこれを確信していたし、3年間の努力は無駄じゃなかったね」 「言うまでもなくインテルは素晴らしい集団。選手、コーチ、職員…全員に固有のクオリティがあって、成長へ足を止めない。再びチャンピオンズリーグ(CL)でも競争できるはずだよ」 誰もが気になる「去就」に話題が及ぶと、インテルへの愛着を明言。思いの丈を率直に、隠すことなく語る。 「ミラノとインテルは僕が住む街、僕の家。家族で幸せだよ。だから、むしろプレミアリーグへの憧れを隠す必要はないんだ。“夢”があってもインテルを離れるのは難しい。サッカー関係者以外にもミラノでたくさん知り合いができたし、僕の体内にはネラッズーリの血が流れているんだ」 しかし、現実問題としてマロッタ・インテルはダンフリース売却を念頭に置き、契約交渉も停滞中。「残留か移籍か、ユーロ2024後にどちらかへ転ぶ」と明かした。 「たとえミランかユベントスへ移籍することになっても驚きはない。常套句だけど、サッカーの世界では何が起こるかわからないんだ。大前提にインテルを離れることに前向きじゃない、ってのは忘れて欲しくない」 「繰り返しておく…インテルは僕の家。長く契約延長について話し合っているけど、ある時期はクラブの経営が良くなく、現在はオーナーが変わって忙しい時期。ユーロ2024が終わればどちらへ転ぶか僕もわかるはずだよ」 インテルはダンフリース売却に備えて日本代表DF菅原由勢(23)をリストアップしているとされる。 2024.06.19 15:25 Wed

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly