イプスウィッチが2位でプレミア昇格! 2季連続昇格で2001-02シーズン以来の1部返り咲き【チャンピオンシップ】

2024.05.04 23:12 Sat
ホームでプレミア昇格を祝う選手とファン
Getty Images
ホームでプレミア昇格を祝う選手とファン
チャンピオンシップ(イングランド2部)最終節が4日に行われ、2位を確定させたイプスウィッチ・タウンの2001-02シーズン以来のプレミアリーグ昇格が決定した。
PR
前節終了時点で3位のリーズ・ユナイテッドと3ポイント差の2位に位置していたイプスウィッチ。得失点差で3位チームを下回っており、同時刻開催の最終節では引き分け以上の結果を残すことが自力昇格の条件となっていた。
ホームで行われたその運命の最終節では、すでにフットボールリーグ1(イングランド3部)降格が決定していたハダースフィールド・タウンをホームで迎え撃った。

前半半ばにウェズ・バーンズのゴールで先制に成功すると、後半立ち上がりにはオマリ・ハッチンソンが貴重な追加点を奪取。以降は相手の反撃を危なげなく凌ぎ続け、2-0の勝利。ホームで自力でのプレミア昇格を勝ち取った。

昨シーズンのフットボールリーグ1を2位でフィニッシュし、チャンピオンシップ昇格を果たしたキーラン・マッケンナ率いるチームは、5シーズンぶりのチャンピオンシップの舞台で躍動。リーグ最多92ゴールという攻撃力を武器に、28勝12分け6敗の安定した戦績でレスター・シティに続く2位フィニッシュを果たし、2シーズン連続の昇格で3部から一気に1部への道を駆け上がった。
なお、プレミアリーグ昇格プレーオフに回ったのはリーズ、サウサンプトン、WBA、ノリッジ・シティの4クラブ。また、降格3クラブはMF三好康児在籍のバーミンガム・シティ、DF中山雄太在籍のハダースフィールド、ロザラム・ユナイテッドの3クラブに。

個人ではブラックバーン・ローヴァーズのアイルランド代表MFサミー・スモディクスが27ゴールで得点王に輝いている。

PR
関連ニュース

チェルシー保有ハッチンソンにオランダ&ドイツのCL組が関心…今季イプスウィッチで昇格貢献の20歳

チェルシー保有のジャマイカ代表FWオマリ・ハッチンソン(20)。レンタル先のイプスウィッチ・タウンでプレミアリーグ昇格に貢献も、夏でイングランドを離れる可能性もあるようだ。 ハッチンソンはイングランド生まれのジャマイカ代表ウインガー。アーセナルの下部組織で育まれたのち、22年7月にチェルシーへ。現在U-21チームに籍を置く一方、今季チャンピオンシップ(イングランド2部)のイプスウィッチへレンタル移籍する。 ここではリーグ戦44試合出場10得点6アシスト。シーズンが深まるにつれてジョーカー要員から不動のスタメンとなり、最終的に2部昇格から1年でのプレミア昇格に貢献した。 オランダ『Voetbal International』によると、そんなハッチンソンは今夏フェイエノールトかアヤックスへ完全移籍する可能性があるとのこと。多くの選手を売却したいチェルシーがハッチンソンの完全移籍放出にも前向きなのは間違いないとみられている。 イプスウィッチが買い取りに動くかどうかは現状不明だが、ハッチンソンにはドイツからシュツットガルト、ボルシアMGも関心を寄せているとのことだ。 なお、ハッチンソンとイプスウィッチのレンタル契約は今月31日までとなっている。 2024.05.22 13:05 Wed

デ・ゼルビ監督退任で新指揮官探すブライトン、イプスウィッチの若手指揮官に注目か

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは、退任したロベルト・デ・ゼルビ監督の後任候補をリストアップしたようだ。 ブライトンは2022年9月にデ・ゼルビ監督が就任すると、2022-23シーズンはクラブ史上最高位となるプレミアリーグ6位フィニッシュ。クラブ初となるヨーロッパリーグ(EL)出場を果たすと、今シーズンはそのELでラウンド16に進出していた。 しかし、プレミアリーグでは三笘薫ら多くの負傷者が生じたこともあって、昨シーズンほどの結果は残せず。先週末のプレミアリーグ最終節でマンチェスター・ユナイテッドに敗れて11位に転落し、ボトム10フィニッシュとなった。 そしてシーズン終了直後の18日、クラブはデ・ゼルビ監督の退任を発表。クラブは現在、新シーズンに向けて新指揮官探しを始めている。 そんな中で、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、有力候補としてイプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督(38)の名前が浮上しているようだ。 マッケンナ監督は、 2021年12月にイプスウィッチの指揮官に就任。昨シーズンにリーグ1(イングランド3部)からチャンピオンシップ(2部)への昇格を決めると、続く今シーズンはクラブを22年ぶりのプレミアリーグ昇格へと導いた。 優れた手腕を発揮しているマッケンナ監督には、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーも関心。交渉を開始したとも報じられるブライトンが、他クラブに先んじてどのような話し合いをするかが注目される。 2024.05.22 10:40 Wed

イプスウィッチをプレミアに導いたマッケンナ監督、古巣ユナイテッドで指揮の可能性も?

マンチェスター・ユナイテッドはイプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督(38)の招へいも検討し始めているようだ。フランス『フット・メルカート』が報じた。 エリク・テン・ハグ監督体制2年目の今シーズンはケガ人の多さもあり、厳しい戦いを強いられたユナイテッド。立て直しに向けた指揮官交代が囁かれるなか、イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督(53)やブレントフォードのトーマス・フランク監督(50)らの名前が候補に挙がっている。 しかし、現時点で最有力とみられるサウスゲイト監督は就任可能な時期が不透明。首脳陣はプレシーズン開始時からの指揮を望んでいるというが、今夏のユーロ後のマンチェスター到着となれば、スタートは7月中旬頃になると考えられる。 そこで新たに浮上しているのがマッケンナ監督の名前。2016年夏から2018年夏までユナイテッドのU-18チームを率いた青年指揮官は、その後ファーストチームでアシスタントコーチを担当していた。 2021年12月にはイプスウィッチの指揮官に就任。昨シーズン、リーグ1(イングランド3部)からチャンピオンシップ(2部)への昇格を決めると、続く今シーズンはクラブを22年ぶりのプレミアリーグ昇格へと導いた。 ユナイテッドはすでにマッケンナ監督の代理人との接触を開始しているとのこと。ブライトン&ホーヴ・アルビオンなどからの関心も噂されるマッケンナ監督だが、イプスウィッチで結果を残してのユナイテッド凱旋は本人にとってもエキサイティングな選択肢となるはずだ。 2024.05.15 15:29 Wed

イプスウィッチのプレミア昇格に貢献! 20歳FWハッチンソンはチェルシー復帰より残留希望か「それを願っている」

イプスウィッチ・タウンのジャマイカ代表FWオマリ・ハッチンソン(20)が、来シーズンもチームに残ることを望んでいる。イギリス『エクスプレス』が伝えた。 4日、チャンピオンシップ(イングランド2部)の最終節でハダースフィールド・タウンをホームに迎え撃ったイプスウィッチ。ウェールズ代表MFウェズ・バーンズのゴールで前半のうちに先制すると、後半にはハッチンソンがドリブルからゴール左隅にシュートを決め、2-0の勝利で終えた。 レスター・シティが一足先にプレミアリーグ復帰を決めていた中、今回の勝利で2位フィニッシュとなったイプスウィッチは、2001-02シーズン以来22年ぶりとなるプレミアリーグ復帰が決定。昨シーズンのフットボールリーグ1(イングランド3部)からの昇格に続き、2年連続での上位カテゴリー昇格を決めた。 そんな中、シーズンを通してレギュラーの地位を固めていったのがハッチンソン。昨夏チェルシーからイプスウィッチへレンタルで加入すると、キーラン・マッケンナ監督の下で徐々に先発の機会を増やしていき、最終的には公式戦50試合で11ゴール6アシストの結果を残した。 昇格に大きく貢献した上、最終節でふた桁得点に到達した若きアタッカーは、お祝いムードの中で自らの将来についてコメント。現時点では、チェルシー復帰よりもイプスウィッチでのプレミアリーグ挑戦を希望している。 「それ(イプスウィッチ残留)を願っているよ。どうなるだろうね」 「代理人がなんと言うか、監督がなんと言うか、それを確かめてから決めたい。どうなるかはわからないよ。今はただ祝杯をあげたいだけだ」 なお、マッケンナ監督は先月、ハッチンソンについて「彼はレンタル選手に望む全てをもたらしてくれた」とコメント。若さゆえの懸念はあるものの、その素質は間違いないようだ。 「彼は良いレベルに達しているが、まだ本当に若い。ここから一直線にキャリアを進めていくとは限らない」 「だが、彼は本当に高いポテンシャルを秘めているし、そのポテンシャルを発揮するためのメンタリティも非常に優れている」 <span class="paragraph-title">【動画】右足で決めたハッチンソンの今季10点目&身体能力を活かしたセレブレーション</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ip26KcgiUME";var video_start = 71;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.05 19:09 Sun

三笘薫のブライトン、デ・ゼルビ監督退任ならプレミア昇格迫るイプスウィッチの指揮官招へいを狙う

日本代表MF三笘薫が所属するブライトン&ホーヴ・アルビオン。主軸が抜けたことに加え、シーズン中にはケガ人が増えたこともあり、今シーズンは苦戦が続いている。 シーズンも残り数試合となった中、ブライトンは12位に位置。来シーズンのヨーロッパの大会出場は非常に難しい状況となった。 一方で、この夏にはチームを率いるロベルト・デ・ゼルビ監督に退任の可能性。他クラブからのオファーもあるほか、不振の責任を感じて辞任する可能性もあると見られている。 イギリス『ガーディアン』によれば、ブライトンは新監督の招へいに関して、緊急事態に備える計画を立てているとのこと。その候補が、イプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督(37)とのことだ。 マッケンナ監督は、イプスウィッチタウンを率いてチャンピオンシップ(イングランド2部)を戦っており、残り1節で2位に位置。最終戦で引き分け以上の結果を残せば、チームはプレミアリーグに昇格となる。 2022-23シーズンはEFLリーグ1(イングランド3部)を戦っていたチームを2部に昇格させており、最終節の結果では2年連続で昇格に導くことに。その手腕はにわかに注目を集めている。 マッケンナ監督は、現役時代はトッテナムのアカデミーで育ち、ファーストチームに昇格しないまま引退。その後、指導者の道に進み、ノッティンガム・フォレスト、レスター・シティ、トッテナムなどのユースでコーチを務めていた。 2014年7月にトッテナムU-18で初めて監督を務めると、2016年9月からはマンチェスター・ユナイテッドのスカウトに就任。その後、U-18の監督となると、2018年7月からはマイケル・キャリック、ラルフ・ラングニック、ジョゼ・モウリーニョ、オーレ・グンナー・スールシャールのアシスタントコーチを務め、2021年12月からイプスウィッチを指揮していた。 予算規模の小さいイプスウィッチで結果を残したマッケンナ監督。チームと共にプレミアリーグに昇格するという選択をする可能性も十分にあるが、どういった選択をするだろうか。 2024.05.02 22:45 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly