テリーとアンディ・コールがプレミアリーグ殿堂入り

2024.04.23 07:00 Tue
Getty Images
プレミアリーグは22日、ジョン・テリー氏(43)とアンディ・コール氏(52)が殿堂入りしたことを発表した。
PR
チェルシーでDFとして活躍したテリー氏は、5度のプレミアリーグ優勝に貢献。プレミアリーグ通算717試合に出場した。
一方、マンチェスター・ユナイテッドでストライカーとして活躍したA・コール氏も5度のプレミアリーグ優勝に貢献。プレミアリーグ通算415試合出場187ゴールを挙げた。

プレミアリーグ殿堂は2021年に創設。これまでデイビッド・ベッカムエリック・カントナデニス・ベルカンプティエリ・アンリアレックス・ファーガソンら1990年代と2000年代を代表する名手や名将22人が殿堂入りしてきた。

PR
関連ニュース

監督交代選択のチェルシー、レスター指揮官マレスカに関心強める

新指揮官探しのチェルシーがレスター・シティを率いるエンツォ・マレスカ監督(44)に関心を強めているようだ。 最終的にヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場のプレミアリーグ6位でフィニッシュしたチェルシーだが、今季就任のマウリシオ・ポチェッティーノ監督と双方合意で契約解消。終盤の追い上げは来季に一筋の光が差し込むものだったが、ポチェッティーノ体制もわずか1年で終焉した。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、後任候補を巡ってはイプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督や、ブレントフォードのトーマス・フランク監督、シュツットガルトのセバスティアン・ヘーネス監督が挙がるが、マレスカ氏に強い関心を向け、話し合いの場を探るという。 マレスカ氏は一昨季までマンチェスター・シティでジョゼップ・グアルディオラ監督にアシスタントコーチとして従事し、今季からレスターを指揮。チャンピオンシップ優勝でプレミアリーグ復帰に導いた。 チェルシーでは次の監督を模索にあたり、クラブの組織にフィットし、ポゼッションベースのプレースタイルに協調性や協力的な一面を持つとともに、メディアにうまく対応でき、シティのグアルディオラ監督やアーセナルのミケル・アルテタ監督と争っていける指揮官を求めているそうだ。 昨年オフに2026年夏までの3年契約でレスターの指揮を託され、来季はプレミアリーグでの指揮となるマレスカ監督だが、いかに。 2024.05.23 16:45 Thu

テリー氏がポチェッティーノ氏退任の古巣に 「監督が決まるまでは…」

チェルシーOBのジョン・テリー氏がマウリシオ・ポチェッティーノ氏の監督退任を残念がり、クラブに懇願した。 ポチェッティーノ氏は昨年オフに2年契約でチェルシー監督に着任。ケガ人も多く、一時16位と苦戦を強いられたが、終盤の追い上げにより、来季のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)出場権獲得となる6位でフィニッシュした。 最終盤に若き力がフィットし、来季に一筋の光が差し込む結果だったが、チェルシーが21日に双方合意による契約解除を発表。クラブ規模を鑑みると、満足できるシーズンではなかったが、終盤の巻き返しぶりから、驚きの退任劇だった。 一部の所属選手がそれぞれのSNSでメッセージを発信するなか、イギリス『デイリー・メール』によると、テリー氏もインスタグラムのストーリーでポチェッティーノ監督からなるコーチ陣の退任に「去るのを見て残念だ」と肩を落とした。 それだけなら、よくある投稿内容だが、元イングランド代表センターバックは「(次の)監督が決まるまでは選手を獲得したり、売却したりしないよう願うばかりだ」と追記。クラブにも新指揮官の意向を待つよう忠告した。 レジェンドの思いはトッド・ベーリー会長ら上層部に届くだろうか。 2024.05.23 15:20 Thu

ポチェッティーノ監督退任で、チェルシーが選手売却に動く可能性

マウリシオ・ポチェッティーノ監督が電撃的に退任したチェルシー。その影響を受け、今夏退団する可能性が出てきた選手がいるようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 今シーズンからチェルシーで指揮を執ったポチェッティーノ監督。イングランド代表MFコール・パーマーの目覚ましい活躍などがあった一方で、チームとしては不安定さを露呈。プレミアリーグを6位でフィニッシュし、なんとか来シーズンのカンファレンス・リーグ(ECL)の出場権は獲得したが、満足いくシーズンではなかった。 チーム編成への影響力を求めたことでクラブとの考え方が一致せず、双方合意で契約を解除した中、その影響を受ける選手が複数人いると見られている。 その1人はイングランド代表MFコナー・ギャラガー(24)。アカデミーで育った選手で、今シーズンはプレミアリーグで37試合に出場し5ゴール7アシスト、公式戦50試合で7ゴール9アシストを記録。ポチェッティーノ監督の信頼を得て、キャプテンとして多くの試合でピッチに立った。 見事に結果を残したと言える中、契約は残り1年に。チェルシーは約5000万ポンド(約99億7000万円)と評価しており、適切なオファーがあれば売却を考える姿勢とのこと。ただ、本人は現時点ではそこまで乗り気ではなく、まずはユーロ2024のメンバーに残ることを優先すると見られている。 また、DFトレヴォ・チャロバー(24)も関心が寄せられている状況。今シーズンはプレミアリーグで13試合に出場し1ゴールという結果に終わったが、契約は残り4年ある状況。昨夏はノッティンガム・フォレストからのオファーがあり、クラブは受け入れることを決断したものの、本人が移籍を望まなかった過去がある。オファーを受けるとしたら、上位クラブになるだろう。 ドルトムントにレンタル移籍中のオランダ代表DFイアン・マートセン(22)も候補の1人。1月にレンタル移籍し、ドルトムントでは左サイドバックとして試合に出場。チャンピオンズリーグ(CL)決勝の舞台に立つことになる。契約解除金が3500万ポンド(約69億8000万円)に設定されており、支払われればオファーを受けることとなる。 そしてもう1人がアルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(22)。フルアムへレンタル移籍したが、プレミアリーグ21試合でわずか1ゴールと結果を残せなかった。ただ、多くのクラブから関心はあり、売却される可能性は十分にある。 チェルシーにはプレミアリーグの利益と持続可能性に関する規則(PSR)の違反の可能性がある状況。過去4度の移籍市場で10億ポンド(約2000億円)を投じているが、4億ポンド(約797億6000万円)分の選手を売却したい考えが。そして、さらに資金を投じて戦力を補強を考えているという。 2024.05.23 11:20 Thu

チェルシー保有ハッチンソンにオランダ&ドイツのCL組が関心…今季イプスウィッチで昇格貢献の20歳

チェルシー保有のジャマイカ代表FWオマリ・ハッチンソン(20)。レンタル先のイプスウィッチ・タウンでプレミアリーグ昇格に貢献も、夏でイングランドを離れる可能性もあるようだ。 ハッチンソンはイングランド生まれのジャマイカ代表ウインガー。アーセナルの下部組織で育まれたのち、22年7月にチェルシーへ。現在U-21チームに籍を置く一方、今季チャンピオンシップ(イングランド2部)のイプスウィッチへレンタル移籍する。 ここではリーグ戦44試合出場10得点6アシスト。シーズンが深まるにつれてジョーカー要員から不動のスタメンとなり、最終的に2部昇格から1年でのプレミア昇格に貢献した。 オランダ『Voetbal International』によると、そんなハッチンソンは今夏フェイエノールトかアヤックスへ完全移籍する可能性があるとのこと。多くの選手を売却したいチェルシーがハッチンソンの完全移籍放出にも前向きなのは間違いないとみられている。 イプスウィッチが買い取りに動くかどうかは現状不明だが、ハッチンソンにはドイツからシュツットガルト、ボルシアMGも関心を寄せているとのことだ。 なお、ハッチンソンとイプスウィッチのレンタル契約は今月31日までとなっている。 2024.05.22 13:05 Wed

チェルシーを電撃退団したポチェッティーノ監督、ユナイテッドがテン・ハグの後任として招へいに動き出す可能性

チェルシーの指揮官を電撃的に退任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督(52)だが、すでに2つのクラブから狙われているという。 今シーズンからチェルシーで指揮を執っていたポチェッティーノ監督。イングランド代表MFコール・パーマーの目覚ましい活躍などがあった一方で、チームとしては不安定さを露呈。プレミアリーグを6位でフィニッシュし、なんとか来シーズンのカンファレンス・リーグ(ECL)の出場権は獲得したが、満足いくシーズンではなかった。 すると21日、チェルシーとの双方合意の下で退任が決定。1年でチームを去ることになったが、今シーズン限りで多くの監督が退任することもあり、すでに後任候補に狙われているという。 イギリス『イブニング・スタンダード』によると、ポチェッティーノ監督を狙っているのは、マンチェスター・ユナイテッドとバイエルンだという。 バイエルンはトーマス・トゥヘル監督の退任が決定しており、後任監督探しが難航中。一方のユナイテッドは、エリク・テン・ハグ監督の去就が不透明だが、新オーナーによる改革があるとみられ、FAカップ決勝の結果次第では解任される可能性もあるとされている。 ポチェッティーノ監督がチェルシーを去る理由は、自身の権限。チームの編成に対しての影響力を求めたポチェッティーノ監督だったが、オーナーとの意見が合わずにチームを去ることを決断した。 シーズン終盤にはチェルシーを回復させ、プレミアリーグのラスト15試合では9勝5分け1敗。5連勝でシーズンを終えただけに、その手腕に目をつけるのは当然と言えるだろう。 ユナイテッドの新オーナーとなるINEOSはポチェッティーノ監督の手腕を崇拝しており、シーズン終了後にすぐ交代に踏み切られる可能性も。果たしてどのような結果になるか、また1人市場に浮いた監督が出たことは、多くのクラブに影響を与えそうだ。 2024.05.22 12:15 Wed
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly