決勝アシストの鎌田大地に指揮官が願いを込める 「将来のラツィオで決定的な存在に」

2024.04.20 08:55 Sat
ラツィオの鎌田大地。
Getty Images
ラツィオの鎌田大地。
ラツィオがセリエA連勝を成し遂げた。
PR
19日の第33節でジェノアのホームに乗り込んだラツィオ。ゴールレスで進み、拮抗した展開となるが、67分に元スペイン代表MFルイス・アルベルトのゴールで1-0と勝利した。
フル出場した日本代表MF鎌田大地は決勝点をアシスト。右サイドの元ブラジル代表FWフェリペ・アンデルソンからのリターンパスにボックス右で追いつき、深くからの折り返しでお膳立てした。

イタリア『スカイ』によると、イゴール・トゥドール監督は「前半は少し緊張気味だったが、次第に自分たちを解放していった。ここでの勝利は火曜日の良い刺激になる」と話す。

そこから話は選手たちの去就に。移籍意向を示すルイス・アルベルトを巡り、「誰もが自分で選択できる」と述べると、同じく今季限りでの退団が取り沙汰される鎌田にも言及した。
「彼が将来のラツィオで決定的な存在になってほしい。非凡な選手だし、これまでの試合でも間違いがない。仕事人で、プロフェッショナルでもあり、いくつかの役割をこなせる」



PR
1 2
関連ニュース

鎌田大地の残留臨むラツィオ指揮官、来季の起用プラン明かす「最終ラインの前の方が…」

ラツィオのイゴール・トゥドール監督が日本代表MF鎌田大地(27)の今後について語った。イタリア『La Lazio Siamo Noi』が伝えた。 ラツィオとの契約満了が迫り、今後の去就に注目が集まる鎌田。3月にやってきて以降、この27歳を積極的に起用しているトゥドール監督は、26日に行われたセリエA最終節のサッスオーロ戦前の会見で「彼は残留を望んでいる」「契約更新に努めることになる」と語っていた。 鎌田がフル出場したそのサッスオーロ戦は1-1の引き分けに終わり、ラツィオは7位が確定。来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得した。 試合後の記者会見でトゥドール監督はこの結果についてコメント。「ヨーロッパリーグ出場を決められたのは良い結果だし、我々はそれに値する。(就任してから)2カ月半の間、今日の勝ち点で終わるような良い道を歩んできた」と満足感を示している。 一方、「ダイチに関するニュースはまだない。数日中に何か起きるかどうか見てみよう」と改めて鎌田について言及。残留が決まった場合の来シーズンの起用ブランも明かし、[3-4-2-1]のシャドーかボランチかで言えば、ボランチ起用が優先と考えているようだ。 「カマダは攻撃的な位置よりも最終ラインの前の方が良いと私は思う。しかし、(ゴールも決めた)インテル戦のように前線で起用しても良い試合もある。彼は最終ラインの前でプレーする重要な資質を持っている」 フランクフルト時代の恩師であるオリバー・グラスナー監督が指揮するプレミアリーグのクリスタル・パレスも狙っているという鎌田。決断に注目が集まっている。 2024.05.27 10:38 Mon

鎌田フル出場のラツィオ、7位フィニッシュでEL出場権獲得【セリエA】

ラツィオは26日、セリエA最終節でサッスオーロをホームに迎え、1-1で引き分けた。ラツィオのMF鎌田大地はフル出場している。 直前の試合でアタランタが勝利して4位に浮上したため、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内が現状では7位まで(フィオレンティーナがカンファレンスリーグ優勝で8位もEL出場)となった。ラツィオは引き分け以上で7位フィニッシュとなる中、鎌田が[3-4-2-1]の2シャドーの一角で先発となった。 降格が決まっている19位サッスオーロに対し、開始3分、ザッカーニのスルーパスに抜け出したヒサイがGKと一対一となったが、シュートはクラーニョにセーブされた。 いきなり決定機を生み出したラツィオが押し込む流れが続く中、31分には鎌田に絶好機。ボックス左に侵入したペッレグリーニのクロスに合わせた鎌田のシュートが枠に向かったが、GKのセーブに阻まれた。 ハーフタイムにかけても同様の構図で試合は推移するもゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半も押し込むラツィオは60分に均衡を破る。ザッカーニが直接FKを決めきった。 しかし6分後に追いつかれる。鎌田が与えたFKからヴィティに押し込まれた。 終盤にかけては静かな展開で推移。1-1で試合を終えたラツィオが7位を確定させ、EL出場権を獲得している。 2024.05.27 05:41 Mon

鎌田大地はどうなる?最終節前にトゥドール監督が言及「彼は残留を望んでいる」

ラツィオのイゴール・トゥドール監督が、去就が注目される日本代表MF鎌田大地(27)について言及した。イタリア『トゥットスポルト』が伝えた。 セリエAのシーズンも今日で終了。最終節の6試合が行われ、ラツィオはサッスオーロと対戦する。 マウリツィオ・サッリ監督の下で苦戦した中、トゥドール監督が就任してからはチームは持ち直し、7位でのフィニッシュが確定している。 その中でも大きな変化があったのは鎌田。サッリ前監督の下では不遇の時間を過ごしていたが、トゥドール監督はその才能を評価し、リーグ戦では全試合先発出場。インテル戦では圧巻のミドルシュートまで決めていた。 このところ、ラツィオの話題は鎌田の去就について。1年契約の満了が迫っている状況だが、残留か退団かが大きな注目を集めている。 苦しい時期には不要という声もあった中、トゥドール監督の下で再び輝いた鎌田には残留を願う声も。本人も自身の立ち位置が変わったこともあり、残留に前向きな一方で、契約条件の変更を交渉しているという話もある。 一方で、クリスタル・パレスが鎌田に関心を寄せており、フランクフルト時代の恩師でもあるオリバー・グラスナー監督が熱心に誘っているようだ。 揺れる鎌田の去就だが、トゥドール監督は最終節を前に改めて鎌田について言及。チームに残るだろうとした。 「彼は残留を望んでいる。近日中にクラブと会い、契約更新に努めることになるだろう」 「我々はこの件ができる限り早く解決されることを望んでいる」 2024.05.26 22:55 Sun

「何の疑いもなかった…」ラツィオの監督辞任のサッリ氏が冷遇した鎌田大地を語る…フランスの英雄とも比較し「最初に苦労するのは問題ではない」

今シーズン途中までラツィオを指揮していたマウリツィオ・サッリ氏。チームの不振を受けて辞任すると、後を引き継いだイゴール・トゥドール監督がチームを復活させた。 そのサッリ監督の下で不遇の時間を過ごしたのが日本代表MF鎌田大地。シーズン当初はスタメンで起用され、ゴールも記録していたが、徐々に出番を失うと、サッリ監督に干される状況となった。 しかし、トゥドール監督の下で復活。セリエAで8試合連続で先発起用されると、第37節のインテル戦では圧巻のミドルシュートでゴールを記録していた。 そんな中、サッリ氏がイタリア『Sportitalia』で辞任後初となるロングインタビューに応じ、鎌田について言及した。 「ご存じのとおり、ミシェル・プラティニはイタリアに到着した時、5カ月間苦しんだ。たとえすでにヨーロッパにいたとしてもだ。日本人の選手が最初に苦労するのは問題ではない」 「トレーニング中の鎌田は、彼が良いレベルの選手であることを示していた。私は彼の優れた技術面でのクオリティに何の疑いもなかったが、私がそこにいた数カ月間は、彼は苦戦していた」 まさかの鎌田の資質を認めていたという発言。さらに、初めてイタリアに来た鎌田が苦戦することも織り込み済みだったと言いながらも、徐々に出番を減らし、チャンスを与えなかった。 鎌田の調子が上がってくれれば良かったとも言いたげなコメントだが、実際にトゥドール監督が起用し出してからは輝きを取り戻し、24日に発表された日本代表メンバーにも復帰。サッリ氏は、判断を間違えてしまったというところだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】鬱憤晴らした鎌田大地、圧巻の左足ミドルで34試合ぶりゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="nySBCIBANyc";var video_start = 65;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.05.25 08:15 Sat

ラツィオが降格サレルニターナの若手アタッカー獲得か?

ラツィオが、サレルニターナのU-20フランス代表FWルム・チャウナ(20)獲得に近づいているようだ。 移籍市場に精通するジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、ラツィオはセリエA最下位での降格が決定しているサレルニターナの逸材FWの獲得に接近。個人間では2029年までの5年契約で合意にこぎ着け、クラブ間では1000万ユーロ(約17億円)での合意に近づいているという。なお、移籍金の40%は前所属先のスタッド・レンヌに支払われることになる模様だ。 チャド出身でフランスで育ったチャウナはレンヌの下部組織出身の左利きのアタッカー。2021年9月にファーストチームデビューを果たすと、翌シーズンのディジョンへの武者修行を経て、昨年夏にサレルニターナへ完全移籍した。 セリエA初挑戦となった今シーズンはここまで32試合4ゴール4アシスト。右ウイングを主戦場にセカンドトップやセンターフォワードでもプレーした。 スピードとボールスキルを武器に縦への突破、深い切り返しを駆使したカットインと局面打開の能力が高く、前線でのボールキープやラストパス、中盤でボールを配るゲームメーカー的な資質も持ち合わせた万能型だ。 [3-4-2-1]を採用するラツィオでは2シャドーの一角か、守備面を改善できれば攻撃的なウイングバックというオプションにもなり得る。 2024.05.24 19:15 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly