町田のJ1初勝ち点に貢献のGK谷晃生、保有元G大阪とのいきなりの対戦は「特別な90分間だった」

2024.02.24 21:57 Sat
G大阪戦を振り返った谷晃生
©超ワールドサッカー
G大阪戦を振り返った谷晃生
FC町田ゼルビアのGK谷晃生がドロー決着の一戦を振り返った。

クラブ史上初のJ1挑戦となった町田は24日の開幕節をホームで迎え、ガンバ大阪と対戦。前半にPKから鈴木準弥が先制点を奪うも、仙頭啓矢の退場でラスト30分を数的不利で戦うこととなり、終盤には宇佐美貴史に直接FKを沈められてしまった。
逃げ切りこそならなかったものの、試合終了間際のG大阪の猛攻を凌ぎきり、J1で初の勝ち点を獲得した町田。G大阪から期限付き移籍で町田に加入している守護神・谷は、保有元クラブ相手の一戦を「特別な90分間」と振り返り、後半アディショナルタイムの自らの遅延行為にも言及した。

「結果的に1-1という結果。終わってみて終始申し訳ない気持ちはありますけど、僕もやるしかなくて、遅延行為という形にはなってしまいました。後でガンバの選手たちには謝りました。自分にとっては特別な90分間だったなと思います」

また、谷はG大阪について「自分はやっぱり特別なクラブだと思う」ともコメント。敵として相まみえたことで、サポーターの力の大きさも実感したという。
「ユニフォームを背負っている選手たちもそうですけど、後ろにいるサポーターっていうのも、なんとも言えない威圧感がある。敵に回すと嫌だなっていうふうにすごい今日感じましたし、それも含めて開幕戦で良い雰囲気でできたかなと思います」

一方、ドロー決着に貢献した自らのパフォーマンスにも言及。直接FKからの失点シーンについてはお手上げだったと述べている。

「結果的に1失点してしまったんで、自分としては悔しい気持ちではありますけど。あれは正直宇佐美くんを褒めるしかないかなと思いますし、やられちゃったなっていう感じですね」

「(FKは)自分的にもすごい嫌な位置だなと。もうちょっと近い方がキッカーも蹴りづらいとは思うんですけど、絶妙な、一番蹴りやすい位置だったのかなと思いますし、あれが左側だったら右足も蹴りにくくなると思いますし、壁の位置も変わってきますし、本当に絶妙な位置で。でもあれをしっかり1本決めてくるっていうのは本当にさすがですね」

出場機会を求めてFCVデンデルEH(ベルギー2部)から日本へ戻ってきた中、試合に出るからにはできる限り上を目指したいとも主張。こういった試合もものにしなければならないと語った。

「勝ち点『1』をもたらしたというのか、『2』落としたというのかは自分たちの捉え方なんですけど、自分たちはこういうアクシデントがあっても勝利っていうもので、勝ち点『3』という結果で、示さなければいけないと思いますし、それぐらいタフなチームにならないと、上にはいけないと思う」

「自分は試合に出る限りは本当に上位で戦いたいなと思っていますし、今日に関して言えば最低限かなと思います。自分が帰ってきてJ1の中で何を残せるかというのは、今日はまだリーグ戦の1試合ではありますけど、今後続いていくリーグ戦でもっともっと自分の存在感だったり、そういうものを示していければ良いなと思っています」
関連ニュース

町田vs鹿島が3回戦で実現! その他のカードは4月24日に決定【YBCルヴァンカップ】

Jリーグは17日、YBCルヴァンカップ2回戦の11試合が終了。3回戦のキックオフ時刻、スタジアムを発表した。 今シーズンからJ1、J2、J3の全60クラブが参加するトーナメント方式に変更となったルヴァンカップ。17日の2回戦ではJ1クラブが出場し、1回戦を勝ち上がった下部リーグのクラブとの試合となった。 11試合のうち、下剋上を果たしたのはV・ファーレン長崎のみ。ジュビロ磐田相手に1-0で勝利を収めたていた。 J3クラブではヴァンラーレ八戸が鹿島アントラーズを追い込み延長戦にもつれ込んだものの敗戦。FC今治は昨シーズンのJ1王者であるヴィッセル神戸を追い込んだが、こちらも延長戦で敗戦。松本山雅FCはアビスパ福岡とPK戦にまでもつれ込んだが、こちらも力尽きることとなった。 24日にも2回戦が行われて全ての3回戦進出チームが決定する中、3回戦の1カードが決定。FC町田ゼルビアと鹿島アントラーズの対戦となった。 町田vs鹿島は5月22日(水)の19時から、町田GIONスタジアムで行われる。その他のカードは、24日の結果を待って決定される。 ◆3回戦 (※…は4/24に決定) [38] 5/22(水) ヴィッセル神戸 vs [19]勝者チーム(富山or清水)※ [39] 5/22(水) [20]勝者チーム(奈良or広島)※ vs 東京ヴェルディ [40] 5/22(水) [22]勝者チーム(鳥取or浦和)※ vs V・ファーレン長崎 [41] 5/22(水) 《19:00》 FC町田ゼルビア vs 鹿島アントラーズ [町田GIONスタジアム] [42] 5/22(水) 名古屋グランパス vs [27]勝者チーム(岡山or横浜FC)※ [43] 5/22(水) アビスパ福岡 vs [29]勝者チーム(群馬or柏)※ [44] 5/22(水) セレッソ大阪 vs [31]勝者チーム(琉球orG大阪)※ [45] 5/22(水) アルビレックス新潟 vs [33]勝者チーム(秋田or湘南)※ [46] 5/22(水) FC東京 vs [35]勝者チーム(熊本or鳥栖)※ [47] 5/22(水) 北海道コンサドーレ札幌 vs [37]勝者チーム(長野or京都)※ 2024.04.17 22:55 Wed

2・3月度のJリーグ月間MVPが発表! 町田・平河悠「進撃ゼルビアのシンボル」、岡山・グレイソン「前線の軸」、岐阜・藤岡浩介「上位争いの貢献者」

Jリーグは16日、2・3月度の「明治安田Jリーグ KONAMI 月間MVP」を発表した。 各月の明治安田Jリーグにおいて、最も活躍した選手を表彰する「明治安田生命Jリーグ KONAMI 月間MVP」。明治安田J1リーグはMF平河悠(FC町田ゼルビア)、明治安田J2リーグはFWグレイソン(ファジアーノ岡山)、明治安田J3リーグはFW藤岡浩介(FC岐阜)が受賞した。いずれの選手もこれが初受賞となる。 昇格組ながら3月まで無敗で首位に立つなど、絶好調の町田で主軸を担う平河。5試合1ゴール3アシストと得点に絡むパフォーマンスを披露したことに加え、守備プレーやプレス回数、スプリント回数でも他を圧倒する数字を見せるなど万能性を示した。 選考委員会の総評と平河のコメントは以下の通り。 ◆Jリーグ選考委員会による総評 反町康治委員 「5試合フル出場が証明しているようにチームのスタートダッシュのキープレーヤー、1得点3アシストは素晴らしい。寡黙だけど仕事人。点も取れるしチャンスメイクもできる。シンプルだがより自信もつけスピード感も出てきた」 北條聡委員 「進撃ゼルビアのシンボル。鋭い仕掛けと良質のクロスで次々と決定機を創出。守備のハードワークも光り、絶大な存在感を放った」 GAKU-MC特任委員 「3節の決勝ゴールもワクワクしたが、5節では全得点をアシスト、平河ショーだった。見ていて楽しい」 ◆MF平河悠(FC町田ゼルビア) 「このような素晴らしい賞をいただきとても嬉しく思います。FC町田ゼルビアに関わる全ての方に感謝したいと思います。ありがとうございます。これからよりチームに貢献できるよう全力を尽くしたいです」 グレイソンは2・3月に絶好調だった岡山で、2ゴール3アシストの好成績を記録。相手陣空中戦や縦パス受けでリーグトップの数字を残しており、前線の起点としても機能した。 選考委員会の総評とグレイソンのコメントは以下の通り。 ◆Jリーグ選考委員会による総評 足立修委員長 「チームのために非常にハードワークしている」 佐藤寿人委員 「彼の前線でのボールの収める能力が、岡山の攻撃を支えている」 寺嶋朋也委員 「周りを活かす巧みなポストプレーで岡山の前線の軸となりチームを牽引した。今季の岡山の新しい可能性を感じさせてくれた。守備も献身的」 ◆FWグレイソン(ファジアーノ岡山) 「明治安田Jリーグ KONAMI 月間MVPを受賞できて、心より嬉しく思います。来日したばかりですが、このような栄誉あるタイトルをいただき、とても嬉しいです。このタイトルは私一人で獲得したわけではなく、クラブに関わる全員で獲得したものなので、皆さんにもおめでとうと言いたいです。これからもファン・サポーターのため、岡山のために頑張り続けます」 藤岡は2・3月の7試合で6ゴール1アシストの好成績を残して好調のチームに貢献。いわてグルージャ盛岡戦ではハットトリックを記録するなど、前線でストライカーとして違いを見せた。 選考委員会の総評と藤岡のコメントは以下の通り。 ◆Jリーグ選考委員会による総評 反町康治委員 「上背はないが思い切りの良さが持ち味でチームの上位争いの貢献者、岩手戦でのハットトリックはお見事」 平畠啓史特任委員 「岩手戦のハットトリックを含む7試合で6ゴール。ゴールへの嗅覚が誰よりも優れている。松本戦の決勝点のアシストも見事。首位チームの攻撃を牽引している」 橋本英郎委員 「得点だけでなく、アシストも。試合を勝たせる結果を出していた」 丸山桂里奈特任委員 「ハットトリック含め6ゴールは素晴らしい」 ◆FW藤岡浩介(FC岐阜) 「まずはKONAMI月間J3MVPという形で評価していただき大変光栄です。ありがとうございます。そして、点を取るまでの形を作ってくれたチームメイトがあってこそだと思いますので、チームのみんなに一番感謝しています。自分が一番欲しいのはJ3優勝、そしてJ2に昇格することです。現状に満足することなく、この受賞を糧として、まだまだ点を取り続け、チームが勝つことだけを考えて戦います」 2024.04.16 17:10 Tue

今季最初のJ1月間優秀監督賞に町田率いる黒田剛監督 「一喜一憂する事なく邁進していきたい」

「2024明治安田Jリーグ 月間優秀監督賞」の2・3月度における受賞者が発表され、J1リーグからはFC町田ゼルビアの黒田剛監督が輝いた。 黒田監督のもと、クラブとして初のJ1リーグ挑戦だが、2月と3月の5戦で4勝1分けと好発進。先の第8節で2敗目を喫し、首位から3位に後退してしまったが、堅守速攻を徹底した戦いで昇格1年目らしからぬ上位争いを繰り広げている。 選考委員会による総評では反町康治委員が「昨年同様ゆるぎない信念を貫き、戦力アップをしてスタートダッシュに成功」と評すれば、槙野智章委員も「昇格初年度でこの結果は文句なし。スタイルも貫いている」などとコメントした。 黒田監督は「この度は、2024明治安田J1リーグ2・3月度の優秀監督賞に選出いただき誠にありがとうございました。J1初のチャレンジの中でこのような名誉ある賞をいただき大変光栄に思っております」とし、決意を新たにした。 「選手、スタッフ、そしてクラブはもちろんのこと、いつもFC町田ゼルビアを熱く応援してくださるファン・サポーターの皆様、パートナー企業の皆様、クラブを支えてくださる多くの方々、そして地域の方々の温かいご声援のお陰で受賞できたと思っております」 「リーグはまだ始まったばかりです。我々FC町田ゼルビアがこの強者揃いのリーグで意図する結果を残すためには、日々の鍛錬を怠らず仲間を信じ歯を食いしばって頑張っていくしかありません。これから先、横道に外れたり、立ち止まったり、苦しい局面が待ち受けているのは覚悟しています」 「そんな中でも自分たちがやってきた事を信じ、一喜一憂する事なく邁進していきたいと考えています。FC町田ゼルビアの選手たちは、これからもファン・サポーターの皆さんとともに力を合わせて、目標達成に向けて全力で取り組んでいきたいと思っております」 「引き続き変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。この度はありがとうございました」 なお、J2リーグではファジアーノ岡山の木山隆之監督が通算3度目の受賞に。JリーグではFC岐阜を率いる上野優作監督が2度目の受賞を果たしている。 2024.04.16 16:45 Tue

「めっちゃめっちゃ可愛い」「笑顔が素敵」今季も特別ユニで神戸を応援したレースクイーン八伏紗世さんが話題!ユニ姿以上の注目は熱い現地レポート「素敵すぎる!」

モデルやレースクイーンとして活動する八伏紗世さんが国立競技場に特別ユニフォームで登場していた。 13日、国立競技場では明治安田J1リーグ第8節のFC町田ゼルビアvsヴィッセル神戸が行われた。 昨シーズンのJ2王者で、J1初挑戦ながら首位に立つ町田と、昨シーズンのJ1王者である神戸の対戦。その試合に八伏さんが現地観戦に訪れていた。 八伏さんは自身のX(旧ツイッター/@Yb_s_a_y_a)やインスタグラムにて、同試合の現地観戦写真を公開。特別背番号「8238(やぶさや)」のユニフォームを着用した姿を公開している。 昨シーズンに続き、今度はチャンピオン仕様の金色のリーグロゴなどが入った特別ユニフォームについて「今シーズンもクラブに8238(やぶさや)ユニを作って頂きそれを着て初の現地応援でした」と報告。「前半ヒヤヒヤするシーンも多くてすぐにボール取られたりしてやっぱり町田勢い凄いなぁと思っていました」と、試合を振り返った。 それでも「だけど!やはり!!!ヴィッセル神戸は粘り強くて!なんと言ってもキーパーの新井章太選手が半端ない!!!!今日も神セーブ連発でした」と正守護神の前川黛也が出場停止のため、ゴールを守ったGK新井のプレーを称えた。 ルーキー山内翔の初ゴールや、首位町田を撃破するなどトピックスが多かった試合。「無失点で終わりたかった試合でしたが勝ち点3をGET出来たので大満足です!!!!!!!!!」と、八伏さんも勝利を喜んだ。 神戸への熱い想いを綴った八伏さんは「今日は最高の1日です!」と締めくくり、国立での試合観戦を楽しんだことを報告した。 ファンは「ユニ姿がいつも可愛い」、「めっちゃめっちゃ可愛い」、「笑顔が素敵」、「勝利の女神だ」と写真に反応する声もあるなか、熱量満載のレポートに反応。「熱過ぎる!」、「素敵なレポート!」、「感動が文字数に表れとる」、「素敵すぎる!」、「記者ばりのレポート」と注目を集めている。 <span class="paragraph-title">【写真】今季も特別ユニで勝利を見届けたレースクイーンの八伏紗世さん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C5snuo1rMY1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C5snuo1rMY1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C5snuo1rMY1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Saya Yabuse(@yabusaya0928)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2024.04.14 22:40 Sun

【パリ行きの命運を託された23選手】旋風起こす“町田の翼”平河悠

パリ・オリンピックのアジア最終予選を兼ねるAFC U23アジアカップが15日に開幕する。出場16カ国が4組に分かれてのグループステージから始まる五輪出場もかけた戦いは約2週間ちょっとのスケジュール的にも勝ち上がれば勝ち上がるほど総力戦が必至。ここではパリ行きの命運が託されたU-23日本代表の23選手を紹介し、平河悠にフォーカスする。 ■平河悠(MF/FC町田ゼルビア) 初のJ1を戦う旋風起こす町田において、翼を担う23歳。地元・佐賀県の強豪校である佐賀東高校出身のサイドアタッカーは山梨学院大学に進学すると、2年生だった2021年に早いタイミングで町田の目に止まり、2023年に正式加入という形でプロ入りした。 したがって、昨年がプロ1年目だったが、特別指定選手時代の2年間でプロデビュー、そしてJリーグ初ゴールとしっかりと戦力に。昨年を35試合6得点4アシストの数字で飾ると、今年もチームとともに初挑戦のJ1で1得点3アシストと堂々たる活躍ぶりだ。 今や共闘2年目の黒田剛監督からも全幅の信頼を勝ち取るアタッカーの魅力は一瞬で相手を置き去りにできるレベルの俊足で、ドリブルスキルも相まって、サイドからの切り崩しは鋭さ十分。一方、守備も惜しまずで、その俊足を生かしたハードワークも強みだ。 そんな町田の翼が大岩ジャパンから声がかかったのはU―22イングランド代表&U―22オランダ代表と連戦だった2023年6月の欧州遠征。そこからもクラブでを含め、着実にアピールを続け、今大会では山田楓喜、佐藤恵允とサイドアタッカーの役割を託される。 中2日で進む今大会とあって、サイドとしても試運転済みの藤尾翔太を含め、おそらく4人で回しながら、対戦相手を見ての出場になりそうだが、両サイドをこなせるフレキシブルさとドリブルスキルが買われ、ゲームチェンジャーとしての出番も巡るだろう。 この大会を迎えるにあたっての調子も良く、J1第5節のサガン鳥栖戦では圧巻の3アシストを叩き出すなど、強烈な上昇曲線を描く。切れ味と泥臭さをもってしてその活躍ぶりを大岩ジャパンの翼としても期待したい。 <span class="paragraph-title">【動画】急成長のサイドアタッカー・平河悠</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="fT2hhWniCes";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.13 18:00 Sat
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly