イランのエースがインテルへ? 日本戦欠場のポルトFWタレミが夏にフリー移籍で口頭合意

2024.02.09 12:10 Fri
イランとポルトのエースFWタレミ
Getty Images
イランとポルトのエースFWタレミ
イラン代表のエースFWメフディ・タレミ(31)のインテル移籍は濃厚のようだ。
PR
イランのエースとして君臨するタレミ。アジアカップ2023にも出場していたが、日本代表戦は出場停止で欠場。チームも準決勝でカタール代表に敗れ、4度目の優勝を逃していた。
ポルトのエースとしても活躍するタレミ。これまで公式戦171試合で86ゴール53アシストを記録し、2022-23シーズンはプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部)の得点王に輝いている。

移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、今シーズン限りでポルトとの契約が切れるタレミが来季はインテルにフリーで加入する可能性高いとのことだ。

「数週間前に口頭合意に達し、契約の準備は整っている。間も無くサインする時が来た」
すでにインテルとの合意が済んでいるとされ、残すは正式な契約のみとのこと。着実なステップアップを果たすことになりそうだ。

PR
関連ニュース

「ラウタロの苦しみは愛と責任感から」インテルのマロッタ元帥が“主将”を語る「...ならディマルコが正式に」

インテルの最高経営責任者(CEO)、ジュゼッペ・マロッタ氏があれこれ語った。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 その慧眼と交渉手腕、錬金術により、国内敵なしのインテルを築いたマロッタCEO。チームの3季ぶりスクデットがほぼ確実となったなか、ミラノ市内で開催されたイベントに登壇し、“現場”へ「最後まで全力で」と呼びかけた。 「感情を爆発させたいという大きな欲求がある。祝賀会はエキサイティングなものになるだろうが、まだ勝ち点は足りていないし、対戦相手のこともリスペクトすべきだ。集中して頑張ろう」 14日の第32節・カリアリ戦については「もし我々が勝ってもカリアリは残留争いで生き残るだろう」とし、3月以降ノーゴールで今節出場停止の主将FWラウタロ・マルティネスにも触れる。 「いま最も苦しんでいる選手かな。ピッチに足を踏み入れる前から、大きな緊張感に苛まれているようだ。これが何を意味するかわかるね? ラウタロのクラブに対する愛と責任感であり、この状況もとても重要なものだ」 「私は毎日ロッカールームでラウタロと話し、そこから他の選手たちの状況も読み取っていく。導き出されるひとつの結論は、ピッチでも平日でも、今この瞬間さえも、ラウタロは“模範”なのだ」 そんな主将ラウタロが不在のカリアリ戦…インテル愛と言えば、ミラノ生まれの自国民DFフェデリコ・ディマルコが真っ先に浮かぶ方も多いかと思うが、ゲーム主将は別の選手になりそうだ。 「ウディネーゼ戦(8日)でイタリア人選手は両軍先発22人中3人だけだった。今日のサッカーはワールドワイドであり、イタリア人がイタリアでプレーする機会が減っている」 「そんななかでだ。フェデリコ・ディマルコはインテルと共に育ったウルトラスであり、未だにインテリスタ感覚でインテルの選手をやっているようなヤツだ(笑)」 「しかし、キャプテンを務めるには学びも必要。ディマルコがいつかキャプテンになりそうな雰囲気があるのは正しいことと言えよう。仮にラウタロが引退ならディマルコが正式なキャプテンだろう」 2024.04.12 14:10 Fri

イタリア産CBボンジョルノに欧州各国からも熱い眼差し…アトレティコも真剣に吟味中

トリノのイタリア代表DFアレッサンドロ・ボンジョルノ(24)に欧州各国から熱い眼差しが向けられる。スペイン『Fichajes』が伝えている。 その名前を一度聞いたら、忘れることは決してないであろう男、ボンジョルノ。名前のインパクトはさておき、今季カルチョの中堅トリノでジワジワ評価を高めてきたセンターバックだ。 まだ通算3キャップのイタリア代表でも序列が高まっており、今夏のユーロ2024行きは確実か。その一方、クラブレベルでも今夏ステップアップの可能性が指摘される。 関心を寄せるはインテルやミランに始まり、イングランドからはチェルシー、スペインからはアトレティコ・マドリー。ジャーナリストのルディ・ガレッティ氏によると、現状最も熱心なのはインテルだという。 トリノの評価額は、その市場価値と同じ3000万ユーロ(約49億4000万円)。インテルが獲得に本腰を入れる一方、アトレティコもケガがちなウルグアイ代表DFホセ・マリア・ヒメネスに代わる新たな最終ラインの“核”として吟味中とのことだ。 2024.04.09 14:40 Tue

「この調子でスクデットを」劇的逆転弾記録のフラッテージが喜び爆発「僕たちは常にハードワークしている」

インテルのイタリア代表MFダビデ・フラッテージが、勝利への貢献を喜んだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 フラッテージは8日に敵地で行われたセリエA第31節のウディネーゼ戦で68分から出場。チームは先制点を許す苦しい展開となったが、後半にPKをMFハカン・チャルハノールが決めて同点にすると、その後はスコアが動かず後半アディショナルタイムへ。95分、FWラウタロ・マルティネスのシュートのこぼれ球に反応したフラッテージがゴールに押し込み逆転ゴールを記録すると、そのまま2-1で勝利した。 勝利の立役者になったフラッテージはイタリア『スカイ・スポーツ』の取材に応じた際、チームへの貢献を喜びつつこれを続けていきたいと意気込んでいる。 「(チームの喜びは)スクデットが近づいたからではなく、単純に勝利の高揚感からだったよ。この調子を続けて、タイトルを取りに行きたいね。以前に(劇的ゴールを)サン・シーロで決められたのは素晴らしかったけど、インテルファンがたくさん来てくれたこの場所でのゴールも素晴らしかった」 「ローマ戦のハーフタイムも僕たちにはチャンスがあると自分たちに言い聞かせ、その通りになった。常に100%を発揮するのは難しくても、大切なのはこうした泥臭い試合に勝つことだ」 「プレー量が少ない僕たちのような選手も、重要なことに変わりはない。僕たちは常にハードワークしているし、良いチームがここにあるよ。この勝利は僕にとって大きな満足感があり、それはチームや監督のおかげだ。あまりプレーしない選手のことも、常に考えてもらえているからね」 2024.04.09 10:30 Tue

勝負強さ示す逆転勝利でスクデットに近づくインテル、インザーギ監督「並外れたことをしている」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、スクデット獲得に近づくチームを称えた。クラブ公式が伝えている。 8日、セリエA第31節でウディネーゼと対戦したインテルは、立ち上がりから試合を支配しながら得点を奪えずにいると、40分に失点。それでも後半の立ち上がりにPKをMFハカン・チャルハノールが確実に決めて同点にすると、その後は膠着状態が続くも後半アディショナルタイム、MFダビデ・フラッテージが劇的な逆転弾を決めて2-1で勝利した。 セリエAの連勝で2位ミランとの14ポイント差をキープし、また一歩スクデットに近づいたインザーギ監督は力強いチームを称えている。 「チームは並外れたことをしており、いつも私を興奮させてくれる。困難に直面した中でハートを示してくれて、非常に満足だ。私には常に全力を尽くす優秀な選手がいて、31試合中26勝を達成しているが、今は順位表や勝ち点を見る必要はないだろう」 「私はウディネーゼを称えたい。彼らは素晴らしい試合をしたからだ。こうした敗北は悔しいと思うが、彼らの組織力と粘り強さは間違いなく自分たちを救うことにつながるだろう」 2024.04.09 10:05 Tue

途中出場フラッテージの劇的AT弾でインテルがウディネーゼに逆転勝利!【セリエA】

インテルは8日、セリエA第31節でウディネーゼと対戦し2-1で勝利した。 今季わずか1敗で首位を独走するインテル(勝ち点79)は、前節のエンポリ戦からスタメンを3人変更。GKアウデーロやダルミアン、バストーニに代えて負傷明けの守護神ゾマー、ダンフリース、カルロス・アウグストをスタメンで起用した。 15位と低迷するウディネーゼ(勝ち点28)に対し、立ち上がりからボールの主導権を握るインテルは21分にテュラムの横パスをボックス左手前で受けたムヒタリアンがコントロールショットでゴールを脅かしたが、シュートはGKオコイェが横っ飛びで弾き、ゴール右に外れた。 前半半ば以降も攻守両面で圧倒するインテルは、30分にもムヒタリアンのパスを斜めに走り込んだラウタロ・マルティネスがボックス左で収めると、マイナスの折り返しをボックス手前に走り込んだチャルハノールがダイレクトで合わせたが、シュートはGKオコイェのセーブに阻まれた。 ここまで耐えてきたウディネーゼがワンチャンスをモノにする。40分、カマラのインターセプトからカウンターを仕掛けると、左サイドを持ち上がったカマラのパス中央で受けたR・ペレイラが素早く右サイドに展開。右サイド高い位置で収めたサマルジッチはボックス内へのカットインから左足を振り抜くと、わずかに相手DFにディフレクトしたボールがそのままゴール左隅に吸い込まれた。 格下相手に先制を許したインテルはすぐさま反撃を開始。すると42分、ムヒタリアンのパスでボックス左横まで駆け上がったディマルコがダイレクトクロス。これをラウタロ・マルティネスがダイビングヘッドで合わせたが、再びGKオコイェの好セーブに防がれ、前半は0-1で終了した。 1点ビハインドで後半を迎えたインテルは、開始早々の48分にチャンス。バイタルエリア左で獲得したFKからディマルコがクロスを供給すると、ラウタロ・マルティネスのヘディングシュートが相手DFに当たったこぼれ球をゴール前のカルロス・アウグストがネットを揺らしたが、VARでオフサイドがありノーゴールに。 後半も主導権を握るインテルは、53分に再びチャンス。右CKの二次攻撃からバイタルエリア中央のディマルコがゴール前へ浮き球のパスを供給。これに反応したテュラムが飛び出したGKと接触すると、主審は迷わずPKを宣告した。このPKをチャルハノールがゴール左隅に決め、試合を振り出しに戻した。 その後は互いに選手を入れ替えながら追加点を目指したが、膠着状態が続く。猛攻を仕掛けるインテルは、中央を固める相手を内と外を織り交ぜた攻撃で揺さぶりつつ、チャンスがあれば積極的に足を振っていく。 1-1のまま終盤に差し掛かり、このまま終了かと思われたが、後半アディショナルにドラマが生まれる。インテルは95分、バレッラの縦パスをペナルティアーク内のアルナウトビッチがヒールで落とすと、これをラウタロ・マルティネスがダイレクトシュート。GKオコイェが触ったボールは左ポストに弾かれたが、こぼれ球をフラッテージがゴールに押し込んだ。 結局、これが決勝点となり、インテルが劇的な逆転勝利でリーグ戦連勝を飾った。 2024.04.09 05:55 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly